トランジットガールズ Another Story

ドラマ トランジットガールズの未来の物語。

変わらないよ・・・。
私はずっと変わらない。

NEW !
テーマ:
午前中の授業が終わり、小百合はいつものように学食でユイたちを待つ。

「お待たせぇ~。小百合ちゃん、今日は何食べるの?」
「今日はね、お弁当作ってきたんだ」
「マジで?ってことはゆいさんも同じお弁当ってことだよね?」
「うん。そう♪」

菜々たちは、チケットを買いチャーハンをトレイに乗せると、角の方の席に座る。
「さゆっちのお弁当見せて」
「いいよ。大した物じゃないけど」

今日のお弁当は豚の生姜焼き。敷き詰めたご飯の上に乗せた、ちょっと手抜きのお弁当。
「ん?ねぇ?玉子焼き、2切れだけ?それも端っこ」
「うん。変?」
「少なくない?」

菜々に言われても小百合は笑うだけ。

「いただきまぁ~す」
「小百合ちゃん、昨日は何してたの?」
「昨日はね、スタジオの先生と、あきさんが家に来たの。それでお昼をごちそうして。
後は、いつもの買い物」
「あっ、もしかしてシュークリームって。小百合ちゃんのところに行くためだったんだ」

ユイは先生とあきの顔を覚えていて、昨日店に買いに来た時に対応していた。

「うん。あれって初めて食べるけど。生地がサクサクで美味しかったぁ~」
「でしょう~。ななっちは昨日どうしてたの?」

菜々は渋って話そうとしない。
「どしたの?」
「・・・ケンカした。あのバカ」

ユイと小百合が理由を聞いているとき、ゆいは、打ち合わせが終わり、東京に戻る木野下たちを外へ見送っていた。

「気を付けてお帰りください」
「ありがとう。ゆいさんもね。じゃ~先生、来月ね!」

お腹が空いたゆい。ロッカーから楽しみにしていたお弁当を持って休憩室へ行った。

今日は、雨なので全員が休憩室にいる。

『あっ・・・手紙が読めない』

仕方がないので、手紙はポケットに入れ、包みを開ける。
「あ~っ❤今日は生姜焼きだぁ」

隣でコンビニ弁当を食べている瞳がゆいの弁当を覗いた。
「今日は小百合ちゃんのお弁当なんだ。美味しそうだね」
「なんか、今日は思い付きで作ってくれたみたいで」
「そうなんだぁ」

ここで瞳はゆいに余計なことを言う。

「小百合ちゃん、こんなに美味しそうなお弁当作れるのに、彼氏がいないって。
勿体ないなぁ。ゆいさん、小百合ちゃんってそれっぽい人とかいないの?
いつまでもゆいさんにお弁当じゃ、張り合いがないんじゃない?」

ゆいは、瞳に言われたことに反論もせず、うなずく。

「そうだよね。私は実験台ってとこかな。せっかく彼氏に作ってあげたくても、下手だったら嫌われちゃうからね」
「彼氏が出来れば、自然と上手になるよ」

適当に相槌を打ったゆいは、玉子焼きをかじる。
『美味しい~❤ん?今日はやけに玉子焼きが多くない?嬉しいけど』

きっとその理由が手紙に書いてあると思ったゆいは、早く手紙が読みたい。
でも、みんながいるし、隣は瞳。これではどうやっても読めない。

反対側の隣でサンドイッチを食べてる由紀が瞳の話を逸らすためにゆいに聞いた。
「お肉って、どっち使ってるの?ロース?バラ?」
「それがね、夜食べるときはロースで、お弁当はバラなの。こだわってるみたい」
「あ~、何となく分かる気がする。お弁当は食べやすい方がいいでしょ?切ってあるバラ肉だったら手間がないしね。小百合ちゃんの優しさかな?」

その話に瞳が輪を掛ける。
「そういう優しさをゆいさんじゃなくてさぁ~。誰かいい人いないの?」

目の前のあきは「逆効果じゃん・・・」と下を向く。

ゆいは瞳の言葉に苦笑いをするだけ。
今すぐ手紙を読みたいゆいは、弁当箱を片付けると、そのままロッカーへ。

一人になったゆいは、そこで手紙を読む。

『甘えん坊のゆいへ

今日は初めてお弁当を二つ作りました。
時々、偶然同じ物食べたりするけど、せっかくなら、同じお弁当を食べたいなって思って。
玉子焼きは、ゆいが好きなので、私の分も入れたよ。食べてくれたかな?

ゆい?私も、お母さんが亡くなってずっと寂しかったけど、今はゆいがいてくれるから寂しくないし、幸せだよ。
この先、もしゆいがまた寂しくて辛い気持ちになった時は、私がその気持ちを埋めてあげるから。
ゆいには私がいるから!
私だって、ゆいを守りたいんだから!

ゆいには、もっともっと甘えてほしい小百合より』

「だから、玉子焼きがたくさん入ってたんだぁ。今日も美味しかったよ♪
そうだ、今日は私がご飯作ろうかな。ハンバーグだって言ってたし、これなら私にも出来るから」

ゆいは、小百合に『ごちそうさま』のLINEを送った。

小百合は、そのメッセージを読んで、
『喜んでくれたみたいだね。良かった❤』と、自然と笑顔になる。

菜々のケンカの理由を聞いた小百合は、「ななっちは甘えたことはないの?竹本君はななっちにそうして欲しいんじゃないの?」と言ってみるが、「出来ない!」の一点張り。

当人同士は至って真剣に悩んでいるケンカ。
でも、小百合とゆいのケンカと比べたら、全然比ではない。
「ななっちが折れないと、収拾がつかなくなるよ。
悪いことは言わないから、ななっち、謝んなよ。
早いうちに言わないと、仲直り出来るものも出来なくなるから。
ほら、今、LINEしなよ」

小百合に言われた菜々は、孝之に謝りのLINEをした。
AD
いいね!した人
同じテーマ 「小説」 の記事
NEW !
テーマ:
「小百合、そろそろ時間だよ。遅刻するといけないから行こっか」
「早いなぁ~」

早く支度を済ませて、時間ギリギリまで寄り添っていたゆいと小百合。
「今日は小百合のバイトもないし、ゆっくり出来るから。ねっ!」
「うん・・・」

後ろ髪を引かれる思いなので、ゆいはチューをしない。
「ゆい~してよぉ~」
「学校行きたくなくなるでしょ?」
「ゆいのケ・・・っ」
「・・・・❤」
「学校行きたくない」
「ほらぁ~、行くよ。続きは帰ってからいっぱいしてあげるから!」

小百合はドアのカギを閉めて車に乗った。

「今日の晩ご飯は何にしようかな~」
「ハンバーグじゃないの?お風呂に入ってる時に言ってたでしょ?独り言」
「聞こえてたんだ。ハンバーグでいい?」
「うん、いいよ♪」

外は台風が接近しているせいか、少し雨風が強い。
「小百合、この分だと明日か明後日には来そうだね、台風」
小百合は窓を見ながら、バイトをどうするか考える。

「今回の台風ってそんなに大きいの?」
「うん、10年振りの超大型台風って言ってたよ」
「そうなんだ」

ゆいは、嫌そうな小百合の横顔を見て微笑む。
「小百合、大丈夫だってば。家が飛んでくわけでもないんだし。一晩寝ちゃえばあくる日には行っちゃうんだから」

そんな話をしている間に、車は学校の前に着く。
「スタジオに行く前には電話するからね。ゆい、お仕事頑張ってね」
「うん。ありがとう❤いってらっしゃい」

車を降りた小百合は、ゆいの車を見送った。
その姿を近くで見ていたユイと菜々。

「小百合ちゃん、おはよう♪今日はゆいさんに乗せてもらったの?」
「おはよう。うん。今日はバイトもないし、雨が降ってたから」
「そっか。明日、上陸するとか言ってるけど、それでも明日はバイト行くの?」
「今まで台風でお店を閉めることが無かったから。どうするのかな?」

雨が酷くなってきたので、走って構内に入る3人。
「あれ?慎二君は?」
「電話で起こしたけど、二日酔いっぽい。お昼には顔出すと思う」
「そりゃ~困ったね。じゃ~お昼ね」
「うん!じゃ~ねぇ~」


スタジオに車を停めたゆいは、隣に停まっている車を見て、急いでスタジオに入った。

「おはようございます!遅くなりました」

ゆいの声に振り返る木野下。
「あ~ゆいさん、おはよう。大丈夫よ、私が早く来ちゃっただけだから。外はどう?台風来るんでしょ?」
「風はちょっと出てきましたね」
「そう♪私、こんな年なのに、台風が来るとワクワクするの。頭ん中はまだ子供よね」

木野下の打ち合わせには参加するが、撮影は先生の担当なのでゆいはアシスタントに回る。

打ち合わせの時間までゆいはフロアの掃除を始める。
そこにあきが来て、ゆいに挨拶をする。
「ゆいちゃん、おはよう。昨日はありがとう」
「あきさん、おはよう♪ううん、こちらこそ」

あきはゆいに耳打ちで話した。
「私、昨日あれからずっと考えたの。それで、もう止めた。会っても・・・会えないけど、追ってもその先には何もないから。今が一番大切だなって」
「そうだよね、今だよね。あきさんがそう思うなら、私は何も言わない。
話してくれてありがとう」

「じゃ、また後でね」
あきは、ゆいに話すと事務室に戻って行った。

朝のミーティングを、何故か木野下も参加することに。
「へぇ~普段は和やかなのに、こう言う時はみんな真剣な顔をして聞いてるのね」

最後は、毎回先生の『今日も一日気を引き締めて頑張りましょう!』の声掛けで終わる。

「へぇ~。他のスタジオはそんなこと言わないわよ。だから、ここはみんながまとまってるんだ。
なるほどねぇ~」
木野下は、先生が人気な理由がここにもあるんだと、感心していた。

それはゆいも感じていて、佐伯のスタジオでもミーティングはあっても、最後の一言はなかった。

「遅いわねぇ~。打ち合わせしたいのに」
雑誌編集担当と、スタイリストがまだ来ない。

待ってると、あきが先生を呼ぶ。
「先生、お電話です。今日予定してる編集の方からです」
「は~い」

しばらくして、先生が戻ってきた。
「豪雨と強風で、ちょっと遅くなるって。木野下さん、早く来てくださったのに」
「仕方ないわね。そんなことくらいじゃ私は怒らないから」

ゆいは、編集者が来るまでの間、備品の確認をする。

『今、外はそんなに凄いのかな。夜は大丈夫かな。小百合は怖がりだからなぁ』

「申し訳ありません!遅くなりました!!」

やっと、編集さんとスタイリストがスタジオに来た。
「来た来た。まっ、事故じゃなくて良かった。やっぱり台風?」
「はい。強風に煽られてしまって。今回は大型で、速度もゆっくりってことらしくて、今日、明日はこんな感じじゃないでしょうか?」

ゆいは、この撮影には参加しないので、打ち合わせも入らなくていいんじゃないかと思い、先生に話をした。
「先生、私も打ち合わせに入ってもいいんでしょうか?」
「そのつもりだったけど。写真を撮らないからって、打ち合わせに入らないっていうのは違うわよ。ゆいさんも参加して、あなたが次、木野下さんの担当をした時のために、どうするのか覚えてもらわないと。いつ私がゆいさんにお願いするか分からないんだから。
そんな時に、『聞いてないから、分からない』なんてことは通らないからね。
ってことで、ゆいさんも入ってね♪」

そう言って、先生はゆいの肩をポンっと叩いて、部屋に戻った。

「ってことで、よろしくね、ゆ~い~さん♪」
「はい!」
AD
いいね!した人

テーマ:
「小百合、もっと欲しい・・・」
「足りない?もっとあげる❤」

恥ずかしそうに呟くゆいの声に小百合は、もっとゆいに甘えて欲しかった。
普段は小百合よりも数段大人なゆい。
こんな時でしか甘える姿を見せない。
だからこそ、『素』のゆいを見せてほしい、唯一の時間。

小百合は、ゆいのお願いに応えようと、沢山の気持ちを送った。

小百合の気持ちを胸いっぱいにもらったゆい。
「小百合、ありがとう。すっごく嬉しかった」

ゆいは、他にも何か言いたそう。
「ん?どしたの?ゆい」
「うん・・・あのね、あのぉ~」
「うん?」
「多分、4日くらいしたら終わるから、その時は、またって言うか・・・その先もして欲しいなぁって」

そんなことを言われた小百合は、嬉しいのか恥ずかしいのか、全身がチクチクするほど。

「うん❤ちゃんと覚えておくね」
「ありがとう❤」

小百合で心が満たされたゆいは、小百合に抱きしめられ、そのまま眠ってしまう。
小百合はゆいの寝顔にキスをして、目を瞑った。

この時期から少しずつ朝が涼しくなってくる頃。
小百合は早い時間に目を覚ます。
背中を向いて眠っていた小百合は振り返って、こっちを向いて眠ってるゆいを見る。
『ゆいは、眠ってる顔もキレイ。佐伯さんは、何度ゆいのこの顔を見たんだろう・・・』

余計なことを考えては、バカみたいに嫉妬する。
『ダメダメ!そんなこと考えちゃ』

早く起きた小百合は、ゆいのためにお弁当を作ろうと思った。
「あ~、今日の仕事の予定を聞いてない。どうしようかな」

ゆいを起こさないようにゆっくりとベッドから降りた小百合は、目の前のパジャマを着て顔を洗った。

とりあえずご飯を炊いた後、冷蔵庫を開けてちょっと考える。
「う~ん。うん、そうしよう」

ゆいが起きる前に手紙を書き、ポケットに入れるとお弁当を作り始める。
「たまには、私もお弁当にするかな」
小百合は、ゆいの分と一緒に自分の分のお弁当も作ることにした。

フライパンでお肉を焼きながら、手紙を書き直した。

「もう時間かな。そろそろ起こさないと」

小百合は、ゆいのそばに来てベッドの前でしゃがむ。
「ゆい~。朝だよ。起きよっか」
「う~~~~ん!」
上半身裸のゆいは、思いっきり背伸びをする。
「小百合~おはよう」
「おはよ、ゆい。体調はどう?お腹とか痛くない?だるくない?」
「うん。大丈夫。小百合~」
「ん?」
「昨日はありがとう❤」

小百合は、ゆいの前髪をかき分け優しくうなずく。
「少しは落ち着いたみたいだね。ゆい?今日はお弁当作ったから」

「ホント!?」
ゆいは飛び起きて小百合に聞いた。
「うん。ダメだった?」
「ダメなわけないよ!ありがとう!」
「良かった。じゃ~起きて。ご飯の用意できてるから」

小百合は、弁当箱に詰めながら、朝のおかずも皿に乗せる。

ゆいは冷蔵庫から納豆を出して、椅子に座った。

「ゆい、お弁当ね」
ゆいは、もう一つの弁当箱を見て目をパチパチさせる。
「小百合、こっちは誰が食べるの?」
「これはねぇ~。私。たまには私もお弁当にしようかなって。中身はゆいと一緒だよ」
「じゃ~、お昼は小百合と一緒なんだね」

ゆいはそれだけで、テンションが上がる。
「ゆい、そんなに嬉しそうな顔しないでよ。中身は豪華じゃないから」
「お昼、一緒にいないのに、同じ物食べるんだよ、嬉しいよ、すごく。いただきまぁ~す」

嬉しそうに言ってくれるゆい。
でも、手元にはクチャクチャと混ぜる納豆。
今日も、食べるまでを見届ける小百合。

『あ~食べた。美味そうに食べるなぁ~』

「だから、小百合も食べたらいいのに」
「いいです。この世に納豆だけしかなかったら考えます」

小百合はシャケを食べて、ゆいに聞いた。
「今日は誰の撮影があるの?」
「今日は、久しぶりに木野下さんが打ち合わせに来るかな。午後は・・・そうそう、子役の子が来るの。名前までは憶えてないんだけどね」
「ゆい、子役って初めて?」
「うん。今まで、縁がなかったの。どう接していいのか分かんない」

小百合も考えるが、良い知恵が出てこない。
「いいよ、ありがと、小百合。外は雨が降ってるけど今日はどうする?車で行く?バスで行く?」
「う~ん。車がいい」
「学校終わったらスタジオにおいでよ。一緒に帰ろう」
「うん、行く前に電話するね」

ゆいは、先に小百合に支度を勧める。
「私、ここ片づけるから。小百合、先に済ませて」
「うん。ねぇ?家を出るの遅くていいんでしょ?どうして急いでるの?」

「えっ?どうしてってさぁ~」
小百合はゆいの顔を見て気付いた。
「あっ、ごめん。うん、分かった。支度するね」

小百合は洗面所で歯を磨きながら思った。

『ゆいは素直じゃないなぁ。そうならそうって言えばいいのに。別に恥ずかしがることじゃないのになぁ~』

「ゆい~支度済んだよ。ねぇ~~?」
「なに?」
「こうしたかったんでしょ?」

小百合はゆいに抱き着いてニッコリ笑った。
「・・・小百合のバカ❤」
AD
いいね!した人

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。