みなさん、こんにちは。カウンセリングサービスの大野愛子です。

木曜日は「うまくいかない恋の処方箋」をテーマに、大門昌代大塚統子と共にお送りしております。今週は、大野が担当させて頂きます。

 

流れ星 流れ星 流れ星

 

“失恋を忘れるには新しい恋”と言います。
ですが、失恋直後の傷が癒えていないうちに、新しい恋愛をすると長続きしないことがあります。
 
失恋の傷をひきずったまま、別れの悲しみを癒すための手段としての恋愛を、“リバウンド恋愛”といったりもします。
 
リバウンドは、そもそもダイエットなどでよく使われる言葉ですが、“反動”を意味しています。
 
食べたいものを我慢して痩せたものの、我慢の反動で食べ過ぎてリバウンドしてしまうことは、とてもよくあることですよね。
 
恋愛もまた同じで、急にひとりになったさみしさに堪えきれず、すぐに別の人と付き合いだしてしまうことが・・・。
 
失恋をいつまでも引きずっているよりは、「さぁ、次の恋に行こう!」と思えるのは、よいことでもありますよね。
 
ですが、リバウンド恋愛の場合は、別れた悲しみを癒すことを目的としているので、前の相手への愛情が心のなかに残り、次の相手をうまく愛せないことがあるようなのです。
 

***
 
じつは私も、リバウンド恋愛は経験があります。
 
結婚をするつもりでとても長いことお付き合いしていた男性に振られて、あまりのショックに自暴自棄になり。そんなとき、たまたま交際を申し込んでくれる男性が現れて、すぐに付き合うことを決心しました。
 
私はその男性と知り合いではありましたが、よく知っていたわけではありません。なのに、すぐにお付き合いを始めてしまった。
 
「あなたがいなくても全然平気。私はもう楽しくやっているから。」
自分を振った元彼に、見せつけてやりたい気持ちがあったのです。
 
さも前向きに立ち直ったふりをして、新しい恋に踏み出した顔をして、風のうわさで「もう新しい彼氏ができたんだって」と元彼の耳に入ればいいと思っていました。
 
しかし、新しい恋愛を始めたはずが、ちっとも楽しくないのです。それどころか、どんどん悲しみが増していきました。
 
だって本心では、新しい彼のことを好きになれないことに、うすうす気が付いていたから・・・。
 
この恋はとても苦い経験として、二年ほどであっけなく終わりを迎えることになります。
 
最後に、「どうしても付き合えない。ごめんなさい」と謝る私を前に、新しい彼がなんともいえない表情をしていたことを、いまだに覚えています。
 
元彼のいなくなった心の穴を埋めているだけだと、自分の心が癒えてきてひとりでも平気になった頃、新しい彼との交際を続ける気がなくなってしまうのです。
 
私の例もその典型的なものですが、いまでも申し訳ないことをしたなと思うことがあります。
 

***
 
リバウンド恋愛は、誰もがなるわけではありませんが、「長く付き合っていた、結婚を約束していた、一緒に住んでいた」など、関係性が親密だった人と別れたあとに起こりやすいようです。
 
ある日突然に、「好きな人ができたら別れてほしい」と一方的に告げられた別れという場合などにもみられ、大きなダメージによってリバウンドしてしまうことが特徴です。
 
終わってしまった恋愛を、男性は「名前を付けて保存する」、女性は「上書き保存する」というぐらいですから、昔の男を忘れるには新しい男というのは、間違っていないのでしょう。
 
ただ、心の傷が癒えていないうちに新しい恋愛をはじめてしまうと、うまくいかない場合があるのです。
 
失恋からの立ち直りは、思ったよりも時間がかかります。
 
・彼のことを思い出すとまだ涙があふれてくる
・彼のSNSが気になってたびたびアクセスしてしまう
・思い出の品々をまだ捨てることができない
 
こんな状態がみられるときは、それが未練であれ、怒りであれ、元彼への感情が残っているときには、新しい相手と良い関係を結ぶことがすこしむずかしいかもしれません。
 
※リバウンドは振った側にも起こることがあります。
相手の浮気の発覚など、なんらかのトラブルで突然に別れを告げた場合などにも、喪失感からすぐに次の相手を求めてしまうことがあるようです。
 
別れの後はしっかりと自分を癒すことです。
 
失恋後というのは、ひとりでいるのがさみしくなり、心がグラグラと不安定になりやすくて、自分の足でしっかりと立てないので、どうしても誰かに寄りかかりたくなります。
 
人ってそんなに強くないですからね。
こういう状態のときに、好きでもない人に「好きだ」と言ってしまうことが・・・。
 
そういうときには、家族・友達・仕事などの自分の居場所にいったん戻ることをおすすめしています。
 
「彼と別れても、私はひとりじゃないんだな。」
この安心感がなによりの心の処方箋になるからです。
 
人はひとりでは生きられないといいます。こんなときぐらい、周りの人に頼り、肩をかしてもらうことを、どうか自分に許してあげてほしいのです。
 
ですので、焦ることはありません。
心の整理をつけていくためには、たくさんのサポートを求めてみましょう。
 
するとある日、「ひとりでいても楽しい!」と思えるようになります。
そんな日が来たら、もう次の恋に進んで大丈夫ですね!
 
失恋後のサポートもしっかりとさせていただきますので、お悩みの方はご相談くださいね。

 

 

音符さん今年一年、恋愛テクニックをご愛読いただきましてありがとうございました。
皆さまにとって来年が素晴らしい年になりますよう願っております。よいお年をお迎えくださいませ。

 

キャンドルキャンドルキャンドル

Blog30代からのうまくいかない恋愛と40代からのこじれた男女関係に。婚活・失恋・復縁・不倫など、恋愛についていろいろ書いています。

→大野愛子のプロフィール&ブログ
カウンセリングを受けるには?
会場案内