白鳥鳳山の内丹術49
 ―丹田のさらなる核を作る技法―
 


白鳥鳳山の内丹術49とは
 紀元前2,500年代から紀元前1,500年代までの間に、インドのヨーガを源流とした内丹術の一派が、中国の西南部(ブータンの北部一帯)に存在したようである。その流派に関与した高次元意識体から入手した情報を元にして、丹田のさらなる核を作るための技法として要点をまとめたオリジナル技法を、「白鳥鳳山の内丹術49」という。ゆえに、既存の内丹術の概念とは大きく異なることをご承知おき願いたい。

 既存の内丹術では、道家・神仙思想・禅宗・儒家といった哲学性や宗教性が不可欠である。「白鳥鳳山の内丹術49においては、思想性や宗教性は敢えて排除してあり、あくまでも気功術の一環として昇華している。

 なお、既存の内丹術では専門用語が多く出てくるため、ほとんどの読者には取り組み難いであろうことを踏まえ、あえて最低限の用語のみを採用している。

 

★内丹(ないたん)とは 

 ここでいう内丹とは、丹田を不動のエネルギー源とするためのコア、丹田のさらなる核のことをいう。人体の中で内丹を造ることができるのは、脳・声帯・左右の肩・左右の掌・胸・小腸・骨盤内部・両足の裏にあるポイントで、11カ所ある。11カ所の内丹を造るためにはまず、主要な経絡の流れを整えることから始める。経絡を整え、内丹を造り、全体を有機的に繋げていくことが内丹術なのである。

 

★経絡とは

 ヨーガ的に観ればナーディと呼び、気功的に観れば経絡と呼ばれているこの存在について、一応の区別をしておくとよい。

 霊体側から波動の流れる回路を分析したり、その回路がどのチャクラから出ているのかと調べたりする場合には、ナーディとして考えた方がいいだろう。ナーディは75,000本もあるとされている。

 肉体側から効率的に気血の流れを整えていこうとした場合には、気功的に経絡として考えた方がいいだろう。気血の流れとは、波動の流れ・血の流れ・神経伝達の流れを一体として捉えた流れのことである。

ナーディとして観れば異なる複数のチャクラから出てきて複雑に繋がっている回路があったとしても、気血の流れを整えていくためには1本の経絡として融合して捉えることができるのである。

 この内丹術では9種類(左右を合わせると13種類)の大きな流れを経絡として捉える段階で留める。細かい知識を覚えることよりも実体験を優先させたいからだ。「白鳥鳳山の内丹術49」は、9種類の大きな経絡を整えることで、小周天と大周天を整えていくメソッドなのである。
 さらに詳細に経絡を学びたい人については、他の書籍を「菩薩のリング」などで調査していけばよいのではないだろうか。細かな経絡や経穴などについて詳しい人は、達磨大師と【TAOの神仙治臓術】の基礎を学び、マニュアルや経験を超えた感性を磨いてほしい。ともあれ、細かな経絡については、この
内丹術の範疇には入らないので、自己へのヒーリングや他者へのヒーリングをする方々のために別の記事にしたいと考えている。

 

★小周天とは

 身体の前面にある任脈の流れと、背面にある督脈の流れが十分に整っている状態である。小周天の流れが良ければ、全ての経絡の流れを良くしようとする方向に働くと言われている。流派によっては小周天によって体内に発生する波動のことを「小薬」と呼んでいる。

 小周天の流れる向きは人によって異なるが、流れる経路はみんな同じである。

 

●「督脈」を主に中枢神経系として捉える
A:肛門‐仙骨‐腰椎‐胸椎頸椎‐脳幹‐小脳‐後頭葉‐頭頂葉‐前頭葉‐(鼻腔)

●「任脈」を主に動脈系として捉える

B:(肛門)‐会陰‐子宮・前立腺‐大動脈‐小腸‐大動脈‐心臓‐肺静脈‐気道―鼻腔

★大周天とは

 全身の主な経絡がよく整っており、全身一体となって気血が流れている状態である。

ここでは細かい経絡とか経穴を覚えなくても、解剖図を参照して大まかに下記を経絡として覚えておけばよいこととする。
C:足先⇒心臓までの動脈系
D:足先⇒心臓までの静脈系
E:指先⇒腹部までの動脈系
F:指先⇒心臓までの静脈系
G:百会⇒頭部全体⇒全身の神経系
H:下顎⇒首⇒腹部の動脈系
I:心臓⇒頭部全体の静脈系

 

★訓練の方法

・行気(ぎょうき):呼吸とともに、経絡に気を流すこと。

・導引(どういん):呼吸とともに、内丹に気を集めること。

・存思(ぞんし): 体内の一点に意識を集中させて、全身との繋がりを観察すること。

・胎息(たいそく):吸おうとも吐こうともしないこと。

・六根震動:7つの周天を意図的に繋げたときに発生する身体の動きのこと。

・大薬:六根震動によって体内に起こる波動のこと。

・聖胎(陽神):大薬を体外に放出させたことによって発生する波動のこと。

 

★訓練の段階

①築基(ちくき)
 
本人の体質にあった食事制限と睡眠時間の管理、そして20パターンの行気によって内丹を造る準備を整えていくこと。

②煉精化気(れんせいかき)
 行気・存思・胎息によって小周天を整えること。

③煉気化神(れんきけしん)
 導引・存思・胎息によって内丹を造り、大周天を整えること。

④煉神還虚(れんしんかんきょ)
 大周天、六根震動、大薬、聖胎(陽神)を日常化するための訓練をすること。

⑤還虚合道(かんきょごうどう)
 聖胎(陽神)を体内に収めた状態(肉体と意識の合一)とすること。

 

AD
★内丹術の目的
 「白鳥鳳山の内丹術49」を記述するにあたって情報源となった高次元意識体に聞いてみると、内丹術の目的は5つだという。ここでは最も重視されている順に紹介しておく。

目的1:肉体と意識の合一を体現すること
目的2:寿命を延ばすこと
目的3:胎児と同じ身体感覚を取り戻すこと
目的4:主な経絡の流れを整え、小周天と大周天を体現すること
目的5:身体の11ヶ所に内丹(丹田のコア)を造ること


 「肉体と意識の合一」などといえば、まるでヨガのキャッチフレーズのような臭味が漂う。内丹術の源流はヨガであるから、内丹術には他者とのかかわりを必要とする訓練方法なはい。自らを対象とした行法であることはヨガと内丹術の共通点である。
 しかし、ヨガと内丹術には大きな違いがある。ヨガは肉体からの解放すなわち「死」をテーマとした行法である反面、内丹術には「死」という概念はない。内丹術は「生」だけを指向している。

どのような飲食をすれば「我が身」が崩れるのか、または養命されるのか。
どのような生活リズムであれば「我が身」が崩れるのか、または養命されるのか。
どのような邪念を他人へ抱けば「我が身」が崩れるのか。
どのような邪念を自分へ向ければ「我が身」が崩れるのか。
どのような邪念を他人から受ければ「我が身」が崩れるのか。

 これらは自分自身の考え方がどうであろうと関係なく、「我が身」という存在がある以上、逃れることが不可能な制約である。肉体がシステムとしてもっているどうしようもない制約を体感的に理解し、「我が身」を崩す原因から「我が心」を解放して生きることが、「肉体と意識の合一」なのである。これは自ずから「寿命を延ばすこと」に繋がっていく。

 内丹術の発想では、肉体的な側面において、全ての人間が最も生きる力を発動していたのは「胎児」の時代なのだという。身体全ての経絡が整っていて、一体として連動した大周天の状態が身体感覚として常態化されているのが「胎児」であると考えられている。この身体感覚を日常的に具現化することで、「我が身」の生きる力を発動させようとするのが内丹術なのである。
 ところで、胎児が大周天の状態であったというならば、胎児にも11ヶ所の内丹ができていたのか?というと、そうでもない。内丹は訓練方法によって造り上げていく存在である。内丹が造り上げられた胎児など存在しない。胎児には存在しない内丹ではあっても、経絡を整えていくと同時に内丹を造り上げていく過程を経ずして「煉気化神」の段階をクリアすることはできないのである。逆に、内丹を造っていく過程で経絡が整えられていくといってもいいだろう。
 このように書くと内丹はまるで「名前につけられている割りには付属品みたいだ」と捉えられかねないので、少し内丹を弁護するためにも、内丹ができていることで有利となるのではないかと考えられる項目も挙げておきたい。

脳、声帯、心臓、小腸、性器、両手両足に関する回復力が上がる
深層筋の血流がよくなる
疲労の回復力がアップする
経絡の流れが崩れにくくなる
大周天の感覚をつかみやすくなる
大薬の波動の源となる
他の内気功において丹田を構築していくことが効率化される
外気功の訓練が効率化される


上記は全て個人差はあるけれども、内丹がしっかりと造り上げられているほど顕れてくることが期待される。


AD

★内丹術が肉体にもたらすことが期待される効果
 残念ながら内丹術は、霊体開発には関与しない。それはなぜなのか、どうすれば霊体開発に関与できるのかについては、読者自身が体験的に理解してほしい。それは例えば「真の香功」「真・八段錦」「真・気功ヨガ」など霊体開発に関与すると記述してある行法に読者自身が取り組み、内丹術と体感的比較をすることである。

 内丹術は肉体側から気血の流れを整えて内丹を構築していくテクニックである。「白鳥鳳山の内丹術49」においては、肉体にもたらすことが期待される効果について主に3つを挙げておきたい。内丹術の目的で先述したことの全てを体現することは困難であろうことも踏まえて、実践する皆さんが割りと得やすいのではないかと考えられる範囲である。もちろん、個人差はある。

肉体的な回復力の向上

自覚している体温の上昇

インナーマッスル(深層筋)の血管を開く(血流を良くする)

 

★内丹術が向いている人
 地球人の胎児の約7割は、全ての経絡の流れが整っていて大周天が自然と巡り「煉神還虚」の状態にあるといえよう。しかし出産の過程において例外なく全ての赤ちゃんは「煉神還虚」の状態が崩れる。内丹術に出てくる用語の中に「胎息」「聖胎」と「胎」の字が使われていることは、「胎児であった頃のような状態」つまり生まれる前に自分自身が自然と具えていたかもしれない状態を取り戻すことが、内丹術の目的の一つであることを示唆している。だとすれば、どのような道を歩む人が内丹術に取り組むべきなのかという傾向性が顕れてくる。また、内丹術の全てに取り組まないにしても、部分的に内丹術を実践した方がいい人の傾向性についても挙げておきたい。

 

○特に「築基」など、部分的に取り組んだ方がいい人

・精神的に重いストレスの影響下にある人

・自己へのヒーリング能力をアップさせたい人

・気功師としてスキルアップしたい人

・ヨガ(身体的寿命に合わせて死んでいくための行法)も行いながら、1分1秒でも心地よく長生きしたい(少しでも寿命を延ばしたい)という人

 

○内丹術の全てに取り組んだほうがいい人

・仙人のような生き方を取り入れたい人

・肉体と精神の関係を身体的に実感しながら生き抜いていきたい人

・母の胎内で過ごしていた時のような身体的感覚をもって生き抜いていきたい人

・肉体と精神の矛盾なく生活したい人

 

★気功術の割には内丹術ではできないこと
 これまで述べてきた内丹術の指向性を逆から観ると、内丹術では次の訓練はできない。

・軸の構築

・動作としての肉の繋がり

・霊体開発

・丹田から出す外気の訓練

 

★行法を効率的にするために学んでおくとよいスキル

 内丹術の目的のために特化したスキルではないけれども、内丹術の訓練をより効率的にするためには必要不可欠な項目をリストアップしておく。

 

・緩み

 緩みの感覚が深まっていなければ、「築基」において適切な身体観察をすることができない。どのような刺激が身体のどこを流れて何を変化させるのかについて観察することが難しいだろう。「築基」が極まらなければ「煉精化気」へ進むことは不可能である。中途半端で先へ進むことは、どこにでもありがちな<なんちゃって気功術>の枠を出ないということである。緩みの感覚を深めるためには、当方から直接指導を受けながら自主的に訓練することが望ましい。よって記事としては割愛させていただく。

 

・体内の観察力

 気功では「調息」「調身」「調心」の順に、調(しら)べて調(ととの)えることが大切である。調べるつまり観察する力が低ければ、調えることもままならないだろう。この観察力を高めることは長い道のりではあるけれども、効果的に観察力をアップさせていくための方法については、当方から直接指導を受けながら自主的に訓練することが望ましい。よって記事としては割愛させていただく。

 

・つながる感覚

 「煉精化気」以降の段階では、「つながる感覚」が深まっていないと訓練がなかなかはかどらない。「つながる感覚」はどこまでも深めていける感覚であり、直接指導を受けることが望ましい。あなたがどこにどれだけ繋がっているのか、リアルタイムにお伝えすることができるからである。

 

・内丹術以外の気功術

 「気功術の割には内丹術ではできないこと」で述べたことを補足するため、「煉神還虚」「還虚合道」の段階の訓練をより充実したものにするためには、例えば下に挙げる気功術の中から3つ程度に取り組んでおくことが望ましい。

「真の香功-初伝-」「真・八段錦」「真の香功-奥伝-

「五禽戯」「易筋経」「洗髄経」「意拳」「太極拳」

 これはあくまでも例示であり、絶対にこれらでなければならないという訳ではない。当然として、なんちゃって気功術のようなレベルでは全くダメである。

AD

★9種類の経絡が崩れる原因と末路 その1
 初めの訓練段階である「築基」に入る前に、経絡について少し書いておきたい。「築基」では9種類の主な経絡を整えながら、丹田のコアとなる内丹を造る準備を整えていく。しかし、「築基」に取り組む人の「生活習慣」「精神状態」「ストレスの状態」がどのようになっているかによっては、「築基」の努力が無駄になりかねない。可能な範囲で「経絡が崩れる原因を取り除くこと」も「築基」と言える。それならば、後述する21の行法には入らないことであっても、あなたにとっては「築基」なのである。「経絡が崩れる原因」から解放されることが、内丹術の目的であることからも、「白鳥鳳山の内丹術49」で紹介する49の行法を超えて、あなたが「経絡が崩れる原因」から解放されるために必要な全てが内丹術なのである。ちょっと過言になりすぎた気がしないでもない。これは、気功術の目的ということもできるだろう。しかし残念ながら、「経絡が崩れる原因」から完全に解放されることは、気功術だけでは不可能である。なぜ不可能なのかについてはいくらでも書くことができるが、ここでは割愛しておく。
 さて、ブログでは文字制限があるため、まずは小周天に関係する督脈と任脈が崩れる原因と主な末路を挙げておく。主な末路なのであるから、記載した方向性にある広い範囲での不調につながっていくだろう。ごく軽い症状から重症まであるだろう。

 ===

●「督脈」主に中枢神経系
A:肛門‐仙骨‐腰椎‐頸椎‐脳幹‐小脳‐後頭葉‐頭頂葉‐前頭葉‐(鼻腔)

▽経絡が崩れる主な原因

・睡眠不足

・尾てい骨から後頭部まで(背面)への物理的な強い衝撃

・腰から首までの無理な肉の使い方

・他人を害する方向にある言動をしたことによって得た快感の波動

・他人を害する方向にある邪念

 

▼経絡が崩れたことで起こる可能性が考えられる主な弊害

・餓鬼界や畜生界の系統にある霊格の低い波動を体内に溜め込みやすくなる

・餓鬼界に関係する自分本位な欲求不満が増大しやすくなる

・自己否定の念が湧きやすくなる

  

 ===

●「任脈」主に動脈系

B:(肛門)‐会陰‐子宮・前立腺‐大動脈‐小腸‐大動脈‐心臓‐肺静脈‐気道―鼻腔

▽経絡が崩れる主な原因

・体に合わない飲食

・睡眠不足

・不安感

・恐怖感

・頭部への物理的な衝撃

・自傷感

・無力感

・焦燥感

・自分さえよければいいという感情

 

▼経絡が崩れたことで起こる可能性が考えられる主な弊害

・免疫力低下

・疲労感

・声帯や食道のガン

・胃ガン

・小腸や大腸のガン

・膀胱の不調

・生殖器、泌尿器関係の不調

・精子の減少、卵子のエネルギー低下、胎児に供給されるエネルギーの低下

 

 

★9種類の経絡が崩れる原因と末路 その2
 続いて、大周天に関係する経絡について、崩れる原因と主な末路を挙げておく。その他の経絡については内丹術ではないカテゴリーで書くかもしれない。それにしても人間の体は不思議である。どのような人生を願おうと願うまいと一切関係なく人体である限り誰も逃れられない構造的な宿命を、全人類がもって生きなければならないのである。

===
●C:足先⇒心臓までの動脈系
▽経絡が崩れる主な原因 ・物理的な強い衝撃
・無理な肉の使い方
・任脈の崩れからの影響
・他から受けた餓鬼界、畜生界、修羅界に属するストレス

▼経絡が崩れたことで起こる可能性が考えられる主な弊害
・倦怠感の増大
・腎臓系、肝臓系の不調
・前頭葉の不調
・生殖器系の不調、精子の製造能力低下など

===
●D:足先⇒心臓までの静脈系
▽経絡が崩れる主な原因
・物理的な強い衝撃
・無理な肉の使い方
・任脈の崩れからの影響
・他から受けた餓鬼界、畜生界、修羅界に属するストレス

▼経絡が崩れたことで起こる可能性が考えられる主な弊害
・地獄界、餓鬼界、畜生界の系統にある霊格の低い波動を体内に溜め込みやすくなる
・地獄界に関係する欲求不満が増大しやすくなる
・他者否定の念が湧きやすくなる
・脾臓系や膵臓系の不調
 

===
●E:指先⇒腹部までの動脈系
▽経絡が崩れる主な原因
・物理的な強い衝撃
・無理な肉の使い方
・任脈の崩れからの影響
・他から受けた餓鬼界、畜生界、修羅界に属するストレス

▼経絡が崩れたことで起こる可能性が考えられる主な弊害
・冷え性
・腎臓系、呼吸器系、心臓系、肺系の不調
・胃系の不調
・直腸系の不調
 

===
●F:指先⇒心臓までの静脈系
▽経絡が崩れる主な原因
・物理的な強い衝撃
・無理な肉の使い方
・任脈の崩れからの影響
・他から受けた餓鬼界、畜生界、修羅界に属するストレス
 
▼経絡が崩れたことで起こる可能性が考えられる主な弊害
 ・皮膚関係の不調
・大脳前頭連合野関係の不調
・触覚や味覚、視覚の不調

===
●G:百会⇒頭部全体⇒全身の神経系
▽経絡が崩れる主な原因
・物理的な事故
・肉の使い方の悪い生活習慣
・緊張感
・物事や他人への習慣的な怒り、恨み、嫉妬、敵意、申し訳なさからの後悔
・死んだ方がましだという習慣的な願い

▼経絡が崩れたことで起こる可能性が考えられる主な弊害
・精神疾患につながる不調
・クンダリニーから逆回転性の邪気が製造される
・「菩薩のリング」で正気と邪気の判定が逆になりやすくなる
・ 脳全体の不調

===
●H:下顎⇒首⇒腹部の動脈系
▽経絡が崩れる主な原因
・物理的な事故
・菩薩界所具地獄界に分類される強いストレス
 
▼経絡が崩れたことで起こる可能性が考えられる主な弊害
・視覚、聴覚、嗅覚の不調
・胸部全般の不調・咽喉部の不調

===
●I:心臓⇒頭部全体の静脈系
▽経絡が崩れる主な原因
・物理的な事故
・菩薩界所具地獄界に分類される強いストレス

▼経絡が崩れたことで起こる可能性が考えられる主な弊害
・肩、首、頭部の筋肉に関する不調
・心臓、気管支に関係する不調
・神疾患につながる不調