二郎のしょうゆは、カネシでした

ラーメン二郎に魅了された者のブログです。

ニンニク入れますか?

二郎以外の事も書くと思います。。。


テーマ:
日曜日。
吉祥寺の井の頭公園に紅葉を観に行こまい♪

昼飯は・・・

満を持して(?)初訪問しよう♪


生郎の歴史についてご存じない方はコチラを~

※以前の営業中(末期)だった生郎の画像

改めて振り返ると、よくこのビジュアルで営業を続けていられたなぁ(*_*;

営業中とは思えない外観だったが、白い扉が開いており、オーションの紙袋のカーテンが下ろされてるのが「営業中」の証だった(^^;)

そんなボロボロの外観が2015年にボロボロのまま閉店。その後、店主さんも代わり、全く別のラーメン屋になったのだが...


「生郎」リスペクトな店主さんは「生郎」の味の再現に取り組み、、、


「フューチャリング生郎」なるメニューを提供。


そして、ようやく訪問する日が来た。


生郎の再現なのか白いカウンターが店内を明るくしてるのかな(^^) カウンターには壁がなくて、ある意味オープンキッチン。こんなに見えていいの?って思うほど見ちゃう。

生郎の店舗ゆかりの備品も大切に展示。 
(メニュー表、テント看板など)


オープンキッチンをじーっと見てると~
まずはノーマルのラーメンが完成!!


ラーメンミニラーメン @650円

コチラは二郎インスパイアメニューかな。
太めの平打ち麺。ミニは150g。
生郎の要素はナシ。


そして生郎インスパイアがこちら!!


ラーメンfeat.生郎 @700円
ラーメン野菜

おー!!
豚の数からして生郎の「ぶたラーメン」を再現している模様。

ちなみにかつての生郎のラーメン画像は...


うんうん、アピアランスの再現性はいいね♪

わざと室温にしてあるしんなりしたもやし。

生郎らしく唐辛子がドバーっと♪


麺。

生郎では沸騰しない湯で10~20分という超アバウトな茹で時間であったが、こちらはほんの数分。

生郎は表面が煮とけた感じで、かつ芯はボソボソな食感だったが、こちらはポキポキと歯切れがよくてエッジの効いた麺。


低温長時間と、高温短時間の違いかなぁ。
ひとことで言えば「普通に美味しい!」。


スープ。

生郎専用のスープ寸胴から注がれたスープ。
こんなにツヤツヤしてたかな?

ノーマルラーメンは丼を予め湯で温めてからサーブする気の配りようだったが、feat.生郎にはそんな配慮は皆無(笑)

カエシがストレートに効いてて、ヌルい感じもグッド!!

最大の違いは唐辛子の辛さ(°°;)
生郎は辛みと風味が飛んでて、「ほんのり香る赤い粉」くらいの印象だったが、こちらはしっかり辛い(^^;) 
あと2年くらい置いた方がいいかも(笑)


豚。

こちらは四角い形状で雰囲気ムンムン♪

軟らかくて上品に美味しかった。


ごちそうさま~!!

総じて美味しかった( ̄∇ ̄)
再現性うんぬんじゃなく、美味しかったっす。


AD
いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)

じいさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

同じテーマ 「ラーメン生郎」 の記事

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。