【大阪/関西】歌とピラティスとアルセーヌ・ルパンと

DK BDOY/ネヴァダ州立大学認定マットピラティスインストラクターの資格を持つ筆者が、歌うこと、ピラティス、アルセーヌ・ルパン、それから大阪を中心とした関西について、日々思うことや経験したことを徒然に書いていきます。

DK BODY/ネヴァダ州立大学認定マットピラティスを体験してみませんか。


体験レッスンで、姿勢分析・歩行分析を行った後、コア(体幹)と体の柔軟性も診断いたします。

体験レッスンのご予約は、いつでも受け付けています!

お気軽にご連絡ください。


体験レッスン(マンツーマン・複数人数可)1500円/1時間

問い合わせ

akikolupin@live.jp

場所:イロリムラ(梅田/中崎町)、心斎橋、その他

http://irori2005.com/annai.html


テーマ:

以前、『緑の目の令嬢』ルートを紹介したが、今回は『赤い絹の肩掛け』ルートを紹介したい。

 

『緑の目の令嬢』の冒頭部分でもルパンがイギリス人女性の後をつけていくところから始まるが、

この『赤い絹の肩掛け』も、ガニマールが不思議な
歩行者を見つけてあとをつけていくところから始まる。

 

11月の朝、ガニマールが勤め先に向かっていた時に、冬なのに麦藁帽子をかぶった男が50歩ごと歩く度にかがんでオレンジの皮を落としていくのを見つけてあとをつけていく。

 

もちろん、これはガニマールをおびきよせるルパンの作戦。

 

ガニマールのアパルトマンがあるペリゴレーズ通りから大統領官邸前(エリゼ宮)、さらにシュレーヌ通りまでこの動作が延々と続く。

 

実際、ペリゴレーズ通りからエリゼ宮まではかなりの距離がある。

 

次回は、このルートを写真で紹介していきたいと思う。

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

私は歌のためにピラティスを習ったということもあり、“歌いやすい”もっといえば、“身体に負担をかけることなく、楽に声が出せる”身体になるためにはどうしたらいいか?ということを考えてきました。
今も勉強中です。

 

ピラティスのお弟子さんのひとりである『ロン・フレッチャー』さんが考案したパーカッシブ・ブリージングという呼吸法があります。

 

ピラティスでは「鼻から吸って口から吐く」呼吸が原則ですが、この呼吸法では、呼吸を細かく分けて、徐々に増やしていきます。

 

「スッ、スッ、スッ…」と数回から数十回繰り返しリズミカルに鼻から息を吸い続け、「シュッ、シュッ、シュッ…」と吸った数と同じ数を口から息を吐き続けます。

 

今月開催する「声が人に届きやすくなるピラティスの体験会」に、この呼吸法をピラティスのムーブメントに取り入れます。

 

喉を痛めることなく、出来るだけ楽な身体で、しかも話し続けていても歌い続けていても疲れることなく、声も枯れることなく、よく通る声が手に入れば理想ですね。

 

声が人に届きやすくなるピラティスの体験会(7/30開催)
http://wakrak.com/blog/0730pilates

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

パリの郊外にあるアンギャンといえば、『水晶の栓』の冒頭に出てくる舞台だ。

 

写真は、ルパンと部下がボートを漕いだ湖。
右手の建物が物語にも登場するカジノ。

 

Allons, embarque...Et toi, Vauchray, prends l'autre
bateau...Bien...Maintenant, nagez les enfants...
et le moins de bruit possible.
Grognard et Le Ballu, les deux rameurs, piquerent
droit vers la rive opposee, un peu a gauche du casino.

さぁ、ボートに乗るんだ。ボーシュレーは別のボートだ。
よし、ボートをこげ。出来るだけ音をたてないように。
グルニャールとル・バリュそしてボートを漕ぐ2人の男は対岸のカジノをめざしてまっすぐ進んだ。

                    『水晶の栓』より

 

アンギャンの街はパリから電車で30分ほどのところにあり、「パリ郊外の住宅地」ながら、街全体が観光名所のようなところで、湖のそばには観光案内所がある。

 

今度私がアンギャンに行くときは、この湖で絶対ボートに乗る!と決めている。

 

私が訪れた当時は、アンギャンの駅にルパンの時代を思わせるモノクロの古い写真が飾られていた。
今もあるかどうか分からないが、現在のアンギャンの街と比較して見るのも面白いかもしれない。

 

アンギャンへのアクセスは、北駅からパリ郊外(banlieu parisienne)方面のSNCFに乗って、“ENGHIEN LES BAINS”という駅で下車する。

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。