いつかまた君と会う日のため(自殺・自死遺族ブログ)

2013年12月、最愛の妻をうつ病による自死で亡くしました。
結婚して1年1ヶ月、あまりにも短すぎました。
体に障害があったけど、懸命に生きていた妻。
妻の事を忘れない為、初めてブログを書きます。

メッセージボードに妻との出会いから、自死遺族になるまでの出来事をまとめました。

下記の題名をクリックすると、直接記事のページが開きます。


最新記事、その他の記事は記事一覧よりご覧ください。


Ⅰ.妻との思い出


1.妻と出会った頃の事(1)

2.妻と出会った頃の事②

3.妻と出会った頃のこと(3)

4.妻と障害

5.妻からもらった結婚を決めた一言。

6.勝利の女神(1)

7.勝利の女神(2)

8.勝利の女神(3)
8.思い出(アウトドア)

9.思い出(続・アウトドア)

10.花火のこと

11.最高の笑顔

12.テーマパーク

13.彼女の夢は

14.彼女の誕生日に

15.ごあいさつ

16.友達へのお披露目

17.結婚式の想い出 1

18.結婚式の思い出2

19.結婚式の思いで3

20.次の日

21.謎の一人暮らし

22.妻へのサプライズ

23.お披露目会(1)

24.お披露目会(2)

25.ハネムーン計画

26.ハネムーンクルージング(1)

27.ハネムーンクルージング(2)

28.ハネムーンクルージング(3)

29.ハネムーンクルージング(4)

30.ハネムーンクルージング(5)
31.ハネムーンクルージング(6)

32.ハネムーンクルージング(7)

33.ハネムーンクルージング(8)

34.ハネムーンクルージング(完)

35.パート開始

36.パートをし始めてから

37.楽しい事がなくなっていく。



Ⅱ.鬱との闘い


38.新しい病院

39.一言日記

40.パートを辞めることを決めて。
41.不眠。

42.うつ。

43.模索
44.妻とのやりとり

45.治療院

46.最初で最後の結婚記念日

47.治療院、その後

48.心療内科

49.その後の日常

50.ラブソファー

51.利他の原則

52.答え。

53.二度と取り消せない言葉

54.最後の5日間(一日目)

55.最後の5日間(二日目)

56.最後の5日間(三日目)

57.最後の5日間(四日目)

58.最後の5日間(五日目)



Ⅲ.自死遺族


59.連絡

60.病院

61.現場

62.アパート

63.暗証番号

64.対面

65.遺書

66.涙の対面

67.安置室

68.会葬礼状

69.怒り・不安

70.お通夜

71.告別式

72.火葬

73.骨上げ~初七日。

74.自死遺族~葬儀から数日



テーマ:

今度出るボクシングの試合に、かつての仲間が応援しに来てくれる。


前にボクシングを始めた時、昔住んでいたアパートから近いジムに通った。



そのジムは私が入る前は日本ランカーがいたが、ちょうど引退してしまってプロの選手が一人もいなかった。


私は空手を辞めて通いだしたので、ジムの中でも喋ることもせず、ただ黙々と練習に明け暮れていた。


半年もするとトレーナーから「試合に出てみないか?」と言われた。



その試合はもう50年も続いているアマチュアの試合で、プロの登竜門的な試合と言われていた。

だから出る選手は、ほとんどが20代だ。


私はすぐさま試合に出る意志を伝えた。



試合に出るのは私を含めて4人。



この時ジムにも試合に出るレベルの若い選手がいなかった。


私も、この時35歳だった。


他の3人は私より2~3歳上だった。


私はこの時期付き合っていた彼女に振られたばかりで、新しいジムの周り皆が敵に見えていた。


だからスパーリングでも手加減せず、遠慮なく殴った。




だが当日の試合では、このロートル軍団が20代の選手相手に勝ち進んだ。



試合は予想もしなかった、まさかの準優勝だった。



そこから4人の距離は一気に縮んだ。


祝勝会と称して4人で飲みに行き、話してみると同世代だったため、すぐに打ち解けた。


仕事もバラバラ。

グローバル企業の課長もいれば、タイヤ屋さんもいる。


ここでは仕事を超えた付き合いが出来た。


それからほぼ月1で飲みに行ったり、4人で富士山に登ったり、マラソンに参加したり。




次の試合では二十歳そこそこの若い後輩たちも育ってきて、一緒に試合に出た。



そして若い連中も交えて祝勝会をした。


格闘技はいい。


仕事も年齢も超える付き合いが出来る。


僕ら4人が発起人になってトレーナーに許可を取って、ジムのTシャツを作ろうということになった。



背中に入れる文字をみんなから公募して、考えた。


そして多数決の結果、自衛隊上がりの青年M君が考えた文字を入れることにした。




「Fight for my life」


練習の時、試合の時、このTシャツを着て行った。



それから何度か一緒に試合に出たが、一人減り、二人減り、最後まで試合に出てたのは私だけになった。


それでもいつも応援に来てくれた。


「俺たち、拳で繋がってる拳友だよな。」

仲間の一人がよくそう言っていた。



結婚する時も、妻を皆に紹介した。


仲間も奥様を連れてきて、お店で結婚のお祝いをしてくれた。


葬儀にも駆けつけてくれた。。。。



妻が亡くなり、私が引きこもっているのを見かねて、新しいボクシングジムを紹介してくれた。



それが今私が通っているジムだ。



昨日、練習中に会長に言われた。


「yoshiさんが来たばかりの時、ゾンビみたいだったよ。真っ青な顔して。

でも今は以前よりはだいぶ顔色がよくなったよな。」


無理もない。


妻が亡くなって2か月でジムに通いだした。


この時は自分で鏡を見てもヤバいな、と思っていた。


青い顔に、目の下にはクマがあって、髪はボサボサでやつれ顔。

どう見てもゾンビだった。


ジムの会員証はこの時に撮った写真が貼ってある。


正直、写真を撮りなおしたい。


捕まった時の田代ま○しみたいな顔してる。




妻が亡くなってからは、普段見ていた風景も灰色に見える。


感情も目の粗いザルになったみたいに、日々の出来事がほとんど心に残らない。


生きている実感があまりない。



だから試合の話が出た時は、正直嬉しかった。


久々に、感情のザルを通り過ぎないくらいの出来事になるのか。ちょっとは生きてる実感を味わえるか。

終わってみないと分からないけど。





試合の日にちが決まった。


11月2日。


まさかの、僕らの2回目の結婚記念日だ。




あみちゃんは、生きてた時みたいに応援しててくれるかな。





「Fight for my life」だ。








にほんブログ村
にほんブログ村

AD
いいね!した人  |  コメント(2)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

[PR]気になるキーワード