いつかまた君と会う日のため(自殺・自死遺族ブログ)

2013年12月、最愛の妻をうつ病による自死で亡くしました。
結婚して1年1ヶ月、あまりにも短すぎました。
体に障害があったけど、懸命に生きていた妻。
妻の事を忘れない為、初めてブログを書きます。

メッセージボードに妻との出会いから、自死遺族になるまでの出来事をまとめました。

下記の題名をクリックすると、直接記事のページが開きます。


最新記事、その他の記事は記事一覧よりご覧ください。


Ⅰ.妻との思い出


1.妻と出会った頃の事(1)

2.妻と出会った頃の事②

3.妻と出会った頃のこと(3)

4.妻と障害

5.妻からもらった結婚を決めた一言。

6.勝利の女神(1)

7.勝利の女神(2)

8.勝利の女神(3)
8.思い出(アウトドア)

9.思い出(続・アウトドア)

10.花火のこと

11.最高の笑顔

12.テーマパーク

13.彼女の夢は

14.彼女の誕生日に

15.ごあいさつ

16.友達へのお披露目

17.結婚式の想い出 1

18.結婚式の思い出2

19.結婚式の思いで3

20.次の日

21.謎の一人暮らし

22.妻へのサプライズ

23.お披露目会(1)

24.お披露目会(2)

25.ハネムーン計画

26.ハネムーンクルージング(1)

27.ハネムーンクルージング(2)

28.ハネムーンクルージング(3)

29.ハネムーンクルージング(4)

30.ハネムーンクルージング(5)
31.ハネムーンクルージング(6)

32.ハネムーンクルージング(7)

33.ハネムーンクルージング(8)

34.ハネムーンクルージング(完)

35.パート開始

36.パートをし始めてから

37.楽しい事がなくなっていく。



Ⅱ.鬱との闘い


38.新しい病院

39.一言日記

40.パートを辞めることを決めて。
41.不眠。

42.うつ。

43.模索
44.妻とのやりとり

45.治療院

46.最初で最後の結婚記念日

47.治療院、その後

48.心療内科

49.その後の日常

50.ラブソファー

51.利他の原則

52.答え。

53.二度と取り消せない言葉

54.最後の5日間(一日目)

55.最後の5日間(二日目)

56.最後の5日間(三日目)

57.最後の5日間(四日目)

58.最後の5日間(五日目)



Ⅲ.自死遺族


59.連絡

60.病院

61.現場

62.アパート

63.暗証番号

64.対面

65.遺書

66.涙の対面

67.安置室

68.会葬礼状

69.怒り・不安

70.お通夜

71.告別式

72.火葬

73.骨上げ~初七日。

74.自死遺族~葬儀から数日



テーマ:

◎初めて当ブログへいらっしゃった方

僕と妻とのまとめは⇒こちら

 

 

 

 

 

今月は、妻と死別して2年半です。

 

 

ブログでも、前に少し書いたような気もしますが4月に会社設立しました。

 

設立といってもまだ売り上げなどを上げている訳でなく、未だ準備段階です。

 

ですが、少しづつ準備も整いつつあるので、これまでの経緯を少し書いて行こうと思います。

 

 

個人事業にせず、わざわざ株式会社にしたのは扱う製品の特性上です。

 

 

トレーサビリティ(製造から販売、廃棄までの製品情報の後追い)が出来ないと、信用に関わるからです。

 

 

僕は死別後から2週間くらいで、このブログを書き始めました。

 

生き地獄ともいえる感情の中にあって、その中でもどうしても書き残しておきたかったのです。

 

妻が生きた証をです。

 

自死で亡くなった時の事を先に書くより、僕が妻と出会った時の頃からを順番に書いて行きました。

 

障害はあったけど、明るくていつも笑っていた彼女。

 

「自殺」という一言で、「人生から逃げた」とか「不名誉な死」などと決して思われたくない。

 

どこにでもいるカップルで、新婚の自分たちでも少しづつ歯車が狂いだして、突然闇に放り込まれることがある。

 

本来の彼女は決して自殺するような人ではなく、最後は自死で亡くなってしまったけど沢山笑って、喜んで、泣いて、人生を生きた!

 

そんな彼女の生きた証を、まだ記憶が鮮明なうちにどうしても残しておきたかったのです。

 

最初の1年は仕事を終え、一人家に帰ってからずっと妻と僕との事を思い出しながら書いていました。

 

彼女の人となりを中心に書き、写真なども見返し、そしてブログにも彼女の笑顔を中心に載せる。

 

幸せだった日々をかなり詳細に書いていたので、毎日嗚咽し号泣しながらブログを綴る日々でした。

 

 

自死遺族に限らず、死別で遺された方はこう思う方が多いと思います。

 

 

「少し時間が経つと、まるで亡き人の事が忘れられていくように毎日が過ぎていく」

 

自分にとってブログはそれを少しでも遅らせるための手段の一つでしたが、こちらとしてはそんな事では物足りません。

 

次の段階に入ろう、と以前から考えていました。

 

実生活でも妻の思いと関わりを持つことです。

 

それを僕は仕事を通じてやろうと思いました。

 

 

もちろん今自分がやっている会社とは全く別です。

 

何の仕事をやろう、という前に会社の名前だけはずーっと考えていました。

 

いくつも候補を上げて、考え抜いて決めた名前です。

 

 

そして会社は「スマイル&グッド株式会社」という名前にしました。

 

 

『笑顔と健康』という意味を込めて付けた名前ですが、彼女への想いが詰まった名前です。

 

 

妻に対しては「笑顔」のイメージが強いです。

 

そして日本語読みにすると、彼女の名前が入っています。

 

グッドのほうは、日本語読みだと僕の名前が入っています。

 

つまりは妻と僕の会社と言う訳です。

 

資本金も妻の遺産と、僕の貯金半々で立ち上げました。

 

 

あまり前面に出さずに、自分だけが分かるようになっていますけどね^-^

 

僕が会社の名前を見たり、言ったりする時、妻の笑顔を思いだす。

 

抜群の仕掛けです^^

 

 

大好きなヴィクトール・フランクルの言葉で「人生に意味を問うべきではない。人生から問われているのはむしろ自分のほうだ」という言葉があります。

 

 

なぜ障害があって、ようやく幸せをつかんだ彼女が鬱になり、自死しなければならないのか。

 

なぜ、よその人達ではなく新婚の自分たちにそんな事がおきるのか。

 

世の中にはもっと悪い連中は沢山いるのに。

 

一体妻の人生、自分の人生は何だったのだ!

 

 

最初はそんな事ばかり考えていましたが、1年半くらい前にこの言葉に出会ってからは少し考え方が変わりました。

 

あっ、こっちが逆に問われてるのか、、。

 

 

妻が世間から忘れられてしまう、、、。辛くて寂しくて苦しい。

 

へぇーーー、そう。

だったらお前はどうする?

 

そんな風に人生から問われている。

 

じゃあ忘れられないように、こっちから仕掛けていくしかないよね。

 

 

こっそりと社名に思いを込めたのは、そんな考えからです。

 

 

<続きます>

 

 

 

 

ツイッターはじめました。


よければフォローして下さいね^^↓

https://twitter.com/TwitteYoshi

 


*コメントの受付を、アメブロ以外からも+承認後に公開に変更しました。

 

 

 

 

 

 
にほんブログ村

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。