2008-12-29 07:43:22

歳末、大放出。

テーマ:キャッチコピー
年末年始ってこともあるけれど、
採録したコピーも溜まってきたので、
久しぶりに恒例の(といっても1年以上ぶり)
大放出やります。オモローというより、
実践的なやつを選びました。エロ詩吟の
天津木村さん風に言うと「あると思います」
ってやつです。
 
それではヒア・ウィ・ゴー!
 
☆その1
そのシフトチェンジは、瞬きより速い。

 
BMWのM3の広告より。
瞬きの速さがどんなもんかは分からないが、数値で
リアルに言われるよりそのレベルが分かりやすくなる。
針の落ちる音が聞こえるくらいの静けさとか。
 
☆その2
ヨーロッパの食通は、
オーストリア航空がお好き。

 
オーストリア航空の広告より①
「ビジネスクラス機内食、世界一」という自慢より
客観的な視点から言う方が好感がもてるという感じ。
 
☆その3
オーストリア航空は、
ヨーロッパに早く着く。

  
オーストリア航空の広告より②
ウィーン経由だと欧州100都市以上へ、乗り継ぎは
最短25分がウリなんだそう。それをものすごーく
利用者視点で分かりやすく言うとこうなる。

☆その4
匂いがなければ
もっと食べたいですよ、
カラダにいいし。

 
にんにく卵黄の広告より。
見込み客の感じている、購入へのハードルを
示すことで「あると思います」と共感させ
その商品がそのハードルをクリアすることを
伝える(あるいは匂わせる)。つまり匂わ
ないってことを。
 
☆その5
返信できないと、
「ジュリア」が悲しみますよ。

 
英検の広告より。
ジュリアからのメール(英文)のビジュアルに
このコピー。いったい何事かと物語を感じさせると
無視できにくいんだな。だから目をとめる。
 
☆その6
建て替えて新築の家に住めても、
無理なローンで苦しむとしたら、
幸せとは言えない。

 
へーベルハウスの賃貸収入付住宅の
広告より。
その商品を手に入れないと訪れる
ネガティブな未来を示してやれ!
というゴールデンルールに
リアルなイメージのコンビネーション。
 
☆その7
アラキドン酸
もしこの名前がすぐに記憶できなければ、
あなたには、アラキドン酸(ARA)が
不足しているかもしれません。
 
サントリーの健康食品の広告より。
記憶と学習に関係する成分らしいです。その特徴を
活かしたアイデアがいい。(しかも名前を覚え
させる仕掛けもあるし)商品の必要性に
気付かせるということで(どこまで正確か分からんけれど)
潜在的なニーズを顕在化させたり、ニーズから
ウォンツに変えるスイッチというわけだね。
 
☆その8
年齢肌はかたい。
だから
蒸らして柔らかくする。

 
ドモホルンリンクルの広告より。
問題とどのようなメカニズムで
それを解決するかを示すと説得力が出る。
「年齢肌をやわらかくする」と言うよりも。
 
☆その9
もう、何十年も
待たなくていい。

 
ヤマハのアコースティックギターの広告より。
ビンテージでないと出ない音が出るという
特徴によってもたらされるメリットを
使う人の視点で言いましょう。ということで
「もう~しなくていい」は使えますね。
 
☆その10
日本に、
きれいな女性が増えすぎる
可能性があります。

 
アセロラドリンクの広告より。
ビタミンCとポリフェノールがたくさんと
いう事実でこれだけ夢(デフォルメされても)を
膨らませてあげると関心を持ちますね。
自分を高める、深めるかもという
メッセージは無視できないでしょ?
 
☆その11
事故でパニックのときに、
「明日ご連絡します」なんてあり得ない!

 
ソニー損保の広告より。
これもその4と同じように、こんな商品は
イヤだなぁというというフレーズで
共感させて、「でもうちは大丈夫」と
言うと「24時間365日事故受付します」より
利用イメージがくっきりなって印象も強くなるよねー。 
 
☆その12
海を見たいなら、冬。
海と人を見たいなら、
夏でもいいけど。

 
ANAの沖縄キャンペーンの広告より。
物は言いようという見本。冬の沖縄は人が少ない、
閑散なんてネガティブに捉えられるような
ことをプラス思考で逆転。視点を変えれば、
アバタもエクボ。
平日がお休みな仕事をしている人が
「休日みたいに混んでいないからすぐ入れる」と
自慢する時と似ているよな。
 
☆その13
服と違って体は脱げない。

 
作家川上未映子さんの言葉より。
そのままエステのコピーに使えそうな表現。
ビジネス書ばかり読んでないで小説を読むと、
表現のひきだしが増えるって。
 
☆その14
塾も家庭教師も
なぜ2月に、
決めるのか。

 
家庭教師トライの広告より
なぜ、エグゼクティブはゴルフをするのか?
なぜ、社長のベンツは4ドアなのか?
なぜこの店で買ってしまうのか
なぜ、占い師は信用されるのか?
…最近のビジネス書のタイトルって「なぜ」が
多い。なぜだろう?それはワケを知りたいから。
だから本を手に取る。常套句だけど無視しにくいね。
 
☆その15
よその社長は、
“建設的な”こと言うなぁ。

  
テレビ番組「カンブリア宮殿」の広告より。
この時のゲストは、建設関係の経営者だったのか。
今となっては分からないが、そうだとしたらダジャレ?
 
☆その16
ハッとする帽子(ハット)。

 
山滝製帽の広告より。
これはあまりベタすぎてふつう言わないだろう
という勝手な思い込みを見事に裏切った、
いまどき珍しいダジャレ(というかおやじギャグ)コピー。
 
☆その17
ポール・ニューマンが入れても、
うちの父さんが入れても、おんなじ味でした。
 
ブレンディの広告より。
今年亡くなったポールニューマンを偲んで
昔の広告から採録。
 
☆その18
10年前より、きれいな私。
 
雑誌エクラのアンチエイジング特集の見出しより。
昔の方がきれいとか、若い方がかわいいとか
それは間違いだよな。先日、47歳の石野眞子さんを
テレビで観たけど、アイドル時代より魅力的だったなー。
いや、そう言う話じゃなく、先入観を覆す表現は
いつも引きがありますねってことデス。
 
☆その19
人々を奮い立たせる言葉の力を
甘く見るべきでない。

 
バラク・オバマが大統領選の予備選中(ニュー
ハンプシャー)にヒラリー・クリントンに言った言葉。
コピーも同じですね、人もココロも動かしましょ。
奮い立たせましょ。日本の政治家さんも宣伝会議とかに
通ってコピーライター講座でも受講した方がいいんじゃないか。
 
 
今年もたくさんの訪問やうれしいコメント
本当にありがとうございました。
それではまた来年!(も続く予定として)ニコニコペンギン
 
良い年を!!
 
AD
いいね!した人  |  コメント(7)  |  リブログ(0)
2008-12-28 22:45:03

転ばぬ先の、知恵。

テーマ:コピーライティング

ひとりあたり年間20万円だそうで。
何のことかと言うと、日本の消費者が負担している
広告費らしいです(セールスプロモーションも入れて)。
 
負担しているってどういうこと?
と疑問に思うかもしれないけれど、
広告費というのは、ふつう商品の価格に
含まれる。
 
地上波テレビやラジオを無料で視聴できるのも、
フリーペーパーが文字通り無料なのも、
広告費によって成り立っているワケで、
それは結局のところ商品の値段に乗せられて
回収される
のだ。
 
世の中にタダなんてものはなく
何かを手に入れるためには、僕たちは
何かを失っている。
お金、時間、人間関係…。
無料や安さと引き換えに、商品の購入を通して
広告費も支払っているわけだ。
 
だからお金のかかるタレントを使わないで
いいので、その分料金を安くしろなんて
声が上がる。
 
でも、広告、販促物を通して商品を知ったり、
買ったりすることも多いから、情報取得コスト
と捉えれば少しは大義名分になるかな?
それだけに、アドバイスなど役立つ情報を
教えてほしいなんて思いません?
たとえばこんな感じで…
 
 
★今回のビックリマークなコピー。
 
 
住みやすさを重視するあなた!
返しやすさも
ちゃんと見てますか?

 
 
ソニー銀行の広告より。ソニー銀行の
広告っていつもコピーだけで勝負します!
という広告におけるコピースプレマシー&
アルティメイタムの精神がとても潔いと思うのです。
だからコピーの勉強にはいい参考になる。
 
人の欲望やニーズには、
今すぐの顕在化されたものと、心や記憶の
奥の方に埋もれている潜在化されたものがある。
 
自分のことを考えれば分かりやすいと思うが、
目先のことは意識しているけれど、そうでないことに
関してはおおむね潜在化されているもので、
言われないと気付かないことが多い。
 
しかし、プライオリティを上昇させる
ことができれば、潜在的なものが一気に顕在化し、
欲望がむくむくと起こったり、最優先の関心ごとに
変わったりするのである。そのトリガーのひとつが
広告だったりするわけだ。
 
僕の周りでもネットショップを開きたいなんて
言う人がちらほら出てきて、こういう商品を
売りたいんだと楽しそうに夢を語るのだが、
それで、どうやってアクセスさせるの?と集客に
ついて尋ねると、まだそこまで考えていないとか
どうすればいい?と反対に尋ねられる。
 
店を開くことと、お客さんを集めるのは
同じくらい重要なのに、つい目先のことに
とらわれてしまう。このソニーの広告も
家を買った後のローンという重要なことについて
アドバイスをしている。ちゃんと考えないと
後が大変だよと気づかせている感じだね。
 
あ、そうだった。忘れてた。アドバイス
ありがとう。(でも、その商品を買うか
どうかは約束できないけれど)
 
転ばぬ先の杖、いや先の知恵。
そんなメッセージだったら、
まぁ人生を賢く生きるための情報料と
いうことで負担も仕方ないって
思ってくれない?だめ?
 
運命と思うのも、
ただの広告と思うのも、
自由です。

 
ソニー銀行もこう言ってますし(広告で)。ね?
でも、20万円はなんだか高いよなっ!
 
 
さて、本当に素晴らしい一冊が出たので紹介。
「クルマの広告」。著者は西尾忠久さん。
かつてコピーライター(TCC殿堂入り!)であり、
DDBの広告などアメリカの広告の紹介に

尽力された方です。それも随分前から。
 
現在、「創造と環境」というブログ
毎日更新されていますが、その内容は
圧巻!フォルクスワーゲンをはじめ
エイビスなどDDBの代表的な広告や制作者たちの
インタビュー、その他アメリカのすばらしい広告を
翻訳して紹介している。

 
またご自身の著書なども再録、
絶版で手に入らない貴重な本が
読めるという幸せを手に入れることが
できるんだ。
僕は閲覧するために国会図書館まで
通ったけど、それがネットで読めるとは!
とにかく広告についてのこれだけ
貴重ですばらしいアーカイブを他に知らない。
 
本の話に戻るけど、「クルマの広告」では
フォルクスワーゲンの代表的な広告が紹介され
ている。もちろんコピーも日本語訳されているので
とても勉強になるよ。説得の文章、読ませる文章
のいい例ばかり。
表現やアプローチのアイデアの勉強にもなるし、
なによりビジュアルを見ているだけでも楽しい。
 
そこそこ経験を積んだ時期、それでも僕がきちんと
広告やコピーの勉強をしないといかんなと
あらためて思ったきっかけを作ったのが、
ワーゲンなどDDBの広告でした。
(今でもアイデアを拝借していますし)
 
特に若い人、ぜひこの本や西尾さんの
ブログを読んでください。力がつくよー。

クルマの広告―大人のための絵本 (ロング新書)/西尾 忠久
¥950
Amazon.co.jp

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。