toshiのブログ

日頃、科学技術について調査していることや趣味でやっていることなどを紹介していきます。


テーマ:
紹介するのは特許情報なのですが、科学的に面白いので紹介します
電気材料の分野では、一流の研究者として知られている日野太郎氏の研究成果です。

http://www.j-tokkyo.com/1998/H01L/JP10012937.shtml

誘電体のごく薄い膜(厚さ5ナノメートル)を異種の金属で挟むと、発電し、負荷をつなぐと永久に電流が流れ続けるというものです。

この素子に類似したものを私も作ったことがあり、負荷をつないだまま計測した1年間は定常的に発電しました。

通常、発電素子というと、裏表の面に温度差があると発電するペルチエ素子とかゼーベック素子などを想像しますが、この素子は、「温度差がないところでも発電」します。

面白いことに、負荷をつないで電流を流し始めると、表面の温度が低下していくのです。

異種金属の仕事関数の差により、誘電体との境界面にある電子を引っ張る力に差が生まれ、引力の強い金属の方に電子が引かれ、電流が流れると考えられます。


特許の審査はどうなったかというと

http://tokkyo.shinketsu.jp/originaltext/pt/1082382.html

特許出願前に公開されている情報をまるごと引用していることが明らかになったので、拒絶されています。

引用された情報とは・・・・なんと、発明者自身が発表した論文でした。

みなさん、特許出願前提に論文発表するときは、先に特許出願しておきましょう。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(1)

テーマ:

熱の輻射は、プランクの法則に従うというのがこれまでの定説になっていましたが、最近は、メタマテリアルの技術で、全てのエネルギーを特定の波長に変換して輻射させるものが開発されました。

加えた電力の大部分を所望の波長の光線に変換できるというので、LEDに代わる光源になると期待されています。

http://www.nims.go.jp/news/press/2008/01/200801180/p200801180.pdf


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
Windows7に変えてから家庭内の共有ファイルへのアクセスが遅く、頻繁にネットワークが切断される現象が起きるようになりました。

ネットワークの設定のなかには、使用していないプロトコルがあるので、これを停止して様子をみることにしました。

通常、IPv4を使用しているので、IPv6を止めることにしました。
ネットワークアダプタ設定プロパティを開き、IPv6のチェックボックスのチェックを外してみました。

現在、これで様子をみているのですが、あまり改善されていません。

そういえば、会社のPCもWindows7に変えてから、エクスプローラーが開くのに時間がかかるし、突然エクスプローラーがエラー画面になって閉じてしまう現象が頻繁に起きています。

以前、WindowsXPを使用していたときは何不自由することはなかったのですが、Windows7に変えてからトラブル続きです。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

年齢を重ねると、体力の衰えを自覚するようになり、つらい日が増えてきました。そんなとき、現代人は、体に必要なミネラルのなかでも特に亜鉛が不足しているというご意見を某水産大学の先生からご教授いただきました。既に養殖魚の分野では、亜鉛の投与が常識化しており、絶大な効果を発揮しているのだそうです。


周りはみんな健康で、充実した日々を送っているように見える。その点、自分はというと・・・最近とても負い目を感じています。
そんな中、パソコンを開いて、思いがけず目についた気になるタイトルを見つけてしまったので、思わずクリックしてしまいました。
その商品案内ページは、ちょっと自分の感触としては派手かなと思いましたが、ただ少し気になります。
とはいっても、やはりネット上の情報はどうしても不安が残る感じがします。しかし、商品説明だけなら…と、目をとめてみることにしました。


…亜鉛(高吸収タイプ)という商品なのですが、ご存じの方、既に手に入れた方はいらっしゃいますでしょうか。
この分野の関連した商品は山ほどありますが、この亜鉛(高吸収タイプ)は何か他の商品にはない良さを感じています。
ナウフーズ(amazon)さんから販売されています商品です。
販売者名だけをみると、特に何がどうという印象は受けませんが・・・
失敗をする危険が限りなく少なくなるみたいで、それも面白さのひとつです。
しかしすればするほど、新しい方法に興味が魅かれることもしばしばあります。
買っては挫折の繰り返しで、今ではすっかりノウハウコレクターになっております。
でも、もしかしたら、これを機に手に入れることができるかもしれません。
このように、今回注目している亜鉛(高吸収タイプ)について、レビューしてみようと思います。

ナウフーズ(amazon)が販売している亜鉛(高吸収タイプ)の金額は、1060円ということですが、何とか買える金額ではあります。
買おうか買わないか、本当に苦慮しましたが、なんと亜鉛(高吸収タイプ)を買ってしまいました。
稀に見ないとんでもなく価値のある商品であると確信しております。
亜鉛(高吸収タイプ)の商品紹介ページの長所として書いていることが本当であれば、確かに健康になるでしょう。
・・・確かに、商品紹介ページに書いているようになったことを自分自身で感じています。
中身は、高レベルの充実した内容といえるでしょう。
この商品に限っては無くなる商品だとは思えません。記憶に残る商品のひとつと言えるでしょう。
おそらくこのナウフーズ(amazon)は、この商品により、すばらしい印象を与えたに違いないと思います。
はっきり言って返金システムはありますが、、返金してもらう必要は全くない商品ではないかと思います。
はっきり言って亜鉛(高吸収タイプ)は1060円以上の価値はあると思います。買って損はないと思います。
この商品は、ほぼ100%の人が、買ってうまくいくのではないかと思います。
亜鉛(高吸収タイプ)の買うことを検討されている方は、是非この機会に買うことを検討されてみてはいかかでしょうか。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
動物も植物も「タンパク質」でできています。

細胞内でタンパク質が合成されるときに振動が出るのですが、この周波数成分について解析したステルンナイメールという学者がおります。

そこで、彼の主張を検証してみました。

生物科学の学者達は、地上にある動植物のタンパク質の構造をものすごい勢いでデータベース化しています。そこで、それらにアクセスして、周波数の算出に必要なデータを作成してみました。
用いたのは、茎や葉の生長に関わるタンパク質群です。
このデータから周波数を導き、それを発振器で発信させ、出力を取り出せるシステムを開発しました。

最初に行ったのがエン麦(イネ科の植物)です。出力を振動スピーカーに通電し、鉢に振動を与えた場合、振動無しのものと比べると40%程度速く成長しました。

次に、振動スピーカーの代わりに変調コイルを作りました。ヒントは日立の外村さんがやった実験です。

信号をそのコイルに通電し、真ん中にトマトの種を植えた鉢を置くと、ダミーコイルの鉢と比べると、平均で250%の成長速度の差が現れました。
この差には驚いてしまいました。こんど写真を紹介します。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
自己言及の問題にはまってしまいました。

●自己言及の問題(真偽が決められる例、決められない例)

【1】
全能の神が居る・・・・真か偽か   

神に自分でも持ち上げられないぐらい
重い石を作らせてみる。

作れないとしたら全能ではない。
作れるとしたら持ち上げられないので
全能ではない。

だから、偽である

【2】
全能の神様がいたとして、
自分でも持ち上げられないぐらい
重い石を作ることができる。・・・・真か偽か

偽(作れない)だとしたら全能ではない。・・・正しくない
真(作れると)だとしたら持ち上げられ
       ないので全能ではない。 ・・・正しくない

だから、真偽が判定できない


【3】
私は正直者である・・・・真か偽か

真だとしたら正しい
偽たとしても正しい

だから、真偽が判定できない


【4】
私は嘘つきである・・・・真か偽か

真だとしたら正しくない
偽たとしても正しくない

だから、真偽が判定できない

コンピュータのスペックが人間の頭脳と同じレベルに達したとしても、これらの問題をコンピュータに判断させる際に困難となるそうです。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

北野 幸伯氏のメルマガに、驚愕の事実が報告されていました。

情報拡散超希望とのことなので、以下に転載します。


------------------------------------------------------------------------------


【拡散超希望】


●ホワイトハウスを動かして、日本の名誉を守ろう!


北野です。


皆さんご存知と思いますが、韓国は、全米津々浦々に
「慰安婦像」をたてようと、一年365日ロビー活動をつづけていま
す。


<米州韓人会総連合会のイ・ジョンスン会長も、韓国・女性新聞
に2013年8月29日掲載されたインタビューで、


「全米の大都市すべてに慰安婦碑を建てる。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
在米韓国人250万人同胞が力を合わせればできないことはない」
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

と話すなど、日本には「ピンチ」>

(2013年9月6日付「J-CASTニュース」)


日本は「敗北必至」とみられていましたが、新たな証拠が見つかる
ことで、

「がんばれば絶対勝てる!」方向に変わってきました。

あらたな証拠とは、「アメリカ軍が1944年に調査したところ、慰安婦は

金で雇われたただの売春婦だった!」という報告書が発見された。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

韓国は、「日本軍が韓国人女性20万人を強制連行し、性奴隷にした
!」と主張していますが、

当時日本の敵だった米軍が調査したら、全然そうじゃなかったという
のです。


これは、第3者(しかも当時絶対反日)から出た証拠で、圧倒的なパ
ワーをもっています。

そこで、日本を愛する皆さん、よろしければこの情報を、

メルマガ、ブログ、ツイッター、フェイスブックなどで拡散していただ
けないでしょうか?

そして、「慰安婦=性奴隷=韓国の大ウソ」を世界の常識にしまし
ょう。


◎証拠動画は↓
http://www.youtube.com/watch?v=ggQaYD37Jm4

◎絶対証拠報告書はこちら↓
http://texas-daddy.com/comfortwomen.html


いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

●目的

 X線やβ線を生体に照射すると、水代謝が向上するらしく、

 植物でも同様のことが起こるか確認してみた。

 今回使用する放射線源は、エクボ200のセラミックボール(ラジウム鉱石の粉末を焼結)

 であり、γ線とβ線の比率が2:8の割合となっている。


●実験方法
 ★実験材料
  猫用の草(コーナン商事株式会社) 2セット
  発芽期限 2014年8月(2セットともに同じ)


 ★実験グループのつくりかた
  ■グループA
   1.乾燥培養土を「ラジウム水」(エクボ200使用)でほぐす
   2.種を撒く
   3.セラミックボール(エクボ200)を撒く
   4.培養土でタネを隠す
   5.ラジウム水をかけ上層の培養土に水分を含ませる


  ■グループB(対照群)
   1.乾燥培養土を「水道水」でほぐす
   2.種を撒く
   3.培養土でタネを隠す
   4.水道水をかけ上層の培養土に水分を含ませる


 ★実験条件
  グループA,Bは、距離20cm離し、外光が入らない室内に置いた

  空調は使用しないため気温は28℃~35℃くらいの変動がある

  発芽までの2日間は、暗室にした

  発芽開始後、天井の蛍光灯を16時間/日くらい点灯した
  (夜間1:00~9:00は消灯)


●備考

 水道水に「エクボ200」を浸した上澄みを「ラジウム水」と呼んでおり、水自体の放射能は、

 検出できないが、他の実験で生理活性が認められている。

以下、実験結果


●7月30日

 培養土に水を含ませ、種まき(エン麦)。

 左がグループB(水道水)、右がグループA(ラジウム水)

toshiのブログ


 右のトレイに、エクボ200のラジウムセラミックボール(国内で最高線量)を敷く
toshiのブログ


 上に土(バーミキュライトのようなもの)をかける

toshiのブログ



 横から見たところ

 左右とも同じ分量の乾燥培養土、水量を使用したのだが左のほうが、少し盛り上がっている。

 水道水のほうが、培養土を膨脹させやすいのだろうか?

toshiのブログ



●8月1日
 発芽が始まった。

toshiのブログ


●8月2日

 右の方が育成が速い

toshiのブログ


 1日で緑が濃くなった

 左は芽がまだ出てないものがあるが、右側は全て発芽したようだ。

toshiのブログ


●8月4日

 右は、まっすぐ伸びている。根がしっかりしているのだろう。

toshiのブログ



●8月5日 
 葉の幅に違いがある。左は細く、右は広い

toshiのブログ




 15cmくらいまで成長した

toshiのブログ




●考察

低線量放射線を使用したほうは、発芽後の勢いがあり、元気に成長していることが観察から

わかった。

両者を食べてみた。いずれも苦いが、ラジウム水で育てたものは甘みがある。


ネコがどちらを好むのか興味があるので、今日(8月6日)から餌場に置いてみる。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

たまたま負った創傷が糖尿病により難治性になってしまった仲間がいるのだが、低線量放射線を自宅で照射してみてみたところ、治癒が速まったと喜んでいた。ホルミシス効果の一種なのだろう。

放射線学会に類似の報告があるのか調査してみたところ、ずばりそのものが見つかったので、紹介する。

E社で、扱っているEKBO200の可能性にも期待したい。



title: Acceleration of Diabetic Wound Healing by Low-Dose Radiation is

Associated with Peripheral Mobilization of Bone Marrow Stem Cells

「低線量放射線によって糖尿病創傷治癒の加速が骨髄幹細胞の末梢動員に関係している」


author: Wei-Ying Guo, Guan-Jun Wang, et al.

publication: Radiation Research: October 2010, Vol. 174, No. 4, pp. 467-479.


●概要


本研究では、糖尿病のラットモデルにおける皮膚創傷治癒に、繰り返し照射される低線量放射線被曝(75ミリグレイ(75mSv相当)のX線)の効果を調べた。


糖尿病はストレプトゾトシンの注射によって誘導され、その60日後に糖尿病と年齢をマッチさせた対照ラットの背中に皮膚創傷が作られた。


皮膚創傷ラットには、全身に放射線処理を行った。
照射は、毎日、5、10、15日間にわたって行い、ただし、5日毎に2日間の休止をした。


傷のサイズは、5、10、15日創傷形成後に評価された。

低線量放射線を糖尿病ラットへ繰り返し照射する処理は、非照射糖尿病群と比較して、著しく創傷治癒を加速した。


また、治癒における低線量放射線に誘発された改善が骨髄の増加と循環幹細胞CD31+/ CD34+、創傷組織における血管再生および細胞増殖、およびマトリックスメタロプロテイナーゼ2,9の
発現に関係している。


したがって、我々は、低線量放射線の照射を繰り返すことにより糖尿病ラットの創傷治癒の加速が骨髄幹細胞の増殖および周辺動員の刺激に関連付けられていると結論付けている。





いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

NASAのサイトで見られる火星のデータには、いくつか矛盾点がある。

たとえば、

1.空の色が赤っぽい写真がある一方で、探査機から送られてきた未加工のデータを処理すると青空の風景が生成される。


2.探査機が大気圏に突入する過程の記録データと、大気密度の関係が整合しない


などである。

空の色については、以下の画像を得ることができた。不正に入手したのではない。NASAのサーバーには、RGBの各レイヤーが個別に保存されているのだが、それらを重ねるだけでフルカラーが得られるのだ。サイトの説明をちゃんと読めばそのことがわかるようになっている。他にも無数の青空風景が収録されている。


Mars Rover探査機に搭載されているカメラには、16種類の光学フィルターが装備されており、それらの中に光の3原色が含まれている。NASAのサーバーにアップされている未加工画像には、どの波長帯域のフィルタが使用されたのかなど撮影条件が詳細にわかるようなファイル名が付与されている。ファイル名の意味について詳細な説明が掲載されており、どれが3原色のどの色のレイヤなのかがわかるようになっている。3原色揃った画像を重ねるとフルカラーの画像が再現できる。


色再現の手順について、以下参照

http://ameblo.jp/loop12/entry-11352906077.html

バイキングが最初に送ってきたカラー写真が、当時スミソニアン博物館に展示されていたが、それを見た友人の話では、空の色は青かったそうだ。

赤っぽい空の色は、ある理由があって、カール・セーガン氏の苦肉の策によって、後から改ざんされたものらしい。

ちなみに、「きち」さんのサイトは、色の再現ロジックに詳しい。


toshiのブログ-火星SOL874


大気圏突入と大気密度の関係については、シミュレーションを行ってみたところ、公表されている希薄な大気密度では、軟着陸はできないと結論される。 実際に存在する大気は、公表値より何十倍も濃いと思われる。

研究ノートへのリンク → 火星の大気密度に関する考察


NASA設立の背景を調べると、旧ソ連による人工衛星打ち上げ成功が発端になっていたことがわかる。翌年1958年、アイゼンハワー大統領の号令により、分散していた学術的・軍事的研究機関を統合し、米国航空宇宙局(NASA)が発足し、旧ソ連との宇宙開発競争が始まった。


上の様な画像について「某教育機関」がNASAに質問すると、公式見解は「間違った色だ」という回答が来ている。

NASAに与えられている任務は、「宇宙空間の平和目的・軍事目的における探査」なのだが、相反する目的(平和と軍事)があるため、NASA内部では情報戦争(公開派と隠蔽派)が続いているはずだ。だから、公式見解が、すべて正直な意見とは限らないと解釈するのが妥当だろう。 もし、ウソがあれば、膨大な情報の中に必ずどこかに矛盾が現れてしまうので、注意深く調査すれば真相の糸口を発見できる。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    PR

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。