いつかまた君と会う日のため(自殺・自死遺族ブログ)

2013年12月、最愛の妻をうつ病による自死で亡くしました。
結婚して1年1ヶ月、あまりにも短すぎました。
体に障害があったけど、懸命に生きていた妻。
妻の事を忘れない為、初めてブログを書きます。

メッセージボードに妻との出会いから、自死遺族になるまでの出来事をまとめました。

下記の題名をクリックすると、直接記事のページが開きます。


最新記事、その他の記事は記事一覧よりご覧ください。


Ⅰ.妻との思い出


1.妻と出会った頃の事(1)

2.妻と出会った頃の事②

3.妻と出会った頃のこと(3)

4.妻と障害

5.妻からもらった結婚を決めた一言。

6.勝利の女神(1)

7.勝利の女神(2)

8.勝利の女神(3)
8.思い出(アウトドア)

9.思い出(続・アウトドア)

10.花火のこと

11.最高の笑顔

12.テーマパーク

13.彼女の夢は

14.彼女の誕生日に

15.ごあいさつ

16.友達へのお披露目

17.結婚式の想い出 1

18.結婚式の思い出2

19.結婚式の思いで3

20.次の日

21.謎の一人暮らし

22.妻へのサプライズ

23.お披露目会(1)

24.お披露目会(2)

25.ハネムーン計画

26.ハネムーンクルージング(1)

27.ハネムーンクルージング(2)

28.ハネムーンクルージング(3)

29.ハネムーンクルージング(4)

30.ハネムーンクルージング(5)
31.ハネムーンクルージング(6)

32.ハネムーンクルージング(7)

33.ハネムーンクルージング(8)

34.ハネムーンクルージング(完)

35.パート開始

36.パートをし始めてから

37.楽しい事がなくなっていく。



Ⅱ.鬱との闘い


38.新しい病院

39.一言日記

40.パートを辞めることを決めて。
41.不眠。

42.うつ。

43.模索
44.妻とのやりとり

45.治療院

46.最初で最後の結婚記念日

47.治療院、その後

48.心療内科

49.その後の日常

50.ラブソファー

51.利他の原則

52.答え。

53.二度と取り消せない言葉

54.最後の5日間(一日目)

55.最後の5日間(二日目)

56.最後の5日間(三日目)

57.最後の5日間(四日目)

58.最後の5日間(五日目)



Ⅲ.自死遺族


59.連絡

60.病院

61.現場

62.アパート

63.暗証番号

64.対面

65.遺書

66.涙の対面

67.安置室

68.会葬礼状

69.怒り・不安

70.お通夜

71.告別式

72.火葬

73.骨上げ~初七日。

74.自死遺族~葬儀から数日


NEW !
テーマ:



先週の土・日は少し遠方に出かけていました。



場所はというと『北海道』です。



学生時代に家族旅行で連れてもらった以来なので、約20年振りの北海道、、。




運よく先日の爆弾低気圧を逃れ、無事名古屋から北海道に到着できました。




一周忌を無事終えて、一番お会いしたかった人に会うことが出来ました。




北海道の雄大な風景を見ながら、お話しすることが出来ました。



事前に食べたいものを聞いてくれたので、せっかくだからと色々食べさせていただきました。




まず、広大な牧場の中にポツンとあるカフェに連れて行っていただきました。



牧場には、私が想像していたホルスタインではなく、なぜかバッファーローが沢山いて、不思議な雰囲気の牧場でした。



そのお店で雪景色の牧場を眺めながら、スープカレーと蟹入りピザをを頂きました。



ゆっくり話を聞いていただいて、この場所でほぼ私が北海道に来た目的が果たされました。




その後は事前に「いくら丼が食べたい」とお伝えしたいたところ、「お店ではなんだから、、、。」と言う事で、、、。




なんとお宅に招かれました!



いやー、本当にありがたい。


優しいなぁ。


この日始めてお会いするというのに、何だか恐縮です。



北海道のご家庭では、いくらのしょうゆ漬けを自分で漬けるそうですね。


驚きです。



さっそくスーパーで食材を買い揃えました。



名古屋のスーパーで置いていないものをチェックしていきます。



まずはコレ!

「助だち」




見た目から臓物系と分かります。


「助だちって何のことですか?」


とお聞きすると


「たちのことですよ。」との事。


いや、その「たち」というのが分かりません^^;



詳しくお聞きしたら「タラの白子」の事でした。



「じゃあ鍋にしましょう!」と決まりました。



ついでに「タラの切り身」も購入し、、。








「ホッケ」と「子持ちのはたはた」も購入。



ホッケは名古屋で売っているものより分厚いんですよ!


子持ちのはたはたも、地元では見たこともありません。




そしてお宅に到着しました。



出迎えてくれたのは彼氏さんです。



全身から優しさがにじみ出ているような方で、こころよく中に案内して下さいました。



そこからは地元の食材を使った手料理のフルコースです。



まず、昨日偶然届いたという、まだ生きているホタテをバターしょうゆで焼いてくれました。




口に入れと噛み締めると、貝柱はプリッとして、口全体にホタテの旨みが広がっていきます。



ここからは彼氏さんの手料理が続きます。





先程購入したホッケを焼いていただきました。


名古屋のスーパーでよく購入するのはノルウェー産で、好きなんですが薄いし塩辛いんです。


このホッケ肉厚だから食べ応えもあるし、身の部分も柔らかくてホロホロです。


塩加減もちょうど良いです。

美味しい!




そして、タラの切り身と「助だち」が入った鍋の登場です。



「助だち」はとてもクリーミーで、タラの出汁がたっぷりと出て、食べるたび体も温まります。


北海道限定ビールも鍋に良く合います。






子持ちはたはたの煮付けです。


卵の部分は、納豆やオクラみたいなトロッした粘膜みたいなもので包まれていました。

卵にはしっかり火が通っているので歯ごたえがあります。


これは新食感^^


身の部分がほんのり甘くて、アクセントになります。


好みは分かれると思いますが、私は好きです。








そして、ご飯が隠れるくらいイクラを頂きました。


すし屋でも必ずイクラの軍艦巻きを頼みますが、やっぱり本場は美味しいですね^^


粒も大きくて、贅沢に口いっぱいに頬張ります。

「プチプチッ」と口の中ではじける感覚を楽しみながら、口の中に広がるイクラの美味しさを堪能しました。




少々食べすぎました^^;

でも美味しいものは仕方ない!


上げ膳据え膳で、食べきれないほどの食事を作っていただきました。


料理上手の彼氏さんは雨が降る中、車まで傘をさして送ってくれました。


全身から優しさオーラが出ているような素敵な方でした。



思いもよらずお宅に招かれ、温かい人達のおもてなしに本当に感謝でした。




次の日、、。


飛行機まで時間があるので、観光に連れ出して頂きました。






途中、湿原を通過し、、。






「ウトナイ湖」に到着しました。



ここは野生の白鳥が沢山飛来するとの事。




鳥の飾りつきの柵が可愛いです。





昨日はわりと天気も良かったです。





湖畔に道の駅があり双眼鏡も置いてあるので、寒いので室内から白鳥の姿を狙います。




残念ながら白鳥は目の前に来ませんでしたが、綺麗な湖を見れて満足です。


道の駅で「蟹寿司」と「ほっき貝のお寿司」と「つみれ汁」を頂きました。




そして、空港に移動しました。





北海道と言えばラーメンというイメージがあるので「味噌バターラーメン」を頂きました。




時間がまだあったので、空港内を案内して下さいました。








キティーちゃんのパッケージに入った、巨大なスルメ。


オヤジ臭さを可愛さで包み込んだというイメージでしょうか?






こちらはカルビーのショップです。


目の前でポテトチップスを揚げてくれます。






薄切りのものを注文しましたが、まだ温かくてサクサクでとても美味しかったです。




ブログが発端となりお会いする事になりましたが、私のこれまでの生涯の中でもとても大切な日だったと思います。



その方との出会い、この日伝えられた事、起きた出来事、一生忘れないと思います。


詳しく書くことは控えますが、それほどの出来事と出会いでした。


これからも色々あるでしょうが、大きく前進できると思えました。



本当に感謝しかありません。


どうもありがとうございました。



AD
いいね!した人  |  コメント(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

[PR]気になるキーワード