JR御茶ノ水から徒歩6分「お茶の水鍼灸サロンティア」で働く、美容鍼灸師Ryotaの日記

お茶の水鍼灸サロンティアでは、「美髪」のための美容鍼灸や、日本古来からのマッサージ「経絡按摩」を提供しております。
国家資格を持つ治療家が施術致します。
JR御茶ノ水駅より徒歩5分 丸の内線本郷三丁目駅より徒歩6分


テーマ:

こんにちは
お茶の水鍼灸サロンティア 
分院長 美容鍼灸師Ryotaです

 

 

 

お願い1日1回クリックしていただくと、ランキングに反映されますお願い

 

 

 

 
今日は、梅雨時期に多い症状のお話ですひらめき電球
 
 
関東地方も梅雨入り間近ですね。梅雨時期になると、
・関節が痛む
・お腹の調子が悪い
・足がむくむ
・やる気がでない
 
などの声を良く聞きますガーン
 
これは、湿邪(しつじゃ)
と言われる邪気が身体に侵入したことによって引き起こされる症状です。
つまり湿気が多いため、身体にさまざまな症状を引き起こしますひらめき電球
 
湿邪の特徴は
・下注性である。つまり人体の下部を冒しやすい
→足のむくみ、下痢の症状
・湿邪は重く、停滞する(重濁性、粘滞性)
→症状が長引き、重だるい症状や関節痛症状が多い
・脾胃を冒す。
→食欲不振、嘔吐、腹痛、下痢の症状が出ます
 
 
湿邪は、体表にいるときには、関節痛や重だるい症状
体内まで侵入してくると、消化器系症状が現れますが、
どちらも、ねばっこく、症状が長引くのが特徴です。
 
この季節は、消化器系への負担をなるべく避ける必要があります。
脂っこい物の食べ過ぎや、過度に辛いもの、冷たい物の食べ過ぎ、飲み過ぎに注意しましょう!!
 
さらに、梅雨時期にオススメのツボは
陰陵泉(いんりょうせん)というつぼです。
膝関節の近くにあるツボで、除湿つまり湿邪を取り除く際に利用されるツボです!
 
座った状態で、膝を立てて、内側の脛の骨を撫で上げて行ったとき、指が止まるところです。
 
押すと痛いっガーン
 
是非押してみてください♪
 
 

 

友だち追加数

 

 

 

 

 

 

 

LINE@アカウント【@pek8250z】
お友達だけのお得な情報や、クーポンを配信しています
お気軽にご登録ください

 

ろご水鍼灸サロンティアろご

■公式HP :
 http://salontier.com/

■Facebookページ : https://ja-jp.facebook.com/salontier

■TEL : 03-4296-3251

■ご予約 : こちらからご予約ください

■受付時間 : 10:00~20:00

■休診日:不定休 ※お電話にてお問い合わせください
■住所

 〒113-0033
 東京都文京区本郷三丁目9-1 井口ビル1階
 ※アクセスMAPはこちら

クリックすると、自動的にランキングに反映されます

イラスト提供

いらすとや

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは
お茶の水鍼灸サロンティア 
分院長 美容鍼灸師Ryotaです



お願い1日1回クリックしていただくと、ランキングに反映されますお願い

東洋医学の診断方法は全部で4つあります
『望診(ぼうしん)』『聞診(ぶんしん)』『問診(もんしん)』『切診(せっしん)』です

今日は東洋医学的な診断方法の1つである、『望診』について、記載したいと思います

観察

望診とは、患者様の顔色や形態の変化を見て身体の状態を観察して、疾病の性質やその予後を判断する診断方法です
みなさんも「今日は顔色が悪いなぁ」とか、「あの人今日は元気ないね」と見た目で判断することがあると思います

望診は、患者様が来院する手前より診断が始まっていると私は考えております。
望診の項目には、
・顔色
・光沢(つや)
・表情
・目つき
・姿勢
・動作などがあります。

治療院にくる前の歩く姿勢や、扉の開け方、椅子に座る姿勢やベッドに寝る方法など、患者様のとる行動の1つ1つが診断の1つになっております

中でもみなさんにお伝えして使える情報が、東洋医学における顔面の部分診断です。顔の場所によって、どの臓腑が病んでいるかの参考になります。
みなさんも是非、鏡を見て、チェックしてみてください♪


五臓配当

肝の熱病は左の頬が赤くなります
心の熱病は額が赤くなります
脾の熱病は鼻の先が赤くなります
肺の熱病は右の頬が赤くなります
腎の熱病はあごが赤くなります

次回は、『聞診』について、お伝えしたいと思います


◆広告
お茶の水鍼灸サロンティアでは11月16日より、
「身体ポカポカキャンペーン」を開催中です
お灸とマッサージを併用させた特別メニューをご提供しております

詳しくはこちら

友だち追加数
LINE@アカウント【@pek8250z】
お友達だけのお得な情報や、クーポンを配信しています
お気軽にご登録ください


ろご水鍼灸サロンティアろご

■公式HP :
 http://salontier.com/

■Facebookページ : https://ja-jp.facebook.com/salontier

■TEL : 03-4296-3251

■ご予約 : こちらからご予約ください

■受付時間 : 10:00~20:00

■休診日:不定休 ※お電話にてお問い合わせください
■住所

 〒113-0033
 東京都文京区本郷三丁目9-1 井口ビル1階
 ※アクセスMAPはこちら


クリックすると、自動的にランキングに反映されます

イラスト提供

いらすとや

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは
お茶の水鍼灸サロンティア 
分院長 美容鍼灸師Ryotaです


今日は、外から侵入してくる病気の原因、外因(六淫)についてお伝えいたします
文章中、専門用語がでてきます。過去の記事をご覧ください。

「気・血・津液」の説明はこちら
「五臓について」の説明はこちら

風邪(ふうじゃ)

風邪

風邪は春に盛んになり、「五臓」では肝と関係が深い邪気です。
外因の病の中で最も多く、人体の表面から侵入してきます。
特徴として
・身体の上部を犯しやすい
 →頭痛、鼻づまり、咽頭痛、顔面の浮腫
・身体のバリア(衛気)を乱す
 →発熱、悪風(風を嫌うこと)、汗が出る
・病態が変化しやすい(遊走性)
 →部位が一定せず、症状が現れたり、隠れたりする
・百病の長
 →他の邪気と結託して進入してくる(寒、湿、燥、火)
・自然界以外にも存在
 →空調設備や乗り物による風などもあります。
 
暑邪(しょじゃ)

暑邪

暑邪は夏に盛んになり、「五臓」では、心と関係が深い邪気です。
盛夏だけに存在し、生気を消耗させます。
特徴として
・火邪の外邪に相当する
 →体内に侵入し熱を高めることより、高熱、顔が赤くなり、大汗の症状がでる
・上昇して、発散する(炎上性、開泄性)
 →体内に入ると、毛穴を広げ、汗を増やします。汗は気を津液より作られているため消耗しすぎると、身が熱くなり、口が渇き、気の不足により脱力感が現れます。
・湿邪と結託して進入
 →蒸し暑い時に現れる症状です。身体がだるく、胸苦しさ、吐き気、下痢がでます

湿邪(しつじゃ)

湿邪

湿は、梅雨の時期、秋の長雨など、雨が多い時期に盛んになります。
五臓では、「脾」と関係が深い邪気です。
特徴として
・身体の下部を犯しやすい(下注性)
 →足のむくみ、脚気、下痢など下半身の症状が出ます。
・重く、停滞しやすい(重濁性、粘滞性)
 →身体が重だるい、関節が痛み、腫れる、停滞しているので、治りにくいです 
・脾を犯しやすい
 →梅雨の時期は、食欲もなくなります。消化吸収能力を損ない、下痢、尿量減少、お腹に水が溜まる、むくみが現れます

燥邪(そうじゃ)

燥邪

燥邪は乾燥が目立つ秋に主流になります。五臓では「肺」と関係が深いです。
口や鼻から侵入してきます。

特徴として、
・身体に侵入し津液を乾燥させる(乾燥性)
 →津液の乾燥から、口や鼻が乾き、喉が渇く、皮膚がカサカサになり、ヒビ割れ、毛髪にも潤いがなくなります
・肺を傷つけやすい
 →呼吸器の働きが損なわれ、痰がでたり、粘り気のある痰を含む咳、喘息や胸痛が起こります

寒邪(かんじゃ)

寒い

寒邪は、冬に盛んになり、五臓では「腎」と関係が深いです。
冬の気候は寒冷で、気温が下がると体内に侵入してきます。
冬以外でも、身体が水に濡れたままでいると、体温が奪われ、寒邪の影響を受けます。
特徴として
・陽気を奪う
 →身体を温める能力が下がり、体表の防御能力も衰えます。悪寒、悪風
・気血を停滞させる(凝滞性)
 →陽気は気血を動かす性質であり、陽気の損傷により気血が滞り、その箇所に痛みが生じます。
・収縮の作用を持つ(収引性)
 →身体に寒邪が侵入すると、筋肉は収縮し、ひきつれがおこります。毛穴も収縮するので、無汗、発熱などの症状がでます。
・臓腑を直接犯す
 →脾や胃に侵入すると、お腹は冷え、痛み、嘔吐や下痢をになります。
  腎や膀胱に侵入すると、頻尿になります。
・自然界以外の寒邪
 →冷房の効きずぎも、寒邪の1つです。そのため、夏でも寒邪の病変は現れます。

火邪(かじゃ)

火邪

火邪は、外因性と、内因性に分けられます。
外因性は、暑邪で、内因性は、体内の熱が盛んになりすぎたものを言います。
五臓では「心」と関係が深いです。
特徴として
・上昇しやすい(炎上性)
 →高熱、顔面紅潮、目の充血、不眠、うわごと、意識障害、口が苦いなどの上半身に症状が出ます
・気や津液を損傷する
 →咽頭が乾き、唇の乾き、尿量減少、だるい、精神疲労、脱力感、便秘が現れます。
・生風、動血しやすい
 →四肢のけいれん、頭頸部の強直、血便、吐血、鼻血などの症状が現れます。
・腫瘍を形成しやすい
 →火邪が血を損傷し、血肉を腐食すると、そこが固まりとなり腫れあがります。


東洋医学の不思議な世界について、3日間に渡りお伝えしてきました
鍼灸師、按摩マッサージ指圧師は、東洋医学の知識と。西洋医学の知識と、患者様の性格や生活環境、すべてを考慮し、治療方針を組み立てます

お客様に合った最善の治療方針をご提案させていただきますので、お身体にお悩みがある際は、ぜひお気軽にご連絡ください


友だち追加数
LINE@アカウント【@pek8250z】
お友達だけのお得な情報や、クーポンを配信しています
お気軽にご登録ください


ろご水鍼灸サロンティアろご

■公式HP :
 http://salontier.com/

■Facebookページ : https://ja-jp.facebook.com/salontier

■TEL : 03-4296-3251

■ご予約 : こちらからご予約ください

■受付時間 : 10:00~20:00

■休診日:不定休 ※お電話にてお問い合わせください
■住所

 〒113-0033
 東京都文京区本郷三丁目9-1 井口ビル1階
 ※アクセスMAPはこちら


クリックすると、自動的にランキングに反映されます

イラスト提供

いらすとや

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。