いつかまた君と会う日のため(自殺・自死遺族ブログ)

2013年12月、最愛の妻をうつ病による自死で亡くしました。
結婚して1年1ヶ月、あまりにも短すぎました。
体に障害があったけど、懸命に生きていた妻。
妻の事を忘れない為、初めてブログを書きます。

メッセージボードに妻との出会いから、自死遺族になるまでの出来事をまとめました。

下記の題名をクリックすると、直接記事のページが開きます。


最新記事、その他の記事は記事一覧よりご覧ください。


Ⅰ.妻との思い出


1.妻と出会った頃の事(1)

2.妻と出会った頃の事②

3.妻と出会った頃のこと(3)

4.妻と障害

5.妻からもらった結婚を決めた一言。

6.勝利の女神(1)

7.勝利の女神(2)

8.勝利の女神(3)
8.思い出(アウトドア)

9.思い出(続・アウトドア)

10.花火のこと

11.最高の笑顔

12.テーマパーク

13.彼女の夢は

14.彼女の誕生日に

15.ごあいさつ

16.友達へのお披露目

17.結婚式の想い出 1

18.結婚式の思い出2

19.結婚式の思いで3

20.次の日

21.謎の一人暮らし

22.妻へのサプライズ

23.お披露目会(1)

24.お披露目会(2)

25.ハネムーン計画

26.ハネムーンクルージング(1)

27.ハネムーンクルージング(2)

28.ハネムーンクルージング(3)

29.ハネムーンクルージング(4)

30.ハネムーンクルージング(5)
31.ハネムーンクルージング(6)

32.ハネムーンクルージング(7)

33.ハネムーンクルージング(8)

34.ハネムーンクルージング(完)

35.パート開始

36.パートをし始めてから

37.楽しい事がなくなっていく。



Ⅱ.鬱との闘い


38.新しい病院

39.一言日記

40.パートを辞めることを決めて。
41.不眠。

42.うつ。

43.模索
44.妻とのやりとり

45.治療院

46.最初で最後の結婚記念日

47.治療院、その後

48.心療内科

49.その後の日常

50.ラブソファー

51.利他の原則

52.答え。

53.二度と取り消せない言葉

54.最後の5日間(一日目)

55.最後の5日間(二日目)

56.最後の5日間(三日目)

57.最後の5日間(四日目)

58.最後の5日間(五日目)



Ⅲ.自死遺族


59.連絡

60.病院

61.現場

62.アパート

63.暗証番号

64.対面

65.遺書

66.涙の対面

67.安置室

68.会葬礼状

69.怒り・不安

70.お通夜

71.告別式

72.火葬

73.骨上げ~初七日。

74.自死遺族~葬儀から数日



テーマ:

『孤独のグルメ』というドラマをご存知でしょうか?



先日シーズン4が終了し、名古屋では水曜の夜中12時頃から放送していました。

http://www.youtube.com/watch?v=VI_ycDMijrE


松重豊さんが主演で、仕事の合間にただ黙々と飯を食うドラマです。

食べている時の心理描写を「心の声」で、話すところが食欲をそそられて、とても良いです。

松重さんの食べ方も上品で、しかも美味しそうに食べる。


夜中なので、見ている方は拷問に近いですが、とてもお腹がすくドラマでした。




最初にドラマを見た時、食べた時の心理描写を「心の声」で話すところなど、昔見た山崎努さん主演の「刑務所の中」という映画に似た雰囲気だなと思いました。


http://www.youtube.com/watch?v=fC0VMap3N0A


ゆるーい映画で結構好きでした。


そういえば、この映画にも松重さん出てました。




毎週欠かさず『孤独のグルメ』を見ていたのですが、やはり東京の店ばかりで、「中々食べに行けないよな、、、。」と思っていたところ、愛知県が舞台の回がありました。出張編です。



愛知県の日間賀島(ひまかじま)の回

http://www.tv-tokyo.co.jp/kodokunogurume4/story/story05.html


愛知県が舞台の回で、日間賀島とは中々マニアックです。


とは言え、私自身愛知県に住んでいますが、日間賀島に行ったのは子供の頃の一度だけ、、、。


もう30年は行っていないです。記憶もほとんどありません。



ドラマを見てから、行ってみたいなと思っていました。



今月に入ってから、社長から慰安会の話があったので、私の独断ですぐに日間賀島に決めました。




昨日は出発前に社内会議をしていました。


会議が思いのほか長引いてしまい、慌てて日間賀島へ向かいます。


と、いうのも私が選んだホテルは展望風呂になっていて、どうしても夕日を見ながらお風呂に入りたかったからです。

http://www.suzuya-kaiyutei.com/furo.html



高速を飛ばして、40分くらいで師崎(もろざき)港に到着しました。


あろうことか、着いた直前に船が出てしましました。


仕方なく、50分ほど待って次の船を待ちます。



港から島までは高速船で10分もかからずに到着します。



着いて早々に、皆に「風呂いってくるわ!」と言い残し、慌てて展望風呂に向かいました。


ギリギリ夕暮れに間に合いました。


海と空がオレンジ色から紫色に変わり、すぐに夜景に変わりました。

夜でも船が沢山走っていたので、夜景もきれいで良かったです。



風呂から出ると、すぐに夕食です。


ドラマで出ていたものはあらかた夕食に登場しました。


タコしゃぶ、タコの丸湯で、タコ飯、タイとヒラメ・伊勢海老のお造り、伊勢海老のグリル、大あさり、鯛の焼き物、フグのから揚げ、、、。


来週試合ですが、食い過ぎです^^;



2年前に伊勢志摩へ慰安旅行に行ったのですが、私の感想では日間賀島の方が安くてボリュームもありしかも美味しかったです。


翌朝、早く起きて島内一周ランニングしました。





港にあるタコのモニュメント。


日間賀島は何といってもタコが有名です。

フグも有名です。


海沿いをずっと走れるので、とても気持ちよく走れます。






途中、階段が直接海に繋がっている箇所がいくつかありました。




看板に書いてありましたが、島の漁師さんが貝などを採る場所のようです。



しばらく走ると、正面に篠島(しのじま)が見えてきました。




ベンチまで用意されています。島のデートスポットでしょうか、、、。




島の突端にある「ハイジのブランコ」




大きな松の木に長いロープでブランコがつるされています。


デートで来たらロマンチックですね。

朝早くて誰もいないので、少し寂しい感じがしました。



島の反対側はビーチになっていて、タコのモザイク画もありました。



夏はイルカも来るそうです。



一周して戻ったところにある店「乙姫」




ドラマの店です。



写真を撮りながら、ゆっくり走って30分くらいで一周しました。


多分3キロちょっとくらいかな。

2周くらいしないとダメだったかもしれません。



そしてホテルへ戻り、朝風呂に浸かりました。


朝食も美味しくてボリューム満点でした。




夜は師崎港の売店で買った、赤車(あかしゃ)エビの塩ゆでを自宅で食べました。

この量で210円は安い!




慰安旅行、満喫です。


ドラマの食事で食べれなかったのは「しらすの天麩羅」のみ。


またいつか挑戦したいです。



AD
いいね!した人  |  コメント(8)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

[PR]気になるキーワード