テーマ:

ナイキ エア モア アップテンポ (白/紺/赤)
メンズファッション大革命
数多あるクツの中でも、これだけキャッチーなルックスも、

そうないでしょう。


メンズファッション大革命
ネイビー×赤×白は、もちろん星条旗を…


メンズファッション大革命
ソールユニットの金は、金メダルを取ることを

宿命付けられたチームとしての矜持を。


メンズファッション大革命
この横紙破りなデザインは、

ナイキの遊び心とアティテュードを表している。


・この「クツバカ一代日記」も、
 ついに50回を数えるに至りました。

 これも、このようなマニアックな内容の文章を
 楽しみにしてくれている奇特な…
 もとい、親愛なる読者の方々のおかげです。

 感謝、感謝。

 今後もご愛読いただけましたら、
 こちらとしても書く気力が出てくるというものです。

 よろしくお願いしますね。


・さて、特にここ最近の流れで顕著なんですが…

 僕は基本的にバスケットシューズ、
 それも特に95~97年あたりにリリースされたモデルに対して、
 変質的な愛情を持っているという性向があります。

 小学生の時に見たビートルズに衝撃を受けミュージシャンを志した
 男の子よろしく、まさにこれらとの出会いが、
 僕にとってファッションの原体験であったためです。

 (同時に、その時から好きだったバスケットそのものも。)

 もはやこれらは、自分自身の血肉となっております。

 そんな中でも、こと単純なビジュアル的インパクトという点においては、
 このエアモアアップテンポを上回るシューズは、
 この2009年の現在においても…
 そうそう、現れてはいないのではないでしょうか?


・スポーツシューズブランドにとって、最も基本的で重要な販売戦略と言えば、
 「有名選手に自社製品を使ってもらい、広告塔になってもらう」
 ことに他なりません。

 したがって、各ブランドは自社のロゴマークを、
 シューズのデザインになるべく大きく取り入れる必要が出てきます。

 特にこの時期(95、6年くらい)は、極端に言えば
 「スウッシュさえ付いてればなんでもいい」といった有様だったので、
 ウェアやシューズはもちろん、バッグ、リストバンド、その他小物…

 とにかくほぼすべての製品に、デカデカと、もしくは無駄に大量に、
 スウッシュマークが施されたデザインの製品で溢れていました。

 このシューズは、まさにそんな時代を象徴する、
 究極のデザインと言えるでしょう。

 スニーカーに特に興味がなくても、このデザインだけは見覚えがある。

 …なんて読者も多いのではないかと、筆者は察していますが…
 実際のところは、いかほどでしょうか?


・まずこのシューズの秀逸な点は、スウッシュやブランド名(NIKE)ではなく、
 あえて「AIR」という、自社の看板テクノロジーを「これでもか!」
 と、これみよがしに誇示しているところです。

 フルレングスのマックスエアの存在感も相まって、
 AIRという単語を、一般市民の脳裏にたたきこませることに成功。

 「NIKE」そして「AIR」という二大キーワードは、
 完全に一般的なものとして浸透するに至りました。

 そして極端にファットなシルエットとボリューム感は、
 これも当時、日本で一般的に普及し始めていたB-BOYスタイル
 (いわゆるニュースクール)との相性もよく、
 エアマックス95やエアジョーダン11などと共に、
 ストリートにおいて羨望の眼差しを集める
 シューズの仲間入りを果たしたのです。


・それにしても、この発想力、大胆さ、無邪気さ…。

 そのインパクトはいまだ色あせることなく、
 むしろ、市井のお洒落偏差値が今ほど向上した現代のキッズにこそ、
 やっと履きこなすことができる一足なんじゃないかと思います。

 ボリュームのある足元というのは、
 今では一般的には敬遠されがちだけれども、だからこそ、
 90年代をリアルに経験していない現在の10代の皆さんには、
 あえてこのあたりのぶっ飛んだデザインを、
 現代の空気感でうまくミックスして、
 オリジナリティ溢れるスタイルを確立してほしいところです。

 ただし、くれぐれもオリジナルではなく、
 復刻版を購入すること。

 (果たして現代キッズは、
 「加水分解」なんて単語を知ってるんでしょうか…?(^^;)


・ちなみにこのカラーリングは96年のアトランタオリンピック仕様で、
 カカト部分には、当時このシューズを愛用していた
 スコッティ・ピペンのUSAチームでの背番号8が刺繍されています。

 ただし、最も「AIR」を視認しやすいこのカラーは、
 残念ながら復刻されておりません…。

 ちなみに、他にはこのようなカラーリングがあります。
          ↓↓↓
 http://k-skit.com/categories/uptempo.php

 ほぼ同一アッパーでソールユニットだけが違う、
 エアマッチアップテンポという紛らわしいのもありますが
 (この年代のナイキにはよくあること)、
 そっちの方の紹介は、まぁまたしばらく先ということで。


シンヤヤマグチ



☆10cm high heel sneaker Long Tall "Sally"official site☆
http://www.high-heel.jp/ (PC/MB)

メンズファッション大革命
↑Go to mobile site!

"Long Tall Sally members" Please join us!☆
http://www.high-heel.jp/member/index.html (PC)
http://www.high-heel.jp/member_mb/mail.cgi (MB)

ameblo

↓↓↓



mixi Welcome to my mixi!☆
http://mixi.jp/show_friend.pl?id=15382372

AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

Shinya yamaguchiさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。