2010-06-29 12:27:26

パラグ哀にしてやってください

テーマ:その他


★コピーライターが思わず ! となったコピー。-okada01

と、思っているかどうかは知りませんが、
いまの岡田監督には、赤穂浪士の大石内蔵助
のような深慮遠謀の智将イメージすら漂っています。
 
たとえベスト16で終わっても、不甲斐ない
内容でなければ、賞賛は止むことなく
インタビュー記事や関連書籍など大会後も
岡田人気は続きそうな按配だと予想できます。
 
振り返れば、ベスト4とか世界を驚かすとか、
突飛な発言ばかりが取りざたされて
発言に秘められた真意も含めて、岡田監督像
なんてものは、あまり深く伝わっていませんでした。
当時はそんなことに関心を持つ人もいなかった
でしょうけど。
 
でも、ここにきて俄然、岡田武史監督の人物像に
興味をもった人は多いはず。もちろん僕もそうです。
 
どんなフィロソフィを持っている人なんだろう?
そんなことを思っていたら、興味深い記事を発見。
代表監督についての思いやベスト4発言の理由の一端など、
岡田監督の信念がかいま見えますよ。
 
記事は昨年12月、早稲田大学で行った講演
「日本代表監督の仕事とは」 です

一部抜粋すると、
 
「負けるのは仕方がない。でも、このままだと
何回やっても同じことの繰り返しだ。
どうしたらいいんだろう」ということで考えたのが、
明確な共通した目標を持つこと。
(中略)
W杯で世界を驚かすために、パススピードを上げたり、
フィジカルを強くしたりと、1つずつ変えていくと、
かなりの時間がかかります。
 
ところが、一番上の目標を
ポンと変えると、オセロのように全部が変わります。
「お前、そのパスフィードでベスト4行けるの?」「お前、
そんなことでベスト4行けるのか?」と
何人かの選手にはっきりと言いました。
「お前、その腹でベスト4行けると思うか?」
「夜、酒かっくらっていて、お前ベスト4行ける?」
「しょっちゅう痛い痛いと言ってグラウンドに寝転んでいて、
お前ベスト4行けると思うか?」、もうこれだけでいいんです。
 
マンガ『バガボンド』の中で、若き日の宮本武蔵が
「人は笑うが、天は笑わん」と言っていたのを
思い出しました。
 
笑ったのはメディアや私たちだけで、どうやら
フットボールの神様は笑っていなかったし、
岡田監督も選手たちもどこまでも本気にした
感じが、今になってひしひしと伝わってきます。

 

いつのまにかベスト4という言葉が、
目標以上の存在、たとえば原動力のように
チーム内に浸透していったのではないかと
つい思ってしまうのです。
 
少々長い記事ではあるけれど、
腹具合、でなくパラグアイ戦に向けて
景気づけに一読してくださいな。

 
岡田監督が‘信念の人’
であることがよく分かります。
それと、人心掌握にとても長けた人で
あることも。
 
今回の代表の一体感をみると、
そのことと無関係ではないと
思います。

 
サッカーに興味がない、それどころではない、
そんな人に、何をばか騒ぎしているんだ、
この日本が大変な時に!と不快に思われることは
承知しています。
 
でもね、特別いいことがあったわけじゃないけれど、
この2週間ばかりは、なんだか幸せな気分を
味わっている人は少なくないと思うんですけど。
 
そのようなわけで、
世の中をちょっと明るくするとか、希望を見せるとか
もはや政治では無理なことをやってくれた
代表チームにはとても感謝しています。

 
もちろん、選手にはそんなことは知ったことでない
と勝負に集中してもらえればうれしいわけですが。
 
夢や希望でお腹は膨れませんが、
ないと生きていけないものです。

 

今夜、勝ったら泣いてもいいですか。
 
 
★今回のビックリマークなコピー。
 
 
僕らはサッカーで、
何度でも夢を見ることができる。
 
悲願の初出場まで9回に及ぶ、本大会への挑戦の歴史。
まだ世界を遠くに感じた、フランス大会。
見も知らぬ誰かと抱き合った、日本での初勝利。
大きな期待に誰もが束の間の夢を見た、ドイツ大会。
ひたすらに夢を追い、さらに加速したこの10年。
この進歩を、僕らは世界に誇ってもよい。
だが、世界には夢を追い続けてきた深い歴史がある。
味わってきた濃い経験がある。
ならば、僕らも追い続けよう。
喜びも痛みもすべて受け止めて、
それでも目指してゆきたい大きな夢を。
さぁ戦いの場へ、その先にある歓喜へ。
夢がある限り、僕らは強くなれる。

 
 
2008年のキリンカップの広告より。
そのうちブログで紹介しようと思っていましたが、、
おやおや、いつのまにか2年経っていました。
この時、パラグアイと対戦。0-0の引き分けでした。

 

岡田監督、選手の皆さん、
今夜はパラグ愛な人たちを、パラグ哀にしてやって
ください。
 
そこで、岡ちゃんにひと言
 

★コピーライターが思わず ! となったコピー。-okada02

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010-06-11 14:14:36

見せてほしいだす、インビクタス

テーマ:その他
南アの元大統領、反アパルトヘイトの闘士、そして不屈の人、
ネルソン・マンデラさんがサッカーW杯の開会式に出席するらしい。
実現すると、やはり1995年に南アで開かれたラグビーW杯の
ときのようにものすごい盛り上がりを見せるんだろうなぁ。
 
新しい南アフリカのために、ラグビーW杯を
通して人種同士の団結と和解をめざした話は、
映画「インビクタス」で描かれた。
 
映画の中でマンデラが投獄生活(27年!)中に
心の支えとした詩が出てくる。
それが、インビクタス(Invictus)。
不屈、敗れざる魂という意味。
その中で印象的な一節がこれ。
 
 
★今回のビックリマークコピーコトバ。
 
 
I am the master of my fate.
I am the captain of my soul.

 
私は我が運命の支配者、我が魂の指揮官だ。 
  
$★コピーライターが思わず ! となったコピー。-invictus01

あまりにカッコいい言葉。
ヘタレのわたくしとしては
理解はできるが、そこまでの境地に
いくまでの覚悟がまだ足りませんという
状態ではある。
でも、言ったそばから酔いそうな
胸をうつ美しい言葉だ。
 
この2年くらい、評価も期待も
下がりっぱなしのサッカー日本代表。
それでも、見放さないのは
1997年や2002年に彼らのインビクタスに
震えたうちのひとりだから。
 
2002年W杯/ベルギー戦での鈴木選手の電光石火

 
2002年W杯/ベルギー戦での稲本選手の乾坤一擲

 
そして、1997年アジア最終予選・ジョホールバル/岡野選手・中田選手の不暁不屈

 
1勝1敗1分けとか、小賢しい星勘定など考えずに、
サッカーを楽しみたいなどと寝ぼけたことを言わずに
勇者のように闘ってほしいと切に願う。
 
「インビクタス」の決勝シーン
南アチームのキャプテンが仲間に
この指とーまれって言っておるのではなく、
This is it ! This is our destiny !と
鼓舞している。
$★コピーライターが思わず ! となったコピー。-invictus02

日本代表、負けていても、ふてくされた
顔をせずに、こんな面構えでがんばってください。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010-06-09 17:05:21

ふりんふりん物語

テーマ:その他
人生はとても短い、くだらないことで
ケンカしている場合じゃない。
life is very short and there's no time~
と、ビートルズは、「WE can work it out(恋を
抱きしめよう)」(1965年)で歌った。
 
23~25歳の若者が、人生がとても短いなんて
どんなに生き急いでいたんだと、あらためて驚く。
自分が同じ年のころは、すでに2点くらいは
先制されていたけれど、まだ前半だ、後半に決めて
やるという気概もなく、ちんたらとゆるいパスを
回してお茶をにごしてような気がする。
 
しかし、「人生は短い」なんて手あかにまみれた
フレーズも、普段は眠っている‘衝動の澱’を
起こすには十分すぎる表現だろう。
言ってみれば、時間の希少性でつつくやり方、
期間限定です、お早めに!と同じである。
 
手あかにまみれたといえばこんなのもある。
人間には2つのタイプがある。お尻を拭くときは、
利き手を使うタイプと利き手でない手を使うタイプだ。
というように、<世の中には2種類の人間がいる>
二元論もどきのフレーズである。
常套句とはいえ、種類の分け方によっては妙に説得力が
出てくるから言葉はあなどれない。
 
<人生は短い(あるいは長い)>も、
<人間(あるいは商品)は2種類しかない>も
コピーに使われているのは、今まで見たことないが、
使い方しだいでは、強力なメッセージになるよ。
 
しかしだな、いくらなんでもこれは飛躍しすぎではないか。
 
 
★今回のビックリマークなコピー。
 
 
LIFE IS SHORT,HAVE AN AFFAIR.
(人生は短い、不倫をしよう)

 
 
$★コピーライターが思わず ! となったコピー。-reuter01

不倫の出会い系サイト<Ashley Madison.com>の
ヘッドライン。(赤丸で囲っている部分)
あまりのあけすけな言い草に、吹き出しそうになる。
むかし見た裏ビデオのチラシに書かれていたコピー、
‘安上がり、性病の心配なし!’以来である。
 
飛躍しすぎとは言っても、人生の後半戦、
1-0でリードしていても追加点は欲しい。
特に0-2でリードされていれば、ここいらで逆転の
きっかけが欲しい。
 
ロスタイムもPK戦もない人生の場合、
残り時間が少なくなると、思い切って
リスクをとり、パワープレイをするかもしれない。
そんな動機づけをする強力な表現だ。
 
ドラマ『同窓会』を観た後、妙に心がざわついて、
急に昔のアルバムやアドレス帳が気になりだしたら
要注意だ。理性のタガなどたかがしれている。
 
人生は短いというフリはいいとして
問題は、だから不倫ですか。そこに行きますか
という点。しかしこればかしは、人間だものと
相田みつおの詩のような心境で接するしかない。
ただし、他人事に限っての話だが。
 
それで、この会員500万人(70%が男!)を抱える
不倫サイトを運営するオッサンだが、
不倫が結婚生活を長持ちさせると、独自の見解を
お持ちのようで、ビル・クリントンなど不倫スキャンダルを
起こした有名人(ただし、離婚していない)の例を挙げて、
ちゃんと結婚生活は続いているでしょうと得意げに
自説を主張している。
タイガーウッズは何を思う?
$★コピーライターが思わず ! となったコピー。-reuter04
 
$★コピーライターが思わず ! となったコピー。-reuter05
 
しかし、人の不幸につけ込んで金儲けしているという
ツッコミにはノーコメント。この偽善者め。
 $★コピーライターが思わず ! となったコピー。-reuter03
妙な理屈をこねずに、サイトのコピーのようにあけすけに、
自分の考えを主張すればいいものを。
おかげで儲けてますが何か?くらいは言ってほしい。
どちらにしても、仲良くなれないタイプである。
 
夫への愛情が薄れて入会した結婚10年のカレンさん、
不倫のおかげで、結婚生活は無傷、前よりも
うまくいってるとか。
$★コピーライターが思わず ! となったコピー。-reuter02
 
ただね。
不倫にとろけていようが、
とろけるプリンだろうが、
何かを得ようと思ったら、何かを失うことを
覚悟しなくてはいけない。
 
それはお金かもしれないし、、時間かもしれない。
信用かもしれないし、社会的地位かもしれない。
また、友人や家族かもしれない。
あるいは愛情かも。それとも命か。
問題は、失うものの価値が得るものと
イコールでないことだ。
 
でもカレンさんは、しあわせだとさ。
おおきなお世話でした!
$★コピーライターが思わず ! となったコピー。-reuter06
 
 
不倫ソング不朽の名曲といえば<Me And Mrs.Jones>。
’72年にビリー・ポールによって大ヒット。フィリーソウルの
クラシックでもある。だからスイートでメロウ。
ひげもじゃのビリーよりも、ここは微妙にイケメンだが、
歌は抜群にうまいマイケル・ブーブレ版を。
マイケル君が、ジョ~ンズ夫人と狂おしく切なげに歌います。



僕はマイケル君の歌の中では、これが好きだな。
弾むようなピースフルなメロディがよろしい。
しかし、このPVはどうだ。もてない童貞男の妄想じゃないか。
僕も中学から大学まで毎日似たような妄想をしていたわけだが。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。