★皮膚から受ける邪気に打ち勝て!

テーマ:

★ご質問★
たくさんのお客様から下記のようなご相談を受けてきました。
・人に触ると、自分の体が痛くなります。
・電車で隣に人がいるだけで気持ち悪くなります。
・薬局で洗剤の容器を触ると手が痛くなります。
・人に触られたところが不快になります。
・ヒーリングするとお客様から吸っちゃって痛くなります。


★ご回答★
自意識が過剰であるとか、生理的または趣味的に好ましくない人やモノとの接触という場合は省きます。

皮膚は体の表面に張り巡らされた、広い感覚器官です。
感じやすいとか感じにくいということは人それぞれありますが、皮膚を通じたネガティブ波動の体感は、肉体側にも顕在意識側にもストレスになります。
皮膚から受け取るネガティブ波動の蓄積は、類型化することが不可能なほど諸病の原因につながっていくのではないかと考えています。

皮膚から受けたストレス波動を体外へ放出しやすくするための要素は・・・

・督脈という経絡に不調がないこと
・百会からの、全身の神経系の経絡に不調がないこと
・全身の皮膚系の経絡に不調がないこと
・百会の開通
・掌(てのひら)の開通
・クンダリニーが10%未満に閉じていないこと
・スシュムナー ナーディが詰まっていないこと
・イダ ナーディが詰まっていないこと
・ピンガラ ナーディが詰まっていないこと
・クンダリニー系統のナーディが詰まっていないこと
・掌のチャクラが10%未満に閉じていないこと
・クンダリニーからのエネルギー流が10%未満に弱まっていないこと
・第7チャクラの回転が弱まっていないこと
・第4チャクラの回転が弱まっていないこと
・第3チャクラの回転が弱まっていないこと
・掌のチャクラの回転が弱まっていないこと
・手の指10本の指先にあるチャクラの回転が弱まっていないこと
・手の指10本の指先にあるチャクラの霊格が低くなっていないこと
・第2チャクラに悪霊が憑依していないこと
・第1チャクラに悪霊が憑依していないこと
・低次元意識体と繋がっていないこと


と実に多岐に及んでいます。

■自力でできる行法

真気功ヨガ

内丹術

気功48手(リンク先はPDF)

・伝心発声法の応用

言霊健康法(リンク先はPDF)の応用

・霊格の高い水を沸かしたお風呂に入る
※ 家屋内に設置された浄水器や活水器に声の帯ひもを巻いたり鎧―GAI―をつける
※ 家屋外の浄水器や活水器、家屋内外の水道管には鎧―GAI―をつけた上に区切りのむすびめを巻き、さらにその上から麻布を巻く

・ひたすら大声を出す



■ヒーリングやマントラによるアプローチ
治臓術
パーフェクト クロス ストリーム
太陽と冥王星のヒーリング
・魂の光 再生ヒーリング
・Vマントラ
・伝心発声法と言霊健康法
・第9チャクラ∞マントラ
・ネガティブなアチューンメントの破壊
・悪霊の浄化(F,V,All,第9のマントラを使って)


■超絶気功グッズをもちいたアプローチ
声の帯ひもをつける
区切りのむすびめをつける
・【(仮称)理想のたまご】で体をゴロゴロナデナデする
∞神秘の衣∞で皮膚をやさしく押さえる
神衣=camui=した衣服を着用する
乙姫に改造してもらった衣服を着用する
鎧―GAI―声の帯ひも区切りのむすびめを使ってお風呂のお湯の霊格を上げる
・その他、試作もできていない段階のグッズがいくつかありますが公表できません



以上、考えられる原因も対処法も日々の訓練法も多岐にわたります。
あくまでもご参考の上、ご自身の状態を改善させていくためのヒントにしていただければ幸いです。

AD