MY BLOG / L;OVELESS

・コメントは承認制で受け付けています
     
     
     
     
     
     
Copyright© L;OVELESS CO.,LTD.


テーマ:
興味のある方のみ読んで見てください。


さらに掘り下げて1986年以降の活動を時系列に
まとめてみました。前回の内容と重複する個所も
ありますのでご了承ください。ベストアルバム、
ボックスセット、カバーアルバム、シングルカット
などは掲載しておりません。

【以下赤字の部分は誤って報道または掲載された内容、
青字の部分が報道されていない情報や正しい情報などです】

※参考文献は
「10年の複雑上下」「けれど空は青」「インタビュー」
一部Wikipediaも参考にしてます



■1979年
チャゲ&飛鳥として「ひとり咲き」でデビュー。
レコード会社はワーナーパイオニア。
所属事務所はヤマハ宣伝課所属。
渡邉徹二氏(通称ナベさん)が専属マネージャーになる。
※渡邉徹二氏はライブビデオ「WALK」に映っています

以降テレビ出演時の楽曲披露の時間数を出来るだけ
フルサイズに近い形で披露出来るように渡邉徹二氏が
テレビ曲と交渉にあたりデビュー曲を含む多数の
楽曲が7、8割もしくはフルサイズでのテレビ出演
披露されることとなる。※10年の複雑上下に記載あり
※マネージメントのノウハウを特にASKAに
この渡邉徹二氏が伝授したことも同じく記述あり



■1986年
レコード会社をキャニオンレコード
(現ポニーキャニオン)へ移籍。
CHAGE & ASUKA へ表記を変更。
※略称はC&A

C&Aシングル「モーニングムーン」発売。
C&Aアルバム「TURNING POINT」発売。
C&Aシングル「黄昏を待てずに」発売。
C&Aシングル「Count Down」発売。
C&Aシングル「指輪が泣いた」発売。
C&Aアルバム「MIX BLOOD」発売。
C&Aミニアルバム「Snow Mail」発売。



■1987年
この年はじめて飛鳥涼としてのソロ活動を開始。
CHAGE & ASUKA の活動も並行して行う。

C&Aシングル「SAILOR MAN」発売。
C&Aアルバム「Mr.ASIA」発売。
C&Aシングル「ロマンシングヤード」発売。
飛鳥涼ソロシングル
「MY Mr.LONELY HEART」発売。



■1988年
この年は CHAGE & ASUKA と
飛鳥涼ソロを並行して活動。

C&Aシングル「恋人はワイン色」発売。
C&Aアルバム「RHAPSODY」発売。
C&Aシングル「Trip」発売。
C&Aアルバム「ENERGY」発売。
※当初ロンドンでレコーディングを行う予定だったが
スケジュールが合わずロンドンからミュージシャンを
呼んで日本でレコーディングを行った
飛鳥涼ソロシングル「MIDNIGHT 2 CALL」発売。
飛鳥涼ソロシングル「SCENE」発売。



■1989年
この年はCHAGE & ASUKA として活動。
充電期間としてCHAGE & ASUKA
としての活動を無期限休止を発表。

C&Aシングル「LOVE SONG」発売。
C&Aシングル「WALK」発売。
10周年記念アルバムとして
C&Aアルバム「PRIDE」発売。



■1990年
所属事務所ヤマハから独立し
個人事務所リアルキャスト(株)を立ち上げる。
専属マネージャの渡邉徹二氏が専務になる。
※書籍「インタビュー」に専務と記述が
ありますが、リアルキャストホームページでは
社長とも表記があるので設立当初は専務で
後に社長になったと思われます
CHAGE & ASKA へ表記を変更。
CHAGE & ASKA として活動再開。

C&Aシングル「DO YA DO」発売。
C&Aアルバム「SEE YA」発売。
※アルバム制作の為1988年からの念願
だったロンドンでのレコーディングを行う



■1991年
ソロ名義をASKAへ表記を変更。
この年は CHAGE & ASKA と
ASKAソロを並行して活動。

ASKAソロシングル「はじまりはいつも雨」発売。
ASKAソロアルバム「SCENE II」発売。
C&Aシングル「SAY YES」発売。
C&Aアルバム「BIG TREE」発売。



■1992年
この年は CHAGE & ASKA として活動。

C&Aシングル「if」発売。
C&Aシングル「no no darlin'」発売
C&Aアルバム「GUYS」発売。
※アルバム制作の為
ロンドンでレコーディングを行う



■1993年
C&Aシングル「YAH YAH YAH」発売。
C&Aシングル
「Sons and Daughters
~それより僕が伝えたいのは」発売。
C&Aアルバム「RED HILL」発売。



■1994年
C&Aシングル「HEART」発売。
C&Aシングル「めぐり逢い」発売。



■1995年
レコード会社をソロのみ東芝EMIに移籍。
ソロと CHAGE & ASKA 両方として活動。

ASKAソロシングル
「晴天を誉めるなら夕暮れを待て」発売。
※1994年の12月後半にテレビで披露してました
ASKAソロアルバム「NEVER END」発売。
C&Aシングル「Something There」発売。
※ミュージックステーション2週連続出演。
C&Aアルバム「Code Name 1 -Brother Sun-」
発売。



■1996年
この年は CHAGE & ASKA として活動。

C&Aシングル「river」発売
C&Aアルバム「Code Name 2 -Sister Moon-」
発売。

この年後に騒動となる雑誌「Views」の
取材を受け、『CHAGE & ASKA ではやり尽くした』
『でも本当はやり尽くしてないんですよね』

と発言した部分を
飛鳥激白
『日本ではすべてをやり尽くした。
めざすはアジア、そして世界だ』

として広告を勝手に出されてしまいます。
「Views」との騒動の中でASKAが精神的に
追い込まれ声の調子がどんどん悪くなります。

↓以下年ごとにWALK出演映像で声の調子の
変化をご覧いただければわかりやすいです。
(1992年 MUSIC FAIR出演時 より)
(1998年 HEY!HEY!HEY! 出演時 の映像より)
(2004年 20th Anniversary Concert より)



■1997年
ASKAソロとして活動専念。

ASKAソロシングル「ID」発売。
ASKAソロアルバム「ONE」発売。
ASKAソロシングル「Every Day Of Your Life」
リチャードマークスと共同で発売。



■1998年
前年に引き続きASKAソロとして活動継続。
※この年は声の調子がおもわしくなくテレビ出演での
歌唱によるプロモーション活動はされませんでした

ASKAソロシングル「Girl」発売。
ASKAソロアルバム「kicks」発売。



■1999年
CHAGE & ASKA として20周年のため活動再開。

C&Aシングル「この愛のために」発売。
C&Aシングル「群れ」発売。
C&Aアルバム「NO DOUBT」発売。



■2000年
ASKAソロとして活動。

ASKAソロシングル「good time」発売。
ASKAソロアルバム「タイトル不明」発売予定発表。

CHAGE & ASKA 韓国親善大使に任命され
韓国でのライブ公演を韓国政府から依頼される。
ASKAソロアルバム発売中止
(C&A韓国ライブ活動に関連して)
※このアルバム自分も予約してて
当時残念に思ったのを覚えています

韓国でのライブ失敗が原因で薬物に手を出したと
現在報道されていますが、元々この韓国公演は
自分たちから売り込んでのものではなく、
韓国政府から依頼されたものです



■2001年
この年より表記を CHAGE and ASKA へ変更。
C&Aとソロ両方ともレコード会社を
ユニバーサルミュージック(ユニバーサルシグマ)へ移籍。
この年よりロックダムアーティスツへ所属事務所を移籍。
この年より渡邉徹二氏は CHAGE and ASKA の
マネージメントから外れ音楽業界からも離れる。
CHAGE and ASKA として活動。
※薬物報道時ロックダムアーティスツが個人事務所と
報道されてますが、参考書籍確認できず真意は不明。

C&Aシングル「ロケットの樹の下で」発売。
C&Aシングル「パラシュートの部屋で」発売。
C&Aシングル「C-46」発売。
C&Aシングル「夢の飛礫」発売。
C&Aアルバム「NOT AT ALL」発売。



■2003年
ASKAソロシングル「心に花の咲く方へ」発売。



■2004年
CHAGE and ASKA 25周年記念として
C&Aシングル「36度線 -1995夏-」発売。
C&Aシングル「僕はMusic」発売。



■2005年
この頃にはやっとASKAの声の調子も戻ってきました。
君が愛を語れ (Concert Tour 05>>06 My Game is ASKAより)

ASKAソロアルバム「SCENE III」発売。
※2000年韓国公演の為発売中止されたアルバム



■2007年
C&Aシングル
「Man and Woman」ASKAメインボーカル
「Here & There」CHAGEメインボーカル
をそれぞれ発売。
C&Aアルバム「DOUBLE」発売。



■2008年
ASKAソロ活動専念。

ASKAソロシングル「UNI-VERSE」発売。



■2009年
CHAGE and ASKA 解散説浮上。
後に無期限活動休止発表。
ASKA引き続きソロ活動専念。

ASKAソロシングル「あなたが泣くことはない」発売。



■2012年
ASKA引き続きソロ活動専念。
渡邉徹二氏(ナベさん)がC&Aマネージメント業へ復帰。
※この時は昔のようにテレビ出演も増えて
ヒット曲も出るかもと期待させられました

ASKAソロアルバム「SCRAMBLE」発売。



■2013年
CHAGE and ASKA 活動再開発表。
ASKA一過性脳虚血症の為活動休止。



■2014年
ASKA覚せい剤所持容疑で逮捕。




最後に・・・
マスコミが色々報じるのは報道の自由なので
何も異論はありませんが、楽曲の年数を誤って
報じたり、過去の書籍から都合のいいところだけ
抜粋
して報じたりするのはどうかと思います。
『ミヤネ屋』で「夢の番人」と「港に潜んだ潜水艇」
が同じ1993年
に薬物を感じさせる歌詞があると
報じていましたが、「港に潜んだ潜水艇」は
1996年発売の「Code Name 2」に
収録されている楽曲
です。


今回、ASKA氏が薬物に手を出したのなら
それは悪い事なのでちゃんと罪を償って
いつから手を出したかなど、説明責任を
ちゃんと果たすべきだと個人的には思います。
ただ報道する側も関連書籍などちゃんと
確認して、ファンなどからも異論が
出ないように正しい報道をしてほしいと
思ったので当ブログにまとめて掲載しました。




_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ 本 日 の 1 曲 _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

Never End / ASKA

新境地開拓といった感じですね。
この後に発売されるIDやNo Wayなどの
それまでのポップスな感じの楽曲から
ダークな感じの楽曲へイメチェンし、
あきらかに楽曲の幅が広がったと思います。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。