バースデー☆イヴ

――8月29日(月) 0時ジャスト――


 Happy birthday!

 28歳、おめでとう♪


アタシは、恋人にメールを送信した。

すると、即行で返事が返ってきた。


 ありがとう。

 誰よりも早く言ってもらえて嬉しいわ。



“誰よりも早く”

もちろん、それを狙っていた。

誰よりも早く言いたかった。


彼とバイバイしてから6時間ほど、ずっとこの時を待っていたのだ。


そのために、デート中、“おめでとう”などと言ってしまわないよう、細心の注意を払っていたのだから……。






彼の誕生日前日である28日は、日曜日にもかかわらず、朝早くに起こされた。

妹を高校まで(部活のため)送っていかなければならなかったのだ。


休みの日というのは、こきを使われて仕方ない。

でも、デートの日はなぜか、どんなことでも喜んで引き受けてしまうから不思議だ(^^;)



彼と会うのはお昼から。

せっかくなので、妹を送ったついでにジムへ寄ることにした。


開館と同時に入り、その日、最初のスタジオプログラムを受ける。

こういうものは即効性のあるものではないと知りつつ、この後にデートが待っていると思うと、妙に気合いが入ってしまった


プログラムが終わると、お風呂に入り、身体を念入りに洗う。

それから着替え、メイクをして……。



そうこうしているうちに、結構いい時間になった。


ジムグッズを、駐車場に停めている車の中に放り込み、小さな手提げバッグだけを持って電車に乗り込む。

怖いくらいに順調だった。



待ち合わせの駅に着き、駅前のコンビニに入る。

いつもなら、早く着くにしても遅れるにしても、待ち合わせ時刻の少し前に彼からメールが入るのだけど、その日はまだ何も連絡が来ていない。


それだけでちょっぴり不安になる。


待ち合わせの時刻から5分が過ぎた。


“今日の約束、もしも彼が忘れてたら……”



アタシの悪い癖だった。

いろいろなことが順調で、周りから幸せだと思われているようなとき、すぐに悪いことを想定してしまう。
そう考えていれば、本当にそうなってしまったとしても、「やっぱりな、そう思ってたわ」って思え、傷が浅くて済むからだ。


そう、自己防衛の手段なのだ。


でも、一度そう思ってしまうと、「着いた」というメールさえ打つのが怖くなる。


アタシはもう一度、約束を交わしたときのメールのやり取りを見返してみた。

やはり日も時間も間違ってはいない。



時間にルーズな女だなんて思われたくないから、とりあえず着いていることだけ報告しなきゃと、意を決してメールを送った。




彼からの連絡が来るまでのあいだ、アタシは不安で不安で仕方がなく、雑誌を手に取り、パラパラとめくってみるものの、内容がまったく頭に入ってこなくて、結局すぐにラックに戻すという作業を、延々と繰り返していた。


もし彼がアタシとの約束を忘れてたとして、家で、もしくは友達と遊んでいる最中にこのメールを見たとしたら、彼に恥をかかせてしまうことになる。

それが、アタシにとっては何よりも心苦しく、耐え難いことだった。

だから、メールを送ったあとは、いつも「送らなきゃ良かった」と、後悔ばかりしてしまうのだ。


そんなアタシの煩悩を、彼は知るよしもない。



メールを送ってから5分ほどして、ようやく電話がかかってきた。


「ごめんな、もう着くし! 道がめちゃくちゃ混んでてさぁ」


いつもの彼の声。


心底ホッとした。

彼が忘れていなかったことに、そして、アタシのメールが彼に恥をかかせることのなかったことに。


“会えないこと”よりも“恋人が不快に感じていないかどうか”を気にしてしまうのは、アタシがあまりに自意識過剰なせいなのだろうか……。


純粋に“寂しい”とか“会いたい”といった感情を持ちたいのだけど、こればっかりはコントロールのしようがない。

根っから可愛くない女なのかも……(苦笑)




何はともあれ、無事に彼と落ち合うことができた。

アタシのあまりにつまらない悩みは、恥ずかしいので彼には話さないでおく。

「ごめんな、遅くなってしもて。なんで今日、こんなに混んでるんやろ。ホンマ多かったわぁ」
「そうなんやぁ。夏休みも終わりやし、最後のお出かけなんちゃう? ほら、ラスト3日間は宿題せなアカンし。うちの妹もここ最近、必死でやってるよ」
「宿題? 俺、そんなもんしたっけなぁ??」

彼は少し考える。「いや、してないぞ、そんなもん」
「してないの?」

「うん。ていうか、俺らたぶん、宿題なんてなかった」

「うそぉ? なかったの?」

「確かね。……私立のスポーツクラスやったから、スポーツで成績を残せばそれで良かったねんか。だから普段から宿題なんてなかったな」
「へ~」


彼が、そんな高校に通っていたなんて知らなかった。

こうやって、直接質問して答えを聞くのではなく、話の中から少しずつ、彼を知っていくのはとても楽しい。


「でも、アタシも夏休みの宿題はでききらへんかったな」

「そうなん?」


ちょっと意外そうな声。

「う~ん、量が尋常じゃなくってさ。毎日やっても終われへんぐらいの量やったねん。それこそ答えを丸写しでもしないことには。でも、それだけは絶対にしたくなかったからね」
「いやいや、答えを写すのは基本やろ(笑)」

「基本なん?(笑) でもまぁ確かに、それで提出できなくなるより、答えを写して提出したほうが点数はもらえるしね。でも、どうしてもそういうことができないねんな。とにかく要領が悪かったねん」


あの頃は、とにかくテストや宿題に追われていた。
その場しのぎで身につかないような勉強を強要する学校に、正直腹が立っていた。

だから、テスト勉強や受験勉強は一切しなかった。

テストが終わったらすぐに忘れるようなもの、やったって仕方がないと思ったから。



「あぁ、そうや、俺らスポーツクラスの場合、宿題出すと部活の顧問が怒るねん。それのせいで練習時間が少なくなると、スポーツの成績が悪くなったりするから。だから、授業なんて一日中寝てても大丈夫なぐらい楽やった!」

「マジで? なんか未知の世界やぁ!!」

「でも、間違いなくそこでバカになったね(笑)」


彼は自嘲的に笑った。


アタシたちは、普通のカップルなら、1年以上続いた時点で知っていそうなお互いのことを、未だに知らなかったりする。

でもそれは別に、隠しているわけでも会話がないわけでもなく、単にこれまで、話す必要がなかっただけ。


アタシは、彼のすべてを知っておきたいとは思わないし、彼もおそらくそうなのだ。

似た者同士なのだろうか?


いや、違う。

彼のことを知るたび、自分とあまりに異なっていることを痛感しているのだから。

きっと、基の部分は違うけれど、心地よいと感じる場所が同じだったりして――例えば、彼はマメじゃない、アタシはしつこいのが苦手という別々の理由から、あまり頻繁に連絡を取り合わないほうが楽だという、お互いの利害の一致が生まれている――価値観が一致しているのだと思う。



ホテルに向かう車の中、彼と話しながら、そんなふうにいろいろと考えを巡らせていた。




ホテル街(というかむしろ、集落w)に到着すると、彼が友達から、いつもより長く滞在できるところを教えてもらったということで、そちらに行ってみることになった。


男性って、友達とこういう話をするんだなぁ……と、妙に関心してしまう。

女性は、少なくともアタシの周りは、こういった話をあんまりしようとしない。
まぁ、男性が主導権を握ることが多いから、スムーズに女性をエスコートするための情報収集なのかもしれないけど。



ホテルに入ると、いつものように変わりばんこにシャワーをあびる。

そして、前回の記事 のような状況に至ったわけだ。


彼が戻ってきて、慌ててブログを更新したあと、アタシたちは共にベッドにもぐりこんだ。
彼はアタシに覆いかぶさり、アタシの胸の上に頭を乗せる。

こんなふうにされるだけで、すぐにドキドキしてしまう。

(アカン……。聞こえてしまうよ……)


そう思えば思うほど、余計に鼓動が早くなる。

そんなアタシの思いを知ってか知らずか、
「……心臓の音が聞こえる」

と、彼がつぶやいた。


(聞かないで!)


そう思うものの、恥ずかしさから声にならない。


「生きてるって感じがするなぁ!」

また、彼が胸の上でつぶやく。


「生きてるよぉ!」

そう言うのがやっとだった。

「鼓動が早い」とは言われなかったけれど、おそらく彼は気づいていただろう。

アタシの言葉にフッと笑うと、そのまま唇をふさいできた。



彼の唇は、彼の舌は、彼の指は、アタシの身体のありとあらゆる部分に触れた。

2ヶ月ぶりの彼のぬくもりは、ものすごく心地よかった。

……つづく



人気blogランキングへ


AD

ただいまデート中☆

050828_1425~0001.jpg

今、恋人がシャワーを浴びている。

2ヶ月ぶりのデートだから、待っているアタシもドキドキ☆

というわけで、記事更新&コメレスは、また帰ってから行ないます。
ゴメンなさい(>_<)


あ、戻ってきた!

それでは失礼m(_ _)m



人気blogランキングへ

AD

恋のはじまり ~経営者編~

テーマ:

またまた、“恋”って呼んでいいのかからないようなネタですが、許してちょ☆



ビジネス雑誌なんかでは、よくアンケートはがきに、「好きな経営者を挙げてください」などといった質問項目がある。

現役の人でも、故人でもいいとなれば、皆さん、いったい誰を書くでしょうか。

アタシは間違いなく、松下幸之助」と答える。

前にも少し書かせてもらったけど ……。

というか、アタシのブログタイトル「素直な女になるために……」というのも、彼の著書をもじったものなのだ。

松下 幸之助
素直な心になるために
松下 幸之助
素直な心になるために PHP文庫


おそらく現在でも、上記のようなアンケートの上位(3位以内)に食い込むだろうけど、ビジネス雑誌を愛読しているのは中高年が多い。

つまり、ビジネス雑誌をあまり読まない若年層には、もう名前さえ知らない人もいるということ。

かく言うアタシも、5年前まで、その名前を耳にしたことがなかったのだけど。

幸之助がこの世を去ったのは平成元年4月27日

すでに16年の歳月が過ぎている。

当時は相当騒がれただろうけれど、小学3年生だったアタシはまるで記憶にない。

長者番付で10回トップに輝いた、日本を代表する経営者とはいえ、現在30代前半以下の人たちにとっては、あまり耳馴染みのある名前とは言えないのかもしれない。

アタシが初めて幸之助の存在を知ったのは、就職活動中のことだった。

ある自動車会社の説明会で、第二部として幸之助に関する講演を聞いたのだ。

その自動車会社とはなんら関係がないのに、どうしてこの人について話すんだろう?

最初はそう思った。

でも、話を聞くうち、それが、会社という枠を越えて、相当偉大な人なのだということがわかった。

幸之助が創業した松下電器(Panasonic)のCMを、ちょうどキンキが担当していた頃でもあったので、なおさら親近感を感じることができたのかもしれない。

結局、その自動車会社の採用試験は受けなかったんだけど、その講演だけでも充分に価値があったように思う。


その後、今の会社に内定してから、アタシは幸之助の著書を読んだ。

彼の半生を綴った『私の行き方 考え方』だ。

松下 幸之助
私の行き方考え方
松下 幸之助
私の行き方考え方―わが半生の記録

幸之助は家庭の事情で、小学校を4年のときに中退している。

だから、ずっと文字を書くことが苦手だったという。

進学校に通いながら、短大に進んだことを少しコンプレックスに感じていたアタシにとって、それは衝撃的だった。

天下の松下電器を創業したのが、学歴のない人だったなんて! と。

遠い遠い、雲の上のような存在だと思っていた幸之助を、身近に感じた瞬間だった。

そして、そのときの感情は、“恋のはじまり”とよく似ていた。




今ではもう、30冊以上、彼の著書を読んでいる。

別の人が彼について書いたものも含めれば、実に50冊以上になる。

仕事で、生前の幸之助と接する機会のあった方に会うことがあるが、一番印象的だったこととして言われるのは、「聞き上手」ということだ。

社会人になったばかりの若造であっても、身を乗り出して話をきいてくれ、「うん、それで?」「それでどうなったんや?」「ほぉ、それはすごいな」などと、話している側が気持ちよくなるような相槌を打ってくれるのだという。

自分は学歴がないから、周りの意見に素直に耳を傾け、学ぶのだと。

なかなかできることではない。

何十歳も年下の者から教わろうというわけなのだから。

ただ者ではないと思った。

「松下電器は部品を作る前に、人を作る会社です」

これは、幸之助が言った言葉。

だけど、本当にこのとおりだったようだ。

部下が失敗をしたら、自分の失敗話をして、どこがいけなかったのかを考えさせる。

さんざん叱ったあとには、「君に、わしの悔しさがわかるか。君を叱らないかんわしの悔しさがわかるか」という言葉を添え、やる気を起こさせる。

決して、直接的な言葉を言わず、相手に考えさせ、相手の心に訴えるのだ。

恋愛においても、こういう心を揺さぶるような言葉を言えたなら、もっともっと絆が深まると思う。

そのためにも、やっぱり素直になること、そして「聞き上手」になること、これを追求しなければならない。

松下 幸之助, 江村 信一
大切なこと
松下 幸之助, いのうえ かおる
もっと大切なこと

また、著書から学ばせてもらいます♪

人気blogランキングへ

AD