いつかまた君と会う日のため(自殺・自死遺族ブログ)

2013年12月、最愛の妻をうつ病による自死で亡くしました。
結婚して1年1ヶ月、あまりにも短すぎました。
体に障害があったけど、懸命に生きていた妻。
妻の事を忘れない為、初めてブログを書きます。

メッセージボードに妻との出会いから、自死遺族になるまでの出来事をまとめました。

下記の題名をクリックすると、直接記事のページが開きます。


最新記事、その他の記事は記事一覧よりご覧ください。


Ⅰ.妻との思い出


1.妻と出会った頃の事(1)

2.妻と出会った頃の事②

3.妻と出会った頃のこと(3)

4.妻と障害

5.妻からもらった結婚を決めた一言。

6.勝利の女神(1)

7.勝利の女神(2)

8.勝利の女神(3)
8.思い出(アウトドア)

9.思い出(続・アウトドア)

10.花火のこと

11.最高の笑顔

12.テーマパーク

13.彼女の夢は

14.彼女の誕生日に

15.ごあいさつ

16.友達へのお披露目

17.結婚式の想い出 1

18.結婚式の思い出2

19.結婚式の思いで3

20.次の日

21.謎の一人暮らし

22.妻へのサプライズ

23.お披露目会(1)

24.お披露目会(2)

25.ハネムーン計画

26.ハネムーンクルージング(1)

27.ハネムーンクルージング(2)

28.ハネムーンクルージング(3)

29.ハネムーンクルージング(4)

30.ハネムーンクルージング(5)
31.ハネムーンクルージング(6)

32.ハネムーンクルージング(7)

33.ハネムーンクルージング(8)

34.ハネムーンクルージング(完)

35.パート開始

36.パートをし始めてから

37.楽しい事がなくなっていく。



Ⅱ.鬱との闘い


38.新しい病院

39.一言日記

40.パートを辞めることを決めて。
41.不眠。

42.うつ。

43.模索
44.妻とのやりとり

45.治療院

46.最初で最後の結婚記念日

47.治療院、その後

48.心療内科

49.その後の日常

50.ラブソファー

51.利他の原則

52.答え。

53.二度と取り消せない言葉

54.最後の5日間(一日目)

55.最後の5日間(二日目)

56.最後の5日間(三日目)

57.最後の5日間(四日目)

58.最後の5日間(五日目)



Ⅲ.自死遺族


59.連絡

60.病院

61.現場

62.アパート

63.暗証番号

64.対面

65.遺書

66.涙の対面

67.安置室

68.会葬礼状

69.怒り・不安

70.お通夜

71.告別式

72.火葬

73.骨上げ~初七日。

74.自死遺族~葬儀から数日



テーマ:

◎初めて当ブログへいらっしゃった方

僕と妻とのまとめは⇒こちら

 

 

 

皆様、こんばんは。

 

 

以前ブログでこんな記事を書きました。

 

意志力=MP?↓

http://ameblo.jp/loveemichan/entry-12133444366.html

 

人間の意志力はドラクエのMPのように限界があって、色々な場面で消耗していているという事。

意志力が切れた時には、全く動けなくなったり本能のまま動いてしまったり。

 

 

今ちょうど読んでいる心理学系の本ですが、その仕組みをかなり詳しく書いています。

 

 

 

以下、本の冒頭の部分を少しまとめました。

 

『心理学の一般的な見解によると、脳ではつねに2つのシステムが独立して働いている。

一つ目は「感情」、苦痛や快楽を感じる人間の本能的な部分。

2つ目は「理性」、じっくりと考え、分析を行い、未来に目を向ける部分。

 

心理学者ジョナサン・ハイトは、私たちの感情は「象」であり、理性は「象使い」だと述べている。

 

象にまたがって手綱をつかむ象使いは、一見するとリーダーに見える。

しかし、象使いの制御は不安定だ。

象使いは象と比べればはるかに小さいからだ。

体重6トンの象と象使いが進む方向でもめれば、負けるのは象使いだ。

象使いには全く勝ち目がないのだ。

私たちの象、つまり感情や本能の弱点は明らかだ。

怠け者で、気まぐれで、長期的な報酬(痩せること)よりも短期的な報酬(アイスクリーム)に目を奪われてしまう。

 

目の前の満足を求める象の欲求は、象使いの強みとは正反対だ。

象使いの強みとは、長期的に考え、計画を練り、先を見据える事だ。

 

しかし象には大きな強みがある。それは豊かな感情だ。

愛、思いやり、共感、忠誠心、子供を危害から守らなければという強い衝動。

自分を守ろうとする時の背筋が引き締まる感覚。

そして更に重要なのは、変化をおこそうとしている時、それを実行に移すのは象だという事だ。

目標に向かって突き進むには、象のエネルギーと勢いが必要だ。

そしてこの強みとは対照的なのが、象使いの大きな弱みだ。

 

象使いは頭を空回りさせてしまう。物事を分析しすぎたり考えすぎたりする傾向があるのだ。

やる気のない象と頭を空回りさせる象使いがコンビを組んでも、何も変わらない。

 

象使いと象が進む方向でもめれば、問題が生まれる。

手綱を強く引っ張り、象を無理やり従わせればいいからだ(意志力を使う時には、まさにそうしている)。

しかし、相手は巨大な動物だ。象使いはいつまでも綱引きで勝ってはいられない。

いつか力尽きてしまうからだ。

 

私たちはあらゆる状況でセルフコントロールを消耗している。

自分の印象を取り繕っている時、恐怖と戦っている時。

 

ある研究では悲しい映画を観る時、感情を抑えるよう指示された被験者は、自由に涙を流した被験者に比べ、その後の身体持久力が低下することが分かった。

 

セルフコントロールを消耗している時、人々がすり減らしているのは心の筋肉だ。

これは発想豊かに考えたり、集中したり、衝動を抑えたり、ストレスや失敗に耐え抜いたりするのに必要なものだ。

したがって、怠け者で頑固だから変わるのが難しいというのは、完全に間違っている。

実際にはその逆だ。

変わるのが難しいのは、体力を消耗しているからだ、

怠けているように見えても、実は疲れ切っている場合が多いのだ。』

 

特に死別後に関しては、意図せずとも本当に消耗しました。

 

頭の中は「自責の念」で渦巻いて、答えのないものを延々と考え続け、象使いは消耗してすぐ動けなくなっていました。

それに加え仕事では悲しみ苦しみを押し殺し、表情を取り繕う。

 

そりゃ象の思うまま、ぐったりと動けなくなったり、酒に走ったり、後追いの衝動を抑えきれなくなったりしますよね、、、。

しかも象使いは消耗して動けないので、象がその時感じてる感情(マイナスな感情)しかなくて、これから生きて行こうとする発想なんか出てこない。

 

まあ、仕方ないですけどね。

 

自死遺族に限らず、死別後すぐそんなに冷静でいられる人を僕は知りません。

 

今、2年半たって少しづつ動けるようになってきた気がしますが、本に書いてある内容を知らない内に実践していたような気もします。

 

みなさんも、意識せず実践している人もいると思います。

 

それは「ブライトスポット」(一筋の光明)を探すことです。

 

<続きます>

 

 

ツイッターはじめました。


よければフォローして下さいね^^↓

https://twitter.com/TwitteYoshi

 

 

 

にほんブログ村

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。