いつかまた君と会う日のため(自殺・自死遺族ブログ)

2013年12月、最愛の妻をうつ病による自死で亡くしました。
結婚して1年1ヶ月、あまりにも短すぎました。
体に障害があったけど、懸命に生きていた妻。
妻の事を忘れない為、初めてブログを書きます。

メッセージボードに妻との出会いから、自死遺族になるまでの出来事をまとめました。

下記の題名をクリックすると、直接記事のページが開きます。


最新記事、その他の記事は記事一覧よりご覧ください。


Ⅰ.妻との思い出


1.妻と出会った頃の事(1)

2.妻と出会った頃の事②

3.妻と出会った頃のこと(3)

4.妻と障害

5.妻からもらった結婚を決めた一言。

6.勝利の女神(1)

7.勝利の女神(2)

8.勝利の女神(3)
8.思い出(アウトドア)

9.思い出(続・アウトドア)

10.花火のこと

11.最高の笑顔

12.テーマパーク

13.彼女の夢は

14.彼女の誕生日に

15.ごあいさつ

16.友達へのお披露目

17.結婚式の想い出 1

18.結婚式の思い出2

19.結婚式の思いで3

20.次の日

21.謎の一人暮らし

22.妻へのサプライズ

23.お披露目会(1)

24.お披露目会(2)

25.ハネムーン計画

26.ハネムーンクルージング(1)

27.ハネムーンクルージング(2)

28.ハネムーンクルージング(3)

29.ハネムーンクルージング(4)

30.ハネムーンクルージング(5)
31.ハネムーンクルージング(6)

32.ハネムーンクルージング(7)

33.ハネムーンクルージング(8)

34.ハネムーンクルージング(完)

35.パート開始

36.パートをし始めてから

37.楽しい事がなくなっていく。



Ⅱ.鬱との闘い


38.新しい病院

39.一言日記

40.パートを辞めることを決めて。
41.不眠。

42.うつ。

43.模索
44.妻とのやりとり

45.治療院

46.最初で最後の結婚記念日

47.治療院、その後

48.心療内科

49.その後の日常

50.ラブソファー

51.利他の原則

52.答え。

53.二度と取り消せない言葉

54.最後の5日間(一日目)

55.最後の5日間(二日目)

56.最後の5日間(三日目)

57.最後の5日間(四日目)

58.最後の5日間(五日目)



Ⅲ.自死遺族


59.連絡

60.病院

61.現場

62.アパート

63.暗証番号

64.対面

65.遺書

66.涙の対面

67.安置室

68.会葬礼状

69.怒り・不安

70.お通夜

71.告別式

72.火葬

73.骨上げ~初七日。

74.自死遺族~葬儀から数日



テーマ:

◎初めて当ブログへいらっしゃった方

僕と妻とのまとめは⇒こちら

 

 

土日は名古屋でも雪が降りました。

 

 

土曜は寒すぎて家に籠っていましたが、休みの日に2日連続で家にいると、経験上気分が落ち込むことは分かっています。

 

ですので、日曜は出かけてきましたよ。

 

東京に続き、名古屋でも開催が始まった「ゴッホとゴーギャン」展です。

 

 

 

2大巨匠の絵画をこれだけの点数見たのは初めてです。

 

ゴッホの厚塗りで表現してある絵画は、実物を間近に見ると立体的に迫ってくるような印象を受けます。

 

色彩も表現も、頭の中の印象に「グッ!」と押し込まれる感覚です。

 

 

ゴッホもゴーギャンもお互いの作品をリスペクトしていたものの、共同生活はうまくいかず、ゴッホの耳切り事件を機に、わずか数週間で終わりを告げます。

 

根本的に感性が真逆のようで、実際の生活は全くうまくいかなかったようですね。

 

もともとゴッホからのラブコールが強かったようですね。

 

その後会う事は無くなったものの手紙のやり取りは続けていて、ゴッホは騒ぎを起こして猛省している手紙をおくったり、ゴーギャンは「また展覧会をやろう」という内容の手紙を送ったり、完全に仲違いした感じではありません。

 

ゴーギャンは「ゴッホは精神的な病から」そのような行動を起こしたと、分かっていたのだと思います。

 

その後ゴッホは拳銃自殺をしてしまいますが、ゴーギャンは「病から解き放たれた」と言うような事を言ったそうで、それほど悲しんではいないようでした。

 

音声ガイダンスでそのように言ってましたが、事実なのでしょうか。

 

ゴッホは多くの作品を残して、後世の人達を魅了し続けています。

 

「自死」という一点だけで、ゴッホを見る人はいないと思います。

 

僕も自死遺族として悲しみはとても大きいですが、「自死」というただ一点だけで、妻の事を見てほしくないと常々思っています。

 

 

 

ゴッホの死後11年たって、晩年のゴーギャンはひまわりの絵を書きます。

 

左がゴーギャンの「肘掛け椅子のひまわり」

右がゴッホの「ゴーギャンの椅子」です。

 

ゴーギャンは都会の喧騒を離れ、タヒチで暮らしていたのですが、友人に頼んでわざわざヨーロッパからひまわりの種を送ってもらったそうです。

 

そのひまわりを育て描いた作品ですが、亡きゴッホを思って描いたのは紛れもないですね。

 

しおれたヒマワリが物悲しくも感じますが、ゴーギャンも自分の死期が分かっていたのかな。

 

一見切ないですが外の風景は大自然の中を逞しく生き、海に入る原住民を描いていて、そこには悲壮感はありません。

 

 

ゴッホもゴーギャンも亡くなってから評価が上がり、裕福さとは縁がなく余裕のない生活ずっと続けていたようですが、幸せだったのか?というより絵を描かないという生活は耐えられなかったんじゃないかと思います。

 

ピカソは裕福に暮らしましたが、ある程度プロデュース力がないと画家は難しいですよね。

 

僕の叔父も画家で、日展に何度も入選して評議員もしていましたが、絵では生活できていません。

 

ほとんど叔母の収入で生活していると思います。

 

でも叔母は絵を描いている叔父が好きだそうなので、それはそれで満たされていますね。

 

 

日曜の午前中から色々な人生を考えさせられましたが、、。

 

 

 

ここからは「鍋フェス」ですよ!

 

 

美術館の近くで、鍋フェスを開催中でした。

 

目的の半分はこちらです。

 

花より団子ですよね^-^

 

 

 

 

最初のビールで寒くなりましたが、その後は熱燗と焼酎のお湯割りを売っている屋台を見つけ、酒を飲みつつ食べ歩きしてました。

 

 

寒かったですが、昼間から熱燗を片手にふらついても誰にも文句を言われないのはいいですね。

 

寒さが鍋もお酒も美味しくさせます。

 

 

心もお腹も満たされました。

 

 

 

「メンタルクリア」はこちらをクリック。

不眠 サプリ

 

 

 
にほんブログ村

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。