Sキャラ王子

テーマ:

行ってきました 、堂本光一君のソロコンサート「Best Performance and Music」in大阪城ホール!


30日夜の部は、あのお方、いつにも増して、Sキャラでございました(笑)



「俺、なんで今日、こんなにSキャラなんやろ?」


って、自分でおっしゃっていましたね。




F1の話を20分、延々と語り、


「20分、F1の話、してやったわ!」


とご満悦の表情にひひ



会場中のお客さんが、「パンちゃん(最近光一君が飼い始めたチワワ)はー?」「パンちゃんの話してー!」と言っても、


「パンは俺のもんやから、お前らなんかに見せるか!」


「今日は絶対に見せたらへん!」


というドSっぷり(苦笑)



大ブーイングの場内に、ようやく「そんなに見たいんか。しかたないなぁ。今日はセクシーなパンや」と折れ、大きなモニターに映し出されたピンボケ&ドアップなパンちゃんをしばし眺める王子。

ていうか、見せたかったくせにー!(笑)


「は~あ、癒された♪ F1の話でボッコボコに言われたからな」


と、当てつけのように言い放っていました。



いやいや~、昨日はみんな、かなり優しくて、ちゃーんとあなたの話、聞いてあげてましたよ?

「聞きたーい」って言ってましたもん。


なのに、わざと早口で話すんですもの。

「はやーい!」「もっとゆっくりー」とみんなが言うと、またわざと超スローで話し始めて……。


「ゆっくりしゃべると30分はかかるから」


と言いながら、結局20分、みんな文句も言わずに聞いてあげたというのに、その言い草ですか!?(笑)




「自分のほうがパンよりセクシーやと思う人ー?」


とお客さんに訊いて、手を挙げた人たちを見て鼻で笑う光一君。


「ふっ、ないなーい!」


そう言われて喜ぶファンもたいがいですよね(笑)



「これ、大阪やから言えるけど、う○こしてるときでさえかわいいねん。足がプルプルなって……」


と言いながら、パンちゃんがそれをするときの模様をリアルに再現してくれましたあせる


「うわっ、なんかこういう話するとめっちゃ関西弁になる。なんでやろ!? 俺も関西人ってことやな」


関西人として、この言葉は嬉しかったですね。



いろいろと声援を贈るお客さんに対し、


「あのー、個人的に話しかけるのやめてもらえます? 友達じゃないんでー」


と突き放すドSな光一王子&喜ぶドMなファン1万5千人(笑)


なんなんでしょうね、この関係性は。

ファンも年齢層が高くなってるので、ノーマルプレイでは満足できなくなってるんでしょうか!?にひひ




そして、「MY WISH」と「僕は思う」を歌うときには、モニターに光一君の13~17歳ごろの写真が。


「このころから応援してくれてる人ー!」


もちろん、アタシも勢いよく手を挙げました。


「ふっ、年齢がわかるな(笑)」



……あのぉ、一応あなたより年下でございますがにひひ





そんなSキャラな中において、時折、本来の天然が垣間見える一幕も。


映画「スシ王子!」の主題歌、「No More」を歌う前に、ダンスの振り付けの中に技が入っていることにみんな気がついているかという話になりました。


「あの技、なんて言うんやったっけ?」


自分の映画なのにすっかり忘れている様子で、会場中が「えーーーーーーーー!」と大合唱!

みんな答えを口々に言うので、聖徳太子でもない光一君には聞き取れないらしく、


「みんなで一斉に言って」


とおねだり。


「せーの!」


「自然流(じねんりゅう)秘儀!!」



きっれーいに揃いましたね、あのときは。



「おぉ! そうや! 自然流秘儀!!!!!」


そのときの表情が、ちょっぴりかわいかったのです音譜




「MY WISH」は、のっけから歌詞を間違えてやり直し。

「No More」も、途中の振り付けを間違えて、アフレコでやり直し。


ホンマ、自由でした(笑)





スタンド前方(ステージよりも若干前)のお客さんは、自分の“半ケツ”しか見られないという話になり、お尻をブリンブリン振ってファンサービスラブラブ!


「ブリン」

「フーー!!」

「こっちも、ブリン」

「フーー!!」


それを何度も何度もやった挙句、


「こんなお尻ブリンブリン振って『フーー!!』とか言われるアーティスト、日本でたった1人やで」


なんて言うもんだから、お客さんもますますヒートアップします。



「まぁ、こっちとこっちのお客さんは、俺の半ケツを楽しんでください」

「フーーーーーー!!!!」

「前のお客さんは……前を楽しんでください(笑)」

「フーーーーーー!!!!」

「アホかっ!!」


自分で下ネタを振っておいたくせして、ノリのいい客をアホ呼ばわりするドSな王子。


「あのねー、君ら、怒ったほうがいいよ。さすがに(笑)」


そして、


「こんなこと言う俺、バカ、バカ!!」


と、自分のほっぺを自分でぶっておられました。



「かわい~~~~~~!!!!!」


と、みんなが言うと、


「ふっ、かわいいのはわかってるねん。ぜ~んぶ計算ですぅ~」


と、憎たらしい表情でおっしゃってました(笑)





「もし俺が、ふぐーーーーってやったら光をコントロールできるとするやろ。それで、こっちからこっち(右)のお客さんにしか光を反射させへんかったとするやん。そしたら、こっち側(左)のお客さんは、『あれー? 光ちゃんがいないー』ってなるんやで」


なんて、お得意の光の話を始めても、“光ちゃんがいないー”というセリフだけに反応して「かわいーー!」と言いまくるファン。

もはや盲目でございます(笑)



「かわいい」と言われるたびに「計算だ」と言う光一氏。

照れ隠しなんでしょうが、それがまたかわいいんですわラブラブ



最後の最後に何かまたおかしなことをして「かわいい」と言われ、


「これも計算や! 今日はあまりにドSすぎたから、最後にかわいいことしてバランス取っとるんじゃ!」


だそうです。



はぁ、おなかいっぱい。

満喫いたしましたカラオケ





アタシにとっての初日は、こんな感じでした。


次は9月の横浜アリーナ!

なんと、センター席(通常の会場で言うアリーナ席)Aブロックらしいので、背が低いアタシでも、ちょっとは見えるかな。



……そうそう、今回は予想どおり、まったく見えなかったんですよしょぼん

(なのでMCの話オンリーでお届けいたしました)


ずっとモニターを見ていたんですが、「falling」のとき、後半はモニターに映してくれなくて、どうなっているのやらさっぱりわからずじまい……。


唯一見えたのは、ゴンドラに乗っているときぐらいでしたガーン



やっぱりこの身長にアリーナはきついですわ。

ヒールの高いウェッジソールを履いていっても、明らかに周りより一段低かったですから。


哀しい汗




9月に期待することにいたします。


Aブロックなら、銀テープもとれるかしらキラキラ




AD

3年ぶりの大阪城ホール

素直な女になるために……-CA3A0395.JPG


まもなく堂本光一君のソロコンサートが始まります。

ソロは3年ぶりなのでドキドキ☆


今日は、昼から選挙の投票に行き、そのまま電車に乗って大阪城公園駅で下車。
14時ごろ、昼の部が開演したため空いたグッズ売り場で、コンサートグッズを購入しました。


その後、読売テレビへ行き、24時間テレビの募金をして、「スタートの木」にコメントを書いたステッカーを貼り付けてきました。
なんか楽しかったな~(#^-^#)


それからIMPビル1階で、かなり遅めのbranchを(笑)
周りのお客さんがみんな光一君の話をしていて、

「みんな夜の部に参戦する人たちなんやろなぁ」

なんて、友達としゃべっていました。


昼の部が終わり、参戦した先輩から情報収集(b^-゜)

18時ごろ、いよいよ会場入りしました。

この会場も、3年前の光一君ソロコンサート以来!
KinKi Kidsのコンサートはいつも京セラドーム大阪ですからねぇ。


……そして、今に至ります。


あ、ステージのセットに火がついた!


開演まで10分を切りましたヾ(≧∇≦*)ゝ


目いっぱい楽しんできま~す♪

AD

リニューアル??

テーマ:

【追記】として書きましたが 、一昨日は恋人と会えませんでした。

トラブルがあったらしく、いつもならすでに帰っているはずの部長、課長、係長が残って対応をしていたんだそうです。


まさかそんなところへ“潜入”するわけにもいかず……。



“声聞きたいし、みんな帰ったら電話するわ携帯


彼から届いたメールの最後には、そう書いてありました。


――“声聞きたい”


付き合いが長い割に、免疫ができていないのか、こんなひと言だけでドキドキしてしまうアタシ。



そして22時ごろ、「今、みんな帰っていったよ」と、電話があったのです。




「めっちゃ大変やったんやなぁ。もう10時(22時)やん! お疲れ様」


アタシがねぎらうと、


「まぁ、俺は何にもすることないんやけどな。でも、部長とかが一生懸命、あーでもない、こーでもないってやってる横で、DS(ニンテンドーDS)とかさすがにできんやん。それがまいったねー」


と、彼は苦笑した。


「じゃあ、何してたん?」

「まぁ、いろいろやってたよ。ふだんせんようなこととか」

「そうなんやぁ」

「誕生日前にもう1回会えると思ってたんやけどな」

「そやね……」


何よりそれが悔しかった。

誕生日前に会えたからって、何が変わるわけでもないけれど、なんとなく。



「昨日さ、仕事終わった後、ボーリング行ってさー」

「へ~、ボーリング」

「うん。昨日は割と調子よくて、スコアが189やってん」

「おー、めっちゃいいやん!! すごい!!」

「せやろ。俺、めったにやらへん割にはうまいねん♪」


調子に乗る彼。


「でもな、めったに行かんからまっすぐしか投げられへんねん(笑)」

「あー、なるほどね」

「ボーリング世代のおっさんとかって、テクニックで曲げるけど、あれはできん」

「じゃあ、頻繁にやればそういうテクニックもついて、めっちゃうまくなるんちゃう?」


さらに調子に乗せようとするアタシ(笑)


「えー、今さらいいわぁ(苦笑)」


しかし、却下された(笑)



「でな、そういうのもあって、今日は身体がヘロヘロやったねん。そやし、休みたいから早く帰ってほしかったんやけど、そういうときに限ってそういうもんやねんな~」

「まぁ、そううまくはいかんよね」

「うん、うまくいかんわ」


彼は大げさにため息をつく。


「さ、シャワー浴びに行こうかな」

「うん」

「まぁ、今日はゆっくり寝てくださいな」


いつもは彼のところに行くと、“ゆっくり”というわけにはいかない。

深夜でも電話がかかってきたりするし、何より、寝ぼけた彼がいろいろと触ってきて……(笑)



「ていうか、アタシはゆっくりできるんやけどね」


あなたは今日も半分仕事なわけだから、と思う。


「やっぱり?(笑) ま、俺も昨日があれやったから早く寝るわ」

「そやね、ボーリングで疲れてるしね」
「ホンマに」

「筋肉痛は?」

「筋肉痛? そんなんバリバリあるで。身体中痛い(笑)」

「あははは!!」


思わず笑ってしまう。


「そしたら今日は早く寝てよ」

「うん、そうするわ。次は……9月3日か」


事務所のホワイトボードに書かれた当直表を確認しながら言ったのだろう、と思った。


「1週間ぐらい後か」

「え、あー、そうなるか。……結構空くな」

「うん、そやね」


久々に、半月ほど会えないことになる。


「ま、次に会ったときは、32(歳)にリニューアルした俺になってると思うし」

「リニューアルですか(笑) 32歳になったからと言って、1日で何か変わるの?」

「変わらん(笑) ――まぁ、強いて言えば、さらに身体が疲れやすくなるやろな(笑)」

「えー、そんなリニューアル嫌や~(笑)」

「しかたない。歳には勝てん(笑)」





31歳の彼と、最後にそんな電話のやりとりをしました。



そして今日、彼が32歳に。


0時ちょうどに、お祝いメールを送りました。

ふだん使わないデコレーションメールのテンプレートを利用して。


すでに寝ていたのか、返事があったのは今日の昼でした。



“綺麗なデコメありがとうニコニコ まさかこの歳になって歳をとると思わんかったけど、32歳もいろいろなことに頑張っていくしグー よろしくな~ねこへび



「なんでやねん!」


思わず、声に出して突っ込んでいました(笑)


32歳になっても相変わらず冗談ばかり言うんだろうなと思わせる、誕生日1発目のメールでした。







さて、明日はいよいよ堂本光一君のソロコンサート「Best Performance and Music」参戦日クラッカー

アタシにとっての初日です。


大阪城ホール公演は昨日から始まっていますが、夜の部に参戦した友達から、


“光ちゃんのドS発言最高!”


というメールが届きました。


ドS発言……こちらのお方も三十路を迎えても相変わらずなようです(笑)



自分に娘ができたら、門限は18時にするんですってにひひ

部活できひんやん(笑)


門限がないというお客さんに、何をしているのか尋ね、「カラオケでオール」という話になったそう。

わかってるくせに、「そんなに何歌うの?」と訊いちゃう王子。


当然お客さんは「KinKi~!!」と大合唱音譜

その答えにかなり照れつつもご満悦な様子だったんだとか。


か、かわいすぎる……。


KinKiファンの友達(光一君ファン、剛君ファンどちらもいます)とカラオケに行くと、8時間のフリータイム中、お互いのトイレ休憩以外はKinKi Kidsもしくはソロ曲オンリーという、アイタタ……なことをよくしますが、その話を聞かせてあげたいわ(笑)


あーでも、引かれるかもなぁ……。

やりすぎで怖いってねあせる



あとちょうど24時間後に、アタシの初日コンサートが始まります。


3年ぶりのソロコン、あー、楽しみラブラブ!




AD