さぶろうの WORDS OF LOVE

好きな言葉、気になる言葉についての覚え書き。
目に留まった新聞雑誌記事のスクラップ。
その他もろもろ思いつくままに。
もちろん大好きなビートルズの話もたっぷりと。


テーマ:
元ビートルズのジョージ・ハリスンは、1943年2月24日、リヴァプール市ウェイバートリー区アーノルド・グローヴ12番地で、当時バスの運転手をしていたハロルド・ハリスンと妻ルイーズの4人姉弟の末っ子として誕生しました。

12歳の姉ルイーズと7歳と3歳の兄、ハロルドとピーターがいました。次兄のピーターは、小学校の時、ジョン・レノンと同級生だったそうです。

誕生日に関しては、出生届が2月25日だったため、長らく25日とされてきましたが、「本当は、2月24日午後11時42分生まれ」と本人が1992年に明かしています。

末っ子として生まれたジョージは、ビートルズの中でも末っ子的存在でした。

ビートルズの中には、とんでもない兄が二人いました。

カリスマ的魅力をもつ長兄のジョン。
音楽的才能の固まりである次兄のポール。

ジョンとポールという二人の天才がいつもそばにいるという心理状態はどんなものだったのでしょうか。

ジョージ以外には誰にもわかりません。でも想像するに、相当なプレッシャーだったのではないかと想像されます。

ジョージは考えたはずです。二人に対抗する自分の持ち味は何か、と。

ジョージは残念ながら、天才的ギタリストというわけではありません。ヴォーカリストとしての実力も、ジョンとポールにはとてもかないません。線が細く、少々音程が不安定なのです。ソングライターとしても、まだまだ未熟です。

この“末っ子”の気持ちがわかりますか。

ビートルズの音楽の中に、自分の歌やギターをどう刻んでいくか。ジョージは必死に考えたに違いありません。インド音楽に走ったのも、多分ジョンとポールに対抗するためだったのではないでしょうか。

でもジョージには、ひとつの武器がありました。“耳の良さ”です。音感に対しては、ジョージは絶対の自信をもっていたらしい。

「レス・ポールのギターをギュンギュンいわせたり、ディストーションをかけまくったりするのは苦手なんだ。人生には“何をするか”よりも“何をしないか”が大事な時もある。ぼく個人としては、フラットとシャープの違いも聴き分けられない鈍感なギタリストが、ガチャガチャいろんな音を鳴らしているのより、シンプルなスリー・ノートの曲の方がずっと気持ちいい」
(ジョージ・ハリスン 1979.2 )

繊細さのかけらもないパンクを、ジョージが毛嫌いしていた話は有名です。あんな音感の悪いやつらにまともな音楽ができるわけない、と(もちろんパンクの側にはパンクの側の言い分があります)。

そう言えばビートルズのハーモニーの中でも、いちばん難しいパートを受け持つのはジョージでした。ジョンとポールの二人のハーモニーにジョージが加わると、そこに深い味わいが出ます。

ジョージの存在は、自身が考える以上に重要な存在だったのかもしれません。

ジョンとポールの二人のハーモニーの中に入っていけるのは、ジョージだけです。

そして、とかく過小評価されがちなジョージのギターを「素晴らしい」と評価する人がいます。はっぴいえんどのギタリストだった鈴木茂さんです。

「クラプトンの音は繊細さに欠けるところがあって、歪ませすぎるか、全然歪ませないかなんです。ジョージのように曲に合わせるということはあんまりしない人ですよね。ジョージほど、この曲にはどういう音がいいか考えるギタリストはいないんじゃないか」

「僕がジョージの一番すごいなと思う点というのは、音を作る能力で、それが普通じゃないというか。この人ほど一曲一曲微妙に楽器を変えたり、その楽器の音色を機材で変えたりといった作業をしてる人ってあんまりいないと思うんですよ」

彼のギターのテクニックのすごいところはヴィブラートなんですよ。あの指の揺らし方は難しいんです。実はジェフ・ベックとかジミ・ヘンドリクスとかクラプトンとか、ああいう人たちのヴァイブレーションのかけ方は素人が真似しやすいんですけど、一番真似しにくいのがジョージ・ハリスンなんです」

(「レコード・コレクターズ増刊」2002.3 )

さすがに、プロのミュージシャンの見る所は違います。

とかくギターのテクニックというと、超絶技巧的な派手な所に目がいきがちです。どうだ、上手いだろう、というやつです。

でもジョージに限らず、ビートルズのメンバーはそういうタイプのミュージシャンではありません。まず曲ありき、歌ありきなのです。歌をいかに輝かせるか、そのためのテクニックです。

そう考えるとジョージの“耳の良さ”は、ビートルズにとっても大きな武器だったに違いありません。彼の存在なくして、ビートルズはあり得なかったのです。


もう1つジョージのエラい所は、ソングライターとしても自力で成長していったことです。

ジョンとポールは、互いに助けあって曲作りをしていました。しかし、ジョージにはパートナーはいません。自分ひとりで曲を作るしかなかったのです。

そんなジョージのソングライターとしての才能が全面開花しはじめたのが、『ホワイト・アルバム』(1968)です。

このアルバムに入っているジョージの曲は、どれも素晴らしい。特に「While My Guitar Gently Weeps」のメロディは、ビートルズの曲の中にあってもピカいちでしょう。心が切なくなるようなメロディです。

そして、ビートルズのラスト・アルバム『アビイ・ロード』(1969)において、とうとうジョージは実力でジョンとポールの曲を超えてみせました。

その2曲が、「Something」「Here Comes The Sun」です。

ジョンとポールも認めています、『アビイ・ロード』における最高の曲はジョージの曲だ、と。

“末っ子”のジョージが、二人の天才の兄に自分を認めさせた瞬間です。

そんなジョージを見ていると、本当に大切なのは才能ではなく、“意志”なのではないか、と思えてきます。

決してくじけない“意志”。

でもその意志を持ってしても、病には勝てませんでした。

ジョージは2001年11月29日に、ガンのためこの世を去ります。58歳でした。もし生きていれば、今日が70歳の誕生日だったことになります。

ジョージはこの世界から去っていきましたが、彼の音楽は遺されました。

ジョージに学ぶべきことは、まだまだたくさんあるように思います。

ホントにエラい人でした。





PR
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
本日はジョージ・ハリスンの命日です。2001年11月29日に癌で亡くなりました。58歳でした。





そこでジョージを追悼する意味を込めて、ジョージ好きを公言する高橋幸宏さんの言葉を紹介しましょう。



ぼくが目指してきた
理想の音楽家像そのもの


ビートルズの4人のメンバーの中では、ジョージがいちばん好きでした。ビートルズの中での彼の存在というか、役割みたいなものが、YMOにおけるぼくのそれと重なるからかもしれません。

目立たない主役
というか、目立つ脇役といった、ぼくが目指してきた理想の音楽家像そのものなんです、ジョージは。

彼の曲では、ソロになってからよりは、ビートルズ時代のほうが好き。特に、ビートルズが解散近くになって、壊れそうなときの彼の作品が面白い。

好奇心が旺盛で、過去の栄光とかに執着するよりは、新しいものが好き。

それまでの欧米の文化圏とは違う音楽に早くから興味を示して、シタールとか、タブラとか、インド音楽の楽器を使ったり、シンセサイザーをいちはやくビートルズに持ち込んだのも彼でした。ビリー・プレストンのような外部の人をビートルズに誘い入れたのも彼でした。

何しろ、「ホワイル・マイ・ギター・ジェントリー・ウィープス」ではエリック・クラプトンにリード・ギターを任せてしまうくらいの人ですからね。

ビートルズという殻に閉じこもらないで、見栄とか、体面とかよりも、もっと大切なものがあることをちゃんと知っている。例えば、友情とか――。何を優先するか、優先しなければいけないか、その順位みたいなものも、ぼくには共感できるところがとても多い。

最近、映画『リヴィング・イン・ザ・マテリアル・ワールド』が公開されて観に行ったんですが、涙が出そうなくらいに素晴らしかった。めったに書きませんが、この映画については推薦文を書かせてもらったくらいですからね。

それで、『オール・シングス・マスト・パス』を改めて聴いてみたんです。すると、メチャクチャ良いんですね、これが。アルバムが発売された1970年当時は、フィル・スペクターがプロデュースしているせいもあって、音数が多すぎるなあ、と感じていました。でも、改めて聴くと本当に良い。

音楽を高めようとするだけではなくて、精神的なものも、人間的なものも高めようとしているのが感じられて、音楽家としてはもちろんですが、一人の人間としても尊敬できる。

ビートルズ時代にも、「サムシング」とか、「ヒア・カムズ・ザ・サン」とか、彼は名曲をいっぱい作りましたが、それらに匹敵するくらいの粒ぞろいです、あのアルバムは。

それでいて、『オール・シングス・マスト・パス』の曲を、ビートルズに持って行ったとしたら、果たして起用されただろうか。ビートルズとして演奏することができただろうか。

ジョンとポールの二人、そしてそれよりもプロデューサーのジョージ・マーティンに却下され、使われなかったんじゃないか、その可能性のほうが高いだろうなとも思う。

矛盾しているようだけど、これはきっと、ソロとしてやった経験があって、バンドもやったことがある人にはわかってもらえると思うんですけどね。

そのあたりの微妙な関係を背負い込んでいたという意味でも、ジョージは好きでしたね。

それに、これだけは言っておきたい、世間で思われている以上にジョージは詩人です、と。

(高橋幸宏『心に訊く音楽、心に効く音楽』PHP新書)




ビートルズの核は言うまでもなく、ジョンとポールの両巨頭です。この二人が出会うことでビートルズが始まりました。

でもそこにジョージという第三の男的存在がなかったら、ビートルズにあれほどの奥行きと多彩さが加わったかは疑問です。

ジョージはいちばん年下ということもあって、ビートルズの中にあっては末っ子的存在です。そのためか、ジョンとポールはいつまで経ってもジョージを軽く見る傾向があったのではないでしょうか。ここにジョージの苦悩があります。

確かにビートルズの初期の頃は、ジョンとポールとの力量差は歴然です。特にソングライティングにおいては、圧倒的な差をつけられていました。

普通だったら、曲作りは二人に任せようと諦めてしまうところです。でもジョージは諦めませんでした。

何とか二人に対抗するために自分にできることは何か。そのための方策がインド音楽へのアプローチであったり、シンセサイザーのいちはやい導入であったのだろうと思われます。

インド音楽への接近という回り道(?)を経て、そのインド音楽から離れた曲作りをするようになったビートルズ中期以降~後期には、ジョージはまだ数こそ少ないものの、ジョンとポールに負けない曲を作るようになりました。二人の天才を相手にしたジョージの闘いは実を結んだのです。

偉いぞ、ジョージ!

しかしここからジョージの本当の苦悩が始まるのです。ソングライターとしてジョンとポールに負けない力をつけてきたにもかかわらず、相変わらずジョンとポールからは軽く見られる。いくら良い曲を書いてきてもいつもレコーディングは後回し。ビートルズの中でのジョージの立場は、だんだんと居心地の悪いものとなっていきます。

でもそれはまた別の話。今回はここまでにしておきましょう。









Android携帯からの投稿
PR
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
本日2月24日はジョージ・ハリスンの誕生日です(出生届は25日)。

そこで私は、母を亡くした悲しみを、ジョージの曲を聴いて慰めることにしました。

曲は1970年の「オール・シングス・マスト・パス」です。



All Things Must Pass

(山川真理訳)

Sunrise doesn't last all morning
A cloudburst doesn't last all day
Seems my love is up ,
and has left you with no warning
But it's not always going to be this grey
朝焼けは午前中ずっと続くわけではない
夕立は一日中降り続くわけではない
愛も終わりのようだ
何の予告もなしに姿を消してしまった
だが、この灰色の状態が永遠に続くわけではない

All things must pass
All things must pass away
万物は移り変わってゆく
すべては過ぎ去ってゆく

Sunset doesn't last all evening
A mind can blow those clouds away
After all this my love is up
and must be leaving
But it's not always going to be this grey
夕焼けは夜までずっと続くわけではない
雲は心ひとつで吹き飛ばすことができる
そしてすべてを経たあと愛は終わり
別れの時がやってくる
だが、この灰色の状態が永遠に続くわけではない

All things must pass
All things must pass away
万物は移り変わってゆく
すべては過ぎ去ってゆく

All things must pass
None of life's strings can last
So - I must be on my way
and face another day
Now the darkness only stays at night time
In the morning it will fade away
Daylight is good at arriving at the right time
No it's not always going to be this grey
万物は移り変わってゆく
どんな人生の糸にも終わりがめぐってくる
だから…わたしは去ってゆくのだ
新たな一日と向き合うのだ
暗闇がとどまっているのは夜のあいだだけ
朝が来れば消え去ってしまう
夜明けの光はちょうどいい時期に訪れてくれる
この灰色の状態が永遠に続くわけではない

All things must pass
All things must pass away
All things must pass
All things must pass away
万物は移り変わってゆく
すべては過ぎ去ってゆく
万物は移り変わってゆく
すべては過ぎ去ってゆく





永遠のものなど何ひとつありません。
母の人生の糸にも終わりがめぐってきたのです。

私はそのことをしっかりと受け止めて、新たな一日と向き合わなければいけません。

しかしそれには時が必要です。
すべてのものごとには、それにふさわしい時期があります。

夜明けの光はちょうどいい時期に訪れてくれるのだから…

私はあらためてジョージの歌に教えられました。

ありがとう、ジョージ!

PR
いいね!した人  |  コメント(0)

[PR]気になるキーワード