2006-01-27 19:21:40

まだ、あなたは気づいていないだけ。

テーマ:コピーライティング

前回、お知らせしたコピーライターの
仲畑貴志さんが出演された
「課外授業 ようこそ先輩 」

ご覧になりました?
僕はついメモを取りながら観ました。
 
番組の中で、すてきなコピーやコピーを
考える上でのヒントになることが
あったので、紹介してみましょう。

観そこなった、また観たい方は
今週末の日曜日に再放送の予定
あるのでどうぞ。
 
 
今回のなコピー。
 
 
私は、もっと私になれる。
もっとチャーミングな私がいるから。
 
 
番組の中で、最後に仲畑さんが子供たちに
贈ったキャッチコピーより。
仲畑さんは、子供たちに自分のキャッチコピーを
作ってみようと宿題を出した。テーマは
自信がない自分を勇気づける言葉
 
子供たちはそれぞれ自分の長所、短所を
書き出して、そこからキャッチコピーを
考える。時折仲畑さんがアドバイス。
そんな感じで自分を勇気づけるコピーが
生まれてくる…
 
実はこれ、コピーを考える上で
とても大切なことで、価値を見つける
いうプロセスなのだ。
コピーライターの仕事は、
商品の価値を見つけ、言葉にして伝えること

だから、価値を見つけることは欠かせないのだ。
 
よくコピーは特徴を伝えればいいと
思われがちだが、特徴と価値は違う。
価値というのは、その特徴によって
商品を使用する人にもたらされる
ベネフィット
である。
 
例えば「軽い」という特徴は、
どんなベネフィットをもたらす
のかというと、例えば軽いから

持ち運びができる。
そのため、どこでも使うことができるといった
ベネフィットが考えられるが、
これが軽いという特徴が生み出す価値。

 
キャッチコピーに限らず、ボディコピーのような
長い文章でも同じで、特徴を並べるのではなく、
価値を伝えないと、受け手はなかなか興味を
持ったり、買うというアクションを
起こさないのである。

 
番組の前半に、仲畑さんは子供たちに
腐ったトマトを見せて、その価値を
を考えさせる。
腐っているというマイナスの特徴から、
どんな価値を見つけるのか、子供たちから
いろんなアイデアが出てくる。
なかでも罰ゲームに使うなんて
アイデアには感心。
子供の好奇心はいつも大人の予想を上回る。
 
さて、自分を勇気づけるコピーを考える
ということだが、これも(願望を含めた)
自分の価値を見つけようという試み

なのだと思う。
「欠点は出発点。」

こんな言葉が番組の中で使われていたが、
子供たちが自らの欠点から
プラス発想をして考えた、自分を
勇気づけるコピーの数々は、いずれも
すてきなものばかり。ボキャ不足は
あるけれど。

 

それでも心の奥から出てくる
言葉は、つい相手の心に響いてくるものだ。
つまり共感を得るってことですね。
 
先に紹介した「私は、もっと~」の
コピーは、そんなひたむきに自分の
言葉を見つけようとする子供たちへの
応援メッセージのようだが、
自信が持てなかったり、自信を
失いがちな大人にも勇気を与えて
くれそうな言葉のように思えた。
 
コピーの考え方とは離れるけど、
自分であれ、他者であれ
商品や会社であれ、
価値を見つけて、それを理解したり
伝えていくことは、
相手が介在するということを
前提に行うべきと
思う。
それを考えると
コミュニケーションづくりの
基本なのかもしれないな。
番組を観て、そんなことを感じた。

 

以上が、番組を観た感想。

子供たちだけでなくとっても

僕にとっても有意義な授業となりました
 



AD
いいね!した人  |  コメント(9)  |  リブログ(0)
2006-01-25 14:18:49

ロボットもエッチな夢を見る、かも。

テーマ:コピーライティング

本日、午後11:30分からNHK総合で放映される
「課外授業 ようこそ先輩 」で、
あのコピーライターの仲畑貴志さんが出演される
「見つけよう、自分の言葉」 が放映される

予定です。仲畑さんが子供たちに言葉というものを
どう伝えていくのでしょうか。楽しみです。
 
さて今回は、読者登録してくださっている
「ルパンへの手紙」のブロガー、dearlupinさんの
ご要望にお応えして、dearlupinさんが!となったコピーを
紹介します。うまくやれるかな。

 
 
今回のとなったコピー。
 
 
ロボットは夢を見ない
と思っているあなたに ⇒ 東京電機大学
 
 
<東京電機大学>の電車内窓上ポスターより。
なんでもいくつかの広告が、日替わりで
登場していたとのこと。他には
 
私は、文系じゃないかも
と思っているあなたに ⇒ 東京電機大学
 
インターネットで愛は告白できない
と思っているあなたに ⇒ 東京電機大学

 
なんていうコピーがあったそうで、職場でも
話題になったとか。
 
そういえば夏あたりから電車内でよく大学の
広告を目にしてきたけど、僕が見た中には印象に
残るものはほとんど無かったと思う。
コピーに関していうと、無難というか
学校の広告にありがちな「夢をかなえよう」
みたいな常套句的な表現が多かったのではないかな。
面白ければいいってものではないけれど、
少子化時代の大学のマーケティングという点から
考えると、もう少しアイデアが欲しいところ。
 
面白い?といえば、年末の帰省のおりに目にとまった
岡山駅のホームの屋外広告。リカちゃん人形のビジュアルで、
リカが選んだ大学です。」というコピー。
なんと岡山理科大学の広告。土産話のネタには
いいかもしれません。
 
地味なコピーが多い中で、dearlupinさんの心を
つかんだという東京電機大学の広告はそんな中、
ちょっと小ワザが効いている。
前にも買いたけれど、「あなた(you)」という言葉
昔から、人が反応しやすい言葉のひとつとして
コピーによく使われてきた。
 
「あなた」があると、まるで自分だけに
伝えようとしている感じ
がするのでしょう。
「ロボットは夢を見ないと思っている人へ」
よりも「ロボットは夢を見ないと思っている
あなた
に」の方が「私に語りかけているんだ」という
気がしませんか。コミュニケーションが発生
しやすくなる
んだと思います。
 
かつて第一次世界大戦時下、アメリカの徴兵の
ポスターのキャッチは「I want you.」。

まるで恋人に語りかけるようなフレーズゆえに
その気になってしまいそうですね。
 
話を戻すと、さらに小ワザというほどでは
ないが、どのような学生に受験、入学してほしいのかを
少し具体的に伝
えようとしているところに工夫を感じた。
こんな学生にきてほしいというイメージを設定して、

コピーのアイデアを考えたのではないでしょうか。
しかもお堅い表現でなく、自分は当てはまるだろうかと
自答しやすい、ほんの少しのユーモアを加えた表現で。
 
人は、自分のことを分かっているようで気づいていない
部分もあるし、高校生の時期で自分の適性ややりたいことを
具体的に分かっている人もそう多くないと思う。
本当に自分に合った大学はどこだろうと迷っている
人も少なくないと思うし、そんな学生にとって
この大学は自分に合っているかどうかの
選択のポイントの役割
を果たしているとも言える。
 
学校側から見れば、理系なら誰でもいいというわけでなく、
東京電機大学にきて欲しい人はこんなあなたです。
を具体的に伝えることで、ミスマッチなく
受験希望者を集めることができる
のではと思う。
 
東京電機大学について、どのくらい人気があるのか
どんな特徴があるのか知らないままに書いたので
勘違いしている点もあるかもしれないけれど、
いかがでしょうか、dearlupinさん。
なぜ、心をつかんだのかその理由の説明に
なっています?
 
話変わって、ロボットが出てきたので…
 
先日、評論家の立花隆さんがホストをつとめる
情報番組はなかなか刺激的なものだった。
ロボット技術やサイボーグ技術の最前線などを
紹介していたのだが、その中で<脳コンピュータ
インターフェース>
という考え方には驚いた。
 
これは脳からの信号(例えば、手を動かす
という信号)を取り出して、インターネットなど
のネットワークを使って機械を動かす
という
技術のベースになるもので、ヒトのサイボーグ化を
進歩させる画期的な考えとして注目されているのだそうだ。
 
例えば、障害などによって腕が不自由な方が
この<脳コンピュータインターフェース>による
サイボーグ装備をすると、手を動かしたいと思うと、
その命令(脳からの電気信号)がネットワークを
通って接続された義手など手の機能を持つ機械を
リモート環境で動かすことができるのだそう。
 
さらに手を動かすことで得られる情報(形や重さなど)の
情報を脳にフィードバックすることも可能に
なるとのこと。インターネット環境であれば、
頭で命令するだけで、日本からアメリカにある機械を
動かすことができるのだ。
ネットワークを使った念力って印象。
 
全部機械化されたロボットを開発する上で、
ネックになるのは動きを制御する人工知能を
いかに高度化するかということらしく、
ヒトに近づけるのはまだまだ難しいとのこと。
しかし、制御する部分を人工知能ではなく
ヒトの脳にして機械を動かすという発想

した途端、ヒトと機械が融合するサイボーグ
技術がブレイクスルーしたらしい。
90年代以降の脳科学の発達も追い風になったとか。
 
番組のゲストである脳の専門家(だったと思う)が
この<脳コンピュータインターフェース>
当たり前の世の中になると、「人は誰もネットワークの
一部になる」
という発言をしていたのだが、
たとえばアニメ「攻殻機動隊」のようなイメージ
なんでしょうか。
 
どのくらい先の未来か分からないが、
脳の情報をすべて取り出せることができて、
ネットワーク化できるようになると、
すんごい世の中になりますね。
他人の見た夢を見ることができるかもしれないし、
カラダを接触することなく脳内セックスも
できる
?わけだし。(生殖はできないが)

その他いろいろとね。
 
番組の最後に、<脳コンピュータインターフェース>
が当たり前の世の中になった時、
人間とはいったい何かを問われるだろろうと
哲学的な話をしていたが、本当にそう。
何をして人間だというか分からなくなりそうだ。
 
将来、ロボット技術やサイボーグ技術が
進歩していけば、ロボットだってきっと
夢をみることがあると思う。
こんな話を聴くと、つい「アンドロイドは電気羊の
夢を見るか?」
(P・K・ディック著 映画ブレードランナー
の原作)とか「人造人間キカイダー」(石森章太郎著)
を読みたくなります。
 
体調不良をいいことに更新をさぼって
しまったので、今回は大盛りになりました。
登録してくださった方やコメントへのお返事が
遅くなってすんません。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)
2006-01-19 23:43:52

走る、オーディオ。

テーマ:戦略・戦術

オーディオ機器メーカー<ハーマンインターナショナル>の
創業者シドニーハーマン氏は、「レクサスは、その高級車を、
我々のオーディオ製品の入れ物として、売ってくれる。最高」

言っている。(「デザイン魂」トム・ピーターズ著より)
 
自慢の高級ブランドを、自社製品の器呼ばわり
されてトヨタが聞いたら、ムッとしそうだが
面白い見方です。視点の妙ってやつだ。
そのトヨタのある変わった広告を昨年目に
していたのだが、ちょっと予想を裏切られた。
 
 
★今回の!なコピー。
 
 
トヨタ、
ミュージック
プレーヤー発売。

 
 
先ごろ発売された、トヨタの
コンパクトカー<MUSIC PLAYER bB>の広告 より。

商品広告ではなく、ティーザー(じらし)広告のようで、
商品の写真や商品名は登場しない。興味や期待感を
あおるような時に使われる広告のやり方だ。
 
このニューモデルの特徴は、音楽を最大限に楽しむための
オーディオ装備とインテリアだそうで、
車体デザインもスピーカーのレイアウトに配慮して
考えられたとのこと。
イメージは、走るオーディオプレーヤーでしょうか。
商品名ももろにそのまんま、
まさに名は体をあらわす、になっている。
 
それはともかく、ミュージックプレーヤーなんて
紛らわしい商品名のおかげで、トヨタもiPodのような
カーナビ連動のデジタルミュージックプレーヤーを
発売するのかと思ってしまった。(それもハイブリットとか)
なんとクルマそのものがプレーヤーだった
のですね。
まさにハメられたって感じで、きっとそこまで
想定して考えられた広告なんだろう。
こりゃ、おじさん一本とられちゃった。
 
しかしこのクルマ、本来の走る機能を追求するの
ではなく、移動するオーディオルームとして開発

するなんて、ちょいとユニーク。
GMの副会長であるボブ・ラッツ氏が、クルマについて
「芸術、エンターテインメント、動く彫刻が、
たまたま輸送の手段になることもある」
(「デザイン魂」トム・ピーターズ著より)と
語っていたことを思い出した。
 
目下がけっぷちのGMであるから、
説得力があるようなないような言葉であるが、
それでもクルマを「動く彫刻」と表現する
ところはキャッチコピーに使いたくなる
くらいクールだな。
 
  
さて、話変わってこのブログ「コピーライターが
思わず!となったコピー。~なめたらいかんぜよ東京死闘編」

一周年を迎えました。
みなさん、本当に本当にありがとうございます。
図に乗って、このままコピーライター最後の聖戦を続けます。
引き続き第2シーズン「~だから言わんこっちゃない血煙街道編」
どうぞよろしくお願いします。
内容は変わらんがな。
 

AD
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)
2006-01-17 23:38:53

たとえば、胸の谷間からはじまる恋とか。

テーマ:コピーライティング

ふと見たチェックのコットンシャツを
着たうしろ姿が、高校の頃好きだった
人にそっくりだったから

 
これは、昔つきあっていた女性が、
はじめて僕のことが気になりだした、
きっかけ、もしくは理由だったそうだ。
それを聞いたとき、なんじゃそれはと
思いましたよ。
もっと、違う面が好かれていると
思っていましたもん。でも、そこが
彼女の虚をついたようです。
 
でも、けっこうそんな経験を
している人って多いのではないか。
たいてい恋に落ちるときは、
虚をつかれませんか。
 
たとえば、今までさして気にもしていない
女性の、たまたま見てしまった胸の大きな谷間に
ふいをつかれて、巨乳好きでもないのに、
なぜか気になってしようとか、
ジーンズ姿しか見たことないのに、
いきなり飲み会にミニスカで現われて、
その美脚にグラッときて、それ以来
なぜか惚れてしまったとか、
想定外のちょいエロアピールに
やられてしまうことって、あるような
気がする。僕だけでせうか。
 
でも人間、恋におちる時、
理屈なんてどこかにいって
しまっているもので、ぜんぜん自分の
好みのタイプではないのに、
惚れてしまうってことは
やはどこか本能で反応している
のだと思う。別にえらそうに
言うことではないけどな。
 
まぁ、たまたま見てしまった
胸の谷間から始まる恋もあるわけで、
次のようなカラダ作りもアリだと
思うわけです。
 
 
★今回の!なコピー。(ではなく見出し)
 
 
春までに恋人ができるカラダ作り

 
 
18年ぶりにリニューアルした、雑誌<ハナコ> 1月12日号の特集より。
サブの見出しは「東京の男子808人の調査でわかった真実」。
男の視点や価値観からみた、理想のカラダはどう作るかと
いうことらしい。男の目線にこだわったってことですね。
 
この時期、雑誌には薄着になる春、夏を見据えて
ダイエットや筋トレなど身体作り関連の特集が
多くなるようで、<ハナコ>はそこにLOVEやSEXYという
切り口をもってきたところが、ちょっとばっかしユニーク。
 
記事の見出しを見ると、なかには
「"ぷるん"とおいしい果物みたいに! ほめられバストの作り方」、
「オトコ3人が妄想座談会 女性のこんなムチムチなら大歓迎!!」、
「インリン直伝! ベッドでカレを虜にするカラダづくり」
なんていう
エロ魂を刺激する「二キータ」ライクなのような表現もあり、
とうとう「ハナコ」もエロかっこいい路線に
イメチェン?かと思ってしまった。やはりトレンドは
「モテ」なのでしょうか。
 
それで、この見出しなのだが
コピーライティングから見ると、
いいツボのつき方をしていると感じた。
 
どういうことかと言うと、
ゴールのイメージが具体的に表現されていること
「いついつまでに、あなたはこうなるかも」という
具体的なイメージを受け手に想像させると、
とてもコミュニケーションがしやすくなるもの。
 
高いと思われていたハードルを低くしてあげると、
それだったら、トライできるかもと思ってしまうこと
があるでしょう。
 
この見出しの場合、「春までに~」と結果が
出るであろう時期をはっきりさせている
点が
それに当たる。
 
勉強でもカラダ作りでも継続性が
大事なわけだが、人はとかく楽をしたいので、
いつまでがんばればいいのか(なんとかやれそうなレベル
で)をはっきりさせておいた方が食指を動かし
やすくなるもの。
「1日30分で変わる!」「1週間であなたも~」なんて
タイトルの本や見出しが多いのもそんな理由から。
 
もうひとつは、動機づけをしている点
「恋人ができる~」という表現がそうで、
本当かいな?とちょっとハードルが高そうな
感じがするけど、モチベーションを
高くするにはうってつけだ。
 
恋やラブなんて表現は、さんざん使い古された
言葉であるけど、「セックス」や「成功」、
「お金持ち」などと同様に感情を!とさせる、
本能を動かす言葉
である。
そんな言葉が視界に入ってくると、
ついつい焦点をあわせてしまうでしょう?
 
商品によるけど、
いつまでにどんなベネフィットが、
その商品を使った人にもたらされるのか。
その価値を具体的に表現できると、
効きのいいコピーになるのだよ。
 

いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)
2006-01-12 01:25:07

商標登録って、もどかしい。

テーマ:広告

昨年「ロハス(LOHAS)」という言葉が、
商標登録されたことについて、案の定
いろいろなブログで叩かれていた。
 
コピーライターとしては 「ロハス」
勝手にコピーや商品名などに使えなくなる
ということで、気をつけねばという程度の
ことくらいなのだが、なんだか「スローフード」
といい、この「ロハス」といい、思ったよりは
浸透しないまま使われなくなるのではと
いう感じがしないでもない。
 
あまり浸透していないと、せっかく
商標登録しても、マーケティングワード
としては、いまいちパワー不足ではないかと
思うのだが、さてどうなるのでしょうか。
 
ところで今年話題の言葉で「ロハス」よりも
認知度もマーケティング力も桁違いの言葉が
あるのだが、これも商標登録されており、
勝手に広告に使うことができないのだ。
で、その言葉とは…
 
 
★今回の!なコピー。
 
 
さぁ、トリノオリンピック!
キレイな液晶テレビで見てください。

 
 
液晶テレビ<ビエラ>の広告より。
このコピーの「オリンピック」という言葉だが、
実は商標登録されているので、オフィシャルパートナー
(公式スポンサー)にならないと、広告に使えないのだ

 
つまり松下電器は公式スポンサーなので
コピーにオリンピックという言葉を
使うことができるのだ。(五輪マークも使える)
 
マーケティングワードとしては、
この時期「オリンピック」は強力だ。
ニーズをウォンツに変えるくらいはある。
たとえば、今まで薄型テレビを欲しいと
思っていても買うことを躊躇していた人がいる。
そんな人にとっては、買う動機をつくる、
ポンと背中を押してくれるような力
がある。
 
…なんて話はさておいて、公式スポンサーでない
企業は、オリンピック商戦に便乗したくても
「オリンピック」を広告や販促ツールに
使えないので、なんとかオリンピックということが
伝わるよういろいろと苦労する。
 
僕もシドニー五輪の時、公式スポンサーではない
企業の記事広告のコピーを書く際に、
オリンピックという言葉が使えないので、
「シドニーで行われた大きなスポーツイベント」

奥歯にものがつまったような表現で
ごまかしたことがある。
(事情を知らない人は、きっと
もどかしかったに違いない)
 
そんなワケで、この時期トリノオリンピック商戦に
参加する公式スポンサー以外の企業が
どんな表現をするのか、そんな視点で
広告やコピーを眺めてみるのもちょいと面白いのでは
ないかと思うしだいだ。
 
今朝テレビで、トリノオリンピックによる国内の
経済効果について2635億円
という数字が
算出がされていたが、これは長野五輪の2641億円に
匹敵するのだそう。

6月のサッカーW杯も考えると
薄型テレビはかきいれどきになりそうですね。
 
オリンピックに限らず、FIFAワールドカップも
クリスマスもバレンタインデーも、世の中の
イベントは、広告に使えばマーケティングワードに
なるのだよ。

「ロハス」は、どうだが知らんが。
 
 

☆☆今日の言葉のデザート☆☆
 
戦敗犬
 
流行した「負け犬」、台湾では
こう呼ぶことがあるそうです。(1/5日経新聞)
 
それにしても戦敗とは、またインパクトの
ある表現、そう言われるともう再起不能に
陥りそう。心は1945年8月15日の日本国民の気持ち。
 

いいね!した人  |  コメント(12)  |  リブログ(0)
2006-01-08 23:43:10

ちんけな夢だが、聞いとくれ。

テーマ:その他

遅くなりましたが、明けましておめでとうございます。
今年も、10回に3、4回くらいは役に立つ、
そこそこいい感じなブログにできればと思っています。
今年もひとつ仲良くしてくださいな。
 
年末年始は郷里に帰省し、リラックマのように
ごゆるりと過ごしていたということもあって、
PCには全く触れませんでした。
その間、コメントを寄せてくださった方、
読者登録をしてくださった方、どうも
ありがとうございます。
そして、返事が遅くなってすみません。
 
さて、今回はウォーミングアップがてらと
いうことで、「夢バトン」なるものに
答えたいと思います。
バトンはikashikaさんという仙台で、
予備校を経営されている(きっと)熱い女性
からです。

大手に負けずにがんばっており、同じ
小規模事業主として、うまくいって
ほしいなと思うしだいです。
 
 
それでは、1年のはじめの夢バトンをどうぞ。
 
 
Q1.小さい頃何になりたかった?
 
記憶にはないのですが、親によると
バキュームカーの運ちゃんになりたいと
言っていたらしい。
(パトカーや電車でなくて、なぜバキュームカー?)
 
小学生のころは、ブルース・リーにかぶれていた
こともあって、ドラゴンになりたかった。
自分でヌンチャクを作って練習をしていました。
ドラゴンは職業でなく、生き方なんです
あ、ジェームズボンドにもなりたかったなぁ。
ダーティーハリーにもね。
 
TVドラマ「飛び出せ青春」などの教師ものの影響や
親が教師だったので、先生にも憧れていた。
(先生だと、夏休みや冬休みは仕事をしなくていいと
思っていたのです)
 
あとは、文章を書く仕事ですかね。
でもコピーライターなんて大学まで知りませんでした。
 
高校のころ、ヒモになりたかった。
親にそう言うと「けっこう大変な仕事」と
言われた。
 
大学時代になると、バンドをやっていたこともあって
音楽で食っていきたいと血迷い、デモテープを
つくって応募なんぞもしましたが、あまりに
時代の先をいっていたせいか、デビューは実現
しませんでした。というのはうそぴょん。
 
…ということで、ぼんくらな子供だった
ようです。すでにダークサイドに墜ちて
いたのでしょう。
さて、コピーライターの次は何になろう。
 
 
Q2.その夢は叶いましたか?
 
教師になってもいいかなと思い、教員免許は
取得しましたが、ならず終い。
文章を書く仕事ということで、
今の仕事に就いたわけなので叶ったと言えるかも
しれません。
 
ドラゴンとヒモにはなれませんでした。
今からでも間に合うでしょうか。
 
 
Q3.現在の夢は?
 
そりゃあ、世界制覇ですよ。
方法は今考えています。
 
 
Q4.宝くじで3億円当たったら?
 
今までお世話になった方にお礼をして、あとは
好きなサッカーチーム、マンチェスターユナイテッドに
投資したいけれど、買収によって上場廃止に
なったので、来シーズンにJ1にあがった
アビスパ福岡のスポンサーもいいかなと。

(出身地なもので)
ユ二フォームにlovelycopyと入るわけで。
 
近所に空き地が目立つので、
フットサルコート(クラブハウス付)を作るのもいいな。
で、きれいなお姉さんをマネージャーに雇う。繁盛するぜ。
 
まぁ、あぶく銭みたいなものは
思い切り使いたいもんです。
 
 
Q5.あなたにとって夢のような世界とは?
 
そりゃあ、オレ様が世界の王になっている世界よ。(←バカ)
ダークサイドに墜ちているので大目にみてね。
 
 
Q6.昨日見た夢は?
 
昨夜はぐっすり。
最近、エロ夢を見ることが激減しました。
今晩あたり見ないかな。
 
 
Q7.この夢の話を聞いて見たいと思う5人は? 
 
聞いて見たい方は、すでに受け取っていますので、
もし興味のある方は勝手に受け取ってくださいな。
誰がみるか分かりません。
あなたの夢がかなうかもしれませんよ

 

いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。