ティアフルアイ

chichinpuipuiリポート♪


世界に魔法をかけていく...様々な仕掛人を

(私の好みで)熱く語って行くといった....

リポートコーナーです。


本日は、小さなお花屋さん

「ティアフルアイ」のオーナーさん。

{959B9DCE-0EE2-4D1F-83B6-86E6A360FD38}


男性のフローリストです。

修行を関西でされ、

地元宮崎に5年前に帰られたようですね。

{78FE2FE7-52D4-49E8-90D7-19E7C6467C4B}


やはり、男性のフローリストは

カッコイイですね。(´∀`)


サラッとしてます。サラッと。 (´∀`*)


この繊細なブーケを「えっ」?

男の人がアレンジしたの?

びっくりもし、ウットリもしてしまいます。


花をこよなく愛すと、

作品にも丁寧さが現れますね。

{65227A2E-4F70-4394-9877-45242BAC8862}


基本、切り花専門のようでして...

冷蔵庫を使わずに、

店内には、珍しい切り花を

自然に近い状態で並べておられます。


お店と言いますと...

見落としそうな路地に、

ヒッソリとお店をかまえておりまして...


来客者は、側から見ておりますと

皆さま、かなりのお洒落さんたちです。

ツーですょ。その道のw(多分)

{FAC3D50E-A606-40F6-A574-7C9CA2B2C154}


オーナーさん自身は、

植物の培養に興味があるようで、

土、風土、種、気候...


植物がエレメントとコラボして、

育んでいくプロセスを研究されてます。


研究というか、

本当ーに!植物が大好きなのだ★ただ単に♪

という思いが伝わってきました。


こんなに、店内にドライフラワーが

ぶら下がっているにも関わらず...


「僕はドライフラワーが好きなわけでは

ないのです。」

と声を(中)にして言われました。


ただ、生花が生花としてずっと美しいままだと

「魅力」がない為、ドライフラワーが存在してくれる事で、生花の魅力を把握出来ている。


だから、ドライフラワーには、感謝しています。


くーーーッ(男前です)


こう、ドライフラワーに向かって、

敬意を示しておられました。


支える側をご存知なのですね。

頭が下がります。(´-`).。oO


いや、貴方が美しい。(笑)


次回は、生花に寄り添う彼をリポート致します!


shop情報↓

https://behappiness.jp/beauty/shop/Tearful_eye.html


メルマガ登録はこちらから
↓ ↓ ↓ 
 





AD