いつかまた君と会う日のため(自殺・自死遺族ブログ)

2013年12月、最愛の妻をうつ病による自死で亡くしました。
結婚して1年1ヶ月、あまりにも短すぎました。
体に障害があったけど、懸命に生きていた妻。
妻の事を忘れない為、初めてブログを書きます。

メッセージボードに妻との出会いから、自死遺族になるまでの出来事をまとめました。

下記の題名をクリックすると、直接記事のページが開きます。


最新記事、その他の記事は記事一覧よりご覧ください。


Ⅰ.妻との思い出


1.妻と出会った頃の事(1)

2.妻と出会った頃の事②

3.妻と出会った頃のこと(3)

4.妻と障害

5.妻からもらった結婚を決めた一言。

6.勝利の女神(1)

7.勝利の女神(2)

8.勝利の女神(3)
8.思い出(アウトドア)

9.思い出(続・アウトドア)

10.花火のこと

11.最高の笑顔

12.テーマパーク

13.彼女の夢は

14.彼女の誕生日に

15.ごあいさつ

16.友達へのお披露目

17.結婚式の想い出 1

18.結婚式の思い出2

19.結婚式の思いで3

20.次の日

21.謎の一人暮らし

22.妻へのサプライズ

23.お披露目会(1)

24.お披露目会(2)

25.ハネムーン計画

26.ハネムーンクルージング(1)

27.ハネムーンクルージング(2)

28.ハネムーンクルージング(3)

29.ハネムーンクルージング(4)

30.ハネムーンクルージング(5)
31.ハネムーンクルージング(6)

32.ハネムーンクルージング(7)

33.ハネムーンクルージング(8)

34.ハネムーンクルージング(完)

35.パート開始

36.パートをし始めてから

37.楽しい事がなくなっていく。



Ⅱ.鬱との闘い


38.新しい病院

39.一言日記

40.パートを辞めることを決めて。
41.不眠。

42.うつ。

43.模索
44.妻とのやりとり

45.治療院

46.最初で最後の結婚記念日

47.治療院、その後

48.心療内科

49.その後の日常

50.ラブソファー

51.利他の原則

52.答え。

53.二度と取り消せない言葉

54.最後の5日間(一日目)

55.最後の5日間(二日目)

56.最後の5日間(三日目)

57.最後の5日間(四日目)

58.最後の5日間(五日目)



Ⅲ.自死遺族


59.連絡

60.病院

61.現場

62.アパート

63.暗証番号

64.対面

65.遺書

66.涙の対面

67.安置室

68.会葬礼状

69.怒り・不安

70.お通夜

71.告別式

72.火葬

73.骨上げ~初七日。

74.自死遺族~葬儀から数日



テーマ:
◎初めて当ブログへいらっしゃった方

僕と妻とのまとめは⇒こちら



先日ブログでご紹介した「自死遺族が望むように生活できる自分になる過程」。

http://ameblo.jp/loveemichan/entry-12123101659.html



論文の最後のほうに、分かりやすく図解してあったので貼り付けます。






図の下から上に行くほど、回復が進んでいる状態だと思います。


この図と論文の元になった調査対象者は、死別後1年~40年の方々だそうです。







この調査でいう「自死遺族」とは、配偶者、親子、兄弟が自死で亡くなられた方が対象で、それ以外の方々は入っていません。


そして、自死遺族の会などを通じて、調査に協力してくれる自死遺族の方々が対象との事です。


ですので、少なくとも「自死遺族の会」へ出られる状態であった方達が対象です。


その中でも、調査の約束に現れなかった方たちも数名いたようです。


当然その人達の意思は反映されていません。





一番上の図のプロセスは、少しずつ前に進みだした方が該当すると思います。





下の図の「混乱期」は、その前の状態を示していると思います。


実際には下の図は、かなり簡略化してあると感じます。



僕の場合「混乱期」は大まかに捉えると、死別後~1周忌くらいまでだったと感じています。






厳密に言うと、「少しだけ落ち着いてきたかな?」と感じた1年半目くらいに、メンタルを崩して鬱になりかけましたが、、、。






僕自身、一番上の図に当てはめて考えてみると、かなり当てはまっていると感じました。



なかでも「心と身体の調子を整える」というカテゴリは、実行している人は少ないかな?と思っていました。



大きいカテゴリに分類されているので、調査対象者の自死遺族の多くの人が実行していると言う事ですよね。


これはとても興味深い結果だと思いました。



僕自身、まだ一番上のカテゴリの「死別と共存している」には至っていません。


若干入っている気もしますが、、。




でもほとんどが、下の階層を行ったり来たりしていますね。





僕にとって一瞬でも「望むように生活できる行為」は、今までブログで公表してきた内容です。


・ボクシング

・ジョギング

・サプリ

・マインドフルネス瞑想

・感謝リスト

・魔法の記憶リスト

・GTD

・ブログでの皆様との交流



僕自身は、上の行為は精神的にすっきりしたり、自己肯定感を高めてくれる実感があるので、無理なく続けられています。


やはり無理はいけませんし、自分に合わないものは続きません。




こういった行為を新たに見つけたり、今やっている事を無理なくコツコツ実行する事により、回復に近づいていくのかな?と論文を読んで思いました。



ひとそれぞれ「これは」というものがあると思います。



それを見つけたり、誰かがやっているものを参考にしてみるのも良いかもしれません。




今、一番上のカテゴリにいる人達の、生の声が利きたいですね^-^







にほんブログ村


AD
いいね!した人  |  コメント(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。