わーたんと今日子

今日はハニーブランチがまたパチンコ屋でチャリティーイベントをやるというのでちょっと見に行ってきました。

まずは12時からMEブリクス新保店にてイベント。

今回のイベントでは綿村和佳ちゃん、相沢今日子ちゃんの二人が参加。写真もこのときのものです。

この店のイベントでは、例によって地域猫プロジェクトのガチャガチャを勧めたりしていました。


次に14時もしくは15時からメトロ藤崎店にてイベントとの情報。

久しぶりにバイクに乗って14時にメトロ藤崎店に到着すると、店内には「ハニーブランチと一緒に24時間テレビを応援しよう!」との立て看板。今年の24時間テレビ、ハニーブランチが出られるんですかね?

私は隣のゲーセンで時間を潰していたんですが、15時15分を過ぎてもイベントは始まらず。

私は待ちくたびれて帰ってしまいました。

そうすると、どうもツイッターでは、私が帰ったあとからイベントがスタートした模様です。

惜しいことをしましたが、約一ヶ月ぶりくらいにバイクに乗れたし、24時間テレビの情報も知ることができたのでよしとします。
AD
カメラのキタムラが決算で悪い数字が出たというニュースを見ました。
おまけに、系列企業であるPCデポでも、悪質なサービスが問題になったそうです。

ですが、カメラのキタムラ自体は、私にとっては潰れて欲しくない店舗のひとつです。

カメラのキタムラは、岡山のような田舎にでもいくつも店を出してくれています。中にはショッピングモールの中のスマホ販売やプリントが専門みたいな店もありますが、郊外にあるお店は大抵カメラの専門店です。

カメラの専門店で、そこらのスーパーやコンビニ感覚で出入りできて、新製品のカメラを買いもしないのにいじって帰れるお店というのはとても貴重です。しかもカメラの値段も、ネットに対抗するくらい安いことがほとんどです。今時カメラの店の個人店も珍しいですが、そんなお店にぶらっと入ってカメラをいじって帰るだなんて、ほぼ不可能です。

別に新製品のカメラに触るだけなら、家電量販店でも十分なんですよ。でも家電量販店というのはカメラだけを扱ってるわけじゃないので散漫なイメージがあるし、カメラの値段もネットに対抗する気がないくらい馬鹿高いのがほとんどです。そんなのだったら、実機には量販店で触って、実際に買うのはネットでってなっちゃいますよね。

やっぱりカメラのキタムラの、お客さんも店員さんもカメラが好きという感覚を共有してることは大切だと思いますね。そこの部分が独特の安心感にもつながっているし、「お店で買おう」という気にもさせられるってものです。

ちなみにカメラのキタムラの株主は、キャノン、ニコン、富士フィルムなどだそうです。
確かに、この三社のカメラは店でも扱いがいいような気がします。

まあそんなこんなはありますが、私としてはこれからもカメラのキタムラには、たまの休みにぶらっと立ち寄って、新製品のカメラをいじって、プリントを注文したりだとかついでにカメラのアクセサリを買って帰れるような、そんなお店であってほしいと願います。
AD

一眼レフがきて4週間

テーマ:
我が家に一眼レフがきてから、4週間になります。

最近は暑いので、写真を撮りに行くのも少しおっくうになってきてますが、まあそれなりに撮影も進んでいます。

一眼レフを買うと、フォトコンとかへの応募にも若干の自信が湧いてきて、いろいろ応募してみようかという気にもなってきています。

これから秋になってまた行楽シーズン、カメラの出番もさらに多くなってくると思うと楽しみですね。
AD