ハニーブランチは変わったのか?2

テーマ:
ジョイポリスハニブラ

これはこの前の記事の続きです。

この前の記事では、私はハニーブランチがすぐに歯がぬけるように辞めていくことを指摘していましたが、どうもこれはハニーブランチに限ったことではなくて、全国のご当地アイドル、地下アイドルのグループが直面している問題だそうです。

全国的な規模で、日本のどこかのアイドルグループでは毎日のように活動停止・契約解除になるメンバーがいて、卒業ライブもろくに開かれないのが現状らしいです。そしてその原因には、アイドル側の問題もあれば、運営側のずさんな運営も理由にあるそうです。

だからメンバーが歯が抜けるようにやめていくのは、何もハニーブランチに特有の問題ではなくて、今の地下アイドル・ご当地アイドルに共通した問題だそうです。

そう思うと、結成当時のオリジナルメンバー7人中6人が抜けても未だにグループが存続しているハニーブランチは、よく頑張っているほうだと言えるかも知れません。

また、ハニーブランチは6月の下旬に、前回好評だったということでチケット代1円ライブの二回目を開催するそうです。

1円ライブ、後からの物販でグッズを買えば1円じゃなくなるんですが、観客に1円でもチケット代を払わせることによって全くの無銭現場よりもグッズを買ってくれる見込み客を集めることができます。

この1円ライブを一度ならず二度までやろうとは、確かに運営側のやる気が伝わってきます。

そう思うと、ハニーブランチというのは、少しずつでも変わろうという意思はあるんだと思います。
AD
ちさてぃ

今日はジョイポリスの、ハニーブランチ定期ライブに行ってきました。

今日の現場はなぜだかいつもよりも人数少なめでした。

りりこちがいつもより長い出番のあと、ハニーブランチの出番になりました。

今回のメンツはなんとちさてぃ、わーたん、ひなたという豪華メンツ。

セトリ
1.キャノチエ恋模様
2.烏龍ガール
3.FEVER

今回は三曲でお時間となってしまいましたが、ジョイポリスのライブにちさてぃが出ることなんて滅多にないので実にラッキーです。

そのあとの物販でも、「旅立つ乙女たちへ」「FEVER」『烏龍ガール」「夏恋物語」の四曲のCDが今日のカフェでのイベントに先立ち販売されていました。

ジョイポリスのイベントにちさてぃが出てきたり、新曲のCDが先に売られていたり、ハニーブランチの「変わりたい」という気持ちは確かに感じることができたイベントでした。

今回のジョイポリスのイベントを見る限りでは、ハニブラのメンバー、スタッフはファンのニーズに先回りしてサービスをすることができていると感じました。確かに、何かが、ゆるやかに変わりつつあるのかも知れませんね。
AD
わーたんとひなた2


今日は岡山ご当地アイドル、ハニーブランチの話題です。

ハニーブランチ、変わると言って5月15日に卒業式アンド入学式のイベントを行いました。

あれから二週間ほどの間、私もカフェをのぞいてみました。

結論から先に言いましょう、ハニーブランチは「変わってません」。

ハニーブランチ、イベントの前は全メンバーが威勢いいんです。みんなブログもツイッターも頻繁に更新します。

問題は大きなイベントがあったあとです。イベントのあとしばらくすると、ツイッターやブログを更新しないメンバーが必ず出てきます。

どうしたのかなあと思っていたら、その子はカフェにも最近出てきてないことがわかり、いつの間にか音信不通になって、だいぶんあとになって公式からやっと「だれだれは卒業しました」という告知が出ます。

そんな感じで歯が抜けるようにメンバーが辞めていっては、その都度何がしかのイベントを開いて「ハニブラは変わります、再出発します」と言い続けて今に至ります。

正直、ハニブラが変わるというのはもう慣れっこです。

アイドルとしてのハニブラは、もうこれ以上は変わりようがないのではないかとさえ思います。

ハニブラに変わる余地があるとしたら、それはカフェの店としての経営態度なのではないかと思います。

定期的に新しいメンバーを入れて、常連のお客さんの気をひきながら有料イベントを数多く打って、シングルも定期的に発売してCDの販売代金をせしめて、カフェが店として繁盛するようにもっていくのが、運営が儲かりメンバーが儲かる方法なんじゃないかと思います。

もちろん、定期的にメンバーを代えるなんてのはアイドルグループとしてのハニブラの利益には相反すると思うんですけどね。

でも、物販のやり方を変えるだの、ファンクラブのアプリを作るだのといった変化は、ハニブラがアイドルとして変わるんじゃなくて、運営が収益の上げ方を変えていくという側面が強いと思いますし、そういった収益の上げ方を変えていくことがバックボーンにあって、その先にメンバーの意識改革があるというのが、今回のハニブラの変化というものの正体なんじゃないかと思います。

だからアイドルとしてのハニブラはこれからも変わらないし、変われないと思います。グループが続く限り、団結しては誰かが辞めていき、また新メンバーが入って団結しては誰かが辞めていくのを何度でも繰り返すんでしょう。

変わるのは、運営がその度重なるメンバーチェンジ、その他もろもろのイベントを商機としてより一層攻めていくようになることだと思いますよ。
AD