2005-06-14 21:10:18

かるくヘン。

テーマ:CMとグラフィック

まずは間違いのお詫びから。
以前の<
不倫中の方は、通話料タダ。 >という記事
の中で、ウイルコムという企業についてKDDIグループと書いていたが、
事実はKDDIの資本は入っているが、グループ企業ではない
よって、記事を訂正しておきます。誤解を招いてすみません。
指摘してくれた、アリステさんどうもありがとう。
 
さて、ここからが本題。
職業柄、コピーだけでなく世の中の(国内ね)
言葉(活字だけでなく、会話の言葉づかい)すべてが気になる。
さまざまな言葉を見たり聞いたりする度に、きれいだとか変だとか、
あるいは面白いとか、自分なりに何かしら感じている。
 
あきらかに、変な言葉づかいを聞くと、

その言語感覚を嘆いてしまう。
その割には、わざと変な言葉づかいのコピーを考える時もある。
あきらかにおかしな表現なのだが、見た人、聞いた人の
マインドにスッと入り込み、感情のホットボタンを押す。

そんな表現だってあるのだ。
最近のケースでは、これ。
 
★今回の!なコピー。
 
 
かるくヤバイ。
 
 
サッポロのビール風味のアルコール飲料<スリムス>のCM。
先月25日に関東甲信越地方で発売された。
今月22日には全国発売が予定されている。

たぶん今日現在では、このCMは関東甲信越以外では、

まだ観られないと思う。(コチラ から観れます)

そのCMには、工藤静香観月ありさが出演している

2つのバージョンがあり、彼女たちがCMの中で言うセリフが、

紹介したコピーである。
 
かなりヤバイ」は、私も使うが「かるくヤバイ」は意表をつかれた。
「かるく」の次は、ふつう動詞がくるものだと思っていたからな。
それでも、意味、ニュアンスが伝わるから不思議なのだ。
しかも、覚えやすいし使いやすい。
 
流行りそうな表現である。(すでに流行っているかもしれないが)
あちらこちらで、「かるくヤバイ」と聞こえてきそうだ。
若者もそうだが、いい年した連中も子供も使いそうである。
   
許される範囲ギリギリの言葉づかい、表現だと
思った。しかし、今の世の言語感覚にフィット
しているし、CMの中ではこの商品の魅力を
端的に表現していたと思う。
 
最近はCMの中の表現が原因でオンエアが中止になる
ケースが見られるが、コピーの表現が文法上おかしい、
正しい使い方をしていないという理由で、
中止になったケースはまだない模様。
おかしな日本語が蔓延しているので、
いまのところ許されているのだろうか。
そんな世の中が来たら、コピーライターは絶滅するしかない。
 
この<スリムス>の広告(グラフィック)には、
このコピーは使われていない。
こちらのコピーは、
 
スリムにならなくちゃいけないのは、
お酒のほうでした。
 
このコピーはCMには使われていなかったから、
広告のためだけに考えられたのだろう。
どちらも!っと気になった。
 

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2005-01-21 21:15:12

日本人は、うるさい。

テーマ:CMとグラフィック
先日ダメ出しを喰らい、全部やり直しになった案件だが、クライアントの都合によるものなので、やり直し分はちゃんとギャラに反映させていただけるらしい。あー良かった。
で、今度もダメだったら次はないとクライアントの社長が言ったらしい。え?

さて今回の!なコピー。

日本人は、うるさい。

TVをつけっ放しにして、他の事をしていたら、TVから先のコピーが飛び込んできた。「ニホンジンハ、ウルサーイ!」と。(ナレーションが外国語なまりなのでカタカナ表記)

ああ、あの気になるCMだとTVを見ると、人形浄瑠璃文楽が繰り広げられている。人形がカップで何か飲んでいる様子。そこに「我こそはコーヒーにうるさい、という方は香味焙煎」とナレーションが被さる。さらに「30万名様に当たります」とキャンペーン告知。最後に人形の顔がアップ、眉毛が動いて、きりりとした顔で「うるさいドットjp(urusai.jp)」とナレーション。アドレスが現われる。

これはネスカフェの香味焙煎のCM。今回は商品でなくキャンペーンのCMだ。とにかく興味をひきつけておいて、最後のアドレスに誘導するのが目的だろうから、余計な情報は入れない。キャンペーンCMのお手本のよう。

途中まで何?と興味を継続させるリズムと流れがいい。30万名様!という当選のスケール感も本当?と興味のバロメータを上げてくれる。そして、最後の「うるさいドットjp」というキャンペーン用のアドレス。面白いし憶えやすい。この部分のナレーションだけ文楽の言い回しなので耳に残りやすい。

実は、「日本人は、うるさい。」というフレーズがいやに印象的だったので、このシリーズが香味焙煎のCMだとは今回のキャンペーンCMでようやく知った。
商品CMの時は、ボーとしか観てなかったせいか、コーヒーのCMだったような気はしていたが、商品名まで覚えていなかったのだ。

コピーライターとしては、とにかく冒頭の「日本人は、うるさい。」というコピーに!!となった。広告で使っていた時は、あまり印象に残らなかったのだが、CMのように、外国なまりで「ウルサーイ!」と声を大にして叫ばれると、なぜか可笑しく感情のスイッチがカチリと入る。

同じコピーでも、グラフィックとCMでこうもインパクトが変わるのだから面白い。
演出の妙技だな。
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。