Riseki's Feeling★写真&エッセイ&お仕事

心に留まった一瞬、感動や感激、
その時々の気持ちを 素直に綴ります♪
http://www.riseki.com/


テーマ:
過日、「伝承の会」の下浚いがありました



{49135F30-1608-4C52-A4DF-5877C2E81E67}
↑「廓丹前」くるわたんぜん
松永のお家元、忠五郎先生と
関西から、杵屋東成先生のご指導です

写真の左端に、私、居ます…
はい…聴講生のクセに、つい唄うことにしてしまったのでした………あぁ(大汗)

{E27EE4B3-2B96-4098-9BBC-6263D9E7F1E8}
↑「江島生島」えじまいくしま
ご指導の先生、後ろ姿、
左・吉住小三代先生(先代お家元夫人)
右・副講師の吉住小代君先生

写真からも、バリバリの緊張感が伝わりませんか?
こちらは、死にそうな精神状態です♪
もう、脳みそ沸騰状態の大パニックになりながら、必死でした(笑)
この曲は、長くて、上中下の三段の曲なので、今回は、それぞれに分かれて
私は、下の段のタテを弾かせて頂きます
(写真左の方にいます)

★この記事の写真は、岡安香代ちゃんに撮って頂きました!ありがとう!
香代ちゃんは「旅」にご参加です♪

この「伝承の会」は
長唄界のトップの先生方が
それぞれのお流派の曲を

次に流派トップになるであろう演奏家が
各派から推薦によって受講生となり

流派を超えて(←これがすごく貴重のこと)
ご教授頂けるという、年に一度の
大変貴重な勉強会です

流派が違うだけで
唄い方、弾き方の基本常識が違うことが多く
普段演奏することのない、初めて出会う曲のマスターのみならず
演奏法の違いまで、本当に勉強になります

父も指導にあたらせて頂きまして
今回は「めりやす」という種類の楽曲。
歌舞伎の舞台で、主人公の女性の心情を
黒御簾(くろみす)から 
1人または2人で唄うことが多いものを
三曲、選曲しました。
短いながらも、唄と三味線のイキが要になる難曲です。
歌舞伎好きな方なら、情景が浮かぶ…たまらない曲です(笑)

今回は、全部で6曲。
お囃子だけの曲をもあり
大変バラエティに富んでいて
それぞれ、舞台構成、人数編成も違い
ご来場頂けましたら
きっと、とてもお楽しみ頂けると思います

◆平成29年3月6日(月)  5時30分開演
◆日本橋劇場
◆¥3000

各曲、先生方の きめ細やかなご指導のお蔭で
これぞ、伝統を伝承する長唄の姿勢…と言えるような演奏会だと思います

芸を託され 伝承する責任のある1人として
一生懸命 学び、頑張って演奏します。

ぜひご来場くださいませ。
心よりお待ち申し上げております

鳥羽屋 里夕
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
本日、2月21日
国立大劇場において
長唄協会演奏会の中でも
一番大規模な春季演奏会でした
{BAC2D6A2-217D-48E1-90AD-1AEFE775F6B1}

午前11時30分開演で、夜8時半過ぎまて
各派お家元クラスの師匠方がお出ましで
「日本諸国巡り」というテーマで
長唄の名曲の数々…

私は、最後の
各派女流合同、総勢128人による
「安宅松(あたかのまつ)」に出演させて頂きました!
{A60B6503-AA43-49C6-95D6-C53363420F58}
↑舞台面の連名です
私は、三列目のタテ三味線を弾かせて頂きました

{4B5FD51E-6DA8-4668-99D9-3E80809F1BAC}

↑左、総タテ唄の岡安喜和さん
中、私、里夕
右、総タテ三味線の杵屋巳織さん

旬風。メンバーとして
大の仲良しのお二人が総タテコンビ!
スゴイでしょ(*^◯^*)
嬉しい限りです!

{1ADAC81C-0116-4B95-8848-A9B5433ED906}
↑舞台が明く直前!
左、4列目のタテ唄、今藤政子ちゃん
中、4列目のタテ三味線、杵屋勝くに緒ちゃん
右、4列目のワキ三味線、杵屋勝壽ちゃん
手前は、3列目の私♪
仲良しチームo(^▽^)o

こんな風に、
みんなの気持ちが1つになって
無事、演奏をすることができました!

お寒い中、ご来場下さり
最後までご静聴下さった皆様
ありがとうございました!
\(*^◯^*)/

鳥羽屋 里夕

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
古典どっぷりの私ではありますが
六本木歌舞伎の「座頭市」を拝見してきました!
{DC7B0FBC-D8F2-40D3-9A66-89DC2C52154E}
菊五郎さんのお嬢さまであり
名女優の寺嶋しのぶさん…
想像通り、とても素敵でした!

男として生まれていたなら
今頃は、間違いなく
歌舞伎俳優の中心人物となっていたでしょう。

女に生まれてしまったことを
どんなに恨めしく、悔しく思ったことかと…
どんなに歌舞伎に出たかったであろうかと…
つい自分に重ねて、思いを馳せてしまいます。

歌舞伎らしさが身につくには
踊りや、長唄、義太夫などのお稽古を長年積み、
その上での 所作や口跡が生み出される訳で、
歌舞伎に囲まれて生活し、歌舞伎の感覚が どっぷり身体に染みるまで
本当に かなりの時間がかかるものなのだなぁ…と
普段から歌舞伎を拝見していて
しみじみ感じていますが

彼女のお衣装の着こなしから
歌舞伎らしい所作など
実際の歌舞伎経験は、ほとんど無くとも
さすがに、美しく、歌舞伎らしい。
{94047093-450A-4549-B719-C02556995E67}

今日の「座頭市」を拝見していたら
たぶん30年位か…もう少し前か…
今は無き  銀座セゾン劇場で 
故 勘三郎さんが 勘九郎時代に なさった
「きらら浮世伝」という芝居を思い出しました

当時は、現代劇というカテゴリーだったと思いますし、歌舞伎テイストは少なかったものの、
歌舞伎と現代劇の融合に感じられ
そういうものを観るのは初めてのことで
本当に衝撃的で、すごく感激したのを覚えています。
芝居後、興奮して 故 勘三郎さんの楽屋に行き、お話した時の様子や言葉まで
鮮やかに思い出します。
私が歌舞伎や芝居全般を大好きなのを、よくご存知で(強く感じ取って)いて下さり、
熱く熱く話して下さいました。

その数年後に、コクーンを始められ、
「◯◯歌舞伎」になっていったように思います

どなたかが どこかに書いていらっしゃいましたが
勘三郎さんのスピリットを
海老蔵さんが 受け継ごうとしているのかな……私も 拝見しながら、そう感じました

途中、休憩時間の終わり頃には
衣装をつけたまま、役柄のままの役者さん達ががロビーに…‼︎‼︎‼︎
{9D18BA9A-5FFB-43AA-908B-5D4E341AE92C}
一緒に写真撮影もOKで(笑)
{01571E14-A150-4045-BA0E-B09F949A25A9}
タヌキを抱えた黒子さんと。(澤村由蔵さん)

休憩後、客席通路から登場のための準備と思われますが
お芝居の世界に迷い込んだ…という感覚が
観客には嬉しいものですから
ちょっと楽しい素敵な演出でした♪

芝居の随所に
歌舞伎パロディ、歌舞伎テイストが盛り込まれ
楽しく拝見してきました。

鳥羽屋 里夕
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。