「B型の彼氏」を見た

テーマ:

昨日は韓国映画「B型の彼氏」を見てきました。

吹き替え版だったので、台詞の言い回しがなんだか臭かったけど

まあ、それなりに楽しめました。


この映画の中では、

B型は自己中心的なところが強調して描かれていたけれど

私のB型の友達は、かなり誠実で義理堅い子が多い。

確かに、楽観的でマイペースなところはあるが

私からみると、とてもうらやましくもあり

また、逆にこちらも気をつかわなくてすむので

いっしょにいて楽なのだ。

A型の子は、とても気が利いていて

細やかな心配りがうれしいが

私的にはそれがプレッシャーだったりする。

なので、A型の子と長時間いっしょにいると

ある意味疲れてしまう。(A型の方、ごめんなさい。)


それから、B型は本番に強く、打たれ強い。

これは楽観的なところからきているのだろうが

職場のB型の後輩をみていて強く思う。

私なら滅入ってしまうようなクレームも、

なんなく聞き流すし、

私ならドキドキ緊張してしまうような大会場での説明会も

難なくこなす。

実にうらやましい。


それと、B型は何かしらある分野にすばらしい才能を発揮する。

これは興味のあることに対しては、のめり込んでしまうほどに

とことん追求するB型の特徴らしい。


なんだか、B型を褒め称える記事になってしまったが

事実、私の友達はB型が多いし

B型の子といっしょにいると楽しいし

気が楽なのだ。


えっ?、私の血液型は何かって?

それは、大雑把なO型です。

リーダーシップをとるのが大好きなO型。

知らず知らずのうちに、みんなを統率しているO型。

そして、夫もO型なので

ウチの家庭では、主導権争いが勃発。

で、勝利を治めたのは


わ・た・し ♪