ダイヤモンド・シンジゲート 2

テーマ:

コカインの世界ですらシンジケートは過去のものとなっているというのに、ダイヤモンドの世界には、いまだにシンジケートが存在する。アメリカで制度的な商品取引が上場されようとした時も、瞬く間にシンジケートに壊滅させられている。

大ベストセラーコミックの『ゴルゴ13』(さいとうたかお氏)が文庫サイズ化し、最新号(第100巻)の帯には、麻生太郎氏(現外務大臣)の「これほど国際情勢に通じた作品があるだろうか」という言葉 が氏の写真と共にある。

私も、一般的な出版社から出されている作品の中では、まさに同感である。名称や具体的数字は実際と違うものの、『ゴルゴ13~死闘ダイヤ・カット・ダイヤ~』という巻を人からもらって読んだ時、あまりにバイヤーの悲鳴が現実例に近いために感心した。この巻が人気なのは、他のメディアがダイヤ・シンジケートの報復を恐れて、取り扱ってこなかったからだ、と推測される。


もちろんその謂は、歴史の教科書の 「惑星と言えども征服したい」で知られるセシル・ローズ がデ・ビアズ兄弟の鉱区を買収し、アーネスト・オッペンハイマーがそれを カルテル~シンジケートにまで育てた「デ・ビアス帝国」 であり、それに風穴をあけるのもまた、もうひとつのシンジケートを急速に形成しつつあるレビエフ・グループである。


その前に、もちろん小売段階での基礎的な宝石価値をあらわす 4C も、最低限覚えておかなければならない。4Cとは、カット、カラット、カラー、クラリティー、のこと。カット(cut)とは輝きの方向性を決めるプロポーション。カラット(carat)は重さの単位。1ctは0.2gに相当。カラー(colour)は色。説明不要だろうが、カットと同様、それぞれの宝石の構造によって価値ある美しいカラーも違う。クラリティー(clarity)は透明度のことで、天然界でついた傷や内包物によって品質をランク付けされる。人間が付けた傷は別の角度で減点が行われるが、自然界でのランクの方が重要だ。この4Cの品質を総合して高いものが良質の宝石。通常は鑑定書の左下に4Cが明記される。最近よく聞かれる「コア(核=core)」は新たなCだが、これは希少な高額品の話であって、総合評価には入らない。

ここから先の情報は、メール会員に配信する予定です。

AD

穀物の変動要因は、地中から採掘する貴金属や石油の変動要因をすべてカバーした上に、さらに①収穫(生育)要因と、②流通機構の要因、③需要多角化、があります。足元の需給が緩んでいるにも関わらず、上昇基調が続く背景にはこうした要因があるのである。


まず①。現在アメリカでは、中西部の巨大農場で穀物を大量生産する方式が主流であり、地中の水をスプリンクラーで配布するシステムだから、かつてのように天候相場が関心を集めることは少ない。だが、その地中の水そのものが、自治体が水を巡って攻防するほど不足する 「水不足」の事情 を象徴するように減少しており、不安定要因になっている。

②だが、影響力を減らす一方のオイル・メジャー(セブン・シスターズ)を尻目に、穀物メジャーはいまだに強大な力を誇っていて、ここ数十年の間に幾度となく切り込みを狙った日本の総合商社の挫折は記憶に新しい(丸紅)。主要産業ではない日本の農業ですら規制が多いのだから、農業国のアメリカにおける農業系資本の政治力の強さ(しいては規制の分厚さ)は想像を絶する。法的措置で規制せず、エレベータ(穀物倉庫)を中心としたプロセス(過程)でブロック するのも特徴的である。

③。需要は永久的に拡大している。世界は人口増加を抑えることができず、所得の上昇も続く。コーンの世界消費はついに7億トンを超えた。世界で最も安価な穀物であるコーンを中心に、穀物の需要は、飼料穀物からエネルギー向けのエタノールへと多角化している。消費地域も、途上国の成長とともに拡大の一途となっている。


ここから先はメール会員に情報配信する予定です。

AD

アラビカ・2

あのアラビカの相場では、投機筋が 1兆円以上の利益 を上げたようです。 /角谷智氏(ボルカフェ株式会社)


以前の投稿分で、東京穀物取引所の話を書きました。まさにその取引所が音頭をとるTGA(東京穀物取引所穀物アドバイザー)という資格があり、その資格試験を私自身も受け、合格させていただきました。このような資格試験にありがちな、「講義を受ければほとんど合格」という類のものではなく、合格しない人も多い資格試験でした。 その中の1科目コーヒーの講義を行ったのが、大手コーヒー商社のボルカフェ社長、角谷智氏。興味深い講義の中で、上記ワン・フレーズがありました(引用に関しては角谷社長、TGA主催の穀物取引所の担当者共に了解をいただいています)。


ここで言う「投機筋」とは、言うまでもなく スタンレー・ドラッケンミュラー のことですが(角谷社長は具体名を挙げていません)、コモディティのマーケットでは パラジウム(ジュリアン・ロバートソンによるスクウィーズ)以来の大手ヘッジファンド参入 であり、その巨大さと、該当マーケットの狭さのギャップに、我々は当時震撼しました。 実際には、アメリカのコモディティが先物やオプションを「プレーンバニラ(味付けのないバニラ味)」と蔑んで敬遠し、先物取引がほとんどデリバティブの敗戦処理でしかない(だから期近に取引が集中するのです)ことを考えると、もっとずっと巨大な利益であったことが想像されますが、正確な数字に迫ることはできません。

この時のスクウィーズの手法をここで述べてもあまり参考にはなりません。アラビカは他にも重要な価格変動要因を持っており、かつてのように供給面が変動要因の大半を占めた時代は過ぎ去り、焙煎メーカーや商社の戦略や変遷が重要なファクターとなりつつあります。

この先の内容は、メール会員にお送りします。

AD

オペラ座のフリークたちに告ぐ!

テーマ:
既得業者を守ろうとする 日本の縦割り行政。
偉大なる自由世界から、既得権益によって搾取する官僚や政治家、規制・談合業者たちは、自分たちが亡霊になりつつある現状を知りません。
彼らに言ってやりましょう。「カレンダーをよく見なさい、今は21世紀なのだ」、と。
人が必ず金銭的利益の元に動くのであれば、彼らの法律的誘導は確固とした成果を生むでしょうが、実際には違います。我々の 飽くなき探究心と冒険心を、彼らは規制することができない のです。

前回のように、具体的なポジションを推奨し、その具体的なポジションが 何%のパフォーマンスになっている、というような数字を掲載する事は、周囲の反対のため、今回は行わないものとします。
もちろん、「デリバティブを駆使するべきだ」 とのスタンスは堅持しますから、相応のストラテジー程度は 示唆するつもりです。

東京穀物取引所の正面玄関から、肉眼で確認できる場所に 私は座っています。取引所のルックスは集約型マーケットというより「オペラ座」皮肉にも、クラシック・コンサートが実際に催される。ちなみに本日はサンサーンス)。

しかし、このオペラ座と私の間にあるストリートは、事あるごとに、その筋の顔役たちによって黒塗りのハイヤーで埋め尽くされ、談合……いや会合が行われるのである。
「銀行」 という言葉が生まれたように、世界の ラストリゾート は、かつて「銀」でした。幕府の銀座役所(銀貨鋳造所) が、現在の銀座2丁目から、現在 東京穀物取引所がある 日本橋蛎殻町 に移転したのは 1801年。明治政府が、新円切替で大阪市造幣局に貨幣製造業務を移転するまで、日本橋蛎殻町こそが、本当の 銀座 だったのです。 その 銀座役所のあった日本橋蛎殻町に、現代の ラストリゾート 「穀物」 の取引所があるのですから、運命的ではありませんか。


誰にも ディスクローズ(情報開示) していない このサイト 『クロスブローカー』 を御覧になっているあなたは、かなりの サイバー知識 をお持ちで、私の作成サイトであることを、突き止めた かたでしょう(最低でも、IPを特定してサイト運営者を特定するシステムを お持ちなわけですから)。
それなら 挨拶は、こうした方が自然でしょうか。「また、会いましたね」。

一定の投稿量になったら、ヘヴィ・リピーターにのみ、私自身のプロフィールも公開します。

もちろん 前回同様、話題になった頃には 停止または消去する予定であります。今のうちに お楽しみを!

ちなみに明日、明治物産(株)主催で、「商品データ」誌の社長、古川昭治氏 を招き、「2007年の人気商品を探る」~売りか買いか、という内容でセミナーを行います。場所は東京、箱崎のエア・ターミナルです。

かつて、私自身が講義した時(塩川元財務長官を招待した前の回)のものと同じ「シリーズ」 です。セミナー終了後、または途中からでも、お越しになられた方の個別相談を、私がマンツーマンで受け付けます(近所の喫茶店などで)。皆様のマーケットや経済についてのご理解を更に深め、お役に立てて頂きたく、ご多用とは存じますが、是非ご参加下さいます様、ご案内申しあげます。

ご相談・ご質問は、右上の相談コーナーか、コチラ (←クリックでメール用画面に) から、お問い合わせください。セミナー・相談・質問いずれも無料です。


/ロードメイヤー