さて、本題。


4月から金曜日の『大人の恋愛術』は、私、みずがきひろみ村本明嬉子カウンセラーの二人で隔週のお届けとなります。カウンセラーの目からみた恋愛にまつわるこんな話、あんな話、どうぞお楽しみください。

お知らせ

4月、5月、6月、7月と4カ月連続して、みずがきひろみが平日のお昼に講座を担当します。「自分を知り、自分を好きになれれば、人生はもっと楽しい」を合言葉に、月に1回、火曜日のお昼時に2時間、恵比寿駅近の会場で、カフェ気分でお茶を飲みながら、まったり語り合いませんか?最後に詳細をのせますので、是非、チェックしてくださいね

さて、本題。

「ワクワク」と「がっかり」の狭間で

「今晩、彼が電話をくれたら、こんなこともあんなことも話そう」と彼からの電話を「期待」して待っているときに限って電話もメールも来ない、なんて経験をされたことはありませんか?つき合う前は、私のことを追いかけるようにメールが頻繁に入ってきたのに、そんな彼のメールを楽しみにするようになったら、パタッと来なくなっちゃって心配でしかたがない。かといって、こちらから催促のメールを出すのは「重い女」と思われそうだからできないし、とさんざん悶々と考えているのに彼からはコトリとも音沙汰がない。もう待ちわびるのも辛いから彼のことをあきらめて考えないことにしよう、と生活の他のことに集中しようとしたころに「最近、どう?」なんて間延びしたメールが来ると拍子抜けします。私のことを忘れていたわけではなかったみたいとホッとする反面、あの不安、焦燥感、がっかりや悲しみはいったい何だったのだろうって思いませんでしたか?

「期待」しているときのワクワク感と背中合わせにある不安や失望感を思うと、もう何にも「期待」したくないと思う人もおられるでしょう。私もよくそんなローラーコースターに乗ったような感情の浮き沈みに振り回されます。

でも、「ワクワク」と「がっかり」の間を行ったり来たりしているうちに、そこには自分が本当に「欲しい」と願っているものと「それはきっと手に入らないだろう」という強い思いこみの両方があることがわかってきました。「愛してほしい」のに「絶対にムリ」とも思っているから、「愛してほしい」はもちろん、「愛したい」と思うことすら許せずにいることがわかってきました。

「期待」に潜む「べき」というコントロール

「話したいなぁ。今日は電話してくれないかなぁ」。

そんな他愛ない「期待」も、よくよく考えてみると、

「私のことを好きなら彼が電話すべきでしょう」、
「電話してほしいと言うのは重い。重くなるべきではない」、
「だから私から電話してほしいと言うべきではない」、
などの「べき」が隠れていたりします。

そして電話をしない彼は「私を好きではない」彼ということになってしまいます。

これまで「欲しい」って言ったのにうまくいかなかった痛みが、もう同じ失敗をくりかえさないために作り出した「べき」であることが多いのですが、やっかいなのは、自分のもっている思いこみに相手をあてはめて判断していることに気づきにくいことでしょうか。

彼の方は、話がある方が電話をすればいいじゃない、と思っているかもしれません。
あまり心の内を話したがらない彼ならば、用事がないから電話をしないだけかもしれません。むしろ、あなたの気持ちを信じていて安心しているときほど電話をかけてこないかもしれません。

私たちはみんなたくさんの「こういうときはこうすべき」というルールをもっています。それは、私たちが世の中をわたっていくためのハウツーの宝庫でもあるのですが、人それぞれ違うルールブックをもっていることをつい忘れがちです。そして、

「私はあなたを愛しているからこうするのに、私にこうしてくれないあなたは私を愛していない!」

って叫びたくなります。

でも、残念なことに、これではあなたと同じ愛し方をする人しか、あなたを愛していないことになってしまいます。違う感じ方、違う愛し方をする人からの愛は受け取れないのです。

「期待」という名の色めがねをかけているとき、相手の「真実の姿」はみえにくいものです。

「期待」の向こう側にある「豊さ」

「期待」は、「私を、私が書いたシナリオどおりに愛してね」という言葉にならないお願いです。そして、あなたが自分のシナリオどおりに生きようと、自分をコントロールしてきたことの裏返しでもあります。

自分で書いたシナリオどおりに事が進むと安心かもしれませんが、いまいち「ワクワク」が少ないと思いませんか?だって、あなたの書いたシナリオより素晴らしいシナリオがあるかもしれないのですもの。その可能性に扉を開くということは、自分をこうでなければいけないという縛りから自由にしてあげることになります。

自分のシナリオを手放せたとき、相手の真心に触れることができます。それは、相手も自由になれた分だけ素直になれるから。

自分のシナリオを手放す失望感の向こう側に、一人では作り出すことのできない「豊かさ」があるとしたら、怖いけれど「がっかり」をこえる勇気を探したいと思うのです。








コメント(21)