■ビフォー


■アフター

 

本の印刷の品質が悪すぎて、せっかくの芸術品が台無しです。

空気感もスケール感も距離感も丸つぶれ。

 

適当にあった筆記用具で、実際に雑誌に手直しを加えました。

1分もかけていません。

 

気功術の応用です。

AD
今回のご紹介は ピーテル・ブリューゲル(1525年から1569年) の『雪中の狩人』(せっちゅうのかりゅうど)です。

★本物


油絵で、 117 cm × 162 cm というサイズです。

遠近感とか地形の感じがすごいなぁーー!!

とか

よくまあこんなに細かく描けるなぁー!

とか、

サムそーだなぁー!

とか

真ん中の小さいのはスケートでもやっているのかなぁー?

とか

なんか生活大変そうだなぁー!

とか、

むなしさやさみしさも感じるなぁー

とか

感じることは人それぞれでしょうね。

気功や波動的な側面だけを感じてみますと、
【世の中、環境、生活が、頑張っているのにちっともよくならない怒りとむなしさの邪気】
を感じてしまいます。

さて、ある中学生さん(当時)が、学校の美術の授業にて、実物の大きさではなく、チーさい教科書の絵を見ながら、一生懸命に画用紙に模写したそうです。

本来は大きな絵がバカみたいに小さくなっていて、それを学校の机サイズの画用紙に模写するのが大変だったそうで、さらに水がにじむ水彩画で、頭炸裂しそうだったとのこと。


★ビフォー(中学生さんの模写)


気の強さ邪気MAX
霊格:菩薩界所具菩薩界

中学生(当時)さんはもう、いい大人ですので、正直に

見た目よく描けてるポイですが、こんな邪気画は価値ないですね。

と、バッサリお伝えさせていただきました。

なんとか、思い出の絵を成仏させてーー!!

とご相談でしたので、物理的な改造方法をお伝えさせていただきました。


★アフター


気の強さ:正気MAX
霊格:仏界所具菩薩界

な、なんかすっきりまろやかで、癒されまふ!部屋の雰囲気もよくなりました!!

いえいえ、こちらこそ誠にありがとうございました。
AD
フェルメールの【水差しを持つ女】です。
手元にあった画集を写メしました。

絵を観て色々と感じたり批評したりするのは人それぞれ色々とございます。

ふと、なんとも品のいい女性だな、と感じました。

★フェルメールさんが描こうとした世界観の品格レベル: 非常にものすごく高い。

★フェルメールさんが実際に描いた絵から出ている気の形状品格レベル : 非常にものすごく高い。

★フェルメールさんが実際に描いた絵から出ている気の形状の完成度: 100%とは言えない。

というわけで、本物の油絵ではない、しょーもない紙の印刷物の画集を物理的に改造させていただきました。

■改造後


立体感や存在感の違いを感じていただけましたら幸いです。

AD
サンドロ・ボッティチェリさんが1480年代に描かれたとされている、【ヴィーナスの誕生】ですね。


ギリシア神話の女神とされるヴィーナスちゃんが、ムチムチのポヨヨーンでイヤーンのアハーンで、世のボクちゃんたちを愛してくれそうな大人の女性として創造されたところのようです。

ヴィーナスちゃんだけに意識を合わせると、霊格は菩薩界所具仏界ですね。
正気レベルは、観る人の意識レベル?に応じて0から28まで変化する可能性があります。

彼女同伴??の西風ゼピュロスくんが真っ赤な顔してフーフーしてくれているのは、世のボクちゃんたちのところへヴィーナスちゃんを届けてくれようとしているかのよう。

右側から【あんたちよっとー!なんてかっこしてんのよー!オッパイ丸見えじゃないのよー!】って焼き餅焼きながら隠そうとしているおばさまは餓鬼界所具修羅界で、邪気レベルは観る人に応じて変化することがあるかもしれません。

焼き餅な女性が嫌いな人にとってはこの右のおばあちゃんからの邪気が強くなるようですが、焼き餅焼きのアホなんてどうでもいいのよ、あるがままでなんにも考えずに立つのよ、なんて方向性の意識で観ると、スーっと邪気が引いていきました。

今回に特に注目して、気で感じたのはこの部分です↓↓。


ヴィーナスちゃんの首と肩はリアル世界では不可能で、たんなるお絵描きの世界における美的描写なんだそうです。

でも気功的に観ると、霊体のようなエネルギーが3割ほどできていて、上下に軸ができているんですよねー。



★グリーン
ヴィーナスちゃんの肉体が、物理的には不可能でも、気としては統一体となっているようで、軸が感じられます。

★ブルー
絵の中に感じられる、霊体のようなエネルギーです。
手にはあまり魂が通っていませんね。
上半身と、特にオッパイがしっかりしています。
このオッパイ星人め!エロポッティーちゃんめっ!!って言いたくなりましたが、美術の世界ではエロスはとても重要ですからね。

★パープル
エロポッティーちゃんが丹精込めたオッパイから放たれる素敵なヴィーナス発動です。

★ピンク
ヴィーナスちゃんの第三の目と言えるかもしれません。
パープル波動の変化に関与しているかのようです。


西風ちゃんにもしっかり魂入ってますねー。
そんなに吹きまくって、そんなにヴィーナスちゃんをリアル世界へ運んで届けてくれたいのか!??と思うくらいです。

なんの邪魔もなきなり。
理想の創りたもうたヴィーナスは我が眼前にあり。
胸に抱きてひとつとならん!!

なんていう方向性にある意識でこの絵を観ると、菩薩界系の素敵なエネルギーがアナハタに感じられました。
★福音者ヨハネ


エル・グレコさんという、1,500年代の後半から1,600年代の初頭までにご活躍されたヨーロッパの画家さんがお描きになった作品です。

気で感じてみたら面白かったので、ご紹介いたします。



●ブルー
絵の中にいる人物の霊体のようなエネルギーが約25%ほどできているようです。
表面上だけではなく内側のエネルギーまで描こうとしていたとは思えませんが、その道の達人ゆえに知らないうちの部分的に、気の道にも通じていたのかもしれません。

●グリーン
上半身からしっかりとした軸のエネルギーが出ています。

●レッド
中丹田に充実した、菩薩界系のエネルギーが存在しているようです。

●ピンク
絵の中の人物の第三の目と言えますね。
100%開眼いているとすることができましょう。


●イエロー
後光がさしているように感じます。

●パープル
右手に持った杯??に菩薩界系のエネルギーが密集しているようです。



この絵の気の強さは、見る人のその時の顕在意識に応じて変化することがあるかもしれません。

特に福音者ヨハネやキリストに対して殉教者的な気持ちで思いを馳せると、受け取るエネルギーが強くなるかもしれないようです。

さらに言うと、心から、
【イエスの敵を討ち滅ぼさせよ!】
という方向にある念を抱きながら観ると、菩薩界所具天界&正気28 の波動が自分の第2チャクラから第6チャクラまでの間に流れてくるようです。

言葉に現すとショッキングになりすぎますね。

【主の御心に従わない邪魔者なんて、あっちいケー!プンプン!】
という感じでもかなり来ました。