人間は
精神的な存在でもあり
物理的な存在でもあり
気功的にも観ることもできるし
波動的に考えることもできる。

ということで、栄養療法(オーソモレキュラー療法、分子整合栄養療法)について読書をしながら検討し、ざっくりとおおまかにではありますが、気功術や波動の観点から考えたことをまとめておきたいと思います。

あくまでも、仮説です。

■人体と現代のズレによる、万人栄養失調

現代人が栄養的に心がけたほうがいいかもしれないこと

神経伝達物質と、気功と波動とヒーリング

ヒーラーの調子を保つための副腎

副腎から、ヒーラーの調子を悪くする方法

ヒーラーの調子を良くする副腎

■気功やヒーリングを受ける人も、栄養状態を良くしたほうが良さそうです

==関連する読書メモ==
その1 うつ病の患者が100万人を超えている
その2 疲れたときに甘いモノという間違い
その3 精神的な病ではなくて、栄養障害の可能性
その4 太りすぎの人、痩せすぎの人
その5 血液検査はウン万円で、サプリメントは高額かも?
その6 育児の悩みがすべてなくなるというのはウソ。
その7 発達障害が栄養療法だけで治るというのは言い過ぎ
その8 偏食は脳の異常か
その9 心身ともに良くなさそうな
その10 アレルギー治療根本の基礎と、気功術
その11 活性型のビタミンDはダメなのか?

==その他の関連記事==
★肉体やハイヤーセルフの声を参考にしながら飲食と栄養を整えていくためには、菩薩のリングの練習をおススメします。
飲食物から受ける邪気に打ち勝て
あなたのエネルギーは生か死か
<29種類の経絡 その1>気血が崩れる原因も例示
<29種類の経絡 その2>気血が崩れる原因も例示
AD
ヒーリングのエネルギーを感じやすくなろう と関連した情報となります。

オーソモレキュラー療法についての読書をしていますと、
・副腎が弱っているのではないか?と考えられる人
・糖質や炭水化物の摂取に偏っている人
・なんらかの栄養失調状態である人
につきましては、ヒーリングなどの波動の体感が分かりにくくなることがあるのではないか?
と考えています。

程度は完全に個人差がありますし、物理的な栄養療法の話なので、各自のご判断を要するところですし、正しくは医師の判断を仰ぐことをおススメします。

例えば下記にたくさんリストアップしました。
「●」も「・」も同じとして、5つ以上の自覚のある方は、栄養療法について調べてみてはいかがでしょうか。


●甘いジュースやお菓子は日常的に食べている。
●パンやごはんや麺類といった炭水化物が大好き。
・動悸がする。
・手足がシビレることがある。
・理由の分からない頭痛が多い。
・イライラしやすい。
・不安感が強い。
・訳もなく恐怖心がわいてくることがある。
・集中力や思考力が低下しやすい。
・昼間に強い眠気を感じる。
・太りやすい。
・慢性的な疲労感がある。
・だるさが抜けない。
・気分の変動が激しく、急に楽しくなったり急に不機嫌になることがある。
・感情の起伏が激しい。

●トランス脂肪酸の入った食べ物が多い。
・植物油で高温処理した食品を良く食べる。
・スナック菓子を良く食べる。

●ビタミンB群の欠乏。
・疲れやすい。
・イライラする。
・集中力が続かない。
・甘いものを食べ過ぎる。
・過食ぎみだと思う。
・酒を飲む。
・二日酔い。
・頭脳労働が多い。
・パソコンをよく使う。
・携帯やネットやゲームを日常的に楽しんでいる。

●アミノ酸が欠乏している。
・肉または魚の食べる量が少ないと思う。

●亜鉛を含んだものをあまり食べない。
・皮膚の調子が良くない。
・免疫力が低下している気がする。

●自己否定的なストレスがある。

●鉄分(ヘム鉄)の摂取が少ない。
・疲労感が抜けない。
・冷え症である。
・頭痛になることが多い。
・めまいをしやすい。

●他者否定的なストレスがある。

●タンパク質の摂取が不足している。
・免疫力が低下している。
・筋肉量が低下している。
・ダイエットをした。
・ダイエットをしている。

●睡眠不足がある。

●拒食ぎみである。

以上となります。

気功と波動と栄養についてのまとめはこちらです。
AD
気功と波動と栄養についてのまとめはこちらです。

==
肉体の変化や波動の変化のどちらからも影響を受けて、ヒーリングの調子が良くなったり悪くなったりするのが、多くのヒーラーさんのお悩みであったりすることがあります。

ヒーラーさんの不調の陰には、副腎の不調や、栄養失調症が隠されていることがあります。

せっかくですので栄養療法的には波動的にも副腎の調子を上げていただきたいものです。
下記の記事はあくまでもご参考にしていただきながら、ヒーラーのみなさんが各自で調子をよくしていただければ幸いです。


★ ヒーラーがお客様に施術する1~3時間前に飲食していると、ヒーリング効率が少し良くなる可能性が感じられるのは(あくまでも例ですが)

・菩薩界所具天界 以上に浄化されたヘム鉄

・仏界所具菩薩界 以上に浄化されたビタミンB群

・仏界所具菩薩界 以上に浄化された亜鉛

・仏界所具菩薩界 以上の、塩素を含まない水



★日常的な副腎の強化
日常的な飲食のコントロールと、精神的なストレスの軽減が副腎の 霊格 を高めるようです。
ヒーリング波動を副腎に注ぎ込むよりも、遥かに段違いに効果的と感じられます。

菩薩のリングのできるヒーラーは、

【わたしの副腎さんが菩薩界所具仏界 以上の絶好調になるために】

という基準で、下記のことを調べてみるといいでしょう。

量を増やすか減らすか、質はどうか、回数はどうか?
などいろいろ試してみてください。

もちろん、自身の体調変化を基本に観察しながら、他人へ送る外気やヒーリング波動の上質化がなされているかどうかも大切にしましょう。

・糖質(甘いもの)
→どれぐらい控えるか?

・ビタミンB群
→どれぐらい増やすか?

・ナイアシン
→増やす必要があるか?

・フッ素配合の歯みがき粉
→やめる必要があるか?

・ビタミンC
→どれぐらい増やすか?

・トランス脂肪酸
→どれぐらい控えるか?

・人工的な香料
→どれぐらい控えるか?

・炭水化物(パンやご飯や麺)
→どれぐらい控えるか?

・ヘム鉄
→どれぐらい増やすか?

・ビタミンD(活性の乏しいタイプ)
→増やす必要があるか?

・ビタミンE
→増やす必要があるか?

・糖質や炭水化物の少ないプロテイン
→増やす必要があるか?

・アミノ酸
→増やす必要があるか?

・アルコール
→どれぐらい控えるか?

・カフェイン
→控える必要があるか?

・亜鉛
→どれぐらい増やすか?

・塩素(水道水)
→控える必要があるか?

・プレバイオティクス、無加工のラクトフェリンなど
→増やす必要があるか?

・副腎絶好調のために取り組むべき精神的ストレスはあるか?
AD
気功と波動と栄養についてのまとめはこちらです。

==
副腎の調子が物理的にも波動的にも悪いと、ヒーラーの調子が悪くなる可能性があります。

その副腎には、副腎皮質と副腎髄質というのがあるそうです。

で、

副腎皮質ホルモンというホルモンがあるそうで、
①血糖値を制御
②電解質のバランスを調節
③生殖機能に関与する性ホルモンの調節
というのがメインだそうです。

副腎髄質からは、アドレナリン、ノルアドレナリンが分泌され、体のストレス反応などの調節を行っているそうです。


ここで、神経伝達物質の波動について調べてみました。


★アドレナリンの波動
アドレナリンの【 霊格 】は下記のどれかであることが多いようです。

どの 霊格 になるかは「肉体の動き」と「顕在意識の働き」と「副腎の調子」と、「栄養素の状態」が相互に関係するようです。

・餓鬼界所具餓鬼界
・餓鬼界所具畜生界
・餓鬼界所具修羅界
・畜生界所具畜生界
・畜生界所具修羅界
・修羅界所具 すべて
・人界所具修羅界


★ノルアドレナリン
ノルアドレナリンの【 霊格 】は下記のどれかであることが多いようです。

どの 霊格 になるかは「肉体の動き」と「顕在意識の働き」と「副腎の調子」と、「栄養素の状態」が相互に関係するようです。

・地獄界所具餓鬼界
・地獄界所具修羅界
・畜生界所具畜生界
・畜生界所具菩薩界
・修羅界所具菩薩界
・人界所具菩薩界
・菩薩界所具修羅界
・菩薩界所具菩薩界
・菩薩界所具仏界
・仏界所具 地獄界から菩薩界まで


★副腎の霊格が低いと
アドレナリンやノルアドレナリンの 霊格 が低くなりやすい、または 霊格 が高くなりにくいようです。


直接ヒーリングで 霊格 の高い外気を放とうとしたり、遠隔ヒーリングで 霊格 の高い波動を送ろうとしたりしたときの顕在意識の働きに見合った神経伝達物質が放出されにくくなるため、ヒーリング波動が弱まりやすくなるのではないかと考えています。

また、 霊格 の高い波動が外部から入ってきたときに、その波動にシンクロした 霊格 の高い神経伝達物質が放出されにくくなるため、ヒーリング効果を感じにくくなる要因のひとつとなるのではないかと考えています。


ここで、ヒーラーの側から考えますと、

★副腎を弱める原因
①餓鬼界系、畜生界系、修羅界系のネガティブな精神的ストレス。
②ヒーリングをお客様に施術する前の飲食の偏り。
③日常的な飲食の偏りの積み重ね。


★ヒーリング能力の低下に繋がる飲食
●1位●
・水銀(サメやメカジキなどの大型魚)
→日本人の一般的な生活では気にする必要はあまりないかもしれません。


●2位●
・グニッて歪んで、溶けたの?と思われるような、プラスチック容器のままレンジでチンしたときに見られる状態のときの食べ物。発泡スチロールみたいな容器も。
→1回、食べると3時間くらいは下丹田の 霊格 が落ちやすいようです。週に4回は食べるようなペースだと、下丹田の回復力が低下する可能性があります。

・マクドナルド
→1回、食べると3時間くらいは下丹田の 霊格 が落ちやすいようです。週に3回は食べるようなペースだと、下丹田の回復力が低下する可能性があります。
食べたいときは体調のいいときにしましょう。

・精製された砂糖
→程度は人によるものの、全身の丹田の 霊格 が落ちやすいようです。


●3位●
・フッ素配合の歯みがき粉
→毎日常用していると、中丹田の 霊格 が落ちやすくなるかもしれません。
飲食と経絡が整っていると、お口が臭くなりにくいので、歯みがき粉は要らないと思われます。

・キャンディー、あめ
→3時間以内に3個食べると全身の丹田の 霊格 が落ちやすいようです。日常的に食べているとさらにその傾向が懸念されます。


●4位●
・カップラーメン系のインスタント食品
・カロリーメイト
・カレーパンの1部
・ポップコーンの1部

→1日に2回とか、1日に1回を3日連続などというペースで食べていると、全身の丹田の 霊格 が落ちやすいようです。


●5位●
・お菓子コーナーで売ってるポテトチップスとか、高品質ではないと感じられる油(植物油、トランス脂肪酸)で高温処理されたお菓子。スナック菓子系は70%以上は該当するかもしれません。
→日常的にスナック菓子系を食べていると、全身の経絡の 霊格 が落ちやすいようです。

・人工的な香料
→日常的に食べていると、全身の経絡の 霊格 が落ちやすいようです。程度には個人差があります。

・塩素(水道水)
→程度は人によるものの、全身の経絡の 霊格 が落ちやすいようです。
できればミネラルウォーターや浄水器の水など、体に合った水を検討してみてはどうかと考えています。。

・鉛(古い水道管??)
→程度は人によるものの、全身の経絡の 霊格 が落ちやすいようです。

・缶に入った飲食物
→程度は人によるものの、全身の経絡の 霊格 が落ちやすいようです。日常的によく飲食するのはオススメしたくないです。

・カフェイン
→程度は人によるものの、お客様に施術する前の3時間にコーヒー5杯も飲んでいると、かなり弱まることがあります。

・アルコール
→程度は人によるものの、お客様に施術する前に酔っ払い過ぎているとダメですね。



★ヒーラーがお客様に施術する1~3時間前に飲食していると、特にヒーリング効率が悪くなる可能性が感じられるのは(あくまでも例ですが)

・マクドナルド
・ケーキ3個
・ケーキ1個と角砂糖入りのコーヒーや紅茶
・ケーキ1個と人工的なジュース
・チロルチョコ 7個ぐらいの量のチョコレート
・缶ジュース 3本
・お饅頭3個
・キャンディー3個
・コーヒー 5杯
・ほろ酔いを超えたお酒
気功と波動と栄養についてのまとめはこちらです。

副腎(ふくじん)
は様々なホルモンを分泌する内分泌器の一つで、腎臓の隣にあるものの、腎臓と直接に繋がっている訳ではないそうです。

副腎は、気功やヒーリングでは調子を上げ難く、精神的な好調と飲食の調整で霊格が上がりやすいようです。

気功やヒーリングの後で副腎の霊格が上がっている事例はあります。
しかしそれは、気功やヒーリングによって精神的なストレスが軽減された場合の間接的な作用であるため、気功やヒーリングでは副腎の調子を上げ難いという認識でいた方がいいでしょう。

大切なことは、次の☆3つです。


☆副腎の霊格が低いと、ヒーラーの能力発揮が抑制される。

☆副腎の霊格が高いほど、副腎は、ヒーラーの能力発揮を邪魔する働きをしない。

☆副腎の霊格が低いほど、ヒーリング波動の効果を感じにくいことがある。

つづく。