いつかまた君と会う日のため(自殺・自死遺族ブログ)

2013年12月、最愛の妻をうつ病による自死で亡くしました。
結婚して1年1ヶ月、あまりにも短すぎました。
体に障害があったけど、懸命に生きていた妻。
妻の事を忘れない為、初めてブログを書きます。

メッセージボードに妻との出会いから、自死遺族になるまでの出来事をまとめました。

下記の題名をクリックすると、直接記事のページが開きます。


最新記事、その他の記事は記事一覧よりご覧ください。


Ⅰ.妻との思い出


1.妻と出会った頃の事(1)

2.妻と出会った頃の事②

3.妻と出会った頃のこと(3)

4.妻と障害

5.妻からもらった結婚を決めた一言。

6.勝利の女神(1)

7.勝利の女神(2)

8.勝利の女神(3)
8.思い出(アウトドア)

9.思い出(続・アウトドア)

10.花火のこと

11.最高の笑顔

12.テーマパーク

13.彼女の夢は

14.彼女の誕生日に

15.ごあいさつ

16.友達へのお披露目

17.結婚式の想い出 1

18.結婚式の思い出2

19.結婚式の思いで3

20.次の日

21.謎の一人暮らし

22.妻へのサプライズ

23.お披露目会(1)

24.お披露目会(2)

25.ハネムーン計画

26.ハネムーンクルージング(1)

27.ハネムーンクルージング(2)

28.ハネムーンクルージング(3)

29.ハネムーンクルージング(4)

30.ハネムーンクルージング(5)
31.ハネムーンクルージング(6)

32.ハネムーンクルージング(7)

33.ハネムーンクルージング(8)

34.ハネムーンクルージング(完)

35.パート開始

36.パートをし始めてから

37.楽しい事がなくなっていく。



Ⅱ.鬱との闘い


38.新しい病院

39.一言日記

40.パートを辞めることを決めて。
41.不眠。

42.うつ。

43.模索
44.妻とのやりとり

45.治療院

46.最初で最後の結婚記念日

47.治療院、その後

48.心療内科

49.その後の日常

50.ラブソファー

51.利他の原則

52.答え。

53.二度と取り消せない言葉

54.最後の5日間(一日目)

55.最後の5日間(二日目)

56.最後の5日間(三日目)

57.最後の5日間(四日目)

58.最後の5日間(五日目)



Ⅲ.自死遺族


59.連絡

60.病院

61.現場

62.アパート

63.暗証番号

64.対面

65.遺書

66.涙の対面

67.安置室

68.会葬礼状

69.怒り・不安

70.お通夜

71.告別式

72.火葬

73.骨上げ~初七日。

74.自死遺族~葬儀から数日



テーマ:

前にも書きましたが、最近は以前のようにテレビ番組や映画を見れるようになりました。



でも映画館には行けていないので、最近は映画はもっぱらwowowです。




wowowで「100人の映画通が選んだ”発掘良品」という、TSUTAYAとコラボした番組があります。


http://www.wowow.co.jp/movie/hakkutsu/


映画通でも知られる俳優の斉藤工さんが、映画の最初と最後に映画について語ります。

分かりやすいし、斎藤さんの映画を観る視点は面白いです。


先日見た「トト・ザ・ヒーロー」という映画ですが、妻と死別した私にとって、とても心に残る映画でした。

既に2回見ました^^;



*注 ネタバレ含む。



主人公の老人トマは「何もない人生だった」と終始言っています。


大好きな家族であるパパと姉を亡くし、自分が不幸なのは幼馴染のアルフレッドのせい、と恨みと死別の悲しみに囚われた人生を老人になるまで送りました。


映画は少年期、青年期を回想しますが、「何もない人生」などではありません。


一番幸せだった少年期のシーンが心に残ります。

http://www.youtube.com/watch?v=0G8jZKqrwyk

このシーンのシャンソンの名曲「Boum」は重要なシーンで何度か流れますが、この映画を観た後はシーンとともに強烈に耳に残っています。



幼馴染のアルフレッドを恨んで老人になるまで人生を送りますが、人生を終えようとする前に自分が幸せだったこともあった事に気づきます。


この内容は今の自分にもとても当てはまっていて、考えさせられました。


私は今は悲しみが大きすぎますが、妻と過ごした時間は本当に幸せだった。

それは今の自分の状態を悲しいと思っていても、幸せだった事実はなんら変わりません。



並みの映画ならここらで終わりでしょうが、この映画はここからが凄かったです。




主人公は亡くなった後、棺に入れられ霊柩車で運ばれます。


この状態で、まだ主人公のナレーションは続きます。


「シボレーに憧れてた。ようやく乗れた!(でも霊柩車のこと)」


その後火葬場で焼かれ、完全に遺灰になって袋に入れられますが、主人公はとても楽しそうに笑っています。


ヨーロッパではよくある埋葬の一つでしょうか?遺灰をセスナで上空からばらまきます。


「パパ!空を飛んでるぞ!」

大好きだったパパはセスナのパイロットだったので、大はしゃぎの声です。



遺灰となった主人公は空からまかれ、森や畑、大地、そして恨んでいた幼馴染アルフレッドにも降り注ぎます。

「 おーい!アルフレッド!僕だよ!ここだよ!」

心の底からの笑い声です。


もはや恨みなど一切なく、魂が解放されたような大笑いで満ち溢れて、子供の時に大好きなパパがピアノで弾いて歌ってくれた曲「Boum」が流れつつ映画は終わります。



もっと早く気が付けば、生きている内に全てかなえられた事じゃなかったのか?

でも最後にかなえられたからよかったのかな?


切なくて哀しくて、ハッピーエンドなラストでした。



あみちゃんもあんな風に魂が解放されていたら、俺はもう思い残すことはないかも知れない。


そんな事を映画のラストで考えてしまって、涙が止まりませんでした。






AD
いいね!した人  |  コメント(6)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

[PR]気になるキーワード