2007-09-27 23:26:40

ノーセンテンス、広告。

テーマ:コピーライティング

戦争。アメリカ。
 
これは2002年に上映された映画
「地獄の黙示録 特別完全版」のコピー。
この前年、同時多発テロが起こり、
その報復としてアメリカが
アフガニスタンを空爆。アメリカが
だんだんときな臭くなった時期。メラメラ
 
そんな記憶が残っていたので、
ポスターでこのコピーを見た時は、
あまりのタイムリー感とこのギリギリに
削ぎ落とされた表現にすばらしい!と
思ったもんだ。
 
はじめは影で支援して、後で先頭をきって
乗り込んでくるあたりは、ベトナムで
やってきたことと似ているね、イラク戦争
でのアメリカ。
 
ところで、センテンスでなく言葉の羅列に
よる文体といえば、ジェイムス・エルロイの
小説「ホワイト・ジャズ」。例えば、
「修羅場=血しぶき、賭け伝票/現ナマの紙吹雪。」
とか「闇/光/痛み―腕に注射、狂ったような至福。」
なんてスラッシュまで入ってくる表現がわんさか。
初めて読んだ時は面くらったが、ちゃんと情景や
心情がヒリヒリと伝わってくるから面白い。
 
さて、コピーはどうだろう。
おや、ありますね。まるで検索してみる?
と言いたげそうにキーワードが並ぶ。
 
 
★今回のビックリマークなコピー。
 
 
たるみ。年齢。ごま。

 
 
サントリーの健康食品セサミンEプラスの広告より。
健康食品の広告というのは、薬事法によって
効果効能を言うことができない
。したがって
コピーもあいまいで、奥歯に物がはさまった
ような表現しかできない。行間から察してね
といった感じになってしまうのだ。だから
広告主も制作者たちもいつも苦労する。
 
このコピーを見たとき、そうした
制限をうまく使っているように感じた。
ごまがたるみを無くしますとか解消
しますなんて効果があるとは言えない。
 
しかし、あえてセンテンスにしないで
無くすとか解消するとか効くという
動詞を入れないで、名詞を羅列。
たるみや年齢という課題のキーワード
ごまという解決のキーワードを並べ、
その関係性を匂わせるというのは、
ひとつのアイデアだと思う。

 
ごまだけに上手いごまかし方だと
言ってしまうそうだ。 
完成したセンテンスからNGとなる
動詞を抜き取る。
残ったのは
キーワードだけというイメージ。

あいまいな動詞を使わない分、

くっきりと伝わる気がしない?
 
まずは効果の期待感を印象
づければいいのだ。あとは
気になった人が、ボディコピーへ
誘導され、商品情報を欲しがる
ように仕向ければいい。
 
これからのネット広告を考えるに
ケータイなどのモバイル端末
の場合、いかに小さな画面の中で、
キラリと効きの良い表現
をするか、
それが求められる。それも1行くらいで。

 
それを考えると、
なにもセンテンスでなくても、
20~25歳、Dカップ以上。
昔の夕刊紙の風俗1行広告のように
相手が知りたい、あるいは気になる
単語を具体的に並べるというのもありだな。
それこそエルロイの文体のような
広告だらけになったりして。
 
そのジェイムス・エルロイの
「アメリカン・タブロイド」を読んだ時
序文の最初の一行に僕はしびれたものだ。
 
アメリカが清らかだったことはかつて一度もない。
 
暗殺。アメリカ。という感じのアメリカ裏現代史、
にふさわしいカッコイイ宣言なのだ。ドクロ
例えばアメリカに差し替えて、他の国や
○○党、○○業界と入れてみてもまんざら
合わないわけではないところがなかなか。

 
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2007-09-10 23:46:21

白くまは、バロメーター。

テーマ:コピーライティング

この夏、猛暑の日はよく白くまアイス
ばかりを食べていた。(まさに白くま愛すと
いう感じです。オモシロクマ?)
白くまアイスというのは
九州ではおなじみのアイスで、
練乳のかかった氷にミカンやチェリー
などのフルーツ、小豆がトッピング
された氷菓である。(今では九州
以外でも売っています)さくらんぼオレンジ
 
子供のころから時々食べていたが、
カキ氷にフルーツが乗っているという
チープなゴージャス感が子供ごころに
贅沢に感じたものだった。
ひとつ上のアイスって感じでね。
 
なぜ白くまという名称なのか昔から
諸説があるようで、有力なのは白い氷
に小豆やミカンがのった状態が、
白くまの顔に見えるからという説。
 
などは、氷にフルーツという組み
合わせが、動物園の白くまに時々出される
氷のケーキ(フルーツの氷漬け)に
似ているからかなと思っていたんだけど。

そんな説はないもよう。
 
ところで、その白くまに絶滅の危機が迫っている。
ニュースによると米内務省は今月7日、
北極圏に生息するホッキョクグマの
3分の2が2050年までに、地球温暖化による
海氷の減少で死滅
すると予測。

そうだ、白くまを救え!
 
 
★今回のビックリマークなコピー。
 
 
ホッキョクグマを救うスイッチ

 
 
衛星放送協会のCO2削減キャンペーン
「STOP!温暖化」のCM より。
(トップページの右下にあるバナー
「STOP!温暖化」をクリックすると
ご覧になれます)

 
CMで呼びかけているは節電、ご存知のように
電気の消費がCO2排出につながり地球温暖化を
進行させている。
 
CMはこんなコピーが氷の上の
ホッキョクグマ親子の映像(撮影は
野生動物の写真で有名な岩合光昭さん)
の上に出てくるところから始まる。
 
今日、あなたは、ホッキョクグマを苦しめた。
 
いきなり苦しめたねと責められるのだ。
思わず引き込まれてしまう。同時に真相を
知りたくなるから無視できなくなる。
はじめの1行はこうこなくっちゃ。
 
その後CO2の排出が温暖化を促進し、
それがホッキョクグマの絶滅危機を招いて
いることが告げられる。
最後に電気のスイッチを消すシーンで
登場するのが紹介したコピーである。
 
このメッセージが動機づけの点で、
効果的
だと感じたのは、温暖化の阻止
という漠然としたものの焦点を
ホッキョクグマを救うことに転換、
あるいは象徴させることで
鮮明にしている
ことだ。これに
よってもの事のイメージが具体的に
なり分かりやすく
なる。
ピンと来やすくなるのだ
。人はイメージ

しやすくなると行動するのだ。ひらめき電球
 
イメージを明確にする、この場合は
目標がハッキリするから動機づけが
効きやすい。地球環境のためよりも、
ホッキョクグマを救うと言った方が
想像しやすくリアルに感じやすい
それだけに心は動かされやすいはず。
そこにホッキョクグマ親子の映像が
さらに説得力を加えるのだ。

(だってカワイイんだもん、助けなくちゃ

という風に)
 
以前、エイズ検査の促進キャンペーンで
彼氏の元カノの元カレの~」というCMが
あったけど、あのコピーも具体的で
イメージをくっきりさせたおかげで、
強い動機づけができたと思う。
 
さてと「ホッキョクグマを救うスイッチ」
だが、この言葉には節電という行動に
明確な、しかも動機を高めてくれる
目標が盛り込まれており
、「私でも
できそう」「ホッキョクグマのためなら」
という気を起こさせる力はある。
 
このスイッチはなんだろうと考える。
目的は節電でなく(これは手段)、
温暖化の促進の阻止(=ホッキョク
グマを救うこと)につながると考える。

 
「地球を救うスイッチ」や「環境を守る
スイッチ」でも良いけれど、やっぱり
ホッキョクグマの方が説得力や
共感力は強くなる。!!
 
そういえば商品を使うことで得られる
メリットや、商品の必要性を具体的に
言ったり、比ゆを使って言ったりと、
受け手がイメージしやすいよう伝える
のは、コピーライティングのコツだったよね。

思い出してくれました?
 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。