2007-07-29 23:42:37

まさに、呼び水となる。

テーマ:コピーライティング

コーズ(課題)マーケティング(cause marketing)なる
ものを耳にしたことがあるかもしれない。
分かりやすく言うと、社会貢献活動を活用した
マーケティング
。たとえば商品を買うと
利益の一部が、乳がん撲滅の資金に使われると
いったようなしくみ。
 
アメリカでは、年々コーズマーケティングの
市場は拡大傾向のようで、その理由は
予想以上に大きな利益を生み出しているから。
調査によると、寄付活動をしている会社と
そうでない会社を比べた場合、90%の消費者が
寄付する企業の商品を買う
という。

 
参考記事(ちょっと古いですが)
「ピンク一色に染まる米国企業のなぜ」

 
最近、ボルビックは、
「1リットル for 10リットル」
というCMをやっているが、これは
同社がユニセフに協力しているプログラムで、
ボルビック商品を買うと、アフリカの井戸づくりに
資金に使われるというもの。
1リットルあたり、10リットルの水がアフリカの
井戸から生まれるから名づけられた名称だ。
これもコーズマーケティング。

 
そのボルビック、「ミネラルウォーターに
関するアンケート」
では、好きなブランド1位。
「1リットル for 10リットル」実施後では、
売上の面でも大きな伸びが見られるのだろうか。
同調査では、ミネラルウォーター購入時に
広告やCMによるイメージは重視されていないようだが、
パッケージのデザインにも反映していれば、
選ばれると思う。自分もプチ社会貢献という感じでね。

 
それにしても、水を買うなんて
20年くらい前は想像もできなかった。
昔、社会の先生が将来水と食料を
めぐって戦争がおきるぞと言っていた。
そんなアホなとその時は思っていたが、
最近の食をめぐる世界の動向をみると、
この先、そんなことが起こっても
不思議ではないと思う。
ということで水についての広告を…
 
 
★今回のビックリマークなコピー。
 
 
飲水は気にするのに
毎日のお風呂は無関心?

 
 
風呂用浄水器アクアミルムのネット広告より。
ヴィジュアルなしで、テキストのみの広告。
短い言葉で、いかにクリックさせるか、
つまりいかに興味を持たせるかに注力
しなくてはいけないコピーだ。
 
ニーズを作る、あるいは潜在化している
ニーズに気づかせる
、そんな表現である。
「そう言われると気になるな」と
思わせなくてはいけない。そんな気に
させるためにどうしているのか。
 
それは説得力をつけるために、
ほかの例を引き合いに出していること。
この場合は、飲み水。
ほとんどの人が、安心や安全のために
飲み水にお金を出す今、同じカラダに
入っていく風呂の水には無頓着で
いいのかという問題を投げかけている。
 

風呂で使う水も、飲み水と
同じように気を使うべきでは?
と、飲み水を引き合いに出すことで、
その必要性を喚起させようとしているわけ。

呼び水となるとはこのことだ。
たんに「お風呂にも安心な水を」と
言うよりも説得力は強くなる。

 
ちょっと応用してみよう。
たとえば、国産の材料しか使って
いないちょっと高めの価格の漬け物の場合、
「野菜は国産しか選ばないのに、
漬け物は無関心?」なんて言われると、
商品選びの基準に気づかされて、
高くても買ってしまうかもしれない。
 
まぁ漬け物でなくても、ジュースでも
スープでもサプリメントでもいいが、
こだわりのある商品にも使えるね。
 
他にも「オフィスでは省エネにうるさいのに、
家の~はいいの?」なんていろいろ考えられる
けれど、キリがないのでこのへんで。

 

お、さっきサッカーの女神が、

イラクに素敵なギフトをプレゼント。

すばらしい!プレゼントクラッカー 

いつもはsunday bloody sunday、

でも今日はsunday bright sundayになったね。

 


AD
いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)
2007-07-24 12:52:00

それは、あなたの知らないニュースか。

テーマ:ブログ

シラー「世の中は欺瞞に満ちている。政治家も
企業もウソばかりつく」
ドクロ「その通り。そんなものを簡単に信じて
いいんですかね」
シラー「あんた、誰だ」
ドクロ「あ、どうも。広告です」
シラー「広告なんて、はなから信用されていないぞ」
ドクロ「ええ、知っていますよ。昔アメリカで行われた
調査によると、広告の85%が無視されて
いるとか。私も大げさだとかうさんくさい
なんて言われたものです」
 
シラー「よく分かっているな。その広告が信用に
ついて意見など言えるとでも」
ドクロ「キツイこと言ってくれますね。でも私たちは
時に愛され、人々を楽しませますよ。そして
みんなの役に立つ情報も伝えている。
政治家と比べないでください」
シラー「ほう、いやに得意げに言うじゃないか。
しかし所詮、商品を買ってもらうためだ」
 
ドクロ「おかしなこといいますね。あなた本当に
コピーライター?私は広告、それも商品広告。
遅かれ早かれご主人の商品を売るのが目的。
そのためにお客さんに向けて説得するのが
仕事なんですよ」
シラー「広告のくせに真っ当なことを言うな」
ドクロ「分りきったことをいうヒマがあったら、
私が仕事をしやすいようなコピーを
考えてくれませんかね、たとえば
ニュースのようなコピーとか」
むっ「ニュース?」
 
 
★今回のビックリマークなコピー。
 
 
くすんだ肌は、
古くなった肌だと知っていますか。
 
 
やせにくくなった原因は、
基礎代謝にありました。
 
 
最初のコピーはクリニークの美容液
後のコピーは大正製薬の健康食品の広告より。
二つのコピーの共通するのは、
客観的事実を伝えようとしてること。
その事実を知らない人にとっては、
それはまるでニュースのような情報である。
 
もちろん、これは「くすんだ肌」や
「やせにくくなった原因」という
誰もが抱えがちな問題を浮かび上がらせる
ことで、商品の必要性を持たせるための表現。

 
このようにまず客観的な事実をつきつける。
新しいこと、知らないことには人は興味を
持ちやすい
。なにせ人間は好奇心のかたまり。
特に自分に興味のあることには
思わず反応するでしょう?
  
他にも「10人に1人は~という事実」
とか「企業の40%は~を導入」のように数値を
おり込んだ表現も客観性があると思われ、
信じてしまいやすい。(データの信憑性に
疑問があるケースもあるだろうけど)
 
だが、事実を述べたところでそこは広告。
キャッチコピーで問題に気づかせて、
その解決をボディコピーなどで示しながら、
商品への欲求を高めて、買うという行動を
促していく
のだ。
 
よくある「~で悩んでいませんか」と
問題を提示し、「そこでこの~」と解決方法が
商品を使うことであるという基本的な
流れと同じパターンである。
 
ただし、この場合だと表現によっては、
うさんくさくなるので、事実を示して
信用を得る方法のほうが効果的だろう。
ただし、データや事実の歪曲や捏造は
なさらぬように。
 

ドクロ「どうです?広告のほうが正直でしょう」

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2007-07-12 23:08:15

やっぱり必要なんだよ、フェロモンが。

テーマ:コピーライティング

君の本が第1ページでこの読者をとらえそこなったら、
彼はそれを棚に戻し、別の作家の小説を買うだろう。
と言っているのは作家ディーン・R・クーンツ

著書「ベストセラー小説の書き方」でそう述べている
クーンツはモダンホラーで多くのベストセラーを
出している作家で、代表作「ウォッチャーズ」は
以前読んだが確かに面白かった。
 

そのクーンツがベストセラー小説を書く
ポイントのひとつに、冒頭の3ページが勝負だ
と挙げている。いかにはじめに読者を引きづり
込むか、それが大事だということである。
 
それはコピーも同じである。
キャッチコピーは、リードコピーを読ませるために
リードコピーはボディコピーを読ませるために
機能させなくてはいけない。
それで、それでと次へ次へと読み手を誘導させる
ことが必要なのはとても基本的なこと。
 
特に最初に目にとまるキャッチコピーは、
文字通り読み手の関心をキャッチしなくては
いけないのである。キャッチコピーで

キャッチできなかったら、どんなにボディ

コピーが素晴らしい内容でも読んでもらえない。
 

そんな読み手を思わず引き込むような

一行を書くには、どうすればいいのか。

それにはいろいろな意見もあるだろうけど、

個人的には小説をたくさん読むことがいいと思っている。
 
あまりこんなことはビジネス書に書いていないから、
ホント?と思うかもしれないが、自分の体験で
いえば小説を読むことはかなりプラスになっている。

 
それで、僕の好きなある作家なのだが、
この方の作品では、思わず引き込まれる
ような最初の1行をよく目にする。
どんな書き出しかちょっと興味ある?

 
 
★今回のビックリマークコピー書き出し。
 
 
一杯のカクテルがときには人の運命を変えることもある。
 
夢の中で三晩つづけて姉を抱いたことがある。
 
あたしがゆきおくれたのは妹のせいだ。
 
今年四十歳になる運転手、武上英夫は秘密を三つ持っている。
 
その夜わたしは人を殺しに車を走らせていた。
 
子供のころから名前では苦労している。
 
男にとってこの世でいちばん頭の痛い存在は妊娠した女である。
 
失業したとたんにツキがまわってきた。
 
夫があの不幸な事件で命をおとしたあと彼女は十歳も老けた。
 
 
すべて佐藤正午さんの小説より。
みな最初の1行である。作品を順番にいうと、
「ジャンプ」「傘をさがす(夏の情婦収)」
「姉(バニシングポイント収)」「運転手(バニシングポイント収)」
「彼女について知ることのすべて」「童貞物語」
「個人教授」「永遠の1/2」
「アーガイルのセーターはお持ちですか?(カップルズ収)」。
短編は( )に収録されているタイトルを入れています。

いずれの文章も、その先を読みたくなるような

フェロモンを漂わせている
 
恋愛小説、青春小説というカテゴリーで語られることが
多い佐藤さんだが、文章の巧さもピカイチである。
これは他の作家や文学評論家が言うのだから間違いはない。

よくある話でも、この巧みな語り口につられて

ついつい読み進んでしまうのだ。
 
デビュー作「永遠の1/2」を読んで以来、かれこれ
ファン歴20年ほどになるが、文章や語り口の巧さに
気づいたのはやはりコピーライターになってから。
たぶん仕事柄、ストーリーだけでなく、言葉の使い方

や表現に関心を持つようになってからだと思っている。
 
佐藤さんの作品は、いくつか映画化はされたけど、
TVドラマの原作になって話題になったということもなく、
作風も最近のトレンドのようにベタベタな泣かせる
感じではないので、あまり注目されることがないのだが、
恋愛小説、青春小説の醍醐味である、振り返ると
あり得たかもしれないもうひとつの人生を思う時の
切なさ
は十分堪能できるんじゃないかな。
 
ところで先に挙げた、最初の1行の巧みさであるが、
思わず本文に引き込まれてしまう。そんなツカミの
あるところが読まずにはいられないコピーの
考え方と共通
している。
 
意外性、具体性のある表現、非常識(人を殺す、姉を
抱いた)な表現を使った、謎めいた感じの文章が
その先へと興味を誘うのである。
 
アメリカの伝説のコピーライター、
ジョン・ケープルスが手がけた
音楽学校の有名なコピー、
私がピアノに向かったら、みんなが笑った。
この後、「しかしピアノを弾き始めると…」と
(原文はThey Laughed When I Sat Down At the Piano
But When I Started to Play! -)
続くのだが、このコピーは通販や
セールスレターのコピーライティングについて
語られるとき、よくお手本として紹介される。
 
上の佐藤さんの最初の1行と同じように

気にならずにはいられない文章である。
小説であれ、コピーであれ読み手の興味を
つかむという点では違いはない
のだと思っている。
冒頭で小説をたくさん読むのも
コピーライティングの腕を上げるコツであると
いうことも納得できません?

 
僕が佐藤正午さんの作品を再読しずっと

読み続けているのは、文章そのものを

味わうためでもある。

そんな小説の楽しみ方を知ったのは

コピーライターになったからだとつくづく思う。

 
最近、佐藤さんの作品を読み返して

思わずため息の出た文章がある。
エッセイ「ありのすさび」の<ラブレターの練習>
の中で見つけた。それが、
 
世界中の何よりも、切なさを母親にして誕生する言葉は美しい
 
という一節。なんでしょうね、この色気のある表現。どうです?
 

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2007-07-09 23:50:34

ひと手間かける、それだけでうまくなる。

テーマ:コピーライティング

へぇ、そんなに怖かったんですか。
すごーく怖かった、メチャメチャ怖かったと。
なるほど。もっと詳しく言うと?
不倫相手に「奥さんに全部話してやる!」と
言われた時と同じくらい。おーそれは怖そうですなぁ。
 

え、寝ているトラのキン○マを踏んづけて
しまった時と同じかもしれないって?
それもまた怖いですなぁ。怒るでしょうな、そのトラ。

しかし、あなたも極端に表現しますねぇ。

 
まだあるって。

リングっていう映画で貞子というお化けに
殺された人の顔くらい怖かった。

確かにねぇ。あれも怖かった。
いやー本当に恐ろしい目に会ったんですねぇ。
 

私ですか?えーそうですね、昔
暴走族に追いかけられたことがありました。
あれは怖かったですねぇ。
殺されると思ったもんです、あの時は。
あちらはバイクでしたけれど、こちらは
自転車でしたから。

 
まぁなんですね、一口に怖いと言っても
いろいろなレベルの怖さがあるんですねぇ。
「すごい」とか「超」とか「驚異的」なんて
簡単に言ってしまいがちですけど、
ちょっと具体的に言ってみたり、

面白いたとえで言ってみたりすると、

これが、なかなか
実感のこもった表現になるもんですねぇ。

説得力のあるって感じかなぁ。
 
 
★今回のビックリマークなコピー。
 
 
世界最小の設置面積。
ささやき声ほどの稼動音。
図書館にも置けるPCサーバ。

 
 
バケツをひっくり返したような雨にも濡れない!
 
 
ひとつめは富士通のPCサーバの広告、
ふたつめは東レ・エントラントの
レインコート・スーツ
の広告より。
業種や商品ではなんの共通もない
この2つの商品だが、表現では共通した
ものが見られるよね、分かります?
 
商品の特徴や機能の程度を
形容する表現が具体的で
分かりやすい
と思いません?
「ささやき声ほどの稼動音」なんて
音の大きさがイメージしやすいでしょ。
 
「図書館にも置ける」と言い方も、
小さくて静かであることがよく分かるしね。
もし稼動音が32dBという静けさなんて
スペックで言われたら専門家以外は
分からない。巧い伝え方である。
 
ふたつめのコピーも同じで、
雨の激しさを「バケツをひっくり
返したような」と表現することで
「激しい」「すごい」「豪雨」なんて
言われるより、その程度が

分かりやすくなっている。
 
具体的に言ったり、比ゆを使って

表現すると、伝えたいことが相手にとって

想像しやすくなるという例である。

 
料理を作るとき、ひと手間を加えることで
ぐんと美味しくなったりするものだが、
コピーの表現も同じで、
具体性や比ゆで形容する、いわば
ひと手間をかけると、分かりやすさという
旨みも増すというものだ。

んー、ちょっと強引か。

 

でも神は細部に宿るって言うじゃない。

受け手が想像しやすいコピーも

そんな細部から生まれるんだな。これが。
 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。