***** ご訪問ありがとうございます*****



$Michael Jackson を語らせて!


インドの古いことわざにあるように
その人のモカシンを履いて2ヵ月歩いてみるまでは
人を判断してはいけない。
ほとんどの人たちは僕のことを知らない。
だからほとんど本当ではないあんなことを書く。
それに傷つき、そして子ども達のことが気にかかって...

涙が出ることなんてしょちゅうだ。
世界中の僕の子ども達、僕は彼らのために生きているのに。
確かなことだけしか言えなかったら
これまでのことは書けなかっただろう。
動物は攻撃をするが
生きるためであって悪意からではない。
それは批判する人たちと同じだ。
彼らは僕たちの痛みではなく
血がほしいのだ。
それでも僕は成し遂げなければならない。
あらゆる物事の真実を探し求めなければならない。
その力に耐えなければならない。
世界のために、子ども達のために
僕は送り出されたのだから。
でも、ずっと前から血を流してきたことに
どうか慈悲の心を。

MJ


1987年10月12日
People誌より



**********


1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016-06-23 10:44:42

☆愛のブランケット 2016☆

テーマ:想い
この場所で呼びかけをさせていただいた
はーと。Michaelへの愛のブランケットはーと。






たくさんの愛たちが集まって…






attachment02.jpg







こんなにも美しいブランケットができあがりました!






attachment03.jpg






本当にありがとうございました・°・(ノД`)・°・








たくさんの心たちとともに
今日、お届け隊とともにLAに向けて飛び立ちます!







愛の日
宇宙一愛されているのに宇宙一寂しがり屋で宇宙一寒がりなMichaelを
慈しみたちがあたためてくれますように…








attachment00.jpg








その想いに比例しずっしりと重いみんなの愛を集めたブランケット。
運んでくださるお届け隊の皆さまに心から感謝です。
その旅が、素晴らしい“冒険”になりますようにキラキラ




心をこめてこのブランケットの1ピースを作ってくださった皆さま
忙しい時間を工面して1つに繋げてくださった繋げ隊の皆さま
そっと見守ってくださった見守り隊の皆さま
心からありがとう。
そして、一緒に想いを飛ばしましょう!






attachment01.jpg













☆We love Michael forever☆
ばらばらばらばらばらばらばらばらばらばらばらばらばらばら




Copyright (C) 2009 Michael Jacksonを語らせて! All Rights Reserved.











AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「想い」 の記事
2016-06-15 18:38:43

無題

テーマ:想い
2009年3月5日、彼のThis Is Itツアーの記者会見はみんなを驚かせた。
数週間後、コンサートの数は、最初の10公演から50公演にもなっていた。
1つの街で50公演。
それは、彼が2年に渡って私たちに話していたこととは大きく異なっていた。
コンサートの数が多すぎること、ツアーが肉体的に負担が大きすぎることを
私たちの多くは心配した。
でも、彼は、当初前向きのように見えた


3月8日、ロンドンから帰ってきたマイケルは、私たちに尋ねた。
“ビックリした?”


その後数ヶ月の間、よくリハーサルの話をしてくれたり、
どの曲をやってほしいか私たちに尋ねたりした。
ニューヨークや東京など、他も街でツアーをすることも話してくれた。
4月16日にセンターステージング・スタジオにいる彼を訪ねた時は
ショーの最後の段取りを思いついたととても興奮していた。


マイケルがリハーサルをしていないときは
しばしば自宅裏のスタジオで新曲に取り組んでいた。
5月22日の夜、ある曲の一部を大音響で繰り返し流される音に私たちは聴き惚れた。
Smooth Criminalのようなベースと、ドラマチックなコーラスが入っていた。
本当に素晴らしかった。
マイケルはその夜、5回私たちに話しかけにやって来た。
彼はとてもにこにこしていた。


すべてうまくいっているようだった。
数ヶ月は、すべてうまくいっているように見えた。


ツアーにマイケルが完全に満足していないと最初に思ったのは5月29日、
センターステージでの最後のリハーサルの日だった。
彼は、クレジットカード1枚に付き4枚しかチケットを買うことができず
This Is Itのすべてのコンサートのチケットを買えないうえに、
良いチケットはViagogoというチケット代行販売サイトに売られ
数百ドル、あるいは、数千ドルで売られていると訴えるヨーロッパのファンと話をしていた。


大抵、大ファンの人たちは、早くから現地に到着し、長い間待って客席前方を確保する。
でも、50ポンドから75ポンドといった額で私たちが買うことができた席は、
ステージから遠く離れていた。
(アーティストは大抵、販売されたチケットの額面から利益を受け取る。
1枚1000ポンドで売れれば20ポンドマイケルが手に入れていた可能性があった)


チケットについてそのファンと話をした後、
マイケルは私たち9人をスタジオの中に呼び寄せた。
これは、その夜私がメモしたそこでの会話である。


マイケル:
愛しています。愛しています。
席が指定されていることを僕は知らなかった。
だから、それについてはなんとかする。
僕の承諾なしにされたことだ。
彼らがそうしたのは明白だ。


私たち:
お金のために決まっている。
あなたのせいじゃないこともわかっています。


ジル:
どれほど複雑で、どれほど多くの人が関わっているのかも
私たちは理解しています。


マイケル:
スケジューリングも良くないんだ。
ショー、休み、ショー、休み、ショー、休み、となるはずだったのに。


ジル:
あなたについていけるかしら。


マイケル:
(笑)
僕はこのコンサートに持てるすべてを賭けている。
一所懸命打ち込んでいるよ。
でも、僕は1人しかいない。
僕ができることは限られている。
(動揺しているようだった)


私:
マイケル、どうかそんなに無理しないで。
どうか体調を第一にしてください。
なによりもあなたが大事。
50公演全部やることないです。
大変ならキャンセルして。
誰にもあなたが望まないことに無理強いさせやしない。
やりたいようにしてください。
それが私たちが愛するあなたなのだから。


マイケル:
ああ、ありがとう。とてもやさしいね。ありがとう。
それから、窓を開けられない時があってごめんね。
でも、安全上の理由で仕方ないんだ。
みんなが待ってくれていること、僕はわかっているからね。
本当に大好きだよ。


私たち:
気にしないで。
私たちはわかっていますから、マイケル。
私たちはあなたを愛しています。
あなたが愛してくれる以上に。


マイケル:
大事に思ってくれてありがとう。
信頼してくれてありがとう。


彼は両掌を組むとお辞儀をして、しばらくそこに立っていた。
彼のエネルギーを部屋いっぱいに感じた。


残念なことに、誰かがイギリスのタブロイドに彼を売って裏切った。
報道されたいくつかは、彼が私たちに話したものだった。
AEGはその話を否定する声明を出した。

(source/ michaeljacksonthelastangel.com)






もう少し。
あともう少しだよ。



attachment00.jpg




あなたをあたたかく包む
ブランケットが
もうすぐ出来上がるよ。









6月。
たくさんの愛に
あなたが包まれますように。










☆We love Michael forever☆
ばらばらばらばらばらばらばらばらばらばらばらばらばらばら




Copyright (C) 2009 Michael Jacksonを語らせて! All Rights Reserved.











AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
2016-06-13 00:29:20

ちくちくちくちく…

テーマ:想い





“それ(ブランケットという言葉)は、家族や従業員に僕が良く使う表現なんだ。
“You should blanket me”や“You should blanket her”って、慈しみのような意味で使う。
ブランケットという言葉は、愛情や優しさを表わすひとつの表現なんだ”
-Michael Jackson




“should blanket”
思いやるべき?
やさしくして?

どう訳そうか…としばし悩むも
どの言葉も当てはまらないマイケル語。
テレパシーでしか表現出来ない。


ブランケット。


只今
このブログに集まってくださる皆さまのMichaelへの愛と想いを繋いだ
フッカフカの愛のブランケットを制作中ですドキドキ







attachment01.jpg
ちくちくちくちく…






休憩時間に観たBillie Jean...





attachment02.jpg





ポケットに入れようとしたのに入らず戸惑う右手…?!
その一瞬を見逃さず“ひゃーっ可愛えぇっ(≧▽≦)”とリプレイ(笑)





Michael観る時は涙で霞んで見えないか、瞬きし忘れてドライアイかのどっちかw




愛たちを繋ぐ時間は、なんとも温かな時間キラキラ






そして今年は急遽もう1枚。
ネバーランドの空の下にも
キラキラの愛を届けていただきますキラキラ





attachment00.jpg






無事に辿り着いてね、慈しみたち。



ネバーランドのMichaelのもとに。

















☆We love Michael forever☆
ばらばらばらばらばらばらばらばらばらばらばらばらばらばら




Copyright (C) 2009 Michael Jacksonを語らせて! All Rights Reserved.











AD
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。