切ない幸せ

「あのな、明日の夜から会うって言ってたんやけど、実はやらなアカンことがあってさ」


土曜日の夜、お酒が入ってハイテンションな恋人からこんな電話がかかってきた。(コチラ 参照)


「あ、そうなんやぁ」

「ホンマごめんな」

「ううん、いいよいいよ!」


まぁ、いつものことだ。

アタシが休みを取った日は、たいてい彼の都合が悪くなる。

このあいだ、“24時間いっしょにいられそう”なんてぼかして書いた のは、だからだ。

また無理かもしれないって、心のどこかで思っていたんだと思う。

だから結局、最長記録は更新ならず。

でも、月曜日はちゃんと1日休みが取れたらしいので、アタシとしては満足だった。




そして月曜日。

朝10時に、いつもの駅で待ち合わせ、彼の車でホテルへ向かった。


「キレイにしてきてもらったのに悪いね、いきなりホテルで」


助手席のアタシを横目で見ながら、彼はそう言った。
彼曰く、済ませてからじゃないと、落ち着かないらしい。(←何が!? ^^;)


「そんなんいいよぉ」

女がキレイにするのは、好きな人に見てもらいたいだけなんだから……。

心のなかで、そう呟く。



平日の朝だけに、ホテルは空いていた。

時間も、9時から17時までフリータイムなどどいう、驚異的な長さ!!


とはいえ、ちゃんと半分以上の部屋は埋まっているところがすごい。。。
みんな、どういう仕事してはるんやろう?



2005.11.28


(ホテルの窓から、前庭を撮ってみました♪)



気に病んでいた「女の子の日」も、5日目ということでほとんど心配なく、待ち合わせをしてから1時間半後にはもう、アタシは彼に抱かれていた。

“平日”そして“昼間”、いつもは縁のないキーワードたちが、アタシたちをとても穏やかな気持ちにしてくれていた。


「昨日さぁ、『全国一斉IQテスト』 ってのがテレビでやっててさぁ……」


アタシは彼に腕枕をされながら、会えなくなった時間も有意義に過ごせたことをアピールしようとした。


「あぁ、なんかやってたな。途中からやったから全然観てないけど」


放映時間中に“やらなアカンこと”というのは終わったのか、と思った。

遅くまで残業してたわけじゃなさそうだとわかり、少しホッとする。


「うちはね、父親は違うテレビ観てたんやけど、母親と妹とアタシと3人で、ずっとやってたねん。なかなかおもしろかったよ」

「へぇ~」

「アタシのIQは121らしい♪」

「は~、すごいなぁ! 俺、絶対100行かへんわ」

「え~、大丈夫やって。ホリエモンも98ぐらいやったよ」

「アカン、じゃあ俺70ぐらいやわ」


そんな話をしていたからか、今度は彼は、ゲームセンターの話をし始めた。

雑学クイズが出題され、全国の人たちと対戦するゲームらしい。


「俺、芸能、スポーツは得意なんやけど、他がまるでアカンからさ、隣にそういう知識持ってる人がおらんとって思ってて」


要するに、今から行こうということらしい。

情けないことに、アタシは急に自信がなくなってしまった。


ということで、珍しく、3時間以上も残してホテルを後にし、アミューズメント施設へ行くことに。

とりあえずお腹が空いたので、何か食べることにした。

そこは、景色を観ながら食事ができるらしく、これまたのどかなランチを味わうことができた。

“幸せ”ってこういうことを言うんだろうな、と本気で思えた。


しかし、それも長くは続かない。



事件はその後だった。


お目当てのゲームは、どうやらそこにはなかったようで、映画を観ようということになった。

彼とは、ホテルでDVDを観たことは何度かあるけれど、映画館で映画を観たことはなく、アタシはなんだかワクワクしていた。

しかし、うまく時間が合わなかったため、断念。

そこでアタシたちは、施設内にあるカラオケに行くことにした。


時間的に、カラオケの後、ちょうど映画を観られるな、なんてちょっぴり期待していた。

おそらく、彼も同じことを考えていたように思う。

しかし、カラオケの途中、彼の携帯に着信が入っていたのだ。


「家からや。この時間にかかってくるのはなんかヤな予感がする……」


親が経営者であるため、彼の言う“家”というのは、イコール“仕事関係”だ。
慌ててかけ直しに行く彼。


覚悟はできていた。

今日のデートは、ここでおしまいだと。


そして案の定、彼は浮かない顔をして戻ってきた。


聞くと、風邪で休んでいる課長の代わりに、会議に出席しなくてはいけなくなったらしい。

そのプロジェクトは、課長と彼しかわからないものなのだという。

こういうとき、ちょっと誇らしく思う。


「むかつくわぁ~、なんで今日に限って休むねん!」


そんな彼の言葉だけで、アタシはもう充分だった。

だから、

「ホンマ、ごめんな」

って、何度も何度も謝ってくれること自体が申し訳ない気持ちだった。


「うん、いいよ。仕方ないもんね」


彼の怒りを鎮めるように、アタシはできるだけ穏やかに言うよう努める。


「またさぁ、時間が間に合うのがむかつくねんな」


彼は苦笑した。


きっと、彼の親も、今日は息子が遠くに出かけていることを知っていて、早めにかけたのだろう。

アタシの存在を知っているのかどうかはともかく……。



日の落ちるのが早くなり、まだ17時過ぎだというのに、すでにあたりは薄暗くなっていた。

気の早いクリスマスイルミネーションたちが、まるでデートのフィナーレを飾り立ててくれているように思えた。

そんな中を、彼と二人で、時間を惜しむようにゆっくりと歩く。

駐車場に着けばいよいよ終焉。。。



車に乗り込むと、彼は、

「どこまで送って行けばいいかなぁ?」

と聞いた。「あなたが車を停めてる駅って、ここから遠い?」


遠いと言えば遠いし、近いと言えば近い。

だけど、帰宅ラッシュに引っかからないとも限らない。


「いいよ、すぐそこの駅で」


いろんな感情を振り払い、アタシは努めて明るくそう言った。

彼はこれから仕事なんだから仕方ない。


「そっか、ごめんな」


そう言うと、彼は、外気にさらされて冷たくなっていたアタシの手をギュッと握った。

彼の手のぬくもりが心に沁みて、胸にこみあげるものがあった。

でも、決して悲しいわけではなく、むしろ、穏やかな気持ちだった。



駅に着く最後の交差点で、赤信号で止まっていると、

「いい?」

と彼が唇を寄せてきた。

アタシはそれに素直に応える。


「ロータリーに入ったらたぶんできないから、今のうちにしとくわ」

「ん」


また泣きそうになる。

愛しくて、切ない感情。

だけど、どこか幸せだった。



彼の車から降りると、昼間の暖かさが嘘のように、外はすっかり寒くなっていた。

でも、アタシの心はポカポカしていた。

車の姿が見えなくなるまで、彼を見送った。


電車に乗ると、彼からメールが入ってきた。


“いつもながら、仕事のことで振り回してごめんな。

 でも今日は楽しかったよ。

 黒い服も似合ってた。

 また今度、ゆっくりしような”


1人でにやけて、きっと周りの人たちは不審に思ったことだろう(笑)


でも、改めて、彼に対する想いを認識できた気がした。


切ない気持ちには、愛を深める効果があるのかもしれないな、なんて……。



人気blogランキングへ

AD

サンタ、発見☆ 3週目!

忘れるところだったよ、サンタキャンペーン!!

危ない、危ない。。。


ということで、書こうと思っていた今日のデートのことは、明日(もしかしたらこの夜中)に回すことにします!




今回はちょびっと手こずった(^^;


でも、ちゃんと見つけたよ~、サンタさん☆



ハンズのX'mas ハンズネットでサンタを探せっ!!




あ、うちのメロ「りっぷ」が、いつの間にか「ひとりだち」になってる!!


いやん、ネコちゃんみたいで可愛いわぁ♪

アタシと恋人(あと光一君も……)の共通点は、イヌよりネコが好きなこと。

だから嬉しいな!!



人気blogランキングへ

AD

コミュニケーションタイプ診断

テーマ:

mixiで発見した診断。

自分のコミュニケーションタイプが何かわかるらしい。


ということで、さっそくやってみた。



  キャラミル研究所


    ↑ ↑ ↑


  コチラをクリック!!



【ウラゲノム】


ナイト

・仲間に頼りにされたい 「いざ鎌倉系発想」


マザー

・仲間のハッピーが大好物 「オカン系発想」


リアリスト

・情報や事実に基づき、合理的に物事をジャッジする 「マジ系発想」



【オモテゲノム】


スマート

・軽快トークでもめ事ブロック。すり抜け系のコミュニケーション




●基本的に『おせっかい』です。
●人にモノを頼まれると燃えます。
●きっちりモノを考えるのが好きです。
●話好きだけど、お互いあまり詮索しすぎない距離が好き。


う、かなり当たってるかも。




もうちょっと詳しく見てみると……


「ナイト」は素直で柔順。

仲間のために何が出来るか、何をして上げられるか、という発想をします。

周囲と協調し、友達や知人のためになにかをしてあげることに限りないエクスタシーを感じます。
与えられた使命を果たすことに、命をかけ・・・は言い過ぎですがガッチリ責任を持ちます。
だからナイトは、周りに敵を作りません。

またナイトは聞き上手でもあり、主張の違う他の意見にも素直に耳を貸すことが出来ます。
人当たりの良さも魅力のひとつです。

一方で受け身体質のところがあり、自ら率先してなにかを切り開いていくのはチト苦手。
誰かに期待されないといまいち燃えません。
むしろ仕事くれ!ってかんじ。
待ってるうちにスリープ状態に入っていることもよくあることです。

行動特性
「遠足の[しおり作り係]に燃えるタイプです」

・協調的で相手を立てるのが上手です。
・ヒトからのアドバイスや指示を素直に受け入れます。
・時に受け身がちになりがちで、人の意見をツルッと、うのみにしてしまうことも。
・与えられたポジションに燃えます。



うん、素直かどうかはともかく、“誰かのため”ってのが好きなのよね~。

[しおり作り係]に燃えるってのは、ものすごく当たってる。
受け身になりがちで、人の意見をうのみにしてしまうのは、本当にアタシの反省すべき点。

いやぁ、すごいわ。。。



「マザー」は、思いやりを大事にします。
人のミスや欠点もさらりと受け入れてしまうふところの深さがあります。
いわゆるポストいやし系。

メンバーの個性・好みを理解し、各自に合わせた接し方をする、なんてことを本能的にやっています。
配慮の足りないヒトから「それって計算ずくなの?」というやっかみをうけても「やーだ、そんなことないのよう」などと流せる余裕は、まさに「おかん」そのもの。

おせっかいすぎるところが、うっとおしがられることもありますがそれでもやはり、いやし系。
チームの必需品的キャラクターです。

支持する意見やヒトに対してはすぐ心のファンクラブ第1号になってしまうので客観的になれないところもあります。

行動特性
「基本的に『おせっかい』です」

・人にやさしく、相手の気持ちを考えます。
・気配り上手で、世話好きです。
・人の成功を素直に喜べます。
・人に対してあまり強く意見したり、感情のままにガミガミ怒ったりできません。
・身内にえこひいきするところがあります。


確かにアタシはおせっかいだと思う(^^;)

いやし系……かなぁ??

ていうか、本能的に他人を“ヨイショ”しちゃうみたいなので、アタシと話すと気分が良くなるって言われる。
支持する意見やヒトに対し、客観的になれないのはあるかも。

じゃなきゃ、10年以上、誰かさんのファンやってませんって(苦笑)



「リアリスト」は合理的な現実主義者。
世の中を観察、分析し、自分はいま何をするべきか筋道を立てて考え、冷静に答えを出します。

夢を現実に変えるにはその道筋を理解することが必要です。
ギターが弾けない人は「ミスチル」にはなれない。
変身できない人は、「仮面ライダー」にはなれない。
そういう夢のないことをスパッと言いきることのできるヒトです。

合理主義なんてと言うと「カタブツで冷たい」イメージがありますがまったくその通り。(やや言いすぎ)
極端な話ですがルールや規則でしばって周囲に窮屈な思いをさせるところもあります。

きちんと筋道立てて話せない人と話すとちょっとイライラしたり、なにかとストレスも多いのがリアリストのつらいところです。

行動特性
「きっちりモノを考えるのが好きです」

・現実主義者
・合理的に考え、効率的にパパッとこなすのが好き
・冷静沈着。ピンチでもパニックにならない自信あり。
・一貫性のない発言をする人は許せません



「カタブツで冷たいイメージ」かぁ。
これはかなりあるだろうな。

特に、身近にいる人ほどそう思えると思う。
身近じゃない人にはもともと距離があるからいいけれど、身近な人には自分で距離を置かなきゃアタシ自身が保てなくなる気がして……。
きっちりモノを考えるのが好きってのは当たってる。

っていうか、理屈っぽいだけか。。。




「スマート」主な特徴
よくしゃべり、よく笑う、愉快な人です。
周囲に対し、気を使ったりするのがうまいので誰とでも仲良くなるのかと思いきや、自分のプライベートな話をするのは意外に好きではなかったりして相手に不意にココロの壁を感じさせます。

べったり付き合う友達関係を好まずヒトに相談事をすることもあまりありません。

会話は楽しく。
スイングするような愉快なコミュニケーションをしたいというヒトです。

だからあまりヒトのプライベートにもハナをつっこむようなところがなく、仲良くなってからもなにかまだ秘密があるような・・・そんなミステリアスな印象をあわせ持ちます。


うわぁ、当たりすぎ……(>_<)

しゃべるのは好きだし、「怒ったことないやろ」って言われる。
でも、よく考えてみると、当たり障りのない話しかしてないのよね。

広く浅く……。

だって、親にさえ、彼氏がいることを話してないしねぇ(^^;

周りから「秘密主義」ってよく言われるもん。





以上、怖いくらい当たるので、皆さん、ぜひやってみてください!!




そう言えば、今日は松下幸之助の生誕111周年。
幸之助が生まれた和歌山、そして事業を始めた大阪では、様々なイベントが催されている。


そんな記念すべき日にデートできるなんて嬉しいなって思っていたのだけど、今日はダメになってしまった。

夜、やらなきゃいけないことがあるらしい。
といっても、お泊り24時間デートがダメになっただけで、明日は朝から会えるのだ。


平日なのに、なんで朝からって?

4月~9月まで、一度も年休を使っていないと、会社から「健康のため、10月~12月までに1日休みを取りましょう」というお触れが出される。

ということで、明日は彼の休みに合わせ、それを取得することにしたのだ。


昨日、電話がかかってきたのが、友達の結婚式の2次会後でアルコールの入った状態だったらしく、かなりハイテンションな彼(^^;

一緒に参加した友達何人かと駐車場に向かっているところだったようで(飲酒運転!?)、電話の向こうでいろんな声が聞こえた。

「ごめんな」を連発する彼に対し、「ホンマ気をつけて帰ってや」を連呼するアタシ。
「マザー」気質が炸裂した(笑)


明日が楽しみだなぁ♪



人気blogランキングへ




AD