2006-02-13 23:59:11

オリバー・ツイスト

テーマ:あ行の映画

オリバー・ツイスト

公式サイトはコチラ→

【原題】OLIVER TWIST
【制作年】2005

【制作国】イギリス
【監督】ロマン・ポランスキー

【原作】チャールズ・ディケンズ

【主なキャスト】
○バーニー・クラーク(オリバー少年)
○ベン・キングスレー(少年泥棒団の長:フェイギン)

○エドワード・ハードウィック(ブラウンロー氏)


【あらすじ】

19世紀の英国。

救貧院に連れて来られた、オリバー・ツイストは、粗末な食事に

腹をすかせた孤児を代表してお粥のおかわりを要求し、

追放処分になる。

一旦は葬儀屋に奉公するが、不当な仕打ちに耐え切れず逃げ

出してしまう。行く当てもない天涯孤独な身の上では、目の前に

延びる街道を遥かロンドンまで、目指すしかなかった。

7日間歩き通して大都会に辿り着いたオリバーは、スリの少年に

拾われ、食事と寝床にありつけるからとフェイギンという男に

引き合わされる。

goo映画 より)


【鑑賞場所】ユナイテッドシネマキャナルシティ13
【評価】★★★★☆☆☆
【ひと言】
予告編でのイメージでは観ない方がいい映画。
---------------------------------------------


「戦場のピアニスト」のロマン・ポランスキー監督作品。

ジャーヘッドとどっちを見ようか悩みましたが、こちらが

先に終わるだろうと思い鑑賞。


オリバー少年の話と思ってみるとちょっと「??」な感じが

するかもしれません。

何しろ、このオリバー君は、次々と身の上に降りかかる

災難に立ち向かうどころか、為すがまま。

そこから這い上がろうという意志も行動も今一歩。

そしてどういうわけか災難は消えうせ、そしてまた次の

災難が・・という感じなのです。

ただの「不運な少年」です。


超辛口に言うなら、

【不幸な境遇に負けることなく戦う子供の話と思いきや、

不幸がつぎつぎと襲ってきては知らぬ間に回避されると

いう、ただの不運な少年の話】でした。


(ここまでが観たあとすぐの感想)

----------------------------------


一日経って、改めて思い出すと、これはオリバー少年の

話ではないですね。

言いたかったのは、オリバー・ツイストという少年を取り巻く

時代や社会や環境への痛烈な批判。

人を出身や育ちで判断してしまう階級社会。

イギリスという国は、島国のせいか日本と似てますね。

閉鎖的なところ、排他的なところ。

溢れんばかりの才能を持っていても、その風潮のせいで

開花させることなく生涯を終えた人とかいるんだろうな。

決められた枠の中でしか生きられないって、生きる希望が

あるのかな。


育ち盛りの男の子がおかわりを求めるだけで、問題児と

みなされ、母の悪口を言われケンカしたのに、孤児だから

とムチを打たれる。

見方を変えれば、こんな環境でオリバー少年はよく歪まず

育ったなぁと、感心してしまいました。

イギリスのどんよりとした感じと風景はとても見事に再現

されていました。


テレビ版シャーロックホームズのワトソン役のエドワード・

ハードウィックがいたせいか、ホームズの風景とかぶって

みえました。

lovecinemasさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。