感想亭備忘録

ドラマ、映画、小説について感想、解説、批評など。
願わくばたくさんの面白いコンテンツに出会えますように。


テーマ:
復讐として人を殺した主人公が、復讐の証拠を持ってある屋敷を訪れます。彼を迎えたのは主の妻と息子、妹、そして秘書の3人の美女と1人の子供。屋敷内に主はいるはず。なのになかなか会わせてもらえない。なにか問題があって会わせられないのなら追い返されそうなのにそれもない。何を隠しているのか。何をしようとしているのか。お互いの秘密をめぐる駆け引きと探り合いが始まる。
 
という具合の、会話での探り合い、カマの掛け合いのお話です。「そして扉が閉ざされた」に代表される限定された空間での会話劇が大好物な自分としてはとても面白く読めました。ただしこの手のお話にしては結構素直ではあるように思います。「これが真相か?」というものが提示されてからあと1~2回ひっくり返してくれるともっとよかったなあとは思います。また女3人側が多少不用意な部分もあるんですが、まあこのお話の事情ならよくやったほうなのかな。しかしこの結末はハッピーエンドと言えばハッピーエンドなんだろうけど、不気味と言えば不気味だし、黒いと言えば黒いよなあ。女は怖い?いや女は強いのかも。

ろんぐさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。