1 | 2 | 3 |最初 次ページ >> ▼ /
2005-03-30 18:56:32

娘を欲しくば、ママを落とせ。

テーマ:ブランド
今夜から、当アメーバブログはリニューアル工事らしいので、
4月1日の朝まで、閲覧できないようです。
他のプロバイダ-から訪問される方には、
ご迷惑をかけます。また明後日に!


さて、ここから。
老舗ブランドに対する信頼性というのは、
相変わらず強い。特に都市部以外ではその傾向が
強いように思える。

数年前に、携帯電話についての取材で、
北関東の田舎で聞いたのだが、
やはりNTTのブランド力は圧倒的だ。
特に年齢が高ければ高いほど、NTTに対する
信頼は厚い。
やはりその安心感とネームバリューに絶対の
信用を置いているようだ。
当時<au>も<J-phone>も都市部での若い層の人気は
高いものがあったが、田舎ではいまいちだった。

知り合いのシステムコンサルタントによると、
今でも地方でのNTTやNECという老舗ブランドへの
信頼性はゆるぎないらしい。

やはり(実態はおいといて)いいブランドは、
いい利益を生みだすのだ。
老舗ブランドといえば、JRもそのひとつ…

★今回の!なコピー

お母さん、
JR東日本グループの
派遣会社って
どう思う?



人材派遣会社<JR東日本パーソナルサービス>の広告。
人材派遣業界はなかなか競争の激しい業界と聞く。
各社、競合他社との違いを出そうと懸命だ。

オー人事!のCMで有名な<スタッフサービス>は、
CMによる認知度の浸透と、4年連続シェアNo1を強調し、
リクルートスタッフィング>は、専門誌での
アンケート調査で、今後も働きつづけたい
派遣会社1位
に選ばれたことを、広告で全面に訴求していた。
言ってみれば<客観的なデータに裏づけされた信頼性>
で勝負をしようとしている。

JR東日本パーソナルサービス>は違う。
勝負のキモは、JR東日本という圧倒的なパワーブランド
この広告には、娘と母のイラストが載っているのだが、
娘の問いであるコピーに対して、母親は
しっかりしているから大丈夫なんじゃないの
という意味のセリフが小さく書かれてある。

この広告、コピーの注目点は2つ。
1つは、ブランド力による信頼性の訴求
2つ目は、このコピーを伝えようとしている相手が、
派遣会社に登録する人(この場合は娘)ではなく、
親である母親だということ。

子どもの働き先について、
なるべく安心して働ける企業の方が望ましいと
思うのが親心だろう。
親の信頼する企業であれば、娘としても
安心して働ける。

そこを伝えるコピーである。
母が転職活動中の娘に「広告で見たんだけど、
JRの派遣会社だって。大手だから安心かもよ…」
なんて会話があって、「登録してみようかな」と
娘に思わせてしまえば、広告効果は上々だ。

訴求対象者に直接訴求するのではなく、
対象者に影響力を持つ人へ訴求する方法。
住宅やクルマなど、妻の発言が大きく
影響する商品などに見られる方法だ。

将を射んと欲すれば、先ず馬を射よ>だ。

そして、このアプローチは、
パワーブランドであれば
あるほど効きがよくなる。

広告の制作者側からみれば、表現の面で
腕のふるいがいが無くて、つまんないかもしれないが、
ブランド力があると、広告展開はやり易くなるのだ。
ブランド力のある企業の広告が、面白みに欠けるものが
多いのもそういう理由からだと思う。

NTTJRのような老舗ブランドの信頼性は、
大きな資産になっているが、
雪印>や<三菱自動車>の例も見るまでもなく、
ここ最近はそれも当てにならなくなったのも事実だ。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-03-29 21:46:28

動画のブログと広告の融合?

テーマ:広告
明日のサッカーW杯予選の日本代表について、
ネットで読んだ記事の見出し

最強システム完成だ!『王様のボランチ・中田英』

TBS系の情報番組「王様のブランチ」がオンエアされて
いない地域は何のことだか分からないと思うが、
明日の中田のポジションと番組名をもじった表現。
思わず笑った。

負ければ何かとヤリ玉に挙げられる中田だが、
イラン戦の中田は言われるほど、
悪いできどころか、予想より良いパフォーマンス
だったと思う。日本の得点は、彼からのパスだったはず。

万一監督が更迭になっても、あの貪欲なほどの
勝利へのメンタリティがある限り、中田は必要なのだ。

ところで、こちらも日本代表みたいなもの。


★今回の!なコピー。


LIVE/中国/ANA
はじまる。



航空会社ANAの広告で新聞全15段。しかもカラー。
ここ最近、JALの体たらくが話題になっているだけに
ANAのCMは元気の良さが目立つ。
羽田の新ターミナルのCMでは、飛行機がくるくると踊っていた。

この広告、コピーだけでは何の広告か分からないので、
じっと見てしまう。
先月あたりに出ていた芝浦アイランドの

島、
都心。


というコピーにも通ずる、分からなさ故のインパクトがある。
このANAの広告だが、コピーよりも目立っているのが、
有名タレントや俳優などの名前の羅列。

速報/第1次/特派予定者
という文字の下に

001宮崎あおい
002永瀬正敏

…と10人の名前が並んでいる。

ひと目見ただけでは分からなかったので、
よくボディコピーも読んでみると、

この広告は、ANAの中国キャンペーンの広告だということ。
特派員に選ばれた有名タレントたちが、中国に行って
ありのままの中国をビデオでレポートすること。
どこに行って、何を撮るかはレポーターに任せること。
その模様をCMやネット上で見ることができること。
以上のことが分かる。

ボデイコピーのなかにある、

平成の小野妹子。
21世紀の遣唐使たち。


という表現がまさにこのキャンペーンの
キモを言い得ている。
レポーターたちがこだわった、レアな情報で
LIVEな中国を伝えようとするのだ。
旅行者のあなたも参加者です。と書いてあるので、
そのうち一般ピープルも参加できるのか。

言ってみれば、CM上で動画のブログをやるようなもの
そんな印象を持った。

見方を変えると、この手法は
これまでの企業側から発信する情報に
うんざりしている消費者のホンネというのを
意識して考えられたのか。

こうでもしないと、広告は見透かされるのだ。
広告よりもブログや掲示版の情報の方が信じられる時代だし。

この試みも、レアな情報という価値
から考えると面白い手法なのかもしれないが、
広告である以上は、やはり情報の選別はあるだろう。
本当にLIVEでワクワクする情報を伝えることができるか、
それは分からない。レポーターしだいというのもある。

いずれにしても、今までのような
タレントを外国に行かせて「素敵!」とか
「感動しました!」と言わせるような、
まるでタレントのPVのようなうそ臭い
型にはまった広告よりは面白くなるかもしれない。

送り手側主導の広告なんぞ、消費者のマインドは
ピクリともしない時代なのだ。

この広告が、今後どのような様相を見せていくか
注目はしたいが、ネット上で公開しているレポート
見る限り、中国に行ったことのない私が言うのもなんだが、
ステレオタイプの中国イメージということで、

今流行の<想定の範囲内>という印象だ。

観光ということを意識しなければいけないのだろうが、
ものすごい勢いで変わりつつある姿と
依然として変わらない姿を併せ持つLIVEな中国を
伝える、これまでのイメージを
覆すようなレポート<見たことのない中国>を見てみたい。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-03-28 20:26:33

必要なクリエイティブは、わずか20%

テーマ:コピーライティング
最初の会社を辞めた後、次の就職先を探していた17年前のこと。
東京、新宿にある広告代理店に面接に行った。
会社名は忘れてしまったのだが、主にラジオCMを取り扱っている
小規模の代理店だったと記憶している。

面接は、その会社の社長さんが行ったのだが、
その時に、コピーライティングについて言われたことがある。
その時、他にどんな話をしたか忘れてしまっているし、
社長さんの名前も顔も忘れてしまっているのだが、
その言葉だけは、今でもはっきりと覚えている。

★今回は!なコピー。…を書くための言葉。


50%の商品知識と、
30%の常識と、
20%のクリエイティブ。



それは、コピーライティングについてのアドバイスだった。
コピーを書く上で、必要な能力の配分をそう表現したのだろう。
当時、だんだんとコピーを書くことを、面白く感じていた
時期だったのだが、良いコピーとはどのようなもので、
それを書くには何が必要かについては、よく分からなかった。
ただ書きまくっていた。

ここでいうクリエイティブとは、アイデアや発想、
表現力、もしくは創造性。
(実は後に広告のクリエイティブとは何か、その答えも探す
ことになる。しかし、当時はこんな程度の捉え方だった)

常識とは、常識的なコミュニケーション能力や価値観、
ものを見る視点、文章力というように理解していた。

この頃、よく駆け出しのコピーライターが陥りがちな、
言葉をいじくりまわすことだけには一生懸命だった。
しかし、それが良いコピーを書くために必要なことだとは
思っていたわけではなく、良いコピーを書く方法やヒント
を模索していたのだと思う。

その時期に出会ったからこそ、今でも覚えているわけだ。
当時の私は、おそらく

50%のクリエイティブと
30%の常識と
20%の商品知識


で、コピーを書いていたような気もする。
そのために、面白いコピーであったかもしれないが、
広告のコピーとしては、なっていなかったと思う。

商品についての乏しい理解と
乏しい常識をクリエイティブで
ごまかしていた。

おそらく企業や商品の価値を伝えることに
機能するコピーが書けていなかったはず。
それに自分も、周りもクライアントも気づかなかっただけ。

経験の割には、文章力の上達も早かったし、
語彙も豊富であったので、一番大切な点が
抜けていたのだ。

この言葉が、コピーライティングの本質を
ついたものかどうかは意見のあるところだろうが、
少なくとも当時の私には、ちょっとした
驚きだった。そういうことが分かって
うれしくもあった。

コピーライティングの軸であると思っていた
クリエイティブのウェイトが、20%で十分だと
いうことなのだ。
この言葉を聞いて以来、一時コピーを書く時には
必ず思い出して、それをふまえて書くようになった。

では、常識があって、商品をしっかりと理解すれば
良いコピーを書けるかというと、そうでもないと思う。
そこを誤解してはいけない。

たしかに、必要なクリエイティブは少量かもしれないが、
20%のクリエイティブを発揮するためには、その何倍もの
クリエイティブ力を蓄えておかなければならない。

そんなことを自問自答しながら、仕事を続けてきたわけだが、
実は、良いコピーとは何か?
その答えを今でも探しているのだ。
もっとも何かしらのイメージはあるのだが。

人によって、それぞれだろうが、
その答えを探すのもけっこう楽しいなと思う。
この春で、私もコピーライターを始めて19年!
AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
2005-03-26 18:28:46

これは、誇大広告です。

テーマ:広告
コピーの表現が云々というよりも、
ここまで正直だと笑うしかない。

★今回の!なコピー。


このページは『聖マッスル』のように
見せかけた誇大広告です。



講談社の漫画雑誌<月刊アフタヌーン>の5月号の予告。
同社の<モーニング>の今週発売号で見かけた。

その広告とは…
全面に出しているのが新連載マンガの告知。
聖マッスル』という怪作?で知られる、
伝説の漫画家<ふくしま政美>の
新連載が始まることを大々的に訴求している。

ふつうだと、新連載の作品のタイトルや内容
のサワリが、紹介されるのだが、ここでは
その情報はほとんどなし。

その代わりに、誌面には『聖マッスル』の主人公の画や
『聖マッスル』という文字が、デカデカと載っている。
それに「大復活!!」という文字も大きく踊る。
おまけにご丁寧に<聖マッスルとは!?>と
作品の内容まで説明する始末。

これでは、『聖マッスル』の連載開始の告知と
思われても仕方がない。

※今回始まる新連載は『聖マッスル』ではありません。

と目立たなく書いているのだが、レイアウトが
ごちゃごちゃして気づかない。
ともかく紛らわしい広告なのだ。

ほとんどいないと思うが、
勘違いして、<アフタヌーン>を買ったお客から
クレームがくることもあるだろう。
そんなリアクションを想定してか、
自ら<誇大広告です>と断わりをいれているのだ。

さらには、
※と、一応懺悔したので、「この広告どうじゃ○?」と
J○ROに通報なんかしちゃイヤ。
と釈明。
ちなみにJARO(ジャロ)とは、社団法人日本広告審査機構のこと。

あまりに堂々とした誇大広告っぷり。
ウケ狙いなのだろうが、広告としてのツカミはまずまず。
誇大広告です>というコピーに、つい目が止まった。

ただし、『聖マッスル』やふくしま政美
知らない、興味がない読者にはあっさりと
無視されるよな。
それに筋肉隆々のこの主人公、全裸なんだもん。
ルックスも暑苦しいし。

例え知らなくても、興味がわくかなぁ。
ちなみに私は、この漫画のことは知っていたが、
読んではいなかった。

深く考えるほどのことではないが、
平気で誇大広告を出す広告主がいるなか、
ウケ狙いとはいえ、<誇大広告です>と
言い切る広告も珍しいので、
取り上げたしだい。
が、ここから得るものはないよ。ごめんな。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-03-25 19:17:50

ウソをつかない、でも責任は負いたくない。

テーマ:キャッチコピー
私は40代である。これまで比較的自分に正直に
生きてきた方だと思うが、それでも自分に
ウソをついてきたことも何度もある。
それによって、もたらされた結果については、
良い時もあったし、後悔したこともある。
ただ、そこで生じた責任の
ほとんどについては果たしてきたし、
果たしてないものについては、いずれ果たすつもりである。

今までも、これからも
自分に正直であろうが、ウソをつこうが、
生きていく上での代償と責任は払っていこうと思う。

★今回の!なコピー。

ウソつかない だからキズつく だからキズつける
ウソつかない だからスキ だからキライ
ウソつかない だからクルシイ だからラクチン
ウソつかない だからタタカウ だからアイシアウ
ウソつかない だからイタイ だからキモチいい
ウソつかない だから

もっと もっと 迷っていい もっと もっと迷おうよ
だから ウソつかない じぶんに


リクルートの広告。
学校を卒業した人への応援メッセージとみた。
やけに漢字が少ないな、なんてどうでもいいことだが、
大学卒業後、20年近く社会で生きてきた私には、
単なる自己中心的な生き方を肯定している
コピーのように感じた。

あなたはどう思うか?
10代、20代では、違う受け止め方が
あるし、賛否もあるだろう。
いろいろと迷っている方にとっては、
励みになるメッセージかもしれない。

自分にウソをつかず生きていくことは、
他者や社会との関わりにおいて、
時として大きな軋轢や摩擦、また責任が
生じてくるものだ。

それを受け入れ、その代償を
払う覚悟があればいいのだが、
そのような状況からも、自分にウソをつくのは
嫌だからと、逃げていては困る。
若い人に限らず、そんな人はけっこう多い。

権利を主張するなら、義務を果たせ

もし、真摯な気持を込めようと思うのならば、
そこまで伝わるような表現があってもいい。
だが、このコピーではそこまで感じない。
そこが惜しい。

それ故に、安直なメッセージに感じてしまうのだ。

私と違う印象を持った方もいるだろう。
ぜひご意見をお聞かせ願いたい。
いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)
2005-03-24 18:43:22

地震に、自信がない。

テーマ:その他
以前の記事で、ダジャレのコピーとして、
ニッタ㈱の建築用の免震積層ゴムの広告の

地震に自信

を紹介したのだが、なんとパソコンや周辺機器用の
耐震マットを製造している会社プロセブン㈱が、
地震に自信>を商標登録していたのを、同社の広告で発見!
最初はキャッチコピーかと思ったのだが、
「。」(句点)の代わりに、Rマーク、
つまり登録商標を意味するマークがあったのだ。

地震に自信>なんて、誰も恥ずかしくて使わない、
ましてや、商標として登録までするかと思う人は、
まだまだ甘い。
最近何かと企業のリスクヘッジがあれこれと
言われているが、こういうことを
きっちりやる企業とそうでない企業の差は、
これから、どんどん拡がるだろう…と言いたい
ところだが、んー、地震に自信、どうかなぁ。
そう言い切る自信がないんだな。

★今回の!なコピー。

できれば使いたくないものですが、
使えるものだけご用意しました。



今週、生まれ故郷の福岡が地震に見舞われたせいで、
地震関連の報道や記事には、つい注目してしまう。

このコピーはデパート高島屋の防災用品の通販広告
非常食セット、避難セット、簡易トイレなどが販売されて
おり、すべて購入すると約4万円弱。
以前なら高いと思ってしまうが、災害時の
リスクヘッジコストとして考えるならば高いなんて言えない。

少々不謹慎であるが、
新潟、福岡とこれだけ大きな地震が続くと、
地震ビジネス>というマーケットは
(あるとするならば)これからの有望な成長
マーケットではないか。

国内だけでない、海外でも通用するはず。
地震国日本ならではのノウハウや技術は、
世界でもトップクラスのはずだ。
ITもバイオもアメリカに先を越されたが、
<地震>分野は負けないな。

高いポテンシャリティがありそうなのだが、
その前にだ。やはり国家プロジェクトとして、
地震のリスクマネジメントの構築は、急がねば
ならないと思う。特に地震に強いインフラは、
最優先ではないか。
官民上げて取り組んでいかないと、神戸や新潟、福岡
被災した方や亡くなった方の犠牲が無駄になる。

残念ながら、郵政民営化に血眼になっている
あの大将の下では、それが望めない。

今日の報道によると、福岡の地震の際に
官公庁や消防機関がNTTドコモと契約し、
災害発生時に優先して回線を利用できるという
優先携帯電話」が九州全域で約二時間にわたり、
つながりにくくなっていたことが判明
したという。
官公庁の方も仕方なく、自宅の不通になっている
固定電話を使っていたとか。

このようなレベルでは、心もとないよね。
日本は地震先進?国のくせして、
その備えはまだまだ脆すぎる。

昨日のニュースでも、30年以内に震度6度以上が起こる
予測地図が発表されていたが、福岡市は「やや高い」0.98%
東京の新宿区で11.2%
、お隣の横浜市になると、
グンと上がって32.4%。
大都市の大阪は21.5%
「みんなで行こう、みんなで行こう」と盛りあがる
万博開催地の名古屋で35.8%。
そして東海地方の静岡市は、なんと86.1%!

早く、地震に自信といえる国にならないと。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-03-23 19:53:20

動く、キャッチコピー。

テーマ:広告
少しづつ暖かくなるのはいいが、
それにともない冬の疲れが出始めている。
だるい身体を叱咤しながら、仕事をしていると、
パナソニックの広告で、アユが言う。

ブレたら、負け。

はい、おっしゃるとおり。
イチローのバッティングのように、
ブレずに、しなやかに生きてまいりますと
天に誓いながら、東京・JR新宿駅を歩いていたら…

★今回の!なコピー。

優しいのは、最初だけ?


インターネットプロバイダー、AOL
学割BBキャンペーンのポスター。
交通広告をメインに、新宿、渋谷で広告展開中。

まずは、学生さんを、えこひいき。

というのが、キャンペーンのコピー。
理由は、この商品が学生を対象としているから。
ビジュアルは、遠目から見ると、ポカリスエットの
ポスターかと見間違えそうな、ブルーとホワイトの
シンプルなデザイン。

ポスターも何種類かあるようで、
ビジュアルは同じなのだが、コピーが違う。
駅構内の目につくところ、あちらこちらに貼られている。

キャッチコピーはさまざま。例えば…

学校のメアドは、
だいたい長い。
そしてダサい。


花粉より、
ウィルスが怖い、
テスト前。


他にも、長いのあり、短いのあり様々。
それぞれ<学割BB>のサービスによるベネフィットに
ひっかけたものばかりである。

先の「優しいのは、最初だけ?」も、
卒業後6ヶ月間も学割料金で使えるメリットについて
語ったコピー。卒業しても優しいということだ。
ほんとうに、えこひいきである。

いずれのコピーにも!となったわけではない。
ただ、AOLの<学割BB>のWebサイトを見てみると、
ポスターに使われていた、キャンペーンのビジュアルが
現われるのだが、面白いのは異なったキャッチコピーが
かわるがわる出てくる点。
ビジュアルは同じなのでほとんど変化しないが、
コピーだけが変わる。

まるで没になったコピーが、亡霊のように
次々出てくる様のようだが、
グラフィック広告ではできない作り。
TVのCMでもやらない。
ネット上だからできるのだろう。

文字通り<動くキャッチコピー>。
屋外広告では、見かけるような手法だが、
PCの画面でみると、新鮮である。
グラフィック広告かなと思って、見ていると
コピーだけが変わっているというサプライズ
が楽しいなと思ったしだい。

グラフィックとCMの中間をいく表現手法のようで、
目をくぎづけにする工夫は必要だが、
こうした表現のネット広告も面白いなと感じた。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2005-03-22 20:39:27

がんばるぞ。でもホンネはラクしたい。

テーマ:コピーライティング
最近、おやっと思ったのが「ラグジュアリー」という表現。
ランジェリーと間違えそうだが、全く関係はない。
Luxuryの意味は、<贅沢><高級品>、
<豪華な>という形容詞としても使う。

この「ラグジュアリー」を不動産、クルマ、ファッション
の広告や雑誌の見出しでちらほらと見かける。

私がこの言葉を見て思い出すのが「マイ・ラグジュアリー・ナイト
という曲。たぶん70年代後半だろう、その頃にヒットした曲。
歌っていたのが<しばたはつみ>。

いい曲だったのだが、それ以外の曲で<しばたはつみ>を
記憶していないので、ほとんど一発屋だったのだろうか。
いずれにしても、「ラグジュアリー」と聞いて
<しばたはつみ>を思い出すのは、確実に40歳代以上である。
中には、J-レアグルーブとして、彼女のことを知っている
音楽通の20、30代もいるかもしれない。

豪華や高級をイメージさせる、<プレミアム>
という言葉も最近では手垢がつきすぎた。
鮮度が落ちたので今度は「ラグジュアリー」か。
今しばらく観察してみよう。

★今回の!なコピー。

がんばらない血糖値対策を。


大正製薬の特定保健用食品「グルコケア」の広告。
血糖値が高めの人向けの緑茶風味の飲料である。
どこに!となったのかと言うと、「がんばらない」である。

ダイエットの例を出すまでもなく、体重も体脂肪も
悪玉コレステロールを減らすのも大変なのだ。
強い意志と実行力が求められるからだ。
だから、途中で挫折してしまうわけだ。

人間、誰でも<ラクしたい>のだ。
そう、がんばりたくない。
でも健康でいたい。それがホンネ。

血糖値のコントロールも
面倒な食事制限をしないでやりたいのだ。
努力しないで、血糖値対策を行うこと。
おそらく、そんなコンシューマインサイト
見出して、考えたコピーではないか。

最近、出た本「インサイト」によれば、
(コンシューマ)インサイトのことを
消費者が思わず動く心のホッとボタン>と
実に分かりやすく表現している。

3年前にはじめてコンシューマインサイトという言葉を
知ったのだが、核心がつかめぬままにいたところ、
この本を読んだおかげで、スッキリした。

マーケッターやプランナー向きかもしれないが、
よい子のコピーライターも、読んでおくと
タメになるよ。

インサイトを理解した上で、
「がんばらない血糖値対策を」というコピーについて
考えると、健康商品に対する消費者のインサイトから
発想された気がするのである。

実は大正製薬は、<コレスケア>という
コレステロール高めの人向けの飲料でも、

2週間で、いい予感。

というコピーで広告を出していた。
2週間という分かりやすさは、
消費者の心理的な敷居を下げることに
上手く作用したのではと思ったものだ。
買いたくなるツボを押してくれるコピーである。
これもインサイトからの発想か。

つまるところ、
効きのいいコピーをひねり出したいならば、
インサイトから発想せよということ。

問題は、インサイトを見つけるのは
そう簡単ではないということだ。
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
2005-03-21 19:23:42

地震、雷、火事、モンゴル、ラドン。

テーマ:その他
ああ、びっくりした。
日曜日に起きた、福岡西方沖地震
私の故郷である福岡も、とうとう地震に見舞われた。

思い越せば、鎌倉時代の元寇(モンゴル軍の来襲)、
太平洋戦争中の福岡大空襲
私が高校時代に経験した、福岡大渇水
ああ、それと怪獣ラドンによる市街の破壊も。

福岡は、地震による大きな被害を受けてこなかった
エリアであった。比較的 地震リスクの少ないエリア
であったはずだが、昨日の地震でそうも言えなくなった。
たしか神戸もそう言われてきたはず。

テレビによる地震の第一報から10分後には、
すでに電話が不通状態、携帯電話も不通。

実家の状況が分からず。不安になる。
平穏な東京にいてこの状態なので、
現地で被害にあった方々の動揺はいかほどか。

新潟中越地震を思い出し、電話をあきらめ
メールに切り替え。こちらで連絡をとることに。
さいわいメールでの連絡は通じたのでひと安心。
電話が通じたのが、午後2時過ぎ。

地震報道について、TVやラジオにお願いしたい。

震度や被害エリアの状況も重要だが、
地震が起きた場合、電話が通じにくくなるのは
何度も経験したはず。
せめて、テロップでその旨を説明し、メールでの
連絡の方が連絡しやすくなることを表示
して
もらえないかな。

日本に住んでいる限り、
地震からは逃れられないのだ、本当にそう思った。

★今回の!なコピー

しあわせをまもる家。


都市に建つ限り、火災にも強くなければ、
地震に強い家とは言えない。



一つ目が積水ハウス、二つ目が旭化成ホームズ
阪神大震災以来、ビルなどの建造物は
耐震性の強化が図られてきたが、広告をみる限り、
個人住宅の<防災>は、ごく最近になって増えてきたような
気がする。

ハウスメーカー各社は、防災についての
仕様にも十分取組んでいるらしいが、
TVのCMは、相変わらず、快適なライフスタイルや家族のふれあい
などのほんわかしたイメージで訴求している。
そろそろあいまいな情緒的メリットではなく、
地震対策を意識した訴求もあった方がいいのではないか。

ところで、まだ「地震に強い家」をつくる
ハウスメーカーというブランドをもった
企業はないようだ。
大きなお世話だが、これを最初に消費者の
マインドに刷り込めば、大きなビジネス
アドバンテージになるのではないか。

今朝の情報番組で、首都圏での地震について
専門家が言及。それによると、いかに耐震、
免震構造の建物であろうが、それが立っている
地盤が脆いので、安全は万全でないとのこと。
なんということだ。

首都圏や東海地方だけでなく、全国規模での
地震対策への取り組みが必要になってきたのではないか。
はやくそういうシステムの構築が必要なのだと
つくづく思う昨日であった。

実家では、大きな被害はなかったが、
人間もネコも相当怖かったらしく、
父親は、夜風呂にも入れなかったらしい。
微震ながら、余震も続いているらしい。

これ以上、被害が大きくならないことを
祈るばかり。
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2005-03-18 22:41:58

ヒップだけ、ジェニファーロペス。

テーマ:その他
その男は、長谷川京子がCMに出ているという理由で、
グリコの「ポスカム」を買っていた。
ある日、「ポスカム」のCMからは、長谷川京子が消え、
その替わりに暑苦しい顔をしたトータス松本
キャラクターとなった。
その男は、ガムのブランドにこだわらないので、
「ポスカム」を買うのをやめた。
トータスがうれしそうに噛んでいるガムを
うれしそうに噛めないからだ。

そんな時に、リカルデントのCMで伊藤美咲を観た。
そして、彼はリカルデントを買いはじめた。
今では、その男は明治の「キシリッシュ」を買っている。
福山雅治がCMに出ているからではない。
キシリトールが入っているガムで一番安かったからだ

広告主のみなさん、ガムを選ぶ
消費者のインサイトって、この程度だよ。

それとタレントを使ったCMは一気にその商品の
ファンを増やすことができるが、一気に減らすことも
あるのだ。
それを承知で、高いギャラをひねり出して
使っているのだろうけどな。

ところで、その男とは…

私である。へへ。

★今回の!なコピー。

あなたの息を福山雅治に。

明治製菓のガム「キシリッシュ」のCM
うれしいかね、息だけ福山雅治になっても。
女子にお尋ねしたい、息だけ福山のような男に
(だいたい福山の息のニオイを知っているのかね)
ときめくのかね。

たしかに福山の息は、イメージとしてならば、
爽やかな香りという気がしないでもいないが、
個人的には、息だけ福山雅治になろうが、タッキーになろうが、
トムクルーズになろうが、ちっともうれしくない。

例えば、女性から「お口のニオイが岡田准一みた~い」と
言われても、絵でなく額を褒められている気がして
なにか素直に喜べないのである。
…ん、いやちょっとうれしいかもな。へへ。

ともかくだ。福山雅治の息くらいでは、
私のエモーションはピクリともしないのだ。

なんだか、イケメンに嫉妬するオッサンの悪態みたいな
記事になったが、ここ数年、デオドラント先進国と言おうか
行き過ぎた清潔大国のような様相をみせる日本に、
なんだか不安なのだ。

嗅覚の衰えた人間ばかりになってしまうぞ。

そんな私は、そろそろ加齢臭を
心配しなければいけないお年頃だ。

日本に、いい男を。

ダンデイハウスのコピーが、私を脅すのだ。
イメージキャラクターは、リチャードギア。今ごろなぜ?

メンズ用化粧品も最近増えたし、オヤジもきれいに
しておかねいと、嫌われる世の中になっているようだ。
エステに気をつかうくらいでないと、成功できないらしい。

ところで、息だけ福山雅治という切り口は遊べるぞ。

ヒップだけジェニファーロペス。
バストだけ、井上和香
頭の中身だけ、ガッツ石松。
おなかの肉だけ、堀江貴文。

鼻の穴だけ、北島三郎。

あなたも考えてよ。
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。