2008-11-20 11:19:45

コトバに花を、そしてスゴ味を。

テーマ:コピーライティング

よく物忘れする人に言いますね、「このトリ頭!」なんて。
3歩歩いたらきれいさっぱり忘れてコケコッコ~。
でもね、カラスはお利口だそうで。意地悪した人間のことを
覚えているっていいます。デスノートも持っていたりして。
僕も仕返しされたことありますし。パンチ!
 
ついでに、まったくカラスだけにクロウしますねって
ダジャレも言っておきます。(カラスは英語でcrow、
念のため言っておきますぞ)
 
豚肉を食べるとき 僕はお箸で肉をつまみながら、
この資本主義のブタめ、醜いブタめ!いただきまーす」
と言って敬意を表します。(これはウソ)ブタ
 
イヌ。わんこと言うとカワイイけれど、犬死とか犬侍とか
侮る表現にもよく使われますね。まぁ「わんこ死」なんていえば
ちょっとは侮蔑感が減るような気が。イヌが蕎麦を食べたら
わんこ蕎麦。なんちゃって。あ、失礼。
 
ごますりや腰ぎんちゃくのことを
○○のイヌめ!」と軽蔑したりします。
でもね、警察犬に「警察のイヌめ!」と言っても、
怒んないと思いますよ。「その通りですが何か?」と
吠え返されるのがオチ。たぶん。わんわん
 
野菜はどうかな?
太めの足のことを「だいこん足」と、昔よく言ったもの。
でもね、腹のすわっている人に言ってもあまり効果ありません。
「あら、そんなに白い?」と返され「バーカ」と言われる始末。
 
これも最近あまり耳にしないけれど、叱るときに
「このボケナス!」や「どてカボチャ!」なんて
野菜に失礼なフレーズもありましたね。
ナスやカボチャが聞いたら「なにさ、ポリフェノールも
カロチンもたっぷりなのよ、人間なんてコレステロール
ばかりじゃないの」と噴飯ものですよ。
 
美人のことを昔は、立てば芍薬(しゃくやく)、座れば牡丹、
歩く姿は百合の花
なんて、粋でイメージしやすい言葉で
言い表したもの。まさに言葉に花、花鳥風月黄色い花
 

それに比べて、チキン野郎(臆病者)、どろぼう猫
金髪ブタ野郎(by泰葉)、イモ野郎等々…と
悪しざまに言うときの表現と言ったら
人間の上から目線というドライブがかかりまくり。

自然への敬意が欠けていますね。
 
なんだか人間ってえらく傲慢じゃないですか?
物事のたとえに、動物や野菜など自然の生き物(それも大そう
世話になっているのに)を使って、言葉にスゴ味をきかせようとする。
でもね、そのくせ大臣なのに空気や漢字が読めないとか、副大統領を
めざそうとする人がアフリカを国名と思っていたりとか…。
まったく、トリのことなんてバカにできないと思うんですけど。
 
そう言えば、そういう人たちの頭のことを
ある野菜に例えたりしますよねー。
なんでしたっけ?
 
 
★今回のビックリマークなコピー。
 
 
「スゴ衣」は、
ピーマン2個分の軽さ。
スゴイあったかい
ワコールの肌着です。
 
 
ワコールの肌着「スゴ衣」というスゴイ商品名の広告より。
商品名にも驚いたけれど、ピーマンにも驚く。
肌着の広告になんでピーマンの写真が?と
思わずクギづけになった。(そこがミソ)
 
ピーマンもね、よく呆れるような失敗をした時や
頭の回転がさえていない時に登場しますよね。
「お前の頭はピーマンか?」なんて。まぁ中身が
スカスカだから、ピーマンの肉づめという料理が
成り立つわけで、世の中持ちつ持たれつってことだよな。
 
さて、たとえにピーマンを持ってくるという
意外性だけに目を向けがちだが、商品の特徴の軽さを
分かりすく表している
ところは、実に基本を押さえて
いるという点で見逃してはいけない。
 
すごい軽いとか、着けていることを感じない軽さ
等と曖昧な表現、あるいは重さ66グラムと数値を
出されても、なかなか想像しづらい
もの。
受け手にすばやくくっきりイメージさせることは、
コピーで大切
なこと。
 
この場合は、ピーマンという比較対象を
引用してそれを実現。
強調したいことは、あいまいな形容詞より
例を挙げたり、具体的に描写して
分かりやすくする
こと。
 
よく分からんなと思われてしまうと(=想像できない)、
スルーされ、商品との間に架けられる欲望のハイウェイは、
工事の途中で崩れ落ちてしまう。
 
たとえ受け手がピーマンな頭であっても、受け手の
想像力増幅装置のスイッチを押すのがコピーの

(そこに使われる言葉)重要な仕事だ。
もちろん、イメージ増幅は早く起動させなければ
いけない。だから自分の知性や受け手の
IQを試すかのような連想テストのような
表現は避けないとね。
 
それと新商品だからでしょう。商品名(スゴ衣)、
ブランド(ワコール)、スゴイあったかい、軽い
と商品を簡潔に分かりやすく伝えている。
そんなものがあるとすればだけれど、
折り目正しいコピーの文法の手本のようで。
 
わずか30文字くらいで上手にはじめましての
自己紹介。1球目は速球ストレートでOK。
(すでに市場に類似商品がいろいろあって
違いが出しにくい状況だと、変化球が必要だけど)
 
なんてことは、何度も言ってきたけれど、
人間も忘れやすい動物だし、僕も時々忘れるんで
今一度、言っておきますよ。
 
これを読んで数分後、きっと「あれ、なんて
書いてあったけ?」と首をかしげるはずだし、
24時間後にはきれいさっぱり消去されているかも。
 
仕方ないですね。
なにせ、きっと僕もあなたもトリ頭ヒヨコでございますから。
 
 
プレゼントおまけ
こんな引っかけがありましたね。
「牛はビーフ、豚はポーク、じゃあ鳥は英語で?」
「チキン!」
「ブッブー、鳥は英語でバードですぅ」
 
 

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。