二郎のしょうゆは、カネシでした

ラーメン二郎に魅了された者のブログです。

ニンニク入れますか?

二郎以外の事も書くと思います。。。

NEW !
テーマ:
昨日もカープは勝~ち勝~ち勝ち勝ち♪



昨夜は背番号26の内海を撃破して~



26じろー勝1番乗り♪


んで、
ちょっと戻って土曜日。

ラーメン二郎亀戸店へ。



家から極近ながらも「ホーム」とは呼べないくらいの訪問頻度に...(^_^;)

今年に入ってからの二郎直系店の訪問回数を数えてみたら...

①5回 環七新代田店 
①5回 八王子野猿街道店2
③4回 亀戸店
④3回 新小金井街道店、仙川店、荻窪店

あら(^。^;)

というわけで今年5回目の亀戸店訪問♪



歩道の整備が進む蔵前橋通り。

開店11時前、
10時35分到着で意図せずPP(◎-◎;)



壁際にベッタリ付いて狭い日陰ゾーンで待機。刻々と日差しが迫ってきた(^_^;)



日向になりかかった11時13分。
安定の13分遅れでオープン(^_^;)
開店待ちは20人くらいだったかな。



桃色・・・「タマネギキムチ」
黄色・・・「汁なし」
紫色・・・「ラーメン」

なのだが、マジマジと見ると、紫色の食券だけ角が丸くなってきてるなぁ。やっぱり使用頻度なのだろう...



豊富な卓上調味料。

あれ?
「ハバネロペッパー」がない?



麺の茹で時間が昔に比べてどんどん早くなってる気がするけど、この日もかなり早めに感じた。

開店時刻は遅れるけど、ラーメンの提供はめちゃ早い♪



ラーメンラーメン @690円
ラーメン汁なし @100円
ラーメンタマネギキムチ @100円
ラーメン野菜ニンニク



諸々トッピングで見えないけど、亀戸店にしてはこの日はキャベツが豊富(^-^)

昨年9月にエアコン工事したため、空調バッチリで、冷風によって湯気がたなびいてた。



やっぱりバラ肉は美しい!!
ナイスビジュアル!!



ファーストロットだと、カット時にまだホカホカの湯気が出てる豚が頂ける♪



麺。



透明感があるゾ(@_@)

訪問が月1ペースに落ちてしまったので、麺の変遷は定かではないが、こんなに透明感を感じて細目に感じたのは初めてだ。



めちゃ細い。
元々細目ではあった亀戸店だが...

茹で時間は短いものの、多加水麺のようなプリっと感。二郎独特の小麦の詰まった感じがしないものの、これはこれで啜りやすくて良いのかな?



豚。



ド迫力!!
家から徒歩2分でこの豚に出会えるなんて幸せだなぁ(^o^)

ホッカホカで歯の要らないクオリティ♪



味の染み込みは浅いものの、肉自体がそもそも旨い(^^)

バラ肉に変更してくれてありがとうございます!!



タマネギキムチ。



バラ肉に乗せて食べれば相乗効果がハンパない!!

タマネギキムチとバラ豚のコンビネーションが家から徒歩200歩の店で味わえるなんて...
感無量(ToT)



満足♪満足♪
ごちそうさま!!



帰宅後のおやつは、亀戸の船橋屋のあんみつ寒天。



名物くず餅が1個だけ入ってて、付属の黒みつは惜しげもなく大量(^_^;)



そう言えば、、、



店主さんは優しく諭しているけど、普通に犯罪ですからね(`Д´) 



「第三者の厳しい目」で調査だ!!




AD
いいね!(96)  |  コメント(16)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「ラーメン二郎 亀戸店」 の記事

テーマ:
久しぶりに頭を使った検証レポを♪



二郎ブログを書くようになってから、スープについては皆さんに倣って「乳化」「非乳化」などの言葉を使ってきた。



ラーメン二郎各店舗のスープが「乳化」「非乳化」なのか定義することは難しい。

日によってブレるし、時間帯によっても全く異なるスープになるのが二郎だから。

皆さんは何をもって「乳化」「非乳化」と書いているのだろうか?



スープ本体の水分に溶けだした豚骨や豚肉由来のゼラチンなど乳化力のあるタンパク成分が乳化剤となり、加熱沸騰によってアブラを取り込み、水にアブラが溶け込んだ状態が「乳化」である。



太陽化学HPより

アブラが取り込まれて乳化することで、スープ自体は光を乱反射するようになり、スープが濁って見える。

あ、眠くなってきましたか?



ここから本題。



まだブログにアップしてないが、昨日ラーメン二郎JR蒲田店で食べ終わった後、フィニッシュ丼を見て気づいた。



もやしが沈んでる

もやしが数本残っているはずだが、全て沈んでいるのだ。

亀戸店、小岩店、仙川店では最後にプカプカ浮いてるもやしをサルベージした記憶があるのに...

普段何気なく毎回撮影していたフィニッシュ丼画像を振り返ってみると、もやしが最後に浮いてる店と、沈んでる店があるのだ!

なぜ?
なぜ?
なぜ?



そこで考えてみた。



当然だが、モノが液体に浮くのか沈むのかは比重による。

塩分の濃いラーメンスープは比重が高まるはずだが、そこへアブラが溶け込んだらどうなるだろうか?

chemical bookによると...



豚脂(ラード)の比重は0.91。
水の比重は1.00。
※厳密に言えばスープの温度帯なら水の比重は1.00以下です。

つまり、アブラが溶け込めば溶け込むほど比重が下がるため、乳化スープの比重は低くなるはず。

逆に非乳化スープの比重は比較的高いはず。

液体アブラが分離して表層のみに浮き、本体のスープが非乳化、という店もある。このスープは全体としては比重が下がるのかもしれないが、本体のスープの比重は高めのはず。

 

このスープの乳化、非乳化で何が起こるのかというと...



水分約90%のもやしが浮くか沈むかは、スープに溶け込むアブラの量に左右されるのでは?

もちろん、もやしの茹で加減、スープの塩分値等で多少変わるだろうけど...



強引にまとめると~



【仮説】
スープが乳化しているともやしは沈み、スープが非乳化だともやしは浮く。

つまり、

最後にもやしが沈んでいる店は「乳化」スープ、もやしが浮いてる店は「非乳化」スープ。

こう考えると客観的に判別しやすくないだろうか?



では、具体的に見てみよう。



①もやしが沈む店。



仙台店



松戸駅前店



ひばりヶ丘駅前店



ふむふむ。
いわゆる乳化スープと言われる店は、もやしが表層に全く見えないゾ!!

濁って表面が見えないのでなく、完全に沈んでいるのだ!!



では、乳化スープの代表格と言われる八王子野猿街道店2はどうだろうか?



かなり前の画像だが、やはりもやしが見えない。



ところが!!



こんときは野猿でももやしが見えてる!?

何故って...



こんなけ野菜を盛られると、野菜の水分によってスープが薄まり、比重が上がったからだろう。。。



では逆に~



②もやしが浮く店



亀戸店



府中店



仙川店



やっぱり非乳化スープと言われる店ではもやしが浮いている!!



では、非乳化かつ、塩分が高いスープだと、最もスープの比重が高まるはずなので、もやしはプカプカに浮くはずだが、、、



「非乳化かつ、塩分が高い」



もちろん!!



千住大橋駅前店!!



イエス!プカプカ!!



イグノーベル賞、取れないかな♪


AD
いいね!(121)  |  コメント(58)  |  リブログ(0)

テーマ:
平日。
後輩ジロリアンと名古屋へ出張。



東京土産に「ごまたまご」を購入したら、お試し品として「キャラメルたまご」ってのを1個くれた♪

早速新幹線内で食べようとしたら、、、



包材が悲惨な破れ方してテンションが下がった(´д`)



夕方、順調に仕事を終えて~

もちろんラーメンに行くよね~



栄のテレビ塔。
夕方18時でも明るい季節♪



ドラゴンズブルーが目に付く広小路通りを歩いて行き...

狙いは初めての~

「ラーメン荘 歴史を刻め」

自分は生まれも育ちも愛知県で、大学時代も6年間名古屋に通っていたのだが、当時はまだなかったもんなぁ。。。



Googleマップを頼りに広小路通り沿いに行くと...

お、あった!あった!
皆さんのブログを拝見してて見覚えある青い看板がちょい先に見えた♪



え(◎-◎;)

シャッター閉まってねぇか...



あれ?
なんか違う!!

Googleマップではどう見てもココ。

後輩と激しく動揺。
右往左往(+o+)(+_+)

地図を何度も確認したが、、、

自分「まさか最近潰れた?」
後輩「いや、5月にブログアップされてるのを見ました。」

とりあえず道の裏に回って、後輩が小走りに確認しに行ったら、、、





あった(^^)



Googleマップよ!
間違えて記載してないでちょ~よ~!

でら焦ったがね~(-o-;)



店頭には賑やかな券売機。
こりゃ迷う系(◎-◎;)



情報が氾濫している...



空席があったんで、店員さんに案内されて着席♪



あ、そうそう、こちらは元ラーメン二郎のラーメン富士丸から派生されたお店の支店。

そいや、富士丸ではおしぼりがセルフサービスだったな。すっかり忘れてたけど、仕事の出来る後輩が入口からもって来てくれた♪



富士丸と言えば別皿アブラ。カウンターや厨房内にアブラが力説されているのだが、今はもう閉店してしまった富士丸の板橋南町店のアブラでゲキチンした苦い思い出も(-o-;)



でも、アブラは頼みます♪



体に良い要素 0%
心に良い要素 100%

がっちりした店主さん(?)の丁寧なオペにて仕上げ~



ラーメン小ラーメン @700円
ラーメン野菜ニンニクアブラ



もやし100%の野菜。
一盛りしてからデフォでアブラがかけられ、最後にもう一山もやしが盛られるスタイル。



後輩と揃っていっただきます!!



スープ。



オイリーな液体アブラが目立つが、下層にはドップリトロトロな濃厚スープが♪



このヘヴィーなスープは巷のインスパイアとは明らかに一線を画する素晴らしいモノ!



麺。



小で茹で前300g。



ピロピロウェービーゴワゴワ系。
骨格のガッシリとした存在感ある麺。



芯はきっちり残っており、噛みしめながら頂いた♪

スープはアブラでテカテカだったが、麺への吸い具合も程よく、麺とスープで勢いよく食べられる系(^^)



アブラ。



甘くて~旨くて~



豚。



これって、ロース!?
モモかと思ったけど、やたらにキメが細かくて歯が容易に入ったんだよね~♪

スープがヘヴィーな反面、豚にはアブラ身が全くなくてバランス取ってるんだなあ、と。



シャキシャキもやしと合わせて一気に!



ごちそうさま!!

やっぱり「ホンモノのインスパイア」は旨いわ(・∀・)



AD
いいね!(111)  |  コメント(22)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。