喜び半分、苦しみ二倍

なんともネガティブなタイトル!!! なんたって落ち込んでるときに始めたからね。でも、いまさらタイトルは変えられないからこのままいきます。ポジティブに元気はつらつぅ~!!! でも、ときどき落ち込むこともあるから、そのときはなぐさめてネ。


テーマ:

なっ、なんと、モリゾウとキッコロの住民票が

瀬戸市役所でとれるらしいです。


うっそ~、大変、大変、

ダンナに報告しなきゃ!

というわけで昼休みにメール。


一枚200円らしいです。

郵送でも取り寄せられるとのことらしいので

興味のある方は下記のURLをクリックしてみてね。


瀬戸市役所 モリゾウとキッコロの住民票


それにしても、万博が終わっても大人気ですね。

あまりの人気に、公式グッズの販売が再開されましたね。

でも、すぐに完売してしまうようです。


初めの頃は不評だったのになあ。

モリゾウはかわいくないとか

モリゾウの目が恐いとか

おまけに小泉首相からはトトロと間違われるし( ^▽^)


でも、よ~くみると愛着ありますよね。


AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

名古屋は実に不思議な街です。

昭和のにおいがするというのか、

なつかしいというのか・・・。


まず、笑ってしまったのがこれ。

名古屋

小さいので見えづらいのですが「大名古屋ビルヂング」

とあります。


なぜ、「ビルディング」ではなくて「ビルヂング」なのか?



それから忘れてならないのがこれ。

名古屋②

名古屋駅前、名鉄セブンビルにあるナナちゃん人形。

「名鉄セブン」の「セブン」をかけて

「ナナ」と命名したのどうかは不明だが、

なぜこんなところに、しかもこの大きさのマネキン人形なのか?

ちなみに、ナナちゃんの国籍はスイスだそうだ。(なぜ、スイス?)

洋服もいろいろ持っているらしい。

このときは、国勢調査を宣伝したスポーティな装い。


???


名古屋チックなナナちゃん人形、

待ち合わせ場所にも使われるらしい。

まあ、渋谷でいうハチ公前といったところだろうか。


数年前に、夫が名古屋に行ったとき、

シャチホコクルーズなるものがあったらしい。(今はなくなったみたいだけど)

そのシャチホコクルーズ、普通、○○クルーズといえば

ロマンチックな風景を思い描くけれど、

見えてくるのは工業地帯ばかりだったらしい。


名古屋は実におもしろい。

東京ほど気取ってなく、大阪ほどコテコテでない。


みなさんも、一度名古屋を訪れてみてはいかがですか。



AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

万博の醍醐味の一つは、

日本にいながら世界を旅行した気分を味わえること。


なかでも、神秘的だったのはモロッコ館。

「異国」という言葉がまさにピッタリです。



一歩、足を踏み入れた途端、目に飛び込んでくるのは

モロッコ館①

まさに、ため息のでる美しさでした。



そして中央には、

モロッコ館

タイル貼りの幾何学模様の池と噴水。



モロッコ館

美しいですねえ~。



頭の中では松田聖子の「マラケッシュ~♪」の曲が

グルグルとリフレインします。


前回行ったとき、あまりにも美しかったので

今回行ったら、絶対にもう一度見ようと思っていました。



愛知万博、ついに、終わってしまいましたね。

夫は土曜日(閉幕前日)の夜からソワソワ。

「今から行ってきてもいい?」なあんて言い出す始末。

「きっと、飛行機も満席よ。

それに今から行ったって、入れないかもよ。」

なんと、最終週には入場するために徹夜組もいたとか。


寂しいですねえ。

さあ、次は2010年、上海万博だあ。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

万博で、待ち時間の1時間や2時間は当たり前。

人気パビリオンだと、3時間4時間・・・あるいは5時間ってことも。


前回、万博に行ったとき、

あまりの待ち時間の長さに疲れてしまったので

今回は、携帯用のイスを持って行くことにしました。

ほら、あるでしょ、キャンプとかに持っていくような

折りたたみ式のイス。


でもね、いくら携帯用で軽量とはいっても、

長時間持ち歩くにはちょっとばかり負担。

持っていくかどうかかなり迷いましたが、

3時間も立ちっぱなしはもっときつい。

というわけで、


イス


これを持っていきました。



これが、大活躍。

やっぱり持っていってよかったです。

立ちっぱなしと座って待つとでは、疲れ方が大違いでした。


今回の万博で、並ぶことの免疫がついたかも。

1、2時間の待ちだったら、たいしたことないな、

なあんて思えるのですから。

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

万博の楽しみはパビリオンを見て回るだけではありません。

会場内のあちらこちらで、様々な趣向を凝らしたイベントが

開催されています。


ふと、通りかかったグローバルコモンの中、

なんだか人だかりが・・・。

これからギター演奏が始まるのだという。






するとすると、オヨヨ~    ...φ( ̄▽ ̄*)ポッ

ギターリスト


なんて Nice Guy!!!

彼はタスマニア出身の音大生。

これから世界に羽ばたくギターリストで

この愛知万博が彼にとって最初の活動舞台だそうです。


細く長い繊細な指先から奏でられるそのメロディーにうっとり。

うんうん、彼なら世界的名ギターリストになるにちがいないわ~。


名前は、Tom。

覚えとこっと。

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

前回行ったにもかかわらず、

またまた愛知万博イチオシのマンモス、

みてきました。


相変わらずのすごい人でしたけど。

前回は展示物+マンモスというオレンジコースだったので

今回はシアター+マンモスというブルーコースを見てきました。


残念ながらマンモスの写真を撮ることは禁じられているので

ここではupすることはできませんが。   m( __ __ )m


ただ、今回は4時半起床、5時半ホテル出発、

しかも入場とともに猛ダッシュという過酷な日程であったため

シアター内でつい、ウトウト。

おかげで、何の映像だったのかは

お恥ずかしいことに全く覚えておりません。 またまた m( __ __ )m

心地よい音楽と、アルファー波タップリの映像が

眠りを誘うんですもの。


映像を見た後はマンモス見学に移動。

動く歩道に乗って見るため、立ち止まることはできません。

まるで、動物園に初めてパンダがやってきたときのように・・・

って、それ何十年前の話やねん???


ちょっとの間しか見れなかったけど、頭に少しだけ残っている毛が

妙にリアルでした。


マンモス

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

最も考えさせられたパビリオン、

それは赤十字館。

ここも人気パビリオンの一つです。


第一目、入場するや否や、ドイツ館を目指すも

あえなく敗退。

そこで第二の目標であった赤十字館にターゲット変更。

会場から30分しか経ってないのに既に3時間待ち。

それでも待って見れるものなら(ドイツ館は待つことすらできなかった)

待とうということで列に並んだ。


行列ができるパビリオンはやはり、よいものが多いですね。

ここ赤十字館も、並んだだけの価値はありました。


飢餓に苦しむ子供達。

薬が買えないために伝染病に冒されて死んでいく子供達。

地雷で手足を失った子供達。

そして、戦火の中、銃弾に倒れる子供・・・生きるために銃を握る子供。

これらの映像が、ミスチルの”タガタメ”という曲にのって流れます。


子供達を被害者にも、加害者にもせずに・・・

今、何ができるのだろう・・・

(”タガタメ”の歌詞の一部より)


この映像をみながら、ミスチルのサウンドが心に響き、

この歌詞の部分がずっとずっと心の中でリフレインしてます。


あまりに感動してしまったので、福岡に帰ってきて

ミスチルのCDを買ってしまいました。


赤十字

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

第1日目の完敗(詳細は一つ前を見てネ)。

もう、ドイツ館は無理だね・・・と夫と話ながら

2日目はシャチハタ館を目指すことにしました。


出発は、前日と同じ早朝5時30分。

ホテル前からタクシーに乗り込み名古屋駅を目指します。


ところが、このタクシーの運転手さんのとの出会いが

運命の出会いだったのです。


「お客さん、万博ですか?」

前日、おみやげ屋さんで買ったモリゾーのペインティングを

顔につけていたので、運転手さんも一目でわかったのでしょう。


「ええ、そうなんです。昨日も行ったんですけどね。」

「日立かトヨタをお狙いですか?」

「いえ、ドイツ館に行きたかったんですけど、

昨日はこの時間でも無理でした。」

「あ~、JRじゃ無理でしょう。

この時間帯だったら、タクシーだと30分で会場に着きますよ。」


ええ!!! 30分!!! 

としたら会場着は6時に着くということになる。

6時といえば、昨日私達が、

やっと始発のJRに名古屋駅から乗ろうとしていた時間。


しかも、5000円ポッキリで行ってくれるというのです。

もちろんお願いしました。

料金だって、名古屋駅までのタクシー代と二人分のJR・リニモ代

を考えると、さほど高いわけでもありません。


タクシーは考えてもみませんでした。

まず、道路は渋滞していると思ったし、

料金もメチャメチャ高いと思っていたので

私達の中では、論外だったのです。


再び、ドイツ館を目指すことにしました。

西ゲートには運転手さんの言ったとおり6時着。

そして、ゲート前には・・・

西ゲート2

おお~、前日とは大違い。

かなり前方です。

これは、タクシーで来た人の待ち場所で

この後少し場所を移動して、バス組、リニモ組と合流

(後でネットで調べたらタクシー組の待つ場所は最前列で、

以前はこのまま入場できたようですが

不公平があるとのことからバス組、リニモ組と

合流させているようです。)しましたが、それでも

西ゲート③

この位です。(緑の柵が最前列)

ゲートはすぐ目の前です。


もうこのときはドキドキしました。

なんだか、運動会のかけっこ前の緊張感を思い出しました。


そして、開門。

わずか2、3分で入場することができ

ドイツ館目指して猛ダッシュ。


そして、見事にドイツ館の列の前方に並ぶことができました。


あ~、この達成感!!!

ここまでの道のりは長かった。

4度目の挑戦にてやっと入ることができました。


運転手さん、ありがとう。

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

今回の最大の目標は日立館とドイツ館でした。

日立館はネットで事前予約していたので問題なし。

目指すはドイツ館。


第1日目。

ドイツ館から最も近いとされる西ゲートから入ることを計画。

交通手段は、前回は名古屋駅発の

エキスポシャトルとリニモを使いましたが

始発が7時台であったためどんなにがんばってもゲート到着は

8時を過ぎてしまう(8時過ぎだとかなり後方になってしまう)のでこれは却下。

ホテル    5時半出発  タクシー

  ↓

名古屋駅  6:01発愛知環状線

  ↓

高蔵寺   乗り換え・・・乗り換え時間2分

  ↓

万博八草  リニモに乗り換え

  ↓

西ゲート


というルートで行くことにしました。

さすがに6時前の名古屋駅は、人がまばらで、

私達は勝利を確信しておりました。



それは、甘ちゃんでした。


すでにゲート前には前回をはるかに上回る人波で

まだ若干7時を過ぎたばかりだというのに、私達が並んだのは

ゲートのはるか後方でした。


そのため、私達が入場できたのは、

開門後、すでに30分を経過していました。


猛ダッシュです。息も切れんばかりの久々のダッシュ。


ところが、開門してから30分しか経っていないのに

ドイツ館には既に行列ができていて

しかも、列が長くなり過ぎたために、制限がかかり

並ぶことすら許されない状況だったのです。


え~、待って入れるものなら、待とうと思っていたのに

待つことすら許されないなんて・・・。

このとき、ドイツ館は無理だと思いました。

だって、これが私達のでき得る、精一杯のことだったのです。

これ以上、早く会場に到着する術がなかったのですから。



続きは・・・

「ドイツ館制覇までの道のり 西ゲートから 第2日目」 へ


ドイツ館





いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

ただいま~。

帰ってきました。

いやあ、参りました。

とにかく、人、人、人 だらけ。

さすがラスト・マンスとあってか前回7月に行ったときとは

比べものにならないくらいの人ごみでした。


万博①

いったいどこから湧き出てくるの~。


万博②

これ、何の列かわかりますか?

みなさん、冷凍マンモスみるために並んでるんですね。

いったい何時間待ちなのか・・・。

とにかく2、3時間待ちなんてのはザラで

1時間待ちくらいだったら、早いねえって気になります。

恐いですねえ~、感覚も麻痺しちゃいます。


この日は21万人の来場があったらしいです。

ざっと、前回の約2倍の来場者です。

会場内の人口密度も、前回とは大違いでした。


でも、今回は見たかったパビリオンは

制覇したので大満足です。

これからボチボチUPしていきますので

お楽しみね。


いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。