1 | 2 次ページ >> ▼ /
2005-04-30 18:02:35

尿ではなく、おしっこ。

テーマ:コピーライティング

1年半ほど前、尿管結石という病気に罹った。
一度でもこの病気を患った方ならお分かりだと思うが、
その痛いこと、痛いこと。
痛みが尋常ではないのだ。股間を打った時の
痛みが可愛く感じるほどに下腹の部分が痛む。

 
痛みが突然襲った時、腹の中からエイリアンが
出てくるのかと思ったし、原因が分からぬ
その痛みに恐怖を覚えたものだ。あまりの痛さに
嘔吐までした。あぶら汗はだらだら…
命を落とすかなと思ったものだ。
 
病院で診てもらうと、尿管結石と診断。
尿管に石(体内のマグネシウムなどが固まって
できる)が引っ掛ったり、詰る病気だ。
医者は「水をたくさん飲むと、おしっこと一緒に
石が出るので心配しなくていいですよ」と
さわやかに微笑みながらのたまった。
 
さすがにあぶら汗にまみれ、死にそうな顔色を
している私には「いや~なにぶん意志がカタイ方なので…」
なんてダジャレをかます余裕は、蚊の目玉ほどもなかった。
 
その後、水をがぶ飲み、おしっこ三昧の日が続いた。
夜中も二度ほど起きて、黄金水を出しまくった。
ようやく6日後、いつのまにか石が出たのだろう。
続いていた鈍痛がウソのように消え、おしっこ三昧の
日々は終わった。
 
それ以来、水分をよく摂るよう心がけている。
おしっこ三昧の影響で、尿道がゆるんで
頻尿になったらイヤだなと思っているが
今のところ大丈夫である。
 
★今回の!なコピー。
 
 
おとなだって、
おしっこで
困っている。
 
 
大鵬薬品の尿モレや頻尿用の
内服薬<ハルンケア>
の広告。
TOTOのウォシュレットの有名なコピー、
おしりだって、洗ってほしい。
を思わせる表現だ。
 
下半身周りの病気や、
ケアのための
商品広告の場合、その表現に気を
使うことが多い。
効能などベネフィットをストレートに
訴求できればいいのだが、
広告で訴求したい人、例えば恥ずかしくて
他人には言いにくい症状で悩んでいる人が
不快に感じる表現は避けたい、
しかし表現に気を使いすぎて、
遠まわしな表現になり、伝えたいことが
伝えられなくなると、広告として機能しない。
 
そんなもどかしさを抱えながら、制作する側は
うまく表現することを要求されるのだが、
そこは頭の使いどころ。
先の商品も、軽い尿モレや頻尿でお悩みの方に
効きますという表現もできるのだが、
やはりそこは上手くコミュニケーションをしたい。
 
大人だっておしっこで悩んでいるんだ」という
訴求対象者の立場に立った表現の方が、
ストレートにあけすけ言うよりも

安心感が沸きやすい。

 
「5日間お試しください」というコピーも添えられて
いるので、医者に相談する勇気がまだない人も、
まずは試してみようかなと少し前向きな気になる。
 
この広告には、
最近何だか切れが悪い。くしゃみや笑った拍子に…。
夜中トイレで何度も目を覚ます
…など、
おしっこで悩む人たちの声が
キャッチコピーに呼応するよう書かれてある。
 
尿モレや頻尿で困っているとは言わずに
おしっこで困っているという言い方もそうだが、
買う人、使う人の立場から考え、
表現にちょっと気を使うことで、コミュニケーション
を円滑にすることができるのだ。
 
これは会話など普段の生活にも言えること。
なにも広告の表現だけの話ではない。
 
簡単にできそうだが、わりと難しいよな。
 

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2005-04-28 18:01:02

不倫中の方は、通話料タダ。

テーマ:戦略・戦術

今年になって、NTTドコモがPHS事業から撤退を発表したが、
つい先日、ポケットベルのサービスも2年後に終了すると発表。
FOMAへの選択と集中を図り、第三世代の携帯電話で、
KDDIとしのぎを削ることになる。
 
そのKDDIグループウィルコム。ドコモやアステルが
見放したPHSで、ただいまバリバリと攻勢中。
今年初めの宣戦布告以来、次々とプランを打ち出して、
ケータイへ挑んでいる。
例えば、今月発表された、他社のPHSサービスからの
乗り換えを希望者への優遇策。
ドコモ、アステルから流れる利用者を、
ケータイに行く前に取り込もうという策。
 
そして、いよいよ今週末5月1日には、
「ウィルコム定額プラン」がスタート

月2900円の基本料を支払えば、
利用者同士の電話がかけ放題になるプラン。
音声通話の定額制は初。同社PHSの利用者同士で、
電子メールの送受信も無料。
 
毎月の通話代の高さに悩む人にとっては朗報だ。
そこで…
 
★今回の!なコピー。
 
 
恋をしたので、
ウィルコムに入った。

 
 
そのウイルコムの定額プラン の広告。

家族、友達、会社といろいろと利用できる
プランであるが、まずは恋人ときた。(CMはコチラ

通話頻度が最も高そうなユーザーだろう。
そして、最も通話料に悩みそうなユーザーである。
しかも、まだケータイ信奉が強いのを
見越して、ケータイを持ったままで、
PHSに加入しても、お得という例まで紹介している。
一番獲得したいユーザーだろう。
 
しかしコピーは、やや遠まわし。
「何を」「どのように言うか」の
「どのように言うか」にとらわれすぎると、
「何を」が伝わりにくくなる。
カップルは通話料がタダ、と言った方が
分かりやすいと思うのだが。
 
さて、何かと物入りなカップルには、
うってつけのプラン。
ウィルコムは、恋人たちのコミュニケーションと
コストダウンの面倒まで見てくれるようだ。
 
ついでに、半年以内に別れたカップルには、
次の相手が見つかるまで、割引にするとか
名義変更を無料でする
とか、手厚いサポート
までつければ言うことなしだろう。
 
なお、このプランは、2台目から利用料が2200円
になるので、二股かけている人、
不倫している人にもうれしい。
 
考えてみれば日本でPHSビジネスを
元気に展開しているのは、ウィルコムだけ。
つまり、市場は独り占め。
 
三国志のようなケータイ市場を尻目に、

どう展開するのか今後も気になる。
 
なんといっても、稲盛和夫(KDDI)と
ルイス・ガースナー(あのカーライルグループ!)が
手を組んでいるのだ。
 
ロシアの大富豪アブラモビッチと、
ポルトガルの知将モウリーニョが手を組み、
50年ぶりの国内リーグ制覇まであと少し、
チャンピオンズリーグ制覇(優勝すれば、
モウリーニョは連覇!)を視界にとらえた
イングランドのサッカーチーム
チェルシー」に通ずる勢いを感じる。
 
あとは、通話品質など機能はPHSより、
ケータイの方が良いという
消費者マインドをどう変えるか。
そこにウィルコム躍進がかかっている。
 

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2005-04-26 20:07:40

夫婦仲はラブラブ、でも崩壊の恐れもあります。

テーマ:本能にビンビン
コピーに限らずデザインにも言えるのだが、
性的なイメージを思い起こさせる広告というのは、
注目されやすい。
  
ハーバルエッセンスや昔のハーゲンダッツのCMは
確信犯的にエロティックな演出をしていたし、
有名なタレントや俳優のセミヌードが
出るような広告も然り。
  
本能に!となるものは、無意識に注目してしまうのだ。
ただしその場合、商品が本来、性的なイメージを
持っていなければ、持っていないほど、
そのエロなイメージとのギャップが大きくなり、
訴求の効果は大きくなる。
  
では、商品自体に性的なイメージを
思い起こさせるものがあった場合、
どういう広告表現があるか…なんて
小難しいことは考えないで、このコピーを
読んでいただきたい。
思わずニヤニヤしてしまう。
  
★今回の!なコピー。
 
 
マカで仲良し夫婦!
 
朝も夜もマカで元気
 
思い出す
俺とお前の仲良し
マカ
 
パパ、ママ元気
20倍濃縮エキス
マカ

 
 
健康商品の通販、ハイテクサービスの広告。
ストレートなコピーに、価格と申込先を
大きく出す、いかにも通販らしい広告である。
  
このマカというのは、ペルーの植物で
豊富なビタミン、ミネラル、アミノ酸を含み、
疲労回復、若返り、精力増強に効果があると言われている。
ホルモンバランスを整える作用もあり、
生理痛、生理不順、更年期障害など女性の症状に有効
だとのこと。
 
というわけで、媚薬ともED治療薬とも違うのである。
しかしコピーを読む限り、
どうも回春に焦点を絞っているようだ。
  
熟年女性のサプリメントとして、訴求することも
可能なのだろうが、この広告では、
マカは、夫婦の仲良し促進のサプリメントになっている。
  
前々回のセクシー下着についての記事にも書いたのだが、
このマカのおかげで、モリモリ元気になったとしよう。
それが夫婦生活円満に向かえば言うことないのだが、
自信をつけて、浮気に走ったらどうなるのだろう。
夫婦仲良しどころの騒ぎではないぞ。
  
実際に、バイアグラを飲んで自信をつけた夫が、
浮気に走って離婚してしまったケースが、
アメリカで起こっている。
 
夫婦円満のためのマカが、離婚の引き金に
なることもあるわけだ。
そんなリスクがあることを
微塵も感じさせない、
ひたすら能天気なイケイケコピーには、
もう笑うしかないだろう。
  
元気に過ごせるなら、安いもんです!だって。
  
 願わくば、男子の本懐として、
マカに頼らずとも、びんびんでいたいよな。
  
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2005-04-25 20:53:00

安全のない国に、安心して暮らす。

テーマ:社会と広告

当たり前の話なのだが、
毎日、広告を眺めていると、その商品や業界のトレンド、
世間の空気などを感じる。
不動産、住宅業界はそれが如実に出る。
  
★今回の!なコピー。
  
  
地震や泥棒が存在する世界に、
僕の愛する家族は住んでいる。

  
  
トヨタホームの一戸建て住宅の広告。
このコピーがなんの違和感もなく成立し、
読む側も納得してしまう今、
本当に安全な国、ニッポンというのは、
もはや過去のものになってしまったのだと
つくづく思う。
  
トヨタホームだけが、特別でなない。
例えば、積水ハウスの広告には、

 
しかし、泥棒にだけは、やさしくない家です。
というコピー。
 
最近の一戸建て住宅の訴求ポイントで多いのは、
防犯、耐震性、エコを実現した上での快適性。
地震や物騒な事件が頻発する今の世情が
商品やその広告によく表われている。
 
ところが面白いことに、CMでは相変わらずの
夢のマイホーム路線が多い。
家族のだんらん、快適な暮らし、
住まいをもつことの喜びをイメージ
させる
ものばかり。
 
一方で夢を語り、一方で現実を語る。
この2正面作戦、ブランディングという点では
どうかとは思うが、この二つが重なり、

焦点がくっきりするような
広告が展開できるハウスメーカーは

今後の市場では優位に立てるのではないか。
 
今後、こうした路線の広告表現がどうなるか、
予測しづらいが気になるところだ。
CMでも、防犯や耐震性といった現実が
当たり前のように語られるようになった時は、
いよいよ日本も、危ない大国になった時だろう。
 
では分譲マンションもそうかというと、
これまた違う世界。
最近の都市回帰というトレンドや、
高級マンションの需要が高くなってきている
事情を反映してか、
その場所、そのマンションに住むことの
ステータス
を訴求している傾向が多い。
郊外ではなく、都心の物件ほどそれが強い。
 
都心の高級マンションを
買ってほしい客と、買いたい客の
プロフィールが、一戸建て住宅のそれとは
あきらかに違う事がわかる。
 
高級マンションを欲しいお客にとって、
ニーズのプライオリティ第一位は、
ステータスであって、防犯やエコではない
ということだ。
 
同じ住まいの広告でも、
商品によって全く訴求が違う。
広告を眺めていると、ニュースでは分からない、
普段気づかないことが見える。
 
しかし、住宅の広告に泥棒という言葉が
当たり前のように出てくるとは、厄介な時代だ。
窃盗団や殺人犯という言葉が出ないことを望むのだが。
 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-04-23 16:43:51

武田信玄で、男にもセクシー下着を。

テーマ:本能にビンビン

啄木鳥(キツツキ)という鳥がいるが、
なぜ木をつつくかというと、つつくことで、
その音に驚いた虫が木から出てくる。
その虫を食べるためであるらしい。
 
啄木鳥戦法」という戦い方がある。
それは戦国時代、上杉謙信と武田信玄が戦った
<川中島の戦い>
の四回目に実施された。
 
お互い川中島付近に陣を張ったものの、
10日間こう着状態が続く。
そこで、武田軍は、上杉軍が陣を張る
妻女山を、別働隊を迂回させて襲わせる作戦に出る。
奇襲をかけられた上杉軍が、あわてて山を降りて
八幡原に出てきたところを、待ち伏せしていた
武田軍本隊が挟み撃ちにして叩く
という計画。
これが武田信玄の「啄木鳥戦法」である。
 
武田軍が啄木鳥で、餌の虫が上杉軍。
上杉軍が陣を敷いた妻女山が木である。
 
こういうアプローチは、コピーにもある。
 
★今回の!なコピー。
 
 
あなたの彼は、セクシーですか?
 
 
ワコールのメンズ下着BROS>の広告。

ローライズあり、ハイレグありとセクシーな
ランナップが目立つ。
ところで、この商品はメンズ下着。

 

当然訴求したいのは男性であるはずだが、
読んでお分かりのように、
この広告でツカミたいのは、女性である。
直接、男性に訴求せずに、わざわざ迂回して、
彼らの彼女、妻たちに訴求する作戦。
まさに「啄木鳥戦法」である。
 
オシャレな男性はともかく、おおむね
下着にこだわる男性はまだ少ないと思う。
しかも、商品はあのワコールからである。
 
ブラのメーカーというブランドイメージが強いため、
いきなり、男性に訴求してもシャイな男たちは、
抵抗感を持つだけだ。
「なんでぇ、ブラを作っている会社の
パンツなんか履けるかい!」
と思うかどうか知らないが、興味は湧きにくい。
 
しかし、自分の彼女や妻から「似合うかもよ」と
すすめられればどうか。
「君が言うのなら試しに…」とラブラブな状態ならば、
一発で履いてしまうだろう。
 
「きゃー、かっこいい!」とか「せくすぃ~」と
言われた日には、ビキニを履いて赤面しながらも
もっこりさせてしまうに違いない。

 
かくも、彼女や妻の意見の影響力は偉大なのである。
女性だって、自分の彼や夫には、セクシーとまでは
言わないまでも、なるべくカッコよくあってほしいものなのだ。
 
ワコールの狙いはそれなのだ。直接言わずに
彼らの彼女や妻に働きかけた方が効く。
それをふまえて、わざわざ迂回したのである。
 
下着では珍しいかもしれないが、住まいやクルマだと
よく使うアプローチである。
住まいやクルマのように、恋人や妻の意見が大きくものを
言う商品だと、彼女たちを口説き落とす方が
セールス面で効果的な場合があるという。
 
昔から、“人を射んとせば先ず馬を射よ”という。
武者を射とめるには、その人が乗っている馬を射よと
いうことだ。
 
それにしてもだ、ワコールといい、
艶男(アデイオス)のLEONや、
ニッポンに、いい男を。のダンディハウスといい、
<日本男子セクシー改造計画>でも始まっているのかと
思ってしまう。
 
「萌え~」と言っている男子に危機を感じた、
政府の陰謀か。
 
ところで、自分のカレシをセクシーにするのも
いいけど、急にセクシーに開眼して、
浮気に走るかもしれないよ。
女子のみなさん、その心配はないの?
  

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2005-04-20 21:04:03

巨人よ、どこ見てんのヨ!

テーマ:ブランド

ストーブリーグにはあれだけ盛り上がったプロ野球。
開幕したらどう盛り上がるか興味があったが、
巨人の視聴率低迷、青木さやかのセミ裸に負けた巨人

なんて変な盛り上がり方をしているの見て、
予想はしていたものの、プロ野球の人気復興がまだ
本物でないことを実感する。
 
しかしだ、あれだけ巨人戦依存ではダメだと
言われながら、なぜテレビは巨人戦のカードを欲しがる?
プロ野球界の努力も必要だが、メディア(特にテレビ)も
後押ししてあげないと人気回復しないよ。
 
最近のスポーツニュースだって、野球になると
「まずは大リーグから…」なんて言っているし、
メディアも叩くだけではなく、野球だけに肩入れできないにしても、
少しは盛り上げる後押しぐらいできないのか。
野球ファンでない私でも、最近のプロ野球の人気凋落は気になる。
 
それにしても青木さやかに負ける巨人って…
 
★今回の!なコピー。
 
 
野球少年こそ
「日本の男の子」だ。

 
 
4月1日から30日まで、JR東京駅八重洲口の構内で、
巨人軍応援ミュージアム>なるものが開催されており、
そこに貼られていたポスターのひとつ。
読売新聞や日本テレビが協力しているようだ。
 
メインは、巨人選手のユニフォームのレプリカのようだが、
 
僕を見てくれ。
 
というキャッチコピーのもと、
各選手のポスターが何種類か貼られている。
 
例えば清原選手のポスターには、
 
僕を見てくれ。
 
スタジアムの空気を変える
清原和博のオーラを見てくれ

 
…なんてコピー。ひと通り見た後に
目についたのが先に紹介した「野球少年~」のコピー。
 
はっきり言おう。

こうしたメッセージの出し方は失敗。
新しい巨人ファン、新しい野球ファンをつかまなくて
いけないのに、これではたんなる自己満足である。
 
だいたい誰に向けたメッセージなのか良く分からない。
東京駅の構内という、不特定多数の人々が見る機会のある、
空間でやる意味あるのか?と思ってしまう。
 
これが巨人の人気が高い時代、プロ野球人気が
高かった時代には、ブランド広告のように、
マインドに、プロ野球の盟主としての巨人を
刷り込み、あるいは思い出させてくれるのに
機能したかもしれない。
 
だが、プロ野球人気は確実に凋落しており、
巨人さえもその大きな波に飲まれつつあるのだ。
巨人ブランドは衰退している、そこに気づけよ。
その現実をふまえた上で、それなりのメッセージ
の伝え方があるはずだ。
それが分からなかったのか?
だとしたら、企画した方はアホである。
 
人気がすっかり落ち目のアイドルが、
いつまでも「オレはスゴイぜ!オレを見てくれ」
といっても苦笑を誘うだけである。
 
いまさら、野球少年は日本の男の子だ。と
言われてどれだけの人の心をつかむか、
どれだけの共感を得ることができるか。
あまり期待できない。
 
子どもの好きなものとして、
巨人、大鵬、卵焼き。

と言われた時代があった。
その頃の感覚となんら変わっていないところに、
このコピーの悲劇があるような気がする。
 
球団のポスターのコピーは、
 
ゼロから。
 
ゼロではない、マイナスから。にすべきと以前書いたが、
応援キャンペーンやPRも現状をふまえた上で
行って欲しい。選手やファンが可哀想である。
 
いっそ、青木“どこ見てんのよ!”さやか

お姐さんにお願いしたらどうか。
 

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2005-04-19 20:30:46

コピーの妙技を味わいな、3回目。

テーマ:キャッチコピー


コピーのたな卸しの3回目。
賞味期限が切れる前に、
取り上げられなかった、珠玉のコピーを放出。
よいコピーばかりなので、ご覧くださいませ。

 

●1発目
  
授業の
脱線したところだけ、
覚えている。

  
Z会>の広告。いつもZ会の広告はユーモアラス。
たしかに授業の記憶はなせか脱線話が多い。
それではダメだってことか。
 
 
●2発目
 
ほんとうに素敵な話は、
テレビや新聞だけでは分からない。

 
もうひとつのグッドラック物語』の広告。
ではこの本で味わってくださいね。ということ。
 
 
●3発目
  
欲しいのは、仕事ではなく、
“その”会社の“その”仕事。
  
転職サイト<日経Bizキャリア>。仕事にこだわる人がいる、
その一方で増えるニート。
希望格差社会の生んだひずみ?
  
 
●4発目
 
郷に入りては、お金も郷に従います。
  
シティバンク>の外貨預金の広告。
<外貨キャシュカード>が使えるから、
現地でも米ドルが使えるサービス。上手い表現。
  
 
●5発目
 
「うっかり落とした」では済まなくなる。4月1日から。
  
KDDI>の携帯電話セキュリティ対策
ビジネス便利パックの広告。
個人情報保護法は他人事ではないと気づかされる。
  
 
●6発目
  
ビデオと写真。
ふたつの“かわいい”の真ん中には、
いつも、キヤノンの技術があります。

 
キヤノンの映像技術DIGIC DVの広告
タレントを使った広告が多いキヤノンだが、
珍しく、商品価値を伝える表現だ。
 
 
●7発目
 
カラーが必要になっても、ムダにならないモノクロを。
 
エプソンのプリンタの広告。
機能訴求ばかりが差別化ではない。そこを突く。
  
  
●8発目
  
一生の買い物になる、
ハウスメーカーの家づくり。
セレシスなしで大丈夫ですか。

  
マッチングサイト<セレシス>の広告。
~ですか?という表現は
つねに見る側を立ち止まらせる力がある。
  
 
●9発目
  
禁煙席も、ご用意いたしました。
 
トヨタレンタカーの広告。
もはや世の中は禁煙というより嫌煙がトレンド。
  
  
●10発目
  
“生きている感”がして良くないですか。
 
北島康介、考えた。
  
臓器移植のドナー登録のPR

変な日本語なのだが、北島らしいので良しとする。
きれいな日本語にしたら、うそ臭くなる。
コピーはそこが難しい。
  
  
●11発目
  
会議は、
ひと月に
2回開けば済む。

  
雑誌<宣伝会議>の広告。講師や執筆陣はいいのに。
 

 
●12発目
 
今年、一番買収したい本。
ホリエモン

 
本『BAD LUCK』の帯。
彼がトリックスターで終わるのかどうか。
今後に注目。
  

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-04-18 20:35:21

しょせん、人間だもの。

テーマ:その他

人は、理屈や理性で行動することはめったにない。
何で動くかというと、感情や気分である。
衝動買いなんて、そのよい例である。
 
雨が降っているので仕事を休もうとか、
お気に入りの服がないので、出かけるのをやめようとか。
人は、その時の気分で行動することの方が多いのだ。
 
人が理性で行動できるのであれば、
中国であのようなデモ(というより暴動)
が起きるわけないのである。
 
マーケティングでも、いかに人の感情を動かすか、
いかに心をつかんで行動させるか、
そんな心理学的なアプローチこそがポイントなのだと
書いている。
 
恋愛からビジネスまで、重要なのは、
人の心理と行動の関係をつかむことなのである。
それは経済、例えば投資さえも例外ではない。
 
★今回の!なコピー。
 
 
損しそうな時に、人間はどう行動するのか。
得しそうな時に、人間はどう行動するのか。
C・F・カメレール博士は研究している。
人間の習性を、人間は知っておいた方がいい。

 
 
大和證券グループの広告。
CMでもオンエア(コチラからどうぞ)中
人はその日の気分で行動する動物だから、
株の売り買いなどの投資活動も、気分が大きく影響するのだそうだ。
こんな経済行動を、心理学的側面から分析する
経営、経済学を『行動経済学』と言う。
最近、脚光をあびている学問だと。

カメレール博士は、その『行動経済学』の研究者らしい。
 
従来の経済理論であった
「効率的市場仮説(すべての利用可能な情報は、
瞬時に価格に織り込まれる)」とは違い、
人は不確実性下では合理的な判断を

するとは限らないというのが基本的な考え方。
 
何だか難しそうだが、乱暴に言えば、
経営も経済も気分しだいよ。ということ。
景気の「気」も、心や気分を意味する字だし、
気の前には、理性なんて吹っ飛んでしまうわけだ。
 
何かの雑誌で読んだが、『サザエさん』の視聴率が
高い時は、株価は下落、低い時は株価は上昇する
という、
にわかに信じがたい連動性が、株の世界にはあるらしい。
 
経済評論家が、雨の日よりも、晴れの日の方が、
株の売り買いが活発になると言ったのをTVで観たことがある。
天気と株の売買の連動性を示すデータもあるらしい。
 
私はこれを知った時に思ったのは、
アホくさ。の一言。
 
投資といえば、緻密なデータ分析や情報と、
そこから考えられる予測をもとに行うものだ
というイメージがあったからだ。
 
まさか、「今日は雨が降っているから、
株を買うのをやめようかな~」なんて
ユルユルな気分で行動していたとは。
それでは会社や授業をズル休みする
サラリーマンや学生の心理と一緒ではないか。
 
経済については昔からさんざん研究
されてきたわけだが、21世紀の今になって、
経済も気分なのだ~と言われてもねぇ。
困ってしまうよね。
 
何百年も前に「経済学とは人間学である」と
古典経済学者の父アダム・スミスは言ったそうだが、
何で今まで気づかなかったのだろう?
 
人間の習性を、人間は知っておいた方がいい。

 

今ごろ言うなって。

 

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2005-04-15 21:10:11

つまらないのに、読んでしまう。(このブログね)

テーマ:コピーライティング

今日、電車の中で見た中吊り広告。
一度見て、他の広告に目を移す。
あれ、おかしいな。もう一度その広告を見る。
そんなこともあるの?

 

★今回の!なコピー

 
春なのに、もみじ。
 
 
JR東日本<北東北への旅「春もみじ」>の広告。
九州出身で東京在住のせいもあるが、
東北の自然風土に疎かったので、
なぜ春にもみじが?と!となったのである。
 
調べてみると、わりと知られている模様。
春もみじ>とは、青森県の春の風物詩で、
雪どけとともに樹木が芽吹きはじめると、
野山が紅色や萌黄色、山吹色などの
柔らかな色彩に染まるのだという

それを「春もみじ」と呼んでいる。
青森では、この時期が1年で最も美しい季節だとか。
 
紹介したコピー、青森近辺だと知っている人が
多そうなので、面白くもなかったろうが、
関東だと、知らない人は?となるのだろう。
 
この~なのに~という意外性で惹こうとする
コピーライティングは、よく使われる手法。
見た人に、あれ?、おや?と思わせて、注視させる
わけだが、意外性というギャップが大きければ
大きいほど、!となりやすい。
 
先日、TVでみたリコーのコピー機
CM(コチラで観れます)もそんな感じ。
 
コピーさせないコピー機。
 
…というコピーがきたものだから、
思わず見入ってしまった。
セキュリティ対策の機能で、
機密文書のコピー防止の仕掛けを
そう表現したのだ。
 
もう一つ。同じようなコピー。
 
泣かせてぇんじゃねえ、
笑わせてぇんだよ。

 
今日から始まるドラマ『タイガー&ドラゴン』の
ポスター。
年初めに放送された2時間版は面白かった。
スタッフもキャストも「IWGP」の面々なので
期待できそうだ。

 
あれ、録画のセットをするのを忘れた。
あと1時間で始まるのに。
 
観た方は感想などを聞かせておくれ。
 

 

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2005-04-14 18:44:49

桜が咲いたのに、まだ春がきません。

テーマ:キャッチコピー

 
毎日のように、大量なニュースが流れるわけだが、
当事者にでもならない限り、時間が経つにつれて
忘れてしまう。
 
新潟県中越地震。あれだけ大きな被害を出したにも
関わらず、私の記憶から徐々に消えつつあった。
あなたはどうか。
 
★今回の!なコピー。
 
 
もうすぐ春です。
本当の復興は、これからです。

 
  
新潟県中越大震災復興宝くじのポスター。
あの山古志村(現長岡市)だろうか?

ビジュアルは雪の残る山村の風景写真。
  
昨年12月に起こったこの地震、その後スマトラ大地震、
福岡西方沖地震が立て続けに起こったので、
印象が薄くなりつつあったが、まだ4ヶ月しか経っていないのだ。
地域のよっては雪のために、復興が進まず状態。
ようやく先日、全村避難が続いていた山古志村(現長岡市)の
一時帰村が実施されたばかり。
 
東京にいて、しかも当事者でないので、
ついつい復興が進んでいる、もう大丈夫と

思っていたが、そうではない。

 
4月11日から始まった、復興宝くじ。
生活や住宅の再建支援は、公金では限界がある」(泉田知事)
という厳しい状況から実現された。
 
東京の桜は散ったが、新潟の開花は今週あたりらしい。
北陸、東北の春はこれからなのだ。
復興という本当の春もまだこれから。
 
このポスターは、宝くじの広告ではあるが、
同時に、新潟県のメッセージをのせた

意見広告としても成立している。
 
宝くじ発売、復興のために買ってください。
というストレートな訴求ではなく、

私たちの薄れつつある記憶を、
呼び戻すかのような、静かなメッセージ。
それがかえって心に響く。買うしかないだろう。
 
運がよければ1等1億円~7等200円。
いつもの罪滅ぼしに1枚いかが?

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。