いつかまた君と会う日のため(自殺・自死遺族ブログ)

2013年12月、最愛の妻をうつ病による自死で亡くしました。
結婚して1年1ヶ月、あまりにも短すぎました。
体に障害があったけど、懸命に生きていた妻。
妻の事を忘れない為、初めてブログを書きます。

メッセージボードに妻との出会いから、自死遺族になるまでの出来事をまとめました。

下記の題名をクリックすると、直接記事のページが開きます。


最新記事、その他の記事は記事一覧よりご覧ください。


Ⅰ.妻との思い出


1.妻と出会った頃の事(1)

2.妻と出会った頃の事②

3.妻と出会った頃のこと(3)

4.妻と障害

5.妻からもらった結婚を決めた一言。

6.勝利の女神(1)

7.勝利の女神(2)

8.勝利の女神(3)
8.思い出(アウトドア)

9.思い出(続・アウトドア)

10.花火のこと

11.最高の笑顔

12.テーマパーク

13.彼女の夢は

14.彼女の誕生日に

15.ごあいさつ

16.友達へのお披露目

17.結婚式の想い出 1

18.結婚式の思い出2

19.結婚式の思いで3

20.次の日

21.謎の一人暮らし

22.妻へのサプライズ

23.お披露目会(1)

24.お披露目会(2)

25.ハネムーン計画

26.ハネムーンクルージング(1)

27.ハネムーンクルージング(2)

28.ハネムーンクルージング(3)

29.ハネムーンクルージング(4)

30.ハネムーンクルージング(5)
31.ハネムーンクルージング(6)

32.ハネムーンクルージング(7)

33.ハネムーンクルージング(8)

34.ハネムーンクルージング(完)

35.パート開始

36.パートをし始めてから

37.楽しい事がなくなっていく。



Ⅱ.鬱との闘い


38.新しい病院

39.一言日記

40.パートを辞めることを決めて。
41.不眠。

42.うつ。

43.模索
44.妻とのやりとり

45.治療院

46.最初で最後の結婚記念日

47.治療院、その後

48.心療内科

49.その後の日常

50.ラブソファー

51.利他の原則

52.答え。

53.二度と取り消せない言葉

54.最後の5日間(一日目)

55.最後の5日間(二日目)

56.最後の5日間(三日目)

57.最後の5日間(四日目)

58.最後の5日間(五日目)



Ⅲ.自死遺族


59.連絡

60.病院

61.現場

62.アパート

63.暗証番号

64.対面

65.遺書

66.涙の対面

67.安置室

68.会葬礼状

69.怒り・不安

70.お通夜

71.告別式

72.火葬

73.骨上げ~初七日。

74.自死遺族~葬儀から数日


NEW !
テーマ:

先週末から3日間。



初めて行ってきましたよ。









「長崎ハウステンボス」です。




今期は会社が黒字で決算を終えると分かったので、法人税で取られる前に、僕が社員旅行を企画しました。


社員旅行は経費で落とせるので^-^




社員旅行と言っても、社員もいますが、うちの会社はほぼ家族経営なので家族旅行に近いです^^;




こういう時は、社員の家族である義妹や甥っ子達、うちの母なども呼びます。


以前はパートさんのお子さんも連れて行ったものですが、もう大きくなったので来なくなりましたね。


寂しいものです。





名古屋から福岡空港まで飛行機で行き、そこから10人乗りのレンタカーを借り、2時間のドライブでハウステンボスに到着します。



運転手はもちろん僕ですよ。







初めて行きましたが、とっても良かったです。




僕の住んでいる地方では「スペイン村」というテーマパークがありますが、ハウステンボスは本気度が違いますね。(スペイン村も悪くはないですよ^^)




園内も園内バス・園内タクシー・船などが充実していて、杖歩行の父にとっても、負担が少なくとても助かりました。


(USJの時は、夜には力尽きていたので、、。)




以前ブログで書いた、歩行支援機「アクシブ」も装着していきました。


http://ameblo.jp/loveemichan/entry-11946349496.html





特に階段は足が上がりにくいので、バネの強度をスイッチで強くして階段を上がっていましたよ。




今回宿泊したホテルは、園内にある「ホテル アムステルダム」です。


(写真はハウステンボスHPよりお借りしました)


このホテルは入り口に園内バスも停まるので、移動にもとても便利です。





初日は夕方に到着しましたが、夏休み最後の土曜日ということもあり、沢山の人が訪れていました。




そして夜には花火が上がりましたが、すぐ終わるかなと思っていましたが、本格的な花火大会に近いですよね。







20~30分くらいやっていたと思います。



見物客も、とても多かったですよ。





そして花火が終われば、その後は大人の時間です。



弟家族や甥っ子達には「ここからは大人の時間だから、別行動で。」



と言う事で、分かれて行動しました。




父、相談役、僕の3人です。




その3人で、今回これは見たいと思って、事前に調べていた場所に向かいました。




「ホテルヨーロッパ」という、園内で一番大きくてそして高いホテルです^-^


(写真はハウステンボスHPよりお借りしました)




そのホテルのラウンジで、夜な夜な行われる「ナイトコンサート」



グラスワインを傾けながら、目の前で行われるライブを体験する。



普段はクラッシックは聞くこともないのですが、、。


しかし旅行では普段はしない「非日常」を体験しなければ、行った意味がありません。







・ハンガリー出身のクラッシクのアンサンブル

・ウクライナ出身のソプラノ&テノール歌手


この二組のコンサートでした。




しかし、間近で聞くテノール歌手の声量は凄いですよね。




目の前のガラスなら、声だけで粉砕できそうなくらいの迫力です。




まわりの雰囲気もありますが、本当に海外のホテルに来ているような錯覚になり、コンサートにもとても魅了されました。



そして、最後の曲になりました。





もうピアノ演奏でイントロが流れた瞬間に、僕の頭の中は完全に過去に戻りました。




「Time to Say Goodbye」


https://www.youtube.com/watch?v=BR7EaHbPe54




仕方がないんですよね。


ヨーロッパのソプラノ&テノール歌手が歌うのなら、当然入ってもおかしくない曲です。





妻と二人でハネームーンで行ったエーゲ海クルージングで、同じようにこの曲を船の中でのコンサートで聴きました。


http://ameblo.jp/loveemichan/entry-11856886166.html




そんな昔の話でもなく、たった2年半前のハネムーンの思い出です。




今ではハネムーンの思いでは、僕の中では宝石みたいにキラキラ輝いています。




あっという間に、目には涙がたまっていくのが分かります。





「なんであみちゃんは、ここにいないんだ!」





1年前なら号泣でしょう。



でも、今は静かに涙を流すくらいで収まっています。





このときは、涙が落ちる寸前で止まっていました。




最近不意にこういう場面に合う事があります。





でもそういう時、妻は僕の隣にいてくれている気がします。




僕の隣にいて、泣きそうになっている所に優しく肩に手を置いてくれて、微笑んでくれている。



「大丈夫だよ。」



そう言ってくれている気がします。



僕も自分の肩に手を置いて、妻と手を重ねあわせる。



そうやって、当時に思いをはせました。



そして最後には微笑んでいました。




今回も「泣き笑い」の出来事に入れさせて頂きます^-^





にほんブログ村

AD
いいね!した人  |  コメント(2)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇