(↑重い症状のイメージ)


■クンダリニー症候群


 クンダリニー症候群とは、中国では走火入魔とも言われているそうです。
 HTでは、精神的あるいは肉体的なトラウマ、性的な問題、性行為に関係する問題、誤ったヨガ的な修行、手術や事故によって起こる、原因不明の心身症ではないかと考えています。
 トランスパーソナル心理学や精神医学の分野で研究が進められているそうですが、いまだ解明には至っていないとも読んだことがあります。

 例えば

・自律神経失調症、むずむず足症候群、統合失調症
・繊維筋痛症、原因不明の身体の痛み、ウネウネした気持ち悪さ
・性欲の異常
・幻聴や幻覚
・情緒不安定、被害妄想、ネガティブ思考

といった症状のある方々の一部には、クンダリニー症候群と重なった傾向があるようです。

男女かかわらず、赤ちゃんからお年寄りまで、程度の差こそあれ発祥していることが多いようです。



■症状の傾向
※ 人それぞれ程度があります
※ 全く関係のない人は、5人に1人ぐらいだと考えています。
※ 程度については肉体さんに聞く!クンダリニー症候群% 鑑定をご覧ください。
※ HTの推奨としては、クンダリニー症候群%は、1%以下がよろしいかと存じます。

 下記の中から複数の項目に該当する方は、現実問題として困っておられるのではないでしょうか。

【精神的な不調】
・情緒が不安定。
思考の自己コントロールが難しい
・被害妄想的な考えが浮かぶ。
・自己否定が強い。
・焦燥感、焦り、絶望感、劣等感などネガティブ思考が強い。
・他人のネガティブ感情に影響を受けやすい。
・他人から吸い込んだネガティブな感情エネルギーが自分に乗り移ってしまう。
・原因不明で、いきなりネガティブになる。不安感や自己否定が湧いてくる。
・潔癖症である。
・「いやだ」と思ったことに対して、肉体が過剰に反応して、怒りや嫌悪感などが噴出する。


【身体的な不調】
・自律神経の乱れが激しい。
起き上がれず身動きがとれなくなる
・体の中がいくつかに分断されている感覚。
・意識と肉体 (の内側) が分断されている感覚。
・下痢や便秘が多い。

・『頭痛』、『首の痛み』、『背中や腰の痛み』
・『眼の周囲の痙攣』
・『呼吸がしにくい』
・『身体の冷え性』
・『消化器の弱り』、
・『体が重い』、『足が重い』、『手足がムズムズして気持ち悪い』

・不眠症の一部
・倦怠感の一部
疲れが取れにくい症状の一部


【欲求の不調】
自分や他人を害したくなる
・麻薬がやめられない。
・睡眠薬や安定剤がほしくなる。
・味覚がおかしい。味の違いがよくわからない。
・飲食のコントロールが難しい。
・過食になったり拒食になったりする。
・無性に甘いモノを食べたり飲んだりする。
・アルコールがやめられない。
自分の性欲は変だと思う(強すぎる OR なさすぎる)。
・性欲のコントロールが難しい。
・自分は性的に不潔な感じがする。
・激しい性欲が止まらない(男女ともに)。
・性欲が全くなくなった(特に女性)。

他人に腹が立つことが多い
・なんでも他人のせいにしたくなる


【身体感覚の不調】
体の中に気持ちの悪いウネウネ(ムズムズ)がある
・体の中に変な生き物がいる。
・腰から背骨に沿って頭部まで、気持ち悪いヘビみたいな流れを感じる。
・腹部から胸、喉ときて頭の中にまで、気持ち悪い感じが漂っている。
・消化器の調子を崩しやすい。
・呼吸器の調子が悪い。過呼吸になる。あるいは息が吸いにくい。
呼吸筋群の動きが不自然、つまり【胞中】が崩れている
・胸や心臓に変なウネウネや生き物がいるみたい。
・脳に気持ち悪いヘビみたいなウネウネ感がある。
・下腹部に不快感がある。
・お尻のあたりにウネウネとした不快感がある。
・身体の内側の隅から隅まで、気持ちの悪くウネウネが動いている。
・潔癖症である。
手首や足首の内側がかゆい、ムズムズする


【視覚や聴覚の不調】
幻覚のようなものが見える。
・目が見ている情報からネガティブ波動をキャッチしやすい。
・低次元な波動を視覚化してしまう。
・悪霊ばかり見えて、神々しい高次元の存在は感じない。
幻聴が聞こえる。
・耳に聞こえている音波からネガティブ波動をキャッチしやすい。
・低次元な波動を聴覚化してしまう。
・ネガティブな声ばかり聞こえて、神々しい高次元の声は聞こえない。

【霊障】
虫や動物などの悪霊(浮遊霊)や低次元意識体 に、性器や腰から憑依されやすい。
・憑依されている訳ではないのに虫や動物などの悪霊(浮遊霊)が近くを通っただけで、性器や腰からネガティブ波動を吸い取って、変なヴィジョンが見えたり、変な音や声が聞こえたりしてしまう。
・憑依されている訳ではないのに、遠隔で低次元意識体にアチューンメントを受けているような接続状態になってしまい、変な波動が心身をウネウネする。
・霊障とまではいかないものの、霊障と酷似した状態になることもあります。
※ あなたのチャクラには、低次元な波動を受信する働きがあるもご参考にしてください。

(↑クンダリニーから第7へのウネウネ)

考えられる原因
※ 症状の傾向に複数の該当があり、それらの症状が出る以前に下記のようなことがなかったか、チェックしてみてください。

【赤ちゃん、乳幼児に多い】
●口唇期の乳児が、舐めたり咥えたりしたくないモノを与えられ続けたことによって、「全身の皮膚」「体内も含めた全身の粘膜」「生殖器」がネガティブな波動を常に発生するようになってしまった。

●主に肛門期の乳幼児が、
 ・尿や排便の我慢をし過ぎた。
  ・尿や排便を我慢させられ過ぎた。
  ・オムツや下着が汚れていることの不快感が長すぎた。
  ・生殖器やお尻を乱雑に拭かれる体験が多かった。
  ・生殖器やお尻を乱雑に扱われ過ぎた。


【お年寄りに多い】
●乳首、乳房、下腹部、生殖器、肛門などを他人に見られたり、扱われたりすることの「不快感」「恥ずかしさ」「情けなさ」が積み重なった。
※ 主に、介護現場や医療現場での原因。


【ヨガやスピリチュアル系に多い】
・誤った方法で【クンダリニー・ヨガ】を修行した。
・誤った方法で【クンダリニーを覚醒させる修行】を行った。
・シャクティチャラニー・ムドラーを間違った方法で行った。
・腰や仙骨や尾てい骨をゴンゴン何かに打ち付けるような行為をした。
・結果的に仙骨や尾てい骨を床などで激しく衝撃を与えるような行為を繰り返した。
・誤った【クンダリニーの覚醒に関係する施術】を受けた。


【世の中の皆さんに多少は可能性がある】
<事故関係>
・生殖器への外科手術
・背骨や脊髄、仙骨への外科手術
・流産に関係する外科的な措置
・生殖器への物理的な衝撃や事故
仙骨や尾てい骨、骨盤への激しい衝撃や事故

<精神的な問題>
・異性から精神的な暴力を受け続けた。
・同性でも異性でも、好きな人に浮気される苦しみが深かった。
心から思いやった同性に裏切られた
異性から態度や言葉によるイジメを受けた。
・異性から名誉を傷つけられた。

<性的な問題>
生殖器が痛むような、痛みそうになるような性行為にふけった。
・物理的に、生殖器が痛むような痛みそうになるような自慰にふけった。
・女性の場合、一方的に男性を犯すような激しいイメージでの自慰
・女性の場合、乳首や乳房に対する、他人から受けた不快な接触
・男性の場合、一方的に女性に犯されたり過度な辱しめを受けたりするイメージでの自慰
・男性の場合、前立腺のあたりや肛門の内側に対する、過度に乱暴な行為
・同性から受けた、性的な行為による快感や後悔があった。
・異性から受けた、性的な暴力や辱しめがあった。
・異性から受けた暴力があった。

<薬害>
・麻薬の経験がある。
・西洋薬の投薬ミス。
・漢方薬の投薬ミスのまま、大量に摂取し続けた。
・毒草による後遺症
・環境汚染や生物濃縮などによる、毒物の長期的な摂取

<ハイヤーセルフからの戒め>
ヨガ、悟り、修行、肉体、性、異性、自慰、性行為といったことに関する『考え方』や『認識』や『行動』が誤っていることに対して、自分のハイヤーセルフから戒めの波動が降り注いでいる

【ご自身では性、男女、異性などに対して『普通の考え方だ』と思っていても、ハイヤーセルフから観れば『そうじゃないよ』と言われている可能性があります。】


※ 原因不明の
 『頭痛』、
 『眼の周囲の痙攣』、
 『呼吸がしにくい』、
 『首の痛み』、
 『身体の冷え性』、
 『消化器の弱り』、
 『背中や腰の痛み』、
 『体が重い』、
 『足が重い』、
 『手足がムズムズして気持ち悪い』
 といった例が考えられます。


(↑クンダリニーから第6までのウネウネ)

 ■■波動的な傾向
※ 症状の傾向に複数の該当があり、原因にも何か該当する項目がある場合、下記のような波動的な傾向があるかもしれません。


【霊体側のクンダリニーの波動を観ると】
クンダリニー霊格が落ちやすい。
クンダリニーが、シャクティーの【死の水】を出しやすい。
○イダとピンガラのナーディーが歪みやすく、【死の水】が流れやすい。
クンダリニーから全身へ流れているナーディーが歪みやすく【死の水】が流れやすい。
※ つまり、全身の邪気化が起こりやすく、心身の機能が低下してしまいやすいということ。

クンダリニー
・「第7チャクラ」
・「第6チャクラ」
・「第5チャクラ」
・「第4チャクラ」
・「胃上部のチャクラ」
・「大腸4カ所のチャクラ」
・「第3チャクラ」
・「直腸のチャクラ」
・「前立腺 OR 子宮 にあるチャクラ」
・「骨盤にある複数のチャクラ」
はつながっていますので、それぞれのチャクラの機能がおかしくなってしまうことがある。


クンダリニーの波動受信感度が低次元にシンクロしやすくなるため
虫や動物などの悪霊(浮遊霊)や低次元意識体 に、性器や腰から憑依されやすい
・憑依されている訳ではないのに虫や動物などの悪霊(浮遊霊)が近くを通っただけで、性器や腰からネガティブ波動を吸い取って、変なヴィジョンが見えたり、変な音や声が聞こえたりしてしまう
・憑依されている訳ではないのに、遠隔で低次元意識体にアチューンメントを受けているような接続状態になってしまい、変な波動が心身をウネウネする


さらに、【チャクラの波動を観ると】
〇「第1チャクラ」「第2チャクラ」「第3チャクラ」の機能が悪くなっている可能性もあります。
あなたのチャクラには、低次元な波動を受信する働きがあるもご参考にしてください。




【丹田の側から観ると】
・下丹田や裏丹田つまり「腹部」「下腹部」「股間」「腰」「背中」「首」から、常に邪気が製造されている。

【経穴の側から観ると】
・頭部にあるたくさんの経穴
・手にあるたくさんの経穴
・腰や骨盤まわりにあるたくさんの経穴
・足首から足の指先までにあるたくさんの経穴が閉じやすく、「自分の内側から湧いてきたネガティブ波動」も「環境や他人から吸ってしまったネガティブ波動」も、体内に蓄積しやすい。

【生殖器の側から観ると】
HTでは、たとえば「生殖器」という存在も意識をもっていると考えています。
そうしますと、「生殖器」あるいは「生殖器系の経絡」のもつ意識が、持ち主である生命体を極度に嫌っていることがあります。
これによって、「生殖器」あるいは「生殖器系の経絡」自身の霊格が低くなりやすかったり、邪気ったりしてしまうことがあるようです。
この、「生殖器」あるいは「仙骨を含む生殖器系の経絡」のもつ意識が、持ち主である生命体を極度に嫌ってしまうことによって、霊体側のクンダリニーの波動や性質が変わってしまったという側面も考えられます。
この側面については、肉体さんに聞く!クンダリニー症候群% 鑑定のリーディングを行うことが可能です。


<生殖器系の経絡とは>
●男性の場合
 仙骨から始まり、
‐膀胱‐精管膨大部‐精嚢‐精管‐精巣‐尿道球腺‐海綿体‐亀頭‐神経‐仙骨‐神経‐脚部の神経‐つま先‐脚部の神経‐仙骨‐肛門‐神経‐腹腔神経叢‐神経‐胸神経‐胸椎‐脳‐脊髄‐仙骨

●女性の場合
 仙骨から始まり、
‐子宮‐卵管‐卵巣‐卵管‐子宮‐膣‐会陰‐尿道‐膀胱‐神経‐腰椎‐仙骨‐神経‐陰核‐神経‐脚部の神経‐つま先‐脚部の神経‐お尻の両サイド‐背中の両サイド‐首‐脳‐脊髄‐肛門‐膣‐子宮‐仙骨

となります。

これらのライン上に「不快なウネウネ感」があったり「体の内側が分断されているような感じ」がある場合もあるようです。


【神経の発する波動を観ると】
HTでは、生殖器のみならず身体の各所に、それぞれの部位が意識や記憶をもっていると考えています。
別の記事で掲載する予定ですが、「精子」「卵子」「自分の肉体」「自分の生命」「飲食」といったことについてネガティブな思考や認識や言動があるほどに、神経の一部が怒りや呪いを発するようになり、毛、爪、皮膚、筋肉、消化器、生殖器、ホルモン、内分泌系、神経の波動が邪気化しやすくなることが分かっています。
この観点については、クンダリニー症候群とは関係ない場合が多いですが、クンダリニー症候群的な側面もあるので、ここにも載せておきます。




【ハイヤーセルフの側から観ると】
ヨガ、悟り、修行、肉体、性、異性、自慰、性行為といったことに関する『考え方』や『認識』や『行動』が誤っていることに対して、怒りや戒めのエネルギーを、ずーっと、その人の体内に流しっぱなしにしていることがあります
※ 原因不明の『頭痛』、『眼の周囲の痙攣』、『呼吸がしにくい』、『首の痛み』、『身体の冷え性』、『消化器の弱り』、『背中や腰の痛み』、『体が重い』、『足が重い』、『手足がムズムズして気持ち悪い』といった例が考えられます。

(↑臓器関係の流れでウネウネ)

■■対応策■■
※ クンダリニー症候群にもごくごく軽度から超重症まで程度の差があります。
 対策としてどのような要素を調えていけばいいかは、個人差が大きくなります
 個人に応じて、複数の要素が必要になる場合も多いのではないかと考えています。
 個人に応じて様々な合併症状があるので、その他の対応策も必要になるでしょう。
 症状によっては、対策が困難な場合もあります。

●クンダリニー、シャクティー、悟り、ヨガ、覚醒、修行といったことに対する認識や考え方や行動が愚かであったことを心から反省して改める。さらに、人体と言う存在への懺悔を行い続ける。 (スートラの講座を真面目にすすめていくことでも対応可能)

●精神医学的な治療を受ける。
●両親を再教育して、育てなおしを受ける。
●父母のどちらかを再教育して、育てなおしを受ける。
●両親に代わる人物から、生活レベルでの育てなおしを受ける。
●生殖器、背骨、骨盤、仙骨や尾てい骨にかかわる医学的な治療を受ける。
●相性の良い人から、相性のよい心理療法を受ける。

「生殖器」「生殖器系の経絡」が赦してくれるまで懺悔を行う。
 (スートラFマントラVマントラALLマントラ、Zマントラ、第1チャクラのマントラ第2チャクラのマントラクンダリニー∞マントラも使用可能)

「生殖器」「生殖器系の経絡」が求めるように、自己の肉体への認識と扱い方を改めていく
 (スートラの講座第1チャクラのマントラ第2チャクラのマントラを真面目にすすめていくことでも対応可能)

「仙骨」「骨盤」「背骨」が赦してくれるまで懺悔を行う。
 (スートラFマントラVマントラALLマントラ、Zマントラ、クンダリニー∞マントラも使用可能)

●「仙骨」「骨盤」「背骨」が求めるように、自己の肉体への認識と扱い方を改めていく。
 (スートラの講座を真面目にすすめていくこと、あるいはクンダリニー∞マントラでも対応可能)

●「生殖器」「生殖器系の経絡」「仙骨」「骨盤」「背骨」など肉体が喜び求めるような身体の動かし方を訓練していく。
 (スートラの講座真・気功ヨガ をすすめていくことでも対応可能)

●糖質制限、アルコールの除去など、飲食のコントロールをしていく。

●麻薬を断つ。

●直接ヒーリングの治臓術を定期的に受けていく。

●夫婦、恋人、セックスパートナーと共に、肉体が喜び求めるような性行為を行う。
 ※ 顕在意識がムラムラして求める性行為と、肉体が本当に求める性行為は、だいぶ異なるようです

●性行為に関する認識や悟りが愚かな段階であることを心から反省して改める。
※ 第1チャクラのマントラ第2チャクラのマントラでも対応可能

●男性の肉体、男性器に対する認識や悟りが愚かな段階であることを心から反省して改める。
※ 第1チャクラのマントラ第2チャクラのマントラでも対応可能

●女性の肉体、女性器に対する認識や悟りが愚かな段階であることを心から反省して改める。
※ 第1チャクラのマントラ第2チャクラのマントラでも対応可能

●一般に出回っているタントラヨガとは異なる、霊格の高いタントラヨガを深めていく。

●自慰を禁じる。

●セックスを禁じる。

●「スターフット③」「スターキープ」「クンダリニー∞マントラ」を使いこなしながら真・気功ヨガ を深めていく。

●「スターフット③」「スターキープ」「クンダリニー∞マントラ」を使いこなしながら真・八段錦 を深めていく。
※ 特に、足から気を吸って百会から天へ吐いていく呼吸の回数を増やしていくこと。
※ ムーラバンダのエネルギーの流れが歪んでいることが多いので、正しく習って訓練することも重要。

【 ヨガ、悟り、修行、肉体、性、異性、自慰、性行為 】 といったことに関する『考え方』や『認識』や『行動』に対して、自分のハイヤーセルフが快く認めて喜んでくれるまで、懺悔や反省をし続ける。
 (スートラの講座第1チャクラのマントラ第2チャクラのマントラを真面目にすすめていくことでも対応可能)


「脳下垂体」「脳を含めた全身の神経の一部」が赦してくれるまで懺悔を行う。
 (スートラFマントラVマントラALLマントラ、第9チャクラ∞マントラ、生と美と死の∞マントラも使用可能)


オーダーメイドの高次元インソール【α4th Star WalkER】を使用して、自然の山をハイキングする機会(週に1回)を多くすると効果的なことがあります。

鎧―GAI―を使って何かできないか、検討中。

以上、調査中のまとめでした。


★関連記事★
肉体さんに聞く!クンダリニー症候群% 鑑定

クンダリニー∞マントラ
第1チャクラのマントラ
第2チャクラのマントラ 
第3チャクラのマントラ 
〇【生と美と死の∞マントラ
あなたのチャクラには、低次元な波動を受信する働きがある
糖質制限や栄養療法についてのメモはこちらです

〇視覚を通した瞑想のできる方は、1日30秒の瞑想法♪【光の満つるあなたのコスモ図ぅ】☆オーダーメイドのマンダラ♪☆ もサポートツールとしておススメします。

線維筋痛症(せんいきんつうしょう) 
 ※ リンク先はウィキペディアです。繊維筋痛症と言われた方のごく一部には、クンダリニー症候群と似ている症状や体験をもった方々がおられるようです。

〇(ご感想)エロな情景がフラッシュバック
〇(ご感想)背中の激痛が治まりました
〇(ご感想)何をしてもダメだった足腰の痛みが治った



AD