らんらんらんま☆

らんまとコナンが大好きな人の暴走ブログ

THANK YOU FOR VISIT!

初めましての方ははじめまして。
お馴染みの方は今日もありがとです!
どうぞゆっくりしていってくださいね(*´∀`*)

このブログではらんま1/2、名探偵コナンやその他のアニメ、日常中心について書いていくつもりです♪


あと、写真は自由に持って行ってくださいねー!
リクエスト、受け付けますよ☆(お絵かきはしません)

らんまの画像まとめです~
>http://ameblo.jp/loveconan-ranma/entry-11031063163.html

Twitter用語辞典(2013/3/28更新)
>http://ameblo.jp/loveconan-ranma/entry-11174545087.html


loveconan_ranmaをフォローしましょう

テーマ:

すごーくお久しぶりです!

Twitterで流すにはとっても長くなってしまったので……(笑)

そして、文体がいつもと全然違います。別人です。(笑)

お時間ある方はよろしくお願いします🙏

あ、大事なこと忘れてました!一応ぼかしてはいますが、ネタバレ注意です。

 

 

昨日、ずーっと心待ちにしていた聲の形を観てきました。こちらでは、3月23日公開でした。

理由としては、はやみんが出てることがひとつ。もうひとつは、というか大きな理由はろうあについての描写がどんな風なのか知りたかったから。

原作は未読ですし、前知識なしで(予告は前知識に入るのか……?)観たので、拙いところもあると思います。

 

 

真珠腫性中耳炎、という病気をご存知でしょうか。簡潔にいうと中耳炎の最上位で、耳の骨を溶かしていき、最終的には脳にまで及んでしまう可能性がある、という病気です。ぶっちゃけ、知らなくてもいいのでかなり大雑把です。(笑)

詳しく知りたい方はぐぐってください😉

 

私の弟はこの病気のおかげで、重度の低音難聴です。しかし、病気が判明したのは12歳のとき。既に骨が2つほど溶けたあとでした。慢性的な中耳炎、慢性的な中耳炎、と言われ続けていたのもあり、「ああ、いつものね。」と甘くみていました。でも、実際に病状は深刻で、手術をすぐさましなければいけないような状況でした。

 

それまで難聴であると気が付けなかったこと、とても悔しかった想いをしました。彼は他にも様々な難病や障害があるため、言葉が出づらいのも知的障害のせいだと、勝手に思ってたから。

現在、彼は補聴器をつけて生活しています。一般的なものではなく、骨伝導タイプのものです。本人も、違いが分かるのか補聴器を自ら身につける姿をよく見かけます。※ただし、カチューシャタイプなので可愛くなります。ブラコンでごめんなさい(笑)

 

 

そういった意味で、この映画はグサグサと私の心を抉りにきていました。観覧車でのシーン

「あなたも私を理解しようとしなかった」

その意味を理解したとき、弟もそんな気持ちだったのかな、と。

彼は文字を書くどころか、手話さえもできません。彼からのコミュニケーションは、彼なりの動作と、彼なりの表情のみ。そう決めつけて、弟のサインを見逃してたのかな、とか本当に理解してあげられてたのかな、とか色々考えさせられました。

 

不幸中の幸いというべきか、弟の知的障害は重度のため、普通のクラスには入ったことがありませんでした。そして、弟が小2のときから海外に移住して現地の施設に通っているため、いじめのようなことはなかったはずだと思います。恵まれていた…のか?

 

 

映画の中で、誰が特別悪いとかそういったことはなかったと思います。言うなれば硝ちゃんのお母さんくらい。小学生の硝ちゃんを見る限り、いじめ→転校を繰り返してるっぽいし。(建前上では。但し川井、きみはダメだ)

全員分書くのはさすがに辛いので、一部だけ。それでも結構書いたなぁw

 

将の行動、小学生としては仕方がないことだったのかなぁと思います。ちょいとばかしやりすぎですが。自分と違うと、どう接すればいいのかが分からなくなるのは、誰でも感じることだと思います。彼の場合、それが過激だっただけだと。

彼にとって、この5年間は地獄のような日々だったのかな。上を向いて歩けない、人の顔を見るのが怖い、って相当なものだと思います。立ち直れて本当によかった。

そして、あのような別れ方をしたにも関わらず、彼の周りに色々な人が戻ってきて集まるのは、やはり彼の人柄ですよね。それに、物語の中で良い意味で、すごく成長してる人物でもあります。自宅謹慎の時とか、かっこいいとしか言いようがなかったですね。器がかなーり大きくなってましたね。

 

直花ちゃん。根は悪くないと思う、というかはっきりし過ぎてとても好感を持てるキャラでしたね。ひたすら将が硝ちゃんに構うものだから、嫉妬もあったのかなーとか。嫌いじゃない、って言われてキレた時の心情はとても複雑だったんじゃないのかな、とか。あれだけの仕打ちをしたのに、どうして私を嫌いになってくれないの!?と感じたのではないのでしょうか。嫌いになってくれたら、罪悪感とか、気まずさといったものが薄れるんじゃないかって、心の底でね。そこそこ小さい兄弟が結構いるみたいだしで、きっとストレスも溜まってたのよ。

 

佐原さん。公式サイトには「モデルのようなスタイルの良さを生かすことで自信が~」ごめん、見逃しただけなのかも知れないのですが、そんな描写あったっけ……?硝ちゃんが転校した後でも手話を習った…って、すごいことですよね。気になってたら連絡取ればいいのに、と思ったりもしますけど、きっと悪い子じゃない。

 

川井さん。最初から最後までくそだった………将も言ってたように、自分が可愛いだけの女ですね。そして被害妄想乙〜〜。この女に対しては、始終イライラしっ放しでしたね。高校生にもなって、5年前、小学生の時のこと掘り起こすーーー???面倒くさ、って感じで。キャラヘイトをしたい訳じゃないのですが、どうしても許せなかったですね。この様な汚い感情を見せて申し訳ないです。

 

あと、名前は忘れたけど茶髪っぽい彼。部外者がなんやねん、と思ってたのですが…彼だけなんですよね、詳細を知らないの。なので、 客観的な立場の人間として、彼はこの映画に必要な存在だったと思います。彼がどう受け取るかは別として。そして名前忘れてごめんね。

 

硝子ちゃん、硝ちゃん。見ていてとても辛かった。小学生の硝ちゃんが激情を露わにしたのは、たった一度きり。それも、彼女がされたことに対してではないのが、心が締め付けられるようでした。それでも将に幾度も伝えることば、

「きみとわたし、ともだちになろう?」

苦しい………

彼自身が孤立してしまっても尚、想っていてくれたんですよね。居なくなってから優しさを理解するとか悲しすぎる…。

そして、彼女の難聴は進行性なんですかね。右耳、完全に聞こえなくなってますよね。胸が痛い……

「すき!」

めちゃくちゃ可愛くないですか。あそこエンドレスで聞いていたいのですが、音源はまだでしょうか???

京アニらしい、かわいい描写で溢れていましたね…「でも伝わらなかった。」の部分の硝ちゃんの足!めちゃくちゃかわいい!!!!

 

 

そしてこの映画、なにが凄いって声優さんたちの演技ですよ。

 

硝ちゃん、というか早見沙織さん。むり、すごすぎてつらい。

小学生→高校生で、硝ちゃんの話し方というか話すことが上達してるんですよね。ただでさえ、再現するのは難しいであろう発音を、使い分けてるんですよね。むり、しんどい。

私にとってはわりと馴染みのある話し方なのもあって、聞きやすかったですね。でも本当に、あの再現は凄い。実際にそういった人たちに話を聞いた、と仰ってましたがそれだけじゃ成し得ないことだと思います。さすが声優、という一言で表して良いのか分かりませんが、感動しました。特に、夜の橋の場面。あそこの告白(恋愛の方ではなく)、胸の中から込み上げてくるものがありました。ほんとしんどい。実際、ここが一番泣いた。早見さん産まれてきてくれてありがとうございます!!!!

 

将、入野自由さんも早見さんほど分かり易くはありませんが……あの将の平坦な声に、様々な感情が篭っていましたね。怪獣のバラード、あれは聞けば分かります。とにかくしんどい。

 

ちなみにこの聲の形という映画というか漫画、海外では『A Silent Voice』なんですよ。映画の中で"the shape of voice"(これは日本でもそうなんですかね?)とありましたが、この対照的な感じ、とてもぐっときますね。聲の形と音のない声。そして文法の使い方。voice shapeでもなく、voice of silence、とかでもなく。この二つなんですよ。相対関係のようで、とても素敵です。(なんかここめちゃくちゃ頭悪い文ですね😆 )

 

他にもたくさん書きたいことはあるのですが、指がしんどいのでここまでです。もう書きません、多分。

 

 

とにかく言えることは、しんどい『聲の形』尊い。硝ちゃんがメインの映画と見せかけた、あくまでも"将が主人公"、を貫き通してましたね。あの約130分の中で色々なこと、事件が起こって、心情が描かれて、って個人的にはとても好きな映画です。「何かが非現実的」や「日常生活からかけ離れたもの」などがなく、自然な感じで観ることができました。逆に、そのどこでも起こり得るようなリアルさがよかったです。

あり得ないことのオンパレードだったなんとかの名は。とは大違い

 

観に行けて、本当によかったです。普通の人からみた障害についての認識や対応なども改めて実感できましたし、それについてどれ程弟が恵まれた環境にいた/いるのかも再認識できました。いつもありがとう。

そして、何より硝ちゃんがかわいい。小学生のときも、高校生のときも、天使かな??あの笑顔可愛すぎ…それを細かに表してくれるはやみんまじ神😭😭

 

観に行った2つの動機が、感想が対照的になってしまいましたね。(笑)

ですが、この映画はもう一度観たくなる作品ですね。というか明日にでも、また観に行きたいなーと思ってます。だってしんどい。嘘、スクリーン一面に広がる硝ちゃんの笑顔をもう一度観たい。これは嘘、じゃないけど、今日感じたことを踏まえてもう一度観たいので。そして原作を読んでみたいですね…映画にはないエピソードが数多くあるようですし。

 

 

ただの感想をつらつらと並べたものを読んで頂き、ありがとうございます✨

長文と失礼しました!

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。