いつかまた君と会う日のため(自殺・自死遺族ブログ)

2013年12月、最愛の妻をうつ病による自死で亡くしました。
結婚して1年1ヶ月、あまりにも短すぎました。
体に障害があったけど、懸命に生きていた妻。
妻の事を忘れない為、初めてブログを書きます。

メッセージボードに妻との出会いから、自死遺族になるまでの出来事をまとめました。

下記の題名をクリックすると、直接記事のページが開きます。


最新記事、その他の記事は記事一覧よりご覧ください。


Ⅰ.妻との思い出


1.妻と出会った頃の事(1)

2.妻と出会った頃の事②

3.妻と出会った頃のこと(3)

4.妻と障害

5.妻からもらった結婚を決めた一言。

6.勝利の女神(1)

7.勝利の女神(2)

8.勝利の女神(3)
8.思い出(アウトドア)

9.思い出(続・アウトドア)

10.花火のこと

11.最高の笑顔

12.テーマパーク

13.彼女の夢は

14.彼女の誕生日に

15.ごあいさつ

16.友達へのお披露目

17.結婚式の想い出 1

18.結婚式の思い出2

19.結婚式の思いで3

20.次の日

21.謎の一人暮らし

22.妻へのサプライズ

23.お披露目会(1)

24.お披露目会(2)

25.ハネムーン計画

26.ハネムーンクルージング(1)

27.ハネムーンクルージング(2)

28.ハネムーンクルージング(3)

29.ハネムーンクルージング(4)

30.ハネムーンクルージング(5)
31.ハネムーンクルージング(6)

32.ハネムーンクルージング(7)

33.ハネムーンクルージング(8)

34.ハネムーンクルージング(完)

35.パート開始

36.パートをし始めてから

37.楽しい事がなくなっていく。



Ⅱ.鬱との闘い


38.新しい病院

39.一言日記

40.パートを辞めることを決めて。
41.不眠。

42.うつ。

43.模索
44.妻とのやりとり

45.治療院

46.最初で最後の結婚記念日

47.治療院、その後

48.心療内科

49.その後の日常

50.ラブソファー

51.利他の原則

52.答え。

53.二度と取り消せない言葉

54.最後の5日間(一日目)

55.最後の5日間(二日目)

56.最後の5日間(三日目)

57.最後の5日間(四日目)

58.最後の5日間(五日目)



Ⅲ.自死遺族


59.連絡

60.病院

61.現場

62.アパート

63.暗証番号

64.対面

65.遺書

66.涙の対面

67.安置室

68.会葬礼状

69.怒り・不安

70.お通夜

71.告別式

72.火葬

73.骨上げ~初七日。

74.自死遺族~葬儀から数日


NEW !
テーマ:

一度卒業しましたが、前回の記事から何気に復活しちゃっています^^;


ブログを訪れてくれた方々が自分の予想とは違い、「死」を考えている方々が圧倒的に多い事。



私は妻を止めることが出来なかった人間です。


こんな自分に出来ることなどない。



そんな思いもどこかあり、一度このブログから離れていました。




前にもブログで書いたことがあるんですが、たまたま今受けているセミナーがビジネスと心理学を一緒にしたような内容で、いつの間にかその心理学の部分で精神的にかなり救われています。



今回書く内容は、うつで苦しんでいる方向けではなく自死遺族や大切な方を亡くされた方々向け(しかも回復段階にある人たち)かもしれません。


不快だと思う方は、スルーしてくれて結構です。




「7つの習慣」という本をご存知の方も多いともいます。

7つの習慣-成功には原則があった!/スティーブン・R. コヴィー
¥2,097
Amazon.co.jp




この本を読むのは3回目です。


最初に読んだのは、まだ妻が生きていた時。


休日に私が「7つの習慣」を読んでいると、妻が「よくそんな分厚い本が読めるね。私なら眠くなっちゃうよ。」と言っていたことを思い出します。


500ページくらいあるので、中々の厚さです。



分かった事は、妻の生前と、妻亡きあとこの本を読んだ感想が全く違うという事です。



前の二回は本質的には理解していなかったのだな、思います。






自死遺族の方に限らず、愛する人と死別された方達も考えると思います。

自分が生きている意味や、何が本当に大事なのかという事。




その事も本に書かれていました。全然気が付きませんでした。



現代社会では、主に左脳的な考えが重要視されていてると言われています。



左脳の論理的、数値的理論が王座を占め、右脳の感情性、直観性側面が2の次にされてしまいがちです。



以下、本の引用です。



『思わぬ出来事や災害などにより、大きなショックを受け、左脳の思考過程が麻痺し右脳で考え始めることがある。

それは愛する人との死別、 重病や金銭的トラブル、あるいはその他の試練により、私たちは一歩身を引いて自分の人生を見つめそして人生の最も重要な質問を自分に投げかけるからである。

「何が本当に大事なのだろうか」  「なぜ今これをしているのだろうか」

などの問いかけである。』



私は妻亡きあと、この問いかけを中心に考えて生きています。




ビクター・フランクルという方をご存知でしょうか?


夜と霧――ドイツ強制収容所の体験記録/V.E.フランクル
¥1,944
Amazon.co.jp



「7つの習慣」」にもかなり引用され、心理学系の自己啓発本には数多く引用されている人物です。



ビクター・フランクルはユダヤ人の心理学者で精神科医です。



戦時中にナチスの強制収容所に送られ、彼の両親、兄弟、妻は収容所で病死したりガス室に送られ亡くなりました。


彼自身も激しい拷問を受けます。


ある日、裸にされ小さな独房に監禁されるのですが、そこで大きな発見をしました。



収容所の看守たちは、確かに彼のおかれた環境をコントロールでき、彼の身体を思うがままにできました。


しかし、ビクター・フランクル自身は、自分の状況を客観的に観察できる人間でした。


拷問や屈辱に耐えかねる状況下で、自分はどう影響されるかを自分で選択できたそうです。


外部から受けた刺激に対し、それに対する彼の反応の間に、反応を選択する自由、すなわちその反応を選択する能力が存在することを発見したのです。



その反応だけは、看守も脅かすことのできない彼だけの自由です。



だから拷問を受けている間、彼は収容所から解放され、大学で講義をしている場面を想像したり、拷問で受けた際に学んだ教訓を生徒たちに説明している状況を思い描いていたそうでです。


そうやってどんどん自分の中の小さな自由を大きく育てることにより、ナチスの看守達より大きな自由(選択できる内的な能力)も持つようになりました。


そして彼はナチスの看守を含めた、周りの人達の大きな模範となって、収容所のなかで生きがいを与える存在になりました。


苦しみの中にも生きる意味や、人間としても威厳を保てる事ができました。




これほど衝撃的な体験ではないでしょうが、学ぶべき点は沢山ありました。



普通に生活していれば、幸せそうな家族、そして周りの人達との温度差や、自分が社会から置いて行かれている感覚になる事があると思います。


自死遺族となって、心無い言葉を投げかけられたり、周りから「好奇の目」に晒されている。

そう思っていました。



でもそういった外からの刺激で受ける私の反応は「自分がそう思うように選択しているのだ」と言う事が、私には分かりました。

最近になって、ようやくですけどね^^;




最後にビクター・フランクルの言葉を引用します。


『終極においては、人は人生の意味は何であるかを問うべきではない。

むしろ自分が人生に問われていると理解するべきである。

一言で言えば、全ての人は人生に問われているのだ。

自分の人生の責任を引き受けることでしか、その問いかけに答えることはできない。』







にほんブログ村
にほんブログ村

AD
いいね!した人

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇