1 | 2 次ページ >> ▼ /
2005-08-31 18:24:55

いかにも、ストーンズ。

テーマ:その他

きっと女性の方は知らないと思うが、
昔、包茎矯正下着に「ビガーパンツ」なるものがあった。
いや、今もあるらしい。
ローリングストーンズニューアルバム
タイトルを見て、思わずそのパンツを思い出して
しまった。似てる…
 
 
★今回の!なコピー。
 
 
ものすごくコンテンポラリー。
けれど、クラシックだと
言えるほどにローリング・ストーンズ。
 
 
BACKBEAT」という音楽雑誌で、
ローリング・ストーンズの新作に関する
記事が載っていたのだが、その見出しがこれ。
 
日本では、本日リリースされた8年ぶりのスタジオ盤
A Bigger Bang(ビガーバン)
についての
コメントを使った見出しのようで、コメントは
5月の記者会見でミック・ジャガーが述べたものを
引用しているらしい。
 
僕は、熱烈なストーンズファンではないけれど、
1969年の「Let it bleed 」はとても好きなアルバムで、
今でも聴く度に、そのカッコよさに感動したりもする。

しかし「Tattoo You 」以降は、あまり聴かなくなったが、
それでも、新作や新曲が出る度にささやかだけれど、
期待をしてしまう。
 
そして、この夏に久しぶりにニューアルバムが
出ることを知って、いつものように少しだけ
気になっていた時に、先の見出しが目に入ったのである。
 
見た途端、瞬時に新作のイメージが分かってしまった。
ファンでなくても、何度かストーンズを聴いたことが
ある人なら、すぐにピンとくるような、
とても分かりやすい表現だと思う。
 
クラシックだと言えるほどに~」と言っているだけに
多分、全体的に70年代のテイストなのだろう。
それでいて、サウンドの質感は現代的。
この見出しからは、そんなイメージを思い浮かべた。
 
記事の見出しとはいえ、コピーのように
商品の魅力をとても分かりやすく
表現しているように思えた。
早速、CDショップで視聴してみると、
1Stシングルの曲などは、いつもの昔ながらの
ロックチューンという感じ。
 
売り場のモニターで、メンバーのインタビュー映像が
流れていたのを見たのだが、たしかにミックジャガーは、
新作のサウンドについて、「コンテンポラリーな感じもあるし、
クラシックな感じもある…
と話していた。
 
CDショップHMVのサイトのレビューでも、
アルバムは力強いもの、コンテンポラリー、クラシック・ロック、
パンキッシュなファスト・チューンが揃っている

活気に満ちており現代風。同時にハードでもあり
とてもストーンズらしい
」とミック・ジャガーが語る~と
書いてあり、見出しはこのコメントをうまく日本語で
表現している。
 
数曲視聴した限りでは、いかした感じがして好印象。
ベスト盤を除いて、「Tattoo You 」以降の
アルバムは持っていないのだが、久々買おうかなと
いう気になったのである。
 
ただし、国内盤はCCCD仕様なので、買うなら
US盤が出るまで待ちたい。
 
興味のある方はオフィシャルサイトで、視聴できます。
しかもフルコーラスで!コチラ

 


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-08-29 19:14:34

マイナスも、言い方ひとつでプラスに。

テーマ:コピーライティング

A:ゴルゴ13は、仕事は完璧だが報酬が高すぎる。
B:ゴルゴ13は、報酬は高いが仕事は失敗したことがない。
AとB、言っていることは同じだが、Bの方が印象はいいでしょう?
 

物は言いようなのだ。

(協力:ゴルゴ13ことデューク東郷さん)
 
 
★今回の!なコピー。
 
 
時間とお金が
あり余って
困っている方以外は、
マンツーマン
レッスンを。

 
 
マンツーマンレッスン専門の、
英会話スクールGaba広告
マンツーマンレッスンは、時間やお金に余裕の
ある人向けの学習法という、世間の常識を
覆すコピーである。
 
つまり、時間とお金に余裕にない人こそ、
マンツーマンレッスンで学ぶべきだと
言いたいわけである。Why?
 
コピーにせよ、ビジュアルにせよ、
大抵の場合、常識を覆すような広告を見てしまうと
「え、なんで?」とつい意識が向いてしてしまう。
そして、その答えを知りたいがために、
ボディコピーを読んでしまうのだ。
 
ボディコピーを読むと、

訴求ポイントは次のとおり。
4人のグループレッスンと、マンツーマン
レッスンを比べた場合、英語を話す時間では、
グループレッスンは1/4、マンツーマンはその4倍。
そのため、4倍のスピードで上達
するというもの。
 
単純に「コスト」の比較をせずに
「質」の視点から、Gabaのアドバンテージを
訴求しているのだ

「確かに1回当たりの単価は高いかもしれないが、
会話量も時間も4倍、上達も4倍。どちらがお得?」と
言う感じで、マンツーマンの方が、
コストパフォーマンスが高いということに気づかせ、
マンツーマンは高いという、ネガティブな印象を
ポジティブに変えている。
 
物は言いよう、光の当て方で印象は変わるのである。
この場合見る人の意識を「コスト」ではなく、
「話す時間」「会話量」というGabaの得意な土俵に持って

来ることで、訴求ポイントを際立たせているのである。
 
この広告で一番言いたいことは、
ボディコピーに書いてある。そのため
ボディコピーまで読んでもらえるよう、
「え、なんで?」と思わせるキャッチコピー
をこさえているわけだ。
 
平均して、ボディコピーを読む人の
5倍もの人がヘッドライン(キャッチコピー)を
読む」
とは、コピーライターの巨人、
デビッド・オグルビィの言葉。
 
ボディコピーに、一番伝えたいことを書いて
いる場合、キャッチコピーで、瞬時に見る人の
意識をクギ付けにしないと、読んでもらえないのである。

それだけキャッチコピーは大事なんだよ。
 
ところで、Gabaのマンツーマンレッスンが、
本当のところ、どうなのかは分からない。
これから英会話スクールを選びたい人には、
こんな比較サイトがある。受講生のレポートが
あるので、ご参考までに。コチラ をどうぞ。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)
2005-08-26 22:31:55

私とブランド、ロマンティックな関係。

テーマ:ブランド

企業にとって、ブランドとはよく人、モノ、金に続く
経営資源だと言われる。競争の激しい市場の中で
支持されるためには、圧倒的な優位性を発揮する
存在価値が必要だと思うが、その存在価値、あるいは
アイデンティティーこそが、ブランド
だと私は思う。
 
ブランドとは何か。様々な表現ができるため、
うまく言うのは難しい。
その企業、商品にしかない独自の世界観であるとか、
企業とお客が共有する思いや夢
なんて言うこと
だってできると思う。
ただ少なくとも、単なる商標や銘柄以上の意味が
あるということは誰しも感じているだろう。
 
では、お客側にとってブランドって何だろう。
あなたにとって、ブランドとは何ですか?
そう尋ねられたら、どう答える?
 
 
★今回の!なコピー。
 
 
メルセデスの証。
 
それは、見えないもの。
それは、感じるもの。
それは、オーラ、存在感、憧れ。
百年を超える時間。未来への洞察。
そして何よりも、あなたの胸の高鳴りです。
 
 
メルセデス・ベンツEクラスの広告。
!となったのは、「それは、~高鳴りです」の部分。
この広告において、それはメルセデスベンツという
ブランドについて述べているのだろうが、
私は、消費者にとってのブランドとは何か?
という普遍的な問いに対する答のように思えた。
 
人によっては、ブランドとは信頼であったり、
たんなる企業や商品のイメージであったりと、
考え方はさまざまだと思う。
 
メルセデスのコピーは、わりと文学的な表現では
あるが、ブランドがお客さんにもたらす価値を
上手く表現している。
ロゴマークという目に見える要素もあるが、
やはり、ブランドとは感じるものであり、
存在感や憧れというの表現は、とても分かりやすく
的を得ていると思う。
 
個人的には、ここに「思い出」とか
「思い入れ」という表現があれば、よりブランドの
イメージがハッキリしてくるように思えた。
ブランドに対して強いこだわりを
みせるメルセデスらしい表現である。
  
ブランドⅡ」 の中で著者の一人、岡康道さん(あの
TUGBOATのクリエイティブディレクターですね)は、
ブランドについて、こう語っている。

1976年の夏、僕はホンダのスポーツカーで湘南の
海に彼女と行った。あのエンジン音と彼女の長い髪が
風に揺れるのを、今もはっきり覚えている(笑)、
みたいなことがブランドの本質なんだ。その商品と
自分との思い入れである。そういうものをつくろうと
いう企業の強い思いがそれを成し得るんだと。

 
送り手である企業から考えれば、ブランドは
経営資源だとかアイデンティティーだとか、
いかにもビジネス的な言い方で認識されるが、
受け手である消費者は、情緒的に

認識するのであるその対照ぶりが面白い。

 

やはり「ブランドⅡ」で、ブランドについて、

「思い出の小箱」という可愛らしい表現が

れてあった。

なんともロマンティックな表現である。

  
 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)
2005-08-24 18:26:25

安心も、ケータイする。

テーマ:コピーライティング

昨日の記事にも書いたが、最近見知らぬ女性からの
エロエロなメールが、私の元に次々と届くのだが、
いずれも出会い系サイトへの誘導が目的である。
今のところ、どの娘の文章が最もそそるかに
注目し、ニヤニヤしながら眺めているのだが、
世間ではすでに大きな問題である。

 

警察庁によると、昨年中の出会い系サイトがらみ
の事件は報告されたもので1,582件。
アクセス手段は携帯電話が一番多く9割強、
そして、被害者の84%が18才未満の児童だという。
 
便利なケータイも、良からぬことを企む者たちに
とっては、格好のアプローチのようである。
しかもピンポイントで狙えるから、被害を受ける
確立は高くなっている。
特に子供は大人のように自分を守る術を
知らないので、被害を受けやすい。
携帯電話会社も知らんぷりができなく
なってきているようだ。
 
 
★今回の!なコピー。
 

 
こどもがケータイを使うとき、
親はいつもとなりに
いられないから。

 
 
NTTドコモ<あんしん>サービスの広告。
iモードに出会い系サイトが含まれない、

アクセス時間を制限するなどのサービスである。

その告知と同時に、
「あんしん」を圏外にしないケータイへ。
 
というサブキャッチで安心・安全対策の充実にも
取り組んでいくこと
を伝えようとしている。
 
さて表現はと言うと、視点がユーザーの気持ち
になっていることがポイント
。「親はいつもとなりにいられない
という、子供に携帯電話を持たせようと思っている、
あるいは、既に持たせている親が潜在的に
抱えている不安を表現しているのだ。

 

このように「そうだよね~」と思わせるような、ユーザーの気持ちに
立ったコピーは、共感を得やすく、意識を向けやすい

 
インパクトを出そうと、
あなたの子供のケータイが狙われている。」
なんていう、ちょっと脅すような表現もあるには
あるが、それでは携帯電話の否定になりかねない
警察の防犯広告のコピーなら良いが、携帯電話会社は
そこまで言えない。「それなら子供に持たせないわ!」と
思われるとビジネス上マイナスになる。
 
携帯電話へのイメージを悪くすることなく
「あんしん」をアピールするには、それなりに
気を使わないといけない。そうすると、
脅して不安にさせるより、共感させる方が効きがいいのだ。
 
災害や携帯電話を使った事件が頻発する中、
安心・安全面での取り組みは、携帯電話会社の義務に
なりつつあるようで、auも子供の安全を守る
サービスの提供を始めている。
 
ボーダフォンは、サイトを見る限り
まだそういうサービスは行っていないようだ。
CMのように「カンケーない!」という
ことではないよね、ボーダフォンさん。

 
業績挽回に必死なのはよく分かっているが、
「安全・安心に強いケータイ」という
ポジショニングもありなのになぁ。
 
 

いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
2005-08-23 18:20:52

静かな、本当に静かな美しさ。

テーマ:ブランド

なぜだか知らないが、最近よくモテる。
毎週、次々と女性からメールが来るのだ。
例えば、rinaさんと見ず知らずの方から
 
5分でも良いので抱かれたいです…今すぐ慰めてくれませんか?
今月も彼との予定でいっぱいだったのですが…(中略)
…私は振られてしまいました。
よくある話ですけど、自分がまさか振られるなんて思っても
いませんでした。割り切りでいいので慰めてくれませんか?
 
…だって。そうかと思えば、以前太ももあらわの
ミニスカで先物のセールスに来た女性から、いきなり電話。
「すいません、今日プラチナ300万円買ってくれませんか」
 
…だって。どうやら最近は女性刺客が流行っているようだ。
 
そんなお色気作戦で翻弄されつつある私の目に、
飛び込んできた強壮薬「スッポン大王源」のコピー。
 
近頃ドックンドックンしたことあるかい?
 
昂ぶる心を抑えるには、ここはひとつ美しい音楽で…
 
 
★今回の!なコピー(ではなくスローガン)。
 
 
沈黙に次ぐ最も美しい音
 
 
ヨーロッパのジャズレーベルECM >のスローガン、あるいは
レーベルのコンセプト。

原語は「The Most Beautifl Sound Next to Silence
このレーベル、設立されたのは1969年。ジャズ以外にも
アヴァンギャルドな音楽もあり、多くの個性的なアーティストが
アルバムを出しているが、マニアックな感じはなく

ヒット作も多く出しているのだ。
有名なアーティストも多く、ピアノのキース・ジャレット
チック・コリア 、ギターではパット・メセニー がいた。

(↑美しいジャケットデザインが見れます)
 
サウンドはいうと「沈黙に次ぐ最も美しい音」という
だけあって、静かで透明感あふれるあ感じとでも言おうか。
同じ有名なジャズレーベルのブルーノートのような
騒がしさや激しさ、グルーブが皆無である。
音数も少ないので、一つ一つの音が立ち上って聴こえてくる。
 
もう一つ特徴的なのがジャケットのデザイン
いかにもECMサウンドをビジュアル化したテイストで、
美しく幻想的な写真やドローイングを使っている場合が多い。
ECMのサイトをご覧になっていただければ分かるが、
デザインもまた「沈黙に次ぐ最も美しい音」という感じなのだ。
グラフィックデザイナーで、このレーベルのデザインが
好きな人は多いようだ。
デザイン雑誌「アイデア」の7月号でも

「音のコスモグラフィ」ということで特集されていた。
(興味のある方はバックナンバー で)

 
それにしても、このスローガンの表現は秀逸だと思う。
音の美しさを言い表すのに「沈黙」をもってきている。
それによって、例えECMサウンドを聴いたことがない人でも、
イメージしやすいのはと思う。
そしてジャケットデザインがそれをさらに明確にしてくれる。
ブランドにおけるビジュアル表現という
視点から見ても、大変知覚しやすいのである。
設立以来、ファンが多いのもよく分かる。
 
沈黙に次ぐ最も美しい音。自然界の音から、
ペットの鳴き声まで、人によってそのイメージは
様々であるが、音楽に限定した場合、
私の頭にすぐに浮かんだのが、ジョアン・ジルベルトの声とギター
特にアルバム「三月の水 」は小川のせせらぎのように、
声とギターとハイハットがたゆたう
。エアコンの音が
うるさく聞えてしまうくらいである。

 
この暑い夏、私はこのCDを、リラックマのように

ごろりとなって、無心状態で聴きながら涼んでいる。

 

いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
2005-08-19 20:12:29

動機づけは、上手に。

テーマ:コピーライティング

最近テレビの通販や広告で気になる商品がある。
あるといいはずと思いながらも、
今まであまり欲しいなんて思わなかった。
買う理由がなかったのだ。
しかし、さすがに最近は買っておこうかなと
思い始めている。
 
そう、災害時の避難グッズ
水や食料や簡易トイレや救急薬などの
詰め合わせセット。
 
頻発する地震が、私のモチベーションを
ぐいぐいと覚醒させているのだ。
 
 
★今回の!なコピー。
 
 
秋にいくなら、収穫のある旅がいい。

 
 
ANAの割引切符<超割>の広告。
この<超割>、このブログでも、過去2度
紹介したのだが、いつもいい広告、コピー
なのでつい取り上げてしまう。
 
ちなみに、前々回は
 
母だけで楽しむ「母の日」を、予約します。

(記事はこちら
 

前回は
 
30年ぶりの川の字を、予約します。
(記事はこちら


なぜ、よいコピーだと思うのかというと、
商品を買う理由を気づかせる買いたくなるよう動機づけを
上手く表現しているから

モチベーションを高めるのが上手いのだな。
 
ご存知のように<超割>は2ヶ月くらい前から
予約すると、お得になる飛行機の切符である。
超割>そのもののお得感を、もっと強く訴求してもいいのだが、
そうはせずに切符の使い方、すなわち買う理由を
気づかせるコピーにしているのだ。
 
よく言われるように、いくら良い商品であっても、
必要を感じなければ、人は買わないのである

いくらここがスゴイと伝えても、
買う理由がなければ、「お、いい商品だな~」程度
で終わってしまうことが多いのだ。
 
その点、<超割>は違う。「母だけ~」では、
母の日に母が楽しむ旅を提案し、
「30年ぶり~」では、久しぶりの家族旅行を
提案
することで、こんな<超割>の使い方が
できますよと買う理由を気づかせてくれるのだ。
それも、旅という性格上、スッーとマインドに
入りやすいよう、情緒のある表現で。
 
そんなところが、良いコピーだと思っている理由。
今回のコピーも同じ方向性での表現である
コピーだけで、ピンとこない人もいるかと
思うが、ビジュアルは紅葉のなか、夫婦らしき人が、
旅先で、陶芸をやっている
イラストである。
 
秋はよく「~の秋」と言われる季節。
暑くもなく寒くもなく、過ごしやすく
夜も長いから、何かじっくりと体験

するにはよい季節なのだ。
 
コピーでは、収穫の秋という言葉を
もじっているわけで、せっかくなので、
観光地巡りだけでなく、
陶芸などいろいろと体験できる、文字通り何か
収穫を得ることのできる旅なんかいかが?
と提案しているのだ。
 
超割>は安いのでお得、この機会に買ってよ。
ではなく、この秋は収穫のある旅はいかがですか。
超割>を使えばお得ですよ
。といった具合に
買う理由を商品と一緒に伝えることで、
広告を見た人の買いたいマインドを起きやすく
しているのだ。
 
超割>のコピーを紹介する時は、
いつも同じようなことを書いているが、
コピーを考えるうえで、大切なことなので
何度も言う。

 
でないと、すぐ忘れるから。

 

いいね!した人  |  コメント(7)  |  リブログ(0)
2005-08-17 19:59:50

そんなこと、象でもいいじゃないか。

テーマ:キャッチコピー

私が小学生の頃、
 
象が踏んでもこわれない。
 
というキャッチコピーが流行った。
ご存知の方も多いだろうが、サンスター文具製の
アーム筆入れ」という鉛筆ケースのCMである。
(CMの中で、実際に象が商品を踏んづけるのだ)
 
当時、周りの男子の間では、
マグネットキーで鍵がかけられる筆入れの方が、
人気があったため、あまり「アーム筆入れ」には
関心がなかった。実用性よりも、ギミックの方が
子供心にワクワクしたものである。
 
しかし、たかだか筆入れの堅牢さを、
象が踏んでもこわれないという
表現したアイデアは見事であった。
 
とにかく、スケールの大きさや頑丈さを
表現するのに、象というのは、打ってつけの
モノサシかもしれない。
 
だって、先日も「屋上で象が飼える
という家の広告を見かけたから。
 
 
★今回の!なコピー。
 
 
へーベルハウスを検討しないで、
3階を建てるあなたは勇気のある人だ。

 
 
旭化成ホームズの住宅、へーベルハウスの

<新3階>の広告。
ボディコピーを読むと「屋上でゾウが飼える

へーベルハウス~」と書いてある。
広告のビジュアルは、3階建て住宅のモデルハウスを
使っているのだが、その屋上にしっかり象がいるのだ。
こちら から見れます(PDF)。

 
屋上でゾウが飼えることについて、特に説明して
いるわけではないのが、広くて頑丈な3階建て住宅を
訴求するのに、やはり象は格好のモノサシのようだ。
 
そんな象が、鼻でぶら下げている垂れ幕に
書かれていたのが、先のコピーである。
いやに、自信たっぷりな言い方だが、
へーベルハウスのサイトを見ると、
同商品は、3階建て住宅のパイオニアで、
経験も実績も豊富であるとのこと

自信たっぷりに言うだけの説得材料は、
持っているのである。
 
だからか「ウチを検討しないで、3階建て住宅を
建てると、失敗するかもよ。いいの?」と
いうメッセージを、少し意地悪な言い方で
表現している。
 
これから3階建て住宅を建てようと考えている人は、
ちょっとドキリである。ソフトにおどして、少し
不安にさせて
、へーベルハウスのフェアへ
足を向けさせようとしているのだ。
 
これは不安をあおるという、よく使われる

方法である。効果的な表現だが、

さじ加減が難しく、やり過ぎると、

感じわるーいと商品イメージがダウンしたり、

うさんくさいと思われ、
かえってマイナス効果になる。
 
へーベルハウスの場合、屋上に象がいる
シュールなビジュアルや、「あとの祭りより
さきの祭り
」という、笑えるフェア名のおかげで
不快なイメージは全然感じない。
 
それと、キャッチコピーに「へーベルハウス」と

「あなた」という言葉が入っている点に注目。
キャッチコピーに商品名を入れることや、

「あなた」を入れることは、一般的に広告へ
意識を向けさせやすいといわれている。

つかみがイイというわけだ。
 
ところで、広告に使われている象は、
インド象、アフリカ象か。どっちでしょう?
ヒントは、耳の大きさ。
 
インド象は耳が小さく、アフリカ象は

耳が大きいのだ。

よって、インド象のようである。


また性格はインド象はおとなしく、
アフリカ象は荒々しいと言われている。
 
むーん。なんて耳寄りなマメ知識。

 

いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
2005-08-15 20:12:30

いつか、そのうちは、来ない。

テーマ:その他

よく「そのうちやる」と言う人がいるが、
そういう人が、実際にそのうちにやったか
といえば、やっていないケースが多いのでは
なかろうか。
 
私も、そのうちやろうと思ったことは、
だいたい実行できていない。
たとえ、実行できても思い立ってから、
ずいぶん時間が経っている。その時点で
やったことの意味がほとんど無くなっている

ことも少なくない。
で、もっと早くやっておけばと後悔をするのだ。
分かっちゃいるけど…
 
 
★今回の!なコピー。
 
 
「いつか変えよう」と
思ってた人は
今日、変えよう。

 
 
複数の金融機関による広告。内容は、
銀行のキャッシュカードの暗証番号について、
生年月日など推測されやすい暗証番号の人は、
ただちに変更しましょう
、というメッセージ。
 
今月、預金者保護法が成立。施行は2006年2月。
これによって、偽造、盗難キャッシュカードでの
被害補償が、預貯金をしている金融機関に
義務づけられることになった。つまり、金融機関に
とって、これは大きなリスクである。
せめて、リスクを少しでも小さくしようということで、
カードの持ち主へ、誕生日などの見破られやすい
暗証番号はすぐにでも変えてもらおうと
働きかけているのだ。
 
ここでのキモは何かというと、番号を変えることより、
すぐに実行することだと思う。

「いつか」や「そのうち」ではなく、「すぐ」実行することが

大事なのだ。
 
たしかに経験上、「いつか」「そのうち」で、実行された
ためしはない。やる時はすぐ、ただちに、早速、とっとと
実行しないと、物事が前は進まないことを痛感している。
 
拙速」という言葉がある。
速いが、下手。速いが、つたない。速いが、まずい。
そんな意味だ。速いが完成度が低いというニュアンスを
言い表すときによく使われる。
反対語は「巧遅」。上手いけど、時間がかかる
という意味である。
 
孫子に「巧遅は拙速に如かず」という言葉が
あるが、これは好機をつかんだら、条件が整わなくても、
スタートしたほうが上手くいく
ということである。
 
孫子は兵書なので、この場合、戦争は速戦即決であるべし
という解釈ができるのだが、このことは今のビジネスに
ついても言えるようで、変化の著しい環境では、
「巧遅」よりは「拙速」が尊ばれる
 
名前を忘れてしまったが、企業再生請負人と呼ばれ、

いくつもの再生を手がけた方が言っていたのだが、

今の世、ことビジネスにおいて、
ベターよりもベストを尊ぶ方が上手くいくのだそうだ。
 
たとえベストの状態に持っていくことができても、
時間がかかるのはダメ。やっとベストになった
と思ったら、時間をかけている間に環境が変化して
しまい、結果としてベストでないものになっている
からなんだそうだ。
 
それよりもベターの状態で、スタートして
走りながらベターを究めていった方

環境の変化にもすぐに対応できて、結果として
ベストなものになるという。
 
仕事で経営者の方にお話を伺う
ことが、時々あるのだが、やはり好調な企業の

経営者は、スピードがある
みな「すぐやる」ことを信条としており、

意思決定してアクションを起こすスピードが
速いのだ。
 
「そのうちにやるとか言っても、
大体やらないでしょう。だから新しい事業を
始めるのも撤退するのも、すぐやる」と
おっしゃる経営者もいたし、社長室の壁に
「すぐやる!」という色紙を飾っておられる
経営者もいた。
  
まぁ、ビジネスのことはさておいて、

“思い立ったら吉日”と言います。
キャッシュカードの暗証番号に、

まだ自分の誕生日を使っている方、

とっとと変えた方がいいですよ。
 

いいね!した人  |  コメント(7)  |  リブログ(0)
2005-08-12 18:34:09

それで何を、約束してくれるの。

テーマ:キャッチコピー

今回は趣向を変えて、前日の記事にコメントをくださった
hikarinosizukuさん からのコメントに対するお返事です。

コメントは、
先日各党のキャッチコピーが発表されましたが
コピーライターとして純粋にどの党がすぐれた
キャッチコピーだと思われますか?」
という内容です。
 
ということで…
 
★今回の!ではなく、?なコピーも。
 
 
改革を止めるな。 (自民党)
 
改革力 公明党  (公明党)
 
日本を、あきらめない。 (民主党)
 
たしかな野党が必要です (共産党)
 
国民を見ずして、改革なし。 (社民党)

 
 
私が考える、よいコピーは商品の価値を瞬時に
伝えきり、読んだ人の感情を動かす
コピーである。
この場合の価値とは、その商品の魅力であり、
同時にその商品を使うことで享受できるメリットである。
それが伝われば、人はアクションを起こさずには
いられないのである。
 
それを基準に見ていくと、
共産党が一番できが良いと思う。
共産党は、自らのポジションをよく分かっており、

今度の選挙で伝えたいことがハッキリしている。
 
55年体制が消滅した後の、自民党のアンチテーゼとして
機能することが、今の共産党の最大の存在価値であることが
たしかな野党」という表現に出ている。
自民、民主、公明と保守連中の好き勝手にやらせないよ。
しっかり監視して、突っ込む野党がないと、
健全な政治ができないよと、昔の社会党の

ような野党が必要だと伝えたいのだ。
 
それに比べると、同じ野党の社民党はどうか。
~して、~なし」という表現は、小泉首相がよく使う表現。
パロディならまだしも、真面目に言っているところに
センスの低さを露呈している。何が言いたいのか
よく分からない。よく分からないままに考えたな。

だいたい存在価値がだんだん薄れて、半透明状態

になっているぞ。
 
では、最大野党の民主党。この党の不幸は
よく分からないというイメージの強いこと。

これといったイメージが持ちにくいのだ。
それなりに、主張もしているし、良いことを
言っているのだが、伝え方に問題があるようだ。
相変わらずコミュニケーションが下手。
 
日本を、あきらめない」というメッセージ。
なんだか、これぞキャッチコピーという
感じだが、漠然としすぎる。
民主党の存在価値とは何かを把握することが
必要である。その上で選挙でのテーマを決め込んで
考えるべきだったと思う。
だいたい、国民の大半はあきらめていない
と思うのだけれど。「小泉もろとも自民党を壊すぞ
くらいのことは言ってほしい。
 
惜しいのは公明党。斎藤孝さんの著書じゃないのだから、
~力は使い尽くされた感がある。新鮮味はない。
なぜ神崎代表を使った「そうはいかんざき」の
新バージョンを出さないのか。期待していたのに。
ま、今の公明党を考えると、自民になろうが
民主になろうが「公明党なくして、与党なし
という自らの存在価値を前に出してもいい。
 
最後に自民党。郵政完全民営化にすべてを賭ける
首相の意気込みと、民営化反対議員への容赦ない
仕打ちなど行動が珍しく一致しているので、
表現はいまいちだが、本気度の高さが伝わる。

 

しかし「改革は止めるな」とは誰に言っているのか。 

国民へ言うなら「改革を続けさせて」であろう。
それと、小池百合子大臣を「自民党の上戸彩」というのは、
相当無理だぞ。(上戸彩=あずみ=刺客=小池百合子なんだと)
たとえ、小池大臣が元気ハツラツ?だとしても。
 
しかし、もう少し本気度を高める

ためにも、インパクトがほしい。
ここは板垣退助の名言を借りて、
小泉死すとも、改革は止めず」という必死な感じ、
切迫感があるといい。ま、死んだら止まりそうだが。

命を賭け孤軍奮闘するイメージはかつての総裁選の

時のように共感を得やすいものだ。
で、また国民は丸め込まれるわけだが。
 
さて、こうして見てみると、これからの政党および
政治家にもマーケティングやブランデンィングの発想が
必要なのがよく分かる。
たんにお題目としてキャッチコピーがあるだけという
感が否めないのだ。「誰に」「何を」からなっていない。

こんな言葉を軽く考えているような人々を、

どうやって信頼できる?
 
キャッチコピーとは、約束である。
約束がなかったり、どんな約束か分からないので
あれば、ない方がまだましである。だから…
 
よーく考えよう、キャッチは大事だよ~
ウーウ、ウーウ(アフラックのCMソングで)。
 
 
以上が私の見解です。違った視点から見れば、
また違う感じ方もあるでしょう。違う意見も
聞きたいものです。
 
なにやら最近の政局は、アメリカンプロレスの
WWEのストーリーのような様相を呈してきていますが、
一時目が離せません。あと一ヵ月です。
 

いいね!した人  |  コメント(9)  |  リブログ(0)
2005-08-10 19:54:37

ダレに言う、ナニを言う。

テーマ:コピーライティング

コピーライターの方も、仕事でコピーを書かなくては
いけない方も、コピーを考える時は、「誰に」「何を」を
明確にして考えましょう。これ、基本。
たとえば、「誰に」が違うだけで
同じ商品でも、こんな風に表現が異なるよ。
 
 
★今回の!なコピー。
 
 
TOEICを就職活動用の
資格だと思っている人は
いませんか。
 
いま転職するとしたら、
あなたは何をアピールしますか。
TOEIC。
 
 
ちょっと古いのだけれど、TOEICの2つの広告から。
この2種類の広告は、同時期に出たものでないけれど、
比較する上で、わかりやすよう並べてみた。
 
こうして並列して読んでみると、
なんだか矛盾を感じる。
「就職活動用じゃないと言っておきながら、
転職する際のアピールになるって、
なんかヘ~ン。プンプン」と文句のひとつでも
たれたいところだが、これはメッセージを伝えたい
人。つまり「誰に」が違うので、矛盾している
ような表現になっているのだ。
 
ボディコピーを読むと、最初のコピーは
かつて就職用にTOEICを受験した人へ、
英語の力がサビつかないよう、もう一度
受験してみませんかというメッセージ。
 
2つ目のコピーは、転職を考えている人
英語の力をアピールすることの
優位さを伝えようとしているメッセージ。
 
TOEICは、ブランド力も認知度もあるので
広告で必死に受験者を増やす必要もないとは
思う。でもつねに潜在的な受験者を掘り起こ
しておかないと
、人口減で受験者も減るかも
しれない。だから何か手は打たねばならない。

特に最初のコピーはそう。
 
TOEICを1回受けただけの人に、

もう1回チャレンジさせたいのだ。
お店で言えば、リピーターになって
もらいたいのである。

 
つねに英語力を磨いてほしい、そのために
TOEICを利用してほしいという、新しい利用の
方法を提案
しているとも考えられる。
 
2つ目は、やっぱり英語力を磨くのは
TOEICでしょ。とブランド力によって
さまざまな資格がある中で、その優位性を
思い起こさせたいのである。英語ならやっぱり
TOEIC
って感じ。
  
同じ商品でも、「誰に」メッセージを伝えるか、
どんなメッセージを伝えるかで、「何を」も変わるという例。
 
Do you understand?
 

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
1 | 2 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。