2005-01-16 22:11:29

繰返される恐怖

テーマ:background
ぷれこさんのところで何度かに分けて書き綴られている
岡田ユキさんの話。

私は暴力を直接受ける事無く育ったと思っているけれど、
それでも叱られる時に母に殴られた。
父が母を殴る分、私が殴られるのかと思った。
殴られる母はヒステリーを起こしたかの様に父と喧嘩をしていた。

母方の祖母は祖父に殴られたそうだ。
そして母は祖父に殴られて育った。

父も祖父も酒を飲んで暴れて仕事が嫌いだった人間。
祖母も母も長女。
そして私も長女。

私が結婚をしたら同じような酒乱で働きの悪いの夫をもち
同じように幸せになれないと
母、祖母、そして回りの大人達に言われて育った。

父よりも私は母が嫌い。
母のように父の悪口をいい、罵り、ヒステリーで
起きてしまった出来事、過去のことを悔やみながら生き続けるのは嫌だと思っている。

それでも私は20歳そこそこで、仕事が嫌いな暴力男に出会った。
その男は既婚者だけれど、私が結婚するならこういう男なんだろうかと思った。

他に付き合った男達はみんな温和な人だ。
暴力を振るったら別れることを前提にした付き合い。

それでも、母と同じように、彼らの愚痴を言う私がいた。
怒ると泣いて叫ぶようになった自分が母と重なって嫌だった。

一つの感情を抑えると、他の感情までなくなる。
私はヒステリーに怒らない為に、笑う方法も繕うようになった。
母もこんな風に感じて生きているんだろうか。

血は繋がっている。
嫌な部分だけ似てしまった気がする。

結婚もしたいし、子供も欲しい。
それでも、嫌いな母のようになるのが嫌。

気が付かないくらい若いころから、
旦那はいらない、子供が欲しいと言っていた。
旦那が居なければ、
母のように自分の選んだ人の文句を言いながら
子供を育てることがないかと思ったから。

それでも、
母のようになりたくないと子供に思われる日が恐い。

そんなことを考えると、何もできないんだけど。
救いは文句をいう旦那も、こんな風になりたくもないと言われる子供もいないこと。
そしてこうはなりたくないと思った人と離れて暮らせること。
いいね!した人  |  コメント(11)  |  リブログ(0)
2004-12-24 03:06:48

負け犬の証

テーマ:background
早くに寝たら目が覚めちゃった。
寝れないという妄想。


21歳で男に殴る蹴るされて
その時に子供の頃から言われていた嫌な言葉を思い出した。
「幸せな結婚はできない」という悪気のない大人の言葉。

幼き(変換したら長亡きってでた....だてに当たらずとも遠からず)頃からの膿を
母親への嫌悪感を母と話をしても埒があかないことはその時に分かった。
「いつも犠牲になるのは私」という呪いにかかった母を見つけた。
他人を羨むだけで、幸せを実感できない可哀想な人。

適当に何でもできて、こなせて、
中途半端に何でも解ってしまうのが辛い。

5年前に父親が末期の大腸癌になった時
入院して手術前の時。
親戚が父親の葬式の準備だといって家の中に上がりこみ片付け始めた。
職人である父の仕事の道具や服や
私たち家族の思い出のガラクタを片付けにきた。

その後から上辺を繕う大人な仮面を被って
身内の間を動く。
いい加減困った時だけ呼び出されるのは懲り懲り。
問題が酷くなれば、その分後片付けに手がかかる。

父は病を乗り越えたが
仕事道具やガラクタを捨てられて
身体以上に心が参ってしまった。

妹はできちゃった結婚をして甥っ子が生まれて
落ち着いてきた矢先。

祖母が尿管癌になった。
父の葬式を準備しにきた親戚が祖母を病院に連れて行った為
死ぬ直前まで病名さえもわからなかった。
明らかに医療ミスな手術をされている疑いがありながら
状態を知る権利は私になかった。

そして去年祖母が亡くなった。
死ぬと銀行口座が凍結される。
死ぬ直前に、祖母の預金をすべて自らの口座に動かした叔父。
私が世話をしたと言って、直接の親族の前以外でしか泣かない叔母達は
祖母の抜け殻の遺体を気持ち悪いと言っていた。
涙がでるわけもなかった、欲と醜態の絡まった葬式。

この人は嘘をつかないと信じた誠実そうだと思った男は
ただ都合の悪いことを言わないだけの人間と確認したのが
去年の12月19日。最後にあったのが25日。

今年の夏は、誠実に仕事をして醜態を発見したことが気に入られず
仕事は契約完了という名の首切り。
真っ直ぐな正当法はたまに足枷になって自分の首を絞めかねない。


もうすこしで喪が明ける(はず)。
幸不幸はどうでもいい。
そんなもんに左右される感情は、もう既に残っていない。
ただこれ以上、面倒な悪いことが続かなければいい。

もう少しで神道でもない私の厄年が終わる。
金で厄が払えればと思ったけど
そんなご都合がいいことはないのか。
もしくは、もっと最悪なことが避けられたのか、
ただ先延ばしになったのか。
またもう少しすれば八方塞の年がやってくる。
ただの金集めの言い習わしだろうと思っても、不吉なことは好かない。


いい事がないかわりに、わるい事がない。
喜ばしい事、楽しい事も要らないから、
怒しい事、悲しい事も要らない。
そんな退屈な日々が理想。

キリスト教でいえば
クリスマス・イブはいわば大晦日。
クリスマスは新しい年。
退屈な年が来ますように。
いいね!した人  |  コメント(12)  |  リブログ(0)
2004-12-04 01:10:19

イケメンの告白。。。。。

テーマ:background
告白されるのは嫌いじゃない。
いい事悪い事あるけど、
とりあえず心の内を開かしてくれることは好きだ。
相手がためらいながら言うところを見ていると
ちょっと興奮。
そんなところはSかも。

大学の時に告白されたのが一番衝撃的だったと思う。
何しろ同じ学部内のイケメンNo1、2からだ。

カッコイイ二人は普通に仲良しだった。
その二人はいつも二人で一緒にいた。
身長は175くらい。
水泳部の一人は綺麗な逆三角形。
もう一人は自動車部だったかな。

3人でなんの話をしていたのか突然の出来事だった。

「ふ~ん」

と言ってから、
聞き待ち間違えたと思ってもう一度聞き返した。

「俺たちつきあってるんだ」

「ハァ????????」

別の意味が分からなかった。
というか、そのままの意味だった。

片方はバイセクシャルで彼女もいるらしい。
それは彼らのお付き合いを隠す為のもの。
片方は完全に男しかだめなんだと。

世の中って不公平だと思った。
こんなイケメン二人がカップルなんて。

いや.....公平なのか?
ちょっと女で生まれて損した気分だった。

そんな私は学内の隠れ蓑か?みたいな。
ま、毎日目の保養ができてよかったんですが。

告白されてから、彼らの仲良しぶりは
イチャイチャぶりだと分かって
不思議な大学生活が送れましたわ。

男の中でもモテモテな二人
色々ありながらも未だラブラブな二人。
そして今もやっぱりイケメンな二人。

他の女に取られる心配がない
かつ
酔って襲われる心配もない
安心して飲み明かせる貴重な男友達。

いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)
2004-12-04 00:44:55

思えばなにも変わらないかも

テーマ:background
記憶の中で初めて好きになった男はゆーじ君だ。
ゆーじ君と共に思い出すのはいじめっ子番長市川だ。
奴は出っ歯な猿だった。

幼稚園の時にゆーじ君と砂場で遊んでいた。
トンネルを山の両脇から掘って、
手を繋いで「あーかいつー!」みたいな。
脇に湖とか川とか作って楽しんでいた。
これぞ究極の二人の世界。

市川はどっか遠くからやって来て、
二人の山を踏みにじり、二人の世界を壊した。

ムカツイテとっさに二人の湖に市川をつっこんだ。

いやぁ~そんな。まさか。。。。

上手に頭から泥水にすっぽりハマルなんて
誰が想像できよう。
(いやできまい。)

だけどはまっちゃったんだよね。
いじめっ子番長、頭からドロドロ。
そして大泣き。

忘れられない武勇伝?

かなり保母さんには怒られたけど。
かなり気分よかった。
ちょっとだけ英雄になった。

そんな幼稚園児。

ゆーじ君は彼からしもべになった。
いーんだか、わるいんだか。

幼馴染と話して思い出した話。

ちなみに正確な初恋は3歳の時にフラミンゴ。
絵を見て一目ぼれ。
鳥で最初に覚えて発音したらしい。
ついでに、妹はキリン。
キリンの嫁になりたいと幼稚園の七夕の短冊に書いてあった。

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2004-10-21 06:58:38

ここは癒しのBlogではありません。

テーマ:background
そんな注意書きも必要ですか?
癒しの為にここに来るのは間違っています。
癒しの為にインターネットをしているならば、
別の所に行って下さい。

誰かを癒す為にBlogを書いているのではありません。
誰かの悲しみや苦痛をやわらげる為に
ここに書いているのではありません。

Googleで癒しはココです。
Yahooで癒しはココです。
どうぞ癒されに行って下さい。

ここは解毒の場所だ。
私の中や周りの毒を吐き出す場所だ。
毒を水にする為にやっているのではない。
毒に屁理屈を付け加えてぐだぐだ言い訳してるだけだ。

自分も毒を吐きたければ、自分の毒を吐く場所を作ったらいい。
癒される場所を作りたいならば、自分で作ったらいい。

悲しみや苦痛は最後は自分で癒さないと治らない。
人間は自己治癒力を持っている。
いくら病んでいると分かっていても
本人が病んでいることを自覚して治す気がなければ治らない。
いつか再発するかもしれない。
ただ気が付いたら治ってるという自然治癒力もあるけど
それは無意識に何処かの細胞が治そうとして治してるんだよ。

腐りかけの傷は一度傷口広げて
膿を出して綺麗にしないと治らないだろ。
治療方法は色々あるが
どれを信じて選ぶかは自分だ。

*ちなみに私は医学の知識はありません。
*過去記事―解毒の為のアミティ 
いいね!した人  |  コメント(13)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。