Lots-Of-Moneyのほぼ金融経済日記

気になる情報~My備忘録~


テーマ:
新華社電によると、中国共産党は9日、胡錦濤総書記(国家主席)が主宰する政治局会議を開き、「来年も積極的な財政政策と穏健(慎重)な金融政策を実施する」一方、「情勢変化に応じ、政策の予防的かつ小幅の調整を速やかに実施する」方針を示した。欧州債務危機や国内鉱工業生産の鈍化など、内外の経済情勢に不透明感が強まる中、政策スタンスをこれまでの「インフレ抑制」から「景気」に軸足を移した形だ。
 同会議では「物価の基本的な安定の維持に努めなければならない」との方針も確認。「不動産管理政策は堅持し、価格が合理的な水準に戻るよう促す」として、これまで通りインフレやバブルの抑制にも目配りする考えを示した。
 これに基づき中国共産党・政府は12日から年1回の中央経済工作会議を開き、来年の具体的な経済政策を決定する見通しだ。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 金融庁は8日、東日本大震災で被災した宮城県の地方銀行、七十七銀行に対し、改正金融機能強化法に基づき、月内にも200億円の公的資金を資本注入すると発表した。七十七銀は復興に向けた資金需要や不良債権処理に備え、自己資本を厚くし、財務基盤を強化する。この日は福島県のいわき信用組合と相双信用組合の2信組も検討を表明。この結果、同法活用に名乗りを上げたのは合計9金融機関になった。

 仙台市内で記者会見した七十七銀の氏家照彦頭取は貸し出し余力を増やすための前向きな資本注入と強調。「震災で資本が毀損(きそん)したからといって身を縮めているわけにはいかない。被災地復興に全力で取り組みたい」と述べた。七十七銀は資本注入により、自己資本比率(単体)が9月末時点より約1ポイント上昇し、12.2%程度に改善するもようだ。氏家頭取によると、資本注入は今月28日で、200億円を劣後ローンで受ける。返済期日は2022年3月末。

 被災地の金融機関への資本注入をめぐっては、9月に仙台銀行(宮城県)へ300億円、筑波銀行(茨城県)へ350億円が実行済み。宮古(岩手県)、石巻(宮城県)、気仙沼(同)、あぶくま(福島県)の4信用金庫にも12年3月末までに計400億~500億円規模の資本注入が行われる見通し。

 いわき信用組合と相双信用組合の2信組は、今年度中にも金融庁に資本注入を申請する方向。申請規模は未定。

 改正金融機能強化法は、震災対策として6月に成立。金融機関には経営責任を問わず、収益目標も定めないなどの特例措置が適用される。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
日銀の西村清彦副総裁は9日都内で講演し、欧州債務問題の深刻化で金融機関の収益が不安定となるなか、金融機関が「複雑な金融商品の組成・販売を通じて、極めて高い収益を目指す金融ビジネスモデルの持続性が疑問視されている」と指摘。

金融機関が「投資銀行モデル」から伝統的な「商業銀行モデル」に原点回帰するなかで、収益や資金調達の源泉として「リテール(個人・中小企業向け)ビジネスの強化に向け、創意工夫にしのぎを削る」と予測し、「金融機関『超』選別時代になっている」と述べた。

個人向けサービスでは、顧客分析を通じて付加価値の高いサービスを提供することで、米国と比べ低い預金関連業務の収益性を引き上げられると提案。例えば金融機関の個人向けサービスの拡充戦略として、「インターネットバンキングなどが語られることが多い」が、高齢化が進む日本の人口構成に「十分マッチしたものと言えるかどうか、十分な点検が必要」と述べ、振り込め詐欺を防止するため本人確認など防犯機能を組み合わせた預金サービスなどを紹介した。

中小企業向けサービスでは、かつて流行した取引先の財務諸表を利用したスコアリング融資で「多額の信用コストが発生した」ことを反面教師とし、「債務者実態の把握には相応のコストをかける必要がある」と強調。一例として、日銀が成長基盤支援の低利融資でサポートしているABL(動産担保融資)が、「債務者実態の把握向上につながる」とした。ABLは「売掛債権に譲渡禁止特約が付いていることが多い」などの理由で普及が進んでこなかったため、登録段階で譲渡禁止特約が付されない電子記録債権の普及拡大に期待していると述べた。

日本経済については「持ち直しの動きが続いているものの、海外経済の減速の影響などから、そのペースは緩やかになっている」とし、先行きは「当面、海外経済の減速や円高に加えて、タイ洪水の影響を受ける」が、その後は「緩やかな回復経路に復す」と日銀の公式見解を繰り返した。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 政府は、サッカーの女子ワールドカップ(W杯)ドイツ大会で優勝した日本代表「なでしこジャパン」に内閣総理大臣顕彰を授与する検討に入った。

 菅首相は19日朝、「やっぱり、諦めないで頑張って、日本国民に最高の贈り物をしてもらった。特に被災地の皆さんが喜んでおられた。今日来られることになっているので、楽しみにしています」と述べた。

 また、枝野官房長官は19日の会見で、「これだけの快挙なので、政府としても何らかの形で顕彰したい」と述べ、「なでしこジャパン」に対して内閣総理大臣顕彰を授与する検討に入ったことを明らかにした。

 選手らは19日昼に首相官邸を訪れる他、午後には記者会見を開いて優勝を報告する予定。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 韓国の人気グループ・東方神起が18日、動画サイト『ニコニコ動画』が手がける次世代ライブハウス「ニコファーレ」(東京・六本木ベルファーレ跡地)の柿落し公演『nicofarre オープニングイベント -THE FIRST NIGHT-』に出演した。同イベント当日に開かれた記者会見で、サッカー女子ワールドカップドイツ大会で優勝した“なでしこJAPAN”にユンホは「テレビのハイライトで観て、素晴らしかった。おめでとう」と祝福し、チャンミンは「おめでとうと言いたいけど……正直うらやましいです」と本音を暴露した。

 『ニコニコ動画』のプレミアム会員の中から100組200名が無料招待され開催されたイベントは、柿落しライブを行った東方神起のほか、AKB48もゲスト出演。同イベントの模様は、「ニコニコ生放送」で無料放送されたほか、フジテレビ系『HEY!HEY!HEY!』でも中継で放送された。

 同会場は、『ニコニコ動画』の特徴である「コメント」の表示もでき、来場客・ネット視聴者・出演者の相互コミュニケーションが可能で、普段はネット検索をするぐらいのユンホは「(ライブ中継に)書き込みができることがすごい」と驚き、日頃からネットを楽しんでいるチャンミンは「(自身のパフォーマンスに対して)“かっこいいね~”って書き込みたい」と笑顔をみせた。

 またイベントでも披露した新曲「Superstar」(7月20日発売)について、チャンミンは「スタイリッシュなカッコイイ曲です」と自信をのぞかせ、ユンホは「“あなたのSuperstar(スーパースター)になりたい”という曲で、みなさんが望むことを僕達もやっていきたいです」と意欲をみせた。

 なお、『a-nation 』への出演が決定しており、ユンホは「久しぶりなので、暑さに負けないぐらい盛り上げたい」と2年ぶりの出演に意気込んだ。
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。