ジューン・ブライド

テーマ:
結婚願望ある? ブログネタ:結婚願望ある? 参加中
本文はここから


そういえば、今月はジューン・ブライドでしたよねベル

友人から転居連絡のはがきが届き、ふとそんなことを思いました。


転居先は千葉。

旦那様の転勤なんだそうです。


はがきには、生後3カ月の赤ちゃんが映っていて、なんだか幸せな気分になりました。






――彼女と旦那様が出逢ったのはちょうど2年前。

実はアタシ、僭越ながら、キューピッドの1人だったんです天使



始まりは、2007年の年が明けてしばらくしたころに受けた彼女からの食事の誘いでした。

相談したいことがあるというのです。


会って話を聞くと、どうやら周りが「まだ結婚しないの?」とうるさいんだとか。

彼女の実家はとても古い町なんですね。

だから親戚も近所に多く、先祖代々からの知り合いばかりなんです。


隣の家の苗字も知らない(表札を何度か見てるはずなんだけど気がないから覚えられない)アタシの実家(住宅地)とは大違い。

同じ市内なんですけどね~。



シャイな彼女は、これまで男性とお付き合いをしたことがありませんでした。

このアタシに頼ってくるぐらいなので、友達付き合いもあまりなかったんだと思います。


周りから結婚を急かされるにつれ、このままじゃ一生結婚できないんじゃないかと、だんだん焦ってきたようなんです。

誰か紹介してほしい、と懇願されました。



とはいっても、アタシに紹介できるような異性の知り合いなんていません。

恋人の友達とかになると、彼女たちにまでプチ遠恋をさせることになってしまう……。


しかも彼女の場合、いい人がいれば今すぐにでも結婚したいと言うので、相手も相当、結婚願望が強い人じゃないと、紹介するには双方に失礼になります。


頭を悩ませつつ、その日は別れました。




それから2、3カ月が経ったある日のこと。

会社の先輩から、ある話を持ちかけられました。


要するに、「いい人がいるんやけど、会ってみない?」という紹介話だったのです。

相手は、先輩が年賀状のやり取りをしているOBの方がかつて仲人を務めた夫婦の息子さんなんだとか。

一流大学院卒のエンジニアで、学歴や地位は申し分ない!

写真を見ると、とても優しそうな方でした。


当の先輩も独身なんですが、「もう20歳若ければね~」とおっしゃるお歳ごろ。

すでに結婚することは諦められたんだそう。

それでアタシにどうかと思われたようなんです。


しかしながら、アタシには恋人がいます。

それを先輩に打ち明けると、「じゃあ、同期さんたちの誰か、どう?」とのこと。


そのとき、アタシはひらめきました。

例の友人を紹介するのはどうだろう、と。


一応、同期たちにもその男性の写真を見せたのですが、反応はいまいち。

目が肥えた彼女たちには、どうも頼りなく見えたようです。

まぁでも、彼女たちの性格は十分わかっているので、初めからその反応は予測済みでした。

だからこそ、友人を紹介しようと思ったのです。


先輩に了解を得て、友人にその話をすると、彼女は大喜び!

パソコンができない彼女に代わってプロフィールを作成し、写真を撮って、先輩経由で先方に渡してもらいました。



それからさらに1カ月後。

いよいよ当人同士が逢うことになったのです。

2007年6月のことでした。


お互いに好感触だったようで、その日から、結婚を前提としたお付き合いがスタートしました。

そして、昨年の七夕にめでたく入籍、9月末に結婚式を挙げたのでした。




スタイルいいでしょ、彼女!!

背が高くてす~~~~~~っごく細いんです。




少人数の式&披露宴で、親族以外で出席したのは、新婦側がアタシ、新郎側が先輩に話を持ってきたOBの方、その2人だけでした。

つまり、それぞれの紹介者ってわけですね。



正直、友人の結婚が、これほどうれしいものだとは思いませんでした。

キューピッドの1人だったということもあるのかもしれませんが、やっぱりアタシにとって、彼女は特別だったのかもしれません。


小学生のときから(アタシは転入生なので高学年からですが)、彼女はいつも、アタシを頼ってきてくれました。

アタシもまた、それが心地よかったんですよね。

だからある種、母親の気分に近いものがあったのかな。


彼女が披露宴で、ご両親へ向けて手紙を読んだとき、 涙が止まりませんでしたしょぼん

彼女の幸せそうな顔に、アタシまで幸せな気分になりました。


そして、すでにお腹の中に新しい命が宿ったと聞き(入籍は式の3カ月近く前に済ませているのでデキ婚ではありません)、心からよかったと思いました。

彼女、いつも言っていたんです。

男性の前で裸になるのは無理だと。だから付き合うのが嫌なんだと。


それを覆してくれる相手に出逢ったということなのかな、と思うと、一層うれしくなりました。



もちろんアタシは、友人代表としてスピーチをしました!

そしてそのお礼に、出口で新婦から直接ブーケをいただいちゃいました。




素直な女になるために……-ブーケ


次はアタシ!?(笑)



彼女のご両親、そしてお兄さん、また新郎のご両親からも何度もお礼を言われてしまいました。

言うほどのこと、してないんですけどねあせる


でも、それだけご家族にとって、自分の息子や娘、あるいは弟や妹の結婚というものはうれしいものなんでしょうね。


そう思うと、アタシも両親のために早く結婚してあげないといけないのかな、などと考えてしまいました。



実は彼女たちの結婚式の前夜は、恋人がウチに泊まりにきていました。

つまり当日は、朝からアタシが友人の結婚式へ行くために準備しているのを、彼が横で見ていたのです。


なので、式&披露宴が終わったあと、上のブーケの写真を添付し、


“今終わったよ。なんとブーケもらってしまったわ音譜 綺麗やろブーケ2


と彼にメールしました。

他意なく、単なる報告のつもりだったんですね。


しかし、彼からは返事がありませんでした。


きっと戸惑ったんでしょうね。

暗に結婚を迫られているように感じたのかもしれません。

そんなつもりは決してなかったのですが。


なんだか申し訳ないことをしちゃいました(笑)



付き合って8年目になるというのに、アタシたちのあいだに“結婚”という2文字はまったく出ません。


結婚願望がないわけじゃありません。

むしろ、三十路に突入する前にはしたいなと思っていたりもします。


だけど、今のままじゃ難しい。

プチ遠恋ゆえ、どちらかが仕事を手放さなくてはならない。


彼は、どうやらアタシに仕事を続けてほしいようなんですね。

一方でアタシは、彼がしたいと思うことを応援したい。


お互いの想いがわかるからこそ、“今”を脱せない。

“結婚”をすることで、相手の可能性を潰してしまいたくないんです……。



そうやって、未だに願望と想いの狭間で葛藤し、現実から逃げているのが情けない限り。



ときどき、10年後もこのまま同じような関係を続けているんじゃないだろうかと思うことがあります。

このままズルズルいけば、あり得ないことじゃない。


そろそろちゃんと、向き合わなきゃいけないですね。




ジューン・ブライド最後の日、友人から届いた1枚のはがきから、そんなことに思いを巡らせたのでした。




そういえば、昔はアタシ、25歳に結婚したいと思っていました。


理由は簡単。

堂本光一君が、27歳で結婚したいと言っていたからひらめき電球


ファンとしては、同じ時期に幸せになりたいと思ったんですよね~。


ま、光一君もアタシも、すでにその年齢を過ぎてしまいましたが(笑)

予測つかないものですね、未来って。




さて、ブログを始めて4年半、休止期間を除くとのべ2年、初めて1カ月間、皆勤更新しましたクラッカー

といっても、うち4回は、ブログ妖精のココロちゃんが書いてくれてるんですがべーっだ!



アタシもやればできるやん!




AD

お金に対する意識

テーマ:

まずは、こちらをどうぞ。



マネーマインド診断


http://www.nomura.co.jp/wfp/moneymind/index.php



たまたま見つけた野村證券のサイトにあったのですが、14の質問に答えると、自分のマネーマインドが計れるというものです。


前にも書きましたが 、アタシは、自分のためにお金を使うのはなんだか後ろめたくて苦手なんですが、人のためなら――それがたとえセールスの人であっても――お金を出してしまうという超バカ者です。


だから、正直この診断には自信がありませんでした。




ところがですよ!


見て、この結果!!


(クリックすると大きくなります。ケータイだと読めないかも)



素直な女になるために……-マネーマインド診断



なんと、100ポイントで満点のところ、94ポイントだったんです合格


しかも、「意識」以外の「知識」「行動習慣」「経験」「意欲」はすべて満点!


おそらくアタシ、昔からあまり物を買わなかったので、放っておけばお金が貯まったんです。

だから、「○○のためにいつまでにいくら貯めよう」といった貯金の目標って持ったことがないんですよね。

そういう意味で、“意識”が欠けているのかもしれません。


とはいっても、「意識」も平均は上回っているので、少し安心しました。





アタシが初めてお小遣いというものをもらったのは、中学2年生のときでした。

金額は月1,000円


使い道はもっぱら、文房具でした。

かわいい鉛筆や消しゴム、ノートなどを集めるのが好きだったんですよね。



金額が倍になったのは、3年後でした。

アタシには年子の弟がいるので、もらい始めるときも金額が上がるときも公平になるよう、弟の進学がきっかけになっていたようです。


ちょうどその年、KinKi Kidsが「硝子の少年」でCDデビューをし、初めてCDというものを購入しました。

それからのアタシのお金の使い道は、KinKiのCDにカラオケ、あとは定期代や部活絡みが主でした。


年間24,000円

それでも、アタシには十分な額でした。



そんな生活だったので、短大に進学し、奨学金をもらったときには驚きました。

だって、月5万円ですよ!

寮での生活費、教科書代などを賄うにしても、多すぎると思いました。


結局、2年間で半分も使わなかったため、余った分は弟の車代に充てることに。

弟は高校を卒業してすぐに就職したので、車を買うお金がなかったんですよね。


あ、でも弟にお金をあげたわけではありません。

親に出してもらった学費を少しでも返すという名目で、親に渡したんです。

弟はだから、親に毎月少しずつ返金していました。


裕福な家なら、そんな必要はないんでしょうが、我が家は当時、家のローンに教育費に、家計が逼迫していました。

そんな中、短大に進学させてもらったわけです。

高卒の弟のほうがよっぽど親孝行ですよね。

出してもらった学費には及ばないけれど、返せる分は返すというのがアタシなりの感謝の気持ちでした。



贅沢が苦手、自分のためにお金を使うことに罪悪感を感じてしまうのは、こんな家庭環境で育ったからなのかもしれません。


そういう意味では、上記の診断結果も家庭環境のおかげと言えるのかな。




診断の「経験」と「意欲」、逆に、平均がこんなに低いことに驚きました。


だって、診断をしようと思うってことは、ある程度関心がある人じゃないんですかねぇ!?



アタシは決して人より金融商品に詳しいわけではありません。

むしろ、リスクのあるものには手を出せないので、株や外貨預金はちょっと無理です。


お金を無駄にしてしまうことに異様なほど拒絶感を覚えてしまうため、宝くじも、UFOキャッチャーですら、縁がありません。


そのアタシが満点で、平均がこれほど低いなんて。




唯一、経験したことがある資金運用といえば、個人年金保険と個人向け国債 の購入。


個人年金は、定額のものだと元本が必ず保障されるんですよね。

20代半ばから積み立て始めると、月2万円ほど出せば、60歳から10年間、100万円ずつ戻ってくるんです。


将来の年金があてにならないと言われている今、自分のことは自分で守らなきゃという思いと、低い利子で銀行にお金を預けているより、有効に安全に活用できるほうへ資金を回そうという思いから、3、4年前に購入しました。



一方、個人向け国債は、2年ほど前に購入を検討し、実際に初めて購入したのは約1年半前のことでした。

こちらも、途中換金しなければ、元本が必ず保障されるんですよね。


国債というのはいわゆる“国の借金”なので、日本経済が破綻すればリスクを負うことになるかもしれないんですが、そんな事態になったら、銀行だって危ういんじゃないかと思うんです。

ハイリスクハイリターンを望む人には利率が心もとないでしょうが、ローリスクローリターン主義のアタシにはちょうどいい商品なのですね。


年4回募集があり、1回につき、利払いは年2回。

利率が変動する10年ものと、固定の5年ものがあるんですが、アタシは両方購入しています。


まぁ、利率が高いときは固定を買い、低いときは変動を買う感じですかね。

個人向けは1万円から買えるので、お手軽なんです。

しかも、今は窓口へ行かなくても、ネットバンキングで購入できる銀行が増えていますし。


アタシも先ほど、6月30日までの募集期限の10年ものを、ネットバンキングで購入しました。

時間外受付なので予約の状態ですが。




素直な女になるために……-国債2009.6


アタシはいつも、1口10万円に決めています。

多く購入すると、次の募集で利率がかなり上がったとき悔しいので、小さい額を積み重ねようと思ってるんですよね。


そうやっているうちに5年、10年経って、元金が償還されるというわけです。

マイペースなアタシにぴったり。


これが前に書いた 、アタシが家計簿をつける(家計簿ソフトを使ってます)以外に楽しんでいることなんですラブラブ



来年には、3年ものが発売開始になるという話を聞きました。


よさそうであれば、また買いたいと思います。


マネーマインド、「意識」も満点になるよう、心がけよっと。


AD

珍しくアクティブな週末

テーマ:

たとえ3連休だったとしても、3日間、一歩も外に出ないということが多いアタシ。

ところが、この週末は、珍しくアクティブに過ごしましたべーっだ!



まずは金曜日の夜。


恋人のところへ行かないことになったので、ブログを更新 したあと、ゆっくりお風呂へ入り、日付が変わっていたのでアメを溜めるため、アメーバピグ にログインしました。




すると、お友達のアユムさんからメッセージが!

なんと、23時から、代々木公園エリアの「アベニュー・テレビ8」で、KinKi集会をやるとのこと。


23時からはすでに1時間半以上経っていましたが、何せピグは、一度ログインすると時間があっという間に過ぎてしまうことで有名(?)。

きっと、みんなまだ集っているだろうと思い、覗きに行ってみることにしました。


無事に待ち時間なしで入ることができ、進んでいくと、KinKiピグ&KinKiファンピグがいるいる!!

集団に入っていくのが苦手なアタシは、その光景に圧倒されてしまいましたあせる


とりあえず、傍観に徹しようと思い、近くで座って見ていたのですが、写真に写りこんでしまうので、邪魔にならないよう、離れることに。

すると、堂本光一君ピグのにゃんさん、アユムさんが、「入っていいよ」と声をかけてくださいました。


でも、アタシにその集団参入はかなり難易度が高く、見てるだけで精一杯で、なかなか動けないんですよね……。

何か言わなきゃと思っても、言葉すら見つからずショック!


にゃんさん、アユムさん、めんどくさいヤツでホントすみません。

ありがとうございましたありがとう(男)



なんとか頑張って集団に混ぜていただき、撮った一枚がコレカメラ


素直な女になるために……-第1回KinKi集会


心優しいKinKi Kidsファンの皆様、混ぜていただきホントにありがとうございました。






――ここまで読んで、「結局パソコン上かよ! どこがアクティブやねん!!」と思わないでくださいませ。

本論はここからでございます(笑)




土曜日、恋人が夕方に来ると言っていた ので、堂本剛君ファンの先輩のアドバイス(?)どおり、前日のMステをサラッと流し見しながら掃除。


こういうきっかけでもないとやる気にならないので、トイレからお風呂からキッチンから洗面所から、ときどきしか掃除しない場所を綺麗にしました。


結局MステでのKinKiは、「夏うた」は49位の「夏の王様」、「2009年度上半期」は9位の「約束」しかランクインしていなかったので、やはり流し見は正解でした。

本腰入れて観ちゃうと、凹みそう……(苦笑)



14時半ごろ、カーペットを夏物に替えたので、敷く前にコインランドリーで洗濯しようと準備。


洗濯に約40分、乾燥にこれまた約40分、合計1時間半あればできます。

行き帰りを含めると、2時間ほど。

16時半には終わる計算です。


恋人が来るのは夕方なので、ギリギリ間に合うかなと思ったのです。


家を出ようとしたとき、ケータイの着うたが鳴りました。

メールではなく電話。

ということは、おそらく彼です。


(まさか、もう来るの?)


そう思いながら電話を取ると、そのまさかでした。


「これから向かうわ」とのこと。

思わず、「早いなぁ!」と言ってしまいました(笑)


だって、夕方って、17時ごろじゃないんですか??

むしろ、「夕方って言ってても、結局なんだかんだで夜やろな」と思っていたぐらいだったしにひひ


ということで、カーペットの洗濯は中止、テレビでも見てゆっくりすることに。



それから20分ほどして、また彼から電話がかかってきました。

なんでも、トラブルが発生したため、来るのが18時ぐらいになるとのこと。


「ゴメンな、結局夜になってしまって」と謝ってくれた彼には悪いけど、アタシは「ラッキー」と思い、再び準備をして、カーペットの洗濯に行きました。



次に彼が電話をしてきたのは、それから約3時間後。

18時に近くのデパートのレストラン街で待ち合わせをし、一緒に食事をしました。


……と、この後のことはまた改めて書く ことにします。




日曜日の今日は、派遣社員の子が企画をしてくれ、部内の女性でランチへ行くことにナイフとフォーク

京都駅で彼女の車に拾ってもらい、大津の山の中にある「Blueberry Fields」 (ブルーベリーフィールズ紀伊國屋経営)というところへ行きました。


こんな場所があるなんて全然知らなかったんですが、すっごくいいところでした音譜

絶景のなか、オーガニックフレンチをいただきました。




素直な女になるために……-ブルーベリーフィールズ

手前がブルーベリー畑、奥に見えるのが琵琶湖です。

(以降の写真、すべてクリックするとかなり大きくなります)





素直な女になるために……-ブルーベリージュース

まずはブルーベリージュースワインをいただきました。

これはコースとは別料金なんですが、やっぱり来たからには飲まなね~。



素直な女になるために……-キッシュ


コース1品目は、「玄米とズッキーニのフランのキッシュ」。


キッシュの中にお米が入っているというのがあまり見ない感じでした。




素直な女になるために……-天然酵母パン1


これは、2品目の前に出てきた、自家製天然酵母のブルーベリーパン。



素直な女になるために……-新玉ねぎのムース


コース2品目は、「新玉ねぎとカツオのシャルロット仕立て」。

真ん中の白いのが、新玉ねぎのムースで、中にカツオのお造りが入っているんですよね。


上にはワラビが載っていて、周りにはバルサミコソースが。

かなり絶品でした!!




素直な女になるために……-フォカッチャ


3品目の前には、2つ目の自家製パン、グリンピースのフォカッチャが出てきました。



素直な女になるために……-スープ


そして3品目、「ズッキーニのスープ」です。


なんとこれ、レモンが浮いてるんですよね。

ちょっとびっくりしました。


でも合うんですよね、これが!




素直な女になるために……-メインディッシュ


4品目はメインディッシュ「北海道産 仔羊とじゃがいものグリエをタイムの香りで、赤ピーマンのソース」。

ていうか、長いねん、名前が!(笑)


羊が苦手な先輩(上記の剛君ファンの先輩です)は、予約のときに魚にチェンジしてもらっていました。

鯛だったようです。


羊は肉厚で歯ごたえがあり、じゃがいもがほくほくでとてもおいしくて、大満足でした。

先輩もちょっとだけ味見されたんですが、臭みが抑えられていて、「これぐらいなら大丈夫やわ」とのことでした。




素直な女になるために……-くるみパン


3つ目のパンは、くるみ全粒粉パンでした。

パンはこれで以上。



でもって、デザートの登場!



素直な女になるために……-デザート


硝子のお皿がおしゃれなこれは、手前が「木いちごのジェラート」、向かって右奥が「レモンケーキ」、そしてその隣が「ココナッツのムース」でした。


ジェラートは、永源寺というところにある池田牧場さんのもので、かなり濃厚!

レモンケーキの味は、意表を突かれるもので、「食べたことない味やね」と、みんなで話していました。

ココナッツのムースは、文句なく美味で、幸せな気持ちになりました。




素直な女になるために……-アロマティ―


デザートとともにいただいたのはアロマティー。

夏場はアイスとホットが選べるんだそうです。




素直な女になるために……-ブルーベリージャム


最後に、自家製ブルーベリージャムのクラッカーをいただきました。


満足満足。

おいしかったぁラブラブ!



アタシたちがいただいたランチメニューは、3,675円(税込)。

これに2品加えた5,250円(税込)のコースもあるようです。

(メニューは月替わり)


最初にいただいたブルーベリージュースが650円(税込)だったので、今日のランチは合計4,325円でした。

お昼にこんなに出すのって、初めてかも。


贅沢しちゃいましたさくらんぼ




さて、レストランは2階だったのですが、1階には、パンやジャムなどが売られています。


これまた結構高いんですが、なかなか来られないところだし、と思い、いろいろと買ってしまいました。



素直な女になるために……-ブルーベリーフィールズお土産


左の紙袋には、隣のブルーベリークロワッサンが入っています。


水曜日に恋人に会いに行くので、お土産にしようと思いまして。

賞味期限が7月2日なのでギリギリなんですが、ま、彼のことだしすぐに食べちゃうでしょ(笑)


手前のビンは、季節限定のすももジャム。

やっぱり限定ものには弱いんですよね~。

サイズは小さいんですが、840円と高めでした。


ジャムの右奥は、ランチで食べたフォカッチャです。

おいしかったので、買っちゃいました!




それにしても、今日は暑い日でした汗


帰宅後、すぐにお風呂に入ると、腕や首の後ろが若干ヒリヒリ……。

気をつけていたつもりでしたが、やっぱり日差しがきつかったんでしょうね~。


とはいえ、日焼け防止のために髪の毛を下ろしていると、それもまた暑いしなぁ。


普段の休日は引きこもりなので、ちょっとした日差しに敏感なのでした。

(結局、自業自得。笑)




おぉ、しのらー!!(by「新・堂本兄弟」)


Mステは流し見でしたが、こちらは本腰入れて観ま~すテレビ





AD