【すまレピ】 LA便り、L.A.便り、ロス便り、ロサンジェルス便り、L.A便り、アメリカ、米国

L.A(ロサンジェルス)の現地特派員がロス最新のインテリアアイテム、コーディネート情報から日常情報まで、ロスに関するあらゆる情報をお届けします♪


テーマ:

ロサンゼルスのダウンタウンと言うと、もともとはホームレスがたくさんいたりすることもあり、実はあまり治安の良い地域ではありませんでした。ところがここ数年、勢いよく進む再開発により、どんどんお洒落な街に変身を遂げています。

 

(Credit: Mike Baker)

 

そんなロサンゼルス・ダウンタウンのど真ん中にある市場「グランド・セントラル・マーケット」。昨年、100周年を迎え、この再開発の流れにも乗り、マーケット内にはセレブシェフがプロデュースを手がけたり、ロサンゼルスで人気のレストランが出店するなど、話題のお店が次々とお目見えしています。カジュアルでリーズナブルにその手のグルメが堪能できるのが魅力なんです。

 

(Credit: Jakob Layman)

 

こちら、日本のテレビ番組でも話題になった「エッグスラット」なのですが、同店の最近のイチオシは「フェアファックス」という名のサンドイッチなのだそう。とろけるようなスクランブルエッグ、濃厚なチェダーチーズ、金色に輝く炒めたオニオンがふわっふわの柔らかいバンに挟まっている、シンプルだけど食べ応えのあるメニューです。

 

(Credit: Andrea Alonso)

 

こちらはお隣メキシコの王道を行くメニュー「トスターダ」。マリネされたプリプリの海老と新鮮なタコがたっぷり使われた具材を、カリッカリのトルティーアに乗せて食べるというもの。ライムジュースのさっぱりとしたアクセントがクセになる味わいで、昼間からビールとともに頂くともっといいのに!なんて思ってしまいます。

 

(Credit: Andrea Alonso)

 

こちらはハワイ発祥のポケ。このところ、ロサンゼルスにもポケブームが来ており、このグランド・セントラル・マーケット内だけでなく、さまざまなレストランがポケをメニューに加え始めているだけでなく、魚の種類、味付け、トッピングなどを自分で選べるポケ専門店も続々とオープンしているんですよ。

 

(Credit: Andrea Alonso)

 

あとはまだまだ続いている、ロサンゼルスのラーメンブーム。ここで食せるラーメンは、実は100%ヴィーガンメニューなんです。見た目はもちろんのこと、「えっ?これで本当に肉の旨みが入っていないの?」と驚くほどの完璧なスープを、ひまわりの種を使ったブロスで作っているのだそう。健康思考の高い人が多いロサンゼルスではありますが、ヴィーガンのラーメンを「専門」に扱うお店なんてなかなか巡り会えないので、びっくりしました。

 

他にも気になるお店がいっぱい。近かったらもっと頻繁に通いたいんですけどね。。。

 

 

Grand Central Market

317 S. Broadway

Los Angeles, CA 90013

TEL (213) 624-2378

http://www.grandcentralmarket.com/

 

営業時間

8:00am – 10:00pm

Seven Days a Week!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

アメリカに来て間もなく、まだ英語をあまり理解出来ていなかった頃、英語の勉強の為にといつもテレビをつけていました。それからというもの、家についたらまず一番にすることと言ったら、テレビの電源をつけること。これは癖になってしまいました。

 

その頃から、なるべくCNNなどのニュースチャンネルを流しっぱなしにしたり、ドラマや映画なども必死にみるようにしていましたが、飽きて来たときや観るものが何もないときにつけていたのが、HGTVというホーム(家)に関することばかりのチャンネル。今となっては、このチャンネルを観ている時間が一番長い気がします。そしてここ数年、そのチャンネルの看板番組となっている『Fixer Upper』という番組に夢中になっています。

 

テキサスに住む大工のチップさんとインテリアデザイナーのジョアンナさんの夫婦がお送りする番組で、少し古めの家を改造して、ドリームホームを作り上げてしまうというもの。チップとそのチームがどんどん改装して造り上げていく家と、そこをさらにゴージャスにデザインしていくジョアンナのセンスがそれはそれは見事!半端なくセンスがいいんです。

 

 

 

とにかく出来上がるお家がステキ過ぎるんです。もう自分が住むわけじゃないのに、のめり込んで、仕上がる家にうっとりしながら観ている毎日です。

 

 

 

A post shared by Fixer Upper (@hgtv.fixerupper) on

 

 

 

また場所がテキサス州なので、カリフォルニア州と比べると(もちろん日本と比べても)格段に物件が安く、広いので、「この値段でこんなお家が持てるなんて!」と、思わずため息ばかりが出てしまいます。カリフォルニアで同じようなものを実現させようとしたら、ミリオン超えは確実です。それでも、「いつかは!」と夢を思い描きながら、夢中でこの番組を観ている毎日です。 余談ですが、チップとジョアンナのお二人には、子どもさんが4人いて、さらに最近5人目のオメデタを先日発表しました。彼らのお住まいがまた絵本の中の世界のようで、牧場を買い取り、動物たちに囲まれ、広い敷地でオーガニックの野菜やハーブなどを育てながらの生活。時折、番組の中にも登場します。きっと日本からも、Youtubeなどで観られるのではないかと思うので、機会があればぜひ覗いて観てください。彼女たちのインスタなどにもステキな写真がいっぱい上がっています。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

勤めている会社のオフィス近くに最近オープンしたシーフードレストラン。海の幸をふんだんに使ったお料理ばかりをサーブするお店で、まだまだ出来たばかりなのに、レストラン口コミサイトを見るとレビューもすでにいっぱい書かれています。そんなユーザーが上げている写真を見ると、生牡蠣や丸ごとロブスター、お寿司などもあるようです。夜に行くならカラマリやカルパッチョを白ワインと共に楽しみながらスタートしたいところですが、なかなか夜の外食は難しいので、ひとまずはランチで出かけて見ることに。

 

この日の狙いは、「雲丹パスタ」。日本ではそこまで珍しいメニューではないですが、まずこちらではなかなかお目にかかれません。ネットでこのメニューがあると発見してから、この日はこれに決めていました。そして出てきたのが、こちら。

 

 

大きな雲丹がドーンと乗ったパスタが登場。雲丹がたっぷり使われたクリーミーなソースにパスタが絡まって、味は悪くありません。残念だったのは、パスタが茹で過ぎなこと。お写真からも、あまり美味しそうに写っていないですよね。やはりアメリカのレストランでは、日本やイタリアのようにアルデンテとはいかないようです。

 

次は、他のメニューに期待して、夜にお邪魔してみたいです。

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

またもやアメリカン・ブレックファストをサーブする美味しいレストランを発見しました!

 

ロサンゼルス国際空港から約20分ほどドライブすると、ガーデナという町があります。この町、実は日本人が住む率は北米一なのだそう。正直、まったくオシャレな地域ではなく、ちょっと田舎っぽい感じなのですが、そんな日本人の多い地域ですから、日本食のレストランやスーパーマーケットもたくさんあり、日本人にとってはとても便利なところ。私も時折足を運びます。そんな町に、日本とは全く所縁はないであろうこのレストラン「The Pan」はあります。

 

 

 

2人の女性が共同オーナーという同店。そのせいか、お店の雰囲気がとっても可愛いんです。カラフルに塗られた内装と、壁には愛らしいアクセントがいっぱいで、それだけで楽しくなります。

 

 

 

私が注文したのは、おそらく同店の朝食メニューの中でも一番人気の「The “Original” Loaded Hash Browns(ザ・オリジナル・ローデッド・ハッシュブラウン)」。好きなスタイルの卵(私は、オーバーイージーにしました)に加え、ベーコン、ソーセージ、グリーンオニオン、ジャックチーズ、チェダーチーズがハッシュブラウン(ハッシュドポテト)の上にドサっと乗り、その上にちょっとスパイシーなアイオリソースがたっぷりかかったもの。

 

 

なんとも、ボリュームたっぷりです。しかも、卵がトロッととろけて出てきて、食欲をそそります。これに加えてトーストがついてきますが、少し追加料金を払えば、パンケーキやフレンチトーストにすることもできます。ちなみに私はフレンチトーストにしてしまいました。

 

 

もう一つは、「The Southern(ザ・サウザン)」というメニュー。バターミルクのビスケットに、ソーセージ・カントリー・グレーヴィーソースがかかったものに加え、好きなスタイルの卵、ソーセージかベーコン、ポテトがついてきます。アメリカ南部スタイルの朝食です。

 

 

このお店、アメリカンな食事が大好きで、これまでにさまざまなレストランで朝食を食べてきた私でも、「一番美味しかったかも!」と思えるほどの味でした。今回は朝食を食べに行きましたが、ランチやディナータイムにサーブされるシカゴスタイルのディープディッシュ・ピザもかなり美味らしい。今度はそれを試しにまた来なくちゃいけないですね。

 

■The Pan

16601 S. Western Ave.

Garden, CA 90247

Phone: 310-329-7266

www.thepan1.com

 

営業時間

(月)(水)(木) 9:00am-9:00pm

(金) 9:00am-10:00pm

(土) 8:00am-10:00pm

(日) 8:00am-7:00pm

(火) 定休日

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

勤めている会社の近くにある中華料理屋さん。まだ新しいこともありますが、店内がとてもキレイで、店員さんのサービスもとても丁寧なので気に入っていくお店の一つです。また、ランチが、自他共に認める大食いの私ですら、完食はすることができないほどの量なのも魅力(しかも値段は10ドル以下)。アメリカは、食べきれない分はお持ち帰りができますので、1度で2度美味しいのです。

 

年明けからまだお邪魔していなかったので、今日のランチは久々にこちらで。メニューを開くと、セレクションが増え、さらに充実しているではないですか。店員さんと世間話を混ぜながら、「今日のオススメは?」と教えてもらったのが、お魚が入った辛いスープ。普段は15ドルのところ、今日は9ドルで提供しますとのこと。それは気になります。

 

さて、さすがに日本と比べると暖かいものの、ロサンゼルスなりに冬を迎えて気温が下がっている今日この頃。年末から、会社でも家でもゴホゴホの人が周りにたくさんいた割に、風邪をひかずに頑張ってきた私だったのですが、今日になって喉がちょっといがらっぽい。これは、中国の漢方的なスパイスがたっぷり入った、この辛いスープを飲んで、吹き飛ばすに限る!と思い、オーダーをしました。

 

 

出てきたのが、こちら。この通り、唐辛子がたっぷりで、見るからに辛そうですよね。中央には、おろしニンニクもたっぷり乗っています。食べた感想は、もちろん辛いのですが、見た目ほどの恐ろしい辛さはなく、結構いけました。とろけるような食感の魚と、モヤシや白菜がたっぷり入って、辛めの鍋を食べているようで白いご飯もついつい進んでしまいました。食後は目論見通り、すっかり体がポカポカ。ジンジンしていた喉も和らいだような気がします。これで、流行っているインフルエンザも寄せ付けない体力を蓄えた気がします。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)