オトナの恋と女磨きと

No Love, No Beauty, No Life


テーマ:

仕事で知り合いの男性がこんな話をしていた。

 

数年前に、当時付き合っていた彼女と

別れ話になった。

お互いに愛情ももうなく、

スムーズに別れられるはずだった。

 

ところが、途中から彼女が

別れないと言い出した。

 

過去の時間を無駄にしたくない。

別れるなら、私の時間を返して、と。

 

そしてなんだかんだあり、

結局その時は別れないことに。

 

が、やっぱり関係性は回復せず

1年後に別れたんだそう。

 

過去を無駄にしたくないあまり

また無駄な1年を

過ごしてしまったということだ。

 

 

 

 

ホリエモンさんの「多動力」という本に

こんなことが書いてあった。

 

あなたが1,000万円で買った株が

200万円になった。

売るべきですか? 売らないべきですか?

 

確かに悩みどころかもしれない。

 

が、正しいのは、

まず800万円損をした事実は忘れること。

 

そして今から株を買うとしたら

今持ってるその銘柄が200万出すに値するのか

それとも別の株を買ったほうがいいのか

考えることだそう。

 

言われてみれば、その通りだ。

 

でも人は案外、800万円の損に

縛られてしまうのかもしれない。

 

そういえば、

投資好きの男友達もよく言っていた。

 

投資で成功する秘訣は

過去の損にしがみつかないこと。

 

へーとは思っていたが

ホリエモンさんのわかりやすい例で

改めてピンときた。

 

 

 

 

ここまでこの会社で頑張ったんだから

今さら辞められない。

 

ここまで独身でいたんだから

相当な男じゃないと結婚できない。

 

そんな言葉を実際に聞いたことがある。

 

会社を辞めなくても構わない。

相当じゃない男と結婚しなくてもいい。

 

でもそれが過去の投資を

取り戻そうとしてるだけなんだとしたら…

 

それは不要なこだわりだ。

 

自分の過去はいったんすべて捨ててみよう。

 

そうすると、自分の本当にやりたいことに

近づけるようになるから。

 

 


 

 

   

 

いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(9)

リリーさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

同じテーマ 「オトナの心得」 の記事