前向きに仕事をしていようが後ろ向きに仕事をしていようが

どっちにせよやらないといけないことは増える。

さらに、自分で増やした仕事とそうでない仕事がある。

今日は自分で増やした仕事について。

 

うちみたいなちいさな会社はいろんな規模が小さいからとりあえず何でも自分でやっちゃう。

特に、会社を作ったばっかりのころなんて、経理やお金の流れやら全くわからないことだらけで本を買ったり勉強にとても時間を費やした。

会社がこれからどうなるかもわからないから固定費も極限まで抑えるために

なんでもかんでも自分でやった。

そのおかげでわかるようになったこともたくさんあってよかったのだけれど、

当たり前だが、日々仕事をしているわけで。

営業から何から全て自分でやるからそりゃ1日何時間働くねん!!

てくらい朝から晩まで全力投球。

 

やりたいことよりやらなきゃいけないことが多すぎるとどうなるか。

 

・最初はゲーム感覚でこなして達成感のあった雑務が本気で憎くなってくる。

・体も脳みそもクタクタなので効率が悪く、創造する力が目に見えて落ちてくる

・ぎっくり腰など体に不調がでてくる

・体を休めると脳みそが不安を感じだす。(ワタシ、こんなことやってていいのかしら?と)

 

7年目を迎えたうちの会社。

創業当時が小学1年生ならもう中学生になるんよ。

そりゃ、服も小さくなれば体も変わってくるよね。

世の中も7年前とは大きく変わっている。

 

話は少しかわりますが、

 

去年の今頃、自分に足りなくて、補う価値のあることを半年間かけて徹底的に勉強した。

(宿題とスケジュール、仕事がキツくて泣きそうなときもあったけど)

やみくもに、手あたり次第に勉強するような時間の余裕は私にはなく、

勉強するにも的を絞って集中しないといけない。

 

「余裕ができたらニコニコ」「もう少し仕事が落ち着いたら照れ

 

…そんなときは永遠に訪れないであろうともようやくわかったので

(気持ち的には)目をかたくつぶりながら講座に申し込んだ。

 

エイ!やっちまえー!と。!!

 

会社員の時は会社が時間もお金も負担してくださってたくさんの勉強をさせてくださった。

でも、その時のわたしはまだ垂れ流していたんだと思う。

 

今期は世の中の流れ的なものを少し感じつつ、なんとなく未来を予測して

あらためて自分が貢献できることは何か、介在価値はどこにあるのか、成し遂げたいことは何なのか、しつこくねちっこく考えた。

ヤギを飼っていたら激太りするくらい、いっぱいの紙にいっぱいいろんなことを書いた。

 

 

いつもはクライアントの課題の整理や優先順位付け、

ビジョンに基づいた戦略立て、実行プラン、本質は何なのかという軌道修正などなど

やってるくせに自分の会社ときたら感覚すぎるくらいの無計画さ。

 

支持してくださっているクライアントのお役にもっとたつこと

一緒に働いている人たちがもっと働きやすくなること

自分の会社、自分をもっと大切にすること

本気でやらんといけんって思って、

 

前置きが長くなり途中やや脱線もしましたが、

 

「ほんまにその仕事、私がせんといけんことなん?」

という問いをたてて仕事のやり方を変化させています。

 

「今、自分でもできることは本当に自分がした方がいいのか?」

とも。

 

・人に任せた方が自分よりも上手にやってくれること

・自分はイヤイヤやっていたことが実は人にとっては得意なことの場合が多々ある

・時間をお金で買うということ

 

恥ずかしながら聞いたことがあることが

ようやく自分の腹に落ちて、実行してみているところです。

 

3月が終わろうとしていますが、

今年は既に

・協業 3件

・アウトソーシング 1件

・やらないと決めてやらなくなったこと(今のところ支障はない) 3件

手放すことができました。

 

そうするとあら不思議。アップ

 

やりたいことへの情熱が戻ってきて、

今度は忙しさの種類が変わってきました。

それは捨てたものよりも圧倒的に難しくて、圧倒的にワクワクすること。

 

そりゃ人間ですからいつも楽しく充実しているわけではなく、

泣きたいような悔しいこともあったりしますが、

 

前向きに逃げる(?)コツみたいなものがすこしわかったような気がします。

 

今日もありがとうございました。

ホームページはこちら

http://happy-r.info/

 

 

 

 

 

 

AD

4月4日からスタートする株式会社speakさんと弊社株式会社ハッピーリレイションズがタッグを組んだ、新人研修。昨日も打合せをしました。

 
大手一般企業の研修はもちろん、司会業でのキャリアと信用を積み上げてこられた
講師の宮前さんと、美容業界に携わって13年。販促や研修、コンサルテーションなどを通じてたくさんの美容室、美容師さんと関わってきた弊社のお互いの強みを活かした新人研修です。
 
昨年までの弊社の新人研修では取り入れられなかった
・声の出し方
・姿勢
・表情
・立ち居振る舞い
 
なども今年は取り入れています。
また、1回が3時間(10:00から13:00)×3回という構成は
現場に戻ってアウトプットすることを狙いとしています。
 
新人さんの研修だけでなく、育てる側の現場の立場も考えた内容、構成にしています。
 
昨日も宮前さんと熱くディスカッションすること3時間。
想いの入った研修に仕上がりました!
 
現在、キャンセルが出たため5名様ほど枠があります。
お申込み、お問合せ、お待ちしています。
 
新人研修3回基礎講座 3回とも10:00~13:00 ガモウ広島さんのスタジオにて
1回目 4月4日(火) 社会人としての意識構築
2回目 4月19日(水) 社会人としての基本マナー
3回目 5月2日(火) 好感を与える話し方(含む電話応対)
 
おひとり様 8640円/1回   ハッピーリレイションズクライアント様 6480円/1回
 
AD

40代になって「むずかしいな」と思うことがいくつかある。

 

 

 もう若くはないし、年相応の仕事をしたいと思っている。

 40代にもなればそれなりに経験も積んで楽に仕事ができているようなイメージを

 もっていたけど、私の場合全然そんなことはなくて、いつももがいている感覚。

 強くみせようとはしていなくてもそう見えてしまうらしい。

 それを茶化されることがある。

 仕事をしていれば精一杯で折れそうな時もある。

 いつもなら平気なその「ちゃかし」がずどーんとくることがある。

 

人前では「あははー」とふるまえたとしても家に帰ってズドーンと落ち込むことがある。

 

「なにゆうとんやあほか」

 

とかって心の中であっかんべーしながら

 

「あははー♡そうですねー」

 

なんて言える女は腹黒いと思っていたが、

若くもないオンナのまっすぐすぎる部分、(というと言い方がキレイすぎるか。)

若くもないオンナの子供っぽい思考と反応はイタイのではないか、と思い始めた。

 

悪い意味ではないしたたかさとしなやかさがいるんだわ。

 

けど、自分らしいニオイみたいなもんはもっていたい。

 

まわりにも自分にも心地いいこれからを過ごすためにも生きなおすタイミングなのかなぁ。

 

 

 

 

AD