• 19 Nov
    • 随分前の栗拾いのこと (目からうろこの栗の剥き方つき)

      ブログサボり癖がついてしまって💦、はるか昔のことを回想しているような記事になってしまいます。せっかくなので(また先延ばしになってしまうことを見越している^^;)、その前にこの頃の森の様子を... ’モデル代はくれるわよね?!’ ^8^半分くらい葉っぱが落ちて、秋まっさかり。で、時は遡って、10月最初の週末。全然装いが違う。少し葉っぱが落ちている風ではあるけれど、まだ木々は青々としていて。栗の木です。(右の方)下を向くと、栗の実が♪今年は、粒が小さいようでした。ミラも、我々が、必死になって栗を採っていると、おいしいものを探しているのを分かってか、真似しちゃうんだよな...。で、食べちゃう^0^ もちろん、皮は齧って剥いてね^-^人間たちが奥の方へどんどん進んで行くと、栗のいがが地面を覆いつくして、さすがにそうなると足が痛いのか、飽きたのかで、ヒトリで歩ける道へ戻って、「もう終わりじゃないの~~~」と退屈そうに待っていました^^;こういう時に、犬用の靴はかせてやると良いですね。フランスに売ってるのかどうかわからないけれど...。苔も青々して、美しい♡この日は、いつもの湖のあるところとは別の入り口から森へ入ったので、ふもとの町も別の町で、町の教会。そして、フォトジェニックな町並み。近代的な、パリのベッドタウン的な我が町を境に、こういう村っぽい町ばかりになります。さすがに電車の便も悪くなってしまいますが、住んでみたいと思ってしまう。坂の上にあるので、この広場からはパリの街が望めます。水汲み場で...上を見ると、ワンちゃんがちょこんと頭を出していて^-^可愛いので(ボクサー好き)アップにしてみました^-^近くに行って、ご挨拶しようと思ったら、逃げられちゃいました^^; 見た目に似合わず、臆病チャン💦 (ミラの、いつもしっぽブンブンで熱烈歓迎の姿をみている私には珍しくて)この日の栗の収穫は、二キロくらい。少しおくと甘みが増すと思って、そのままおいていると(冷蔵すべき)、虫くいが始まってしまい💦、ちょっと残念な始末となってしまいましたが、また来年。ちなみに、栗の驚くほど簡単な剥き方をご存知でしょうか。①栗の皮にナイフで一文字に切り込み(5ミリー1センチ)を入れる。②6-8個を目安に電子レンジ600wに50秒入れる。③二個ずつ取り出して、熱いうちに剥く。(残りは庫内に放置しておく)これだけです!要は熱いうちにむけば皮がやわらかくなって、渋皮もきれいに、簡単に剥けます。もう季節は終わりかけですが💦、まだ機会があれば、ぜひやってみてください!!!いつもご訪問ありがとうございます!、にほんブログ村

      19
      6
      テーマ:
  • 11 Nov
    • パリの地下鉄に愛犬と乗る

      パリでは、地下鉄(通称メトロ)や、電車(RERや国鉄の郊外線)に犬を連れて乗ることができます。(どのサイズも可で、通常大人料金の半額のチケットにて、ただし口輪をするという規則あり)ルーヴル美術館のあるリヴォリ通り(左手前が美術館)で、撮影を試みるも、じっとしてられず、あっち向いてホイの後は、イライラ顔のミラでもしっぽは宙に浮いているけどね^0^この日は、Ⓜ️メトロ一番線のルーヴルーリヴォリ駅から乗ってみたワン🐕プラットフォームに降りたところ。ルーヴルのそばの駅だけに、彫刻オブジェが何体か並んでいます。手前にみえるのはミロのヴィーナスでしょうか...ここは観光客の利用が多いので、きれいに改築されているけれど、全部の駅がこんなにキレイなわけではないからね💦先ほどのリヴォリ通りでの堅い表情とうって変わって、なんだか上機嫌になったみたいだわね😄ミラは人に噛みつく犬ではないので、口輪をせずに乗りますが、一度検札にあった時、「口輪をしないとダメだけど、今回は許してあげる」、と見逃してもらっちゃった😮一応携帯した方が良さそうです。一歳前後のころは、とにかく落ち着きがなく(吠えの心配は全くないけれど、あっち行ったりこっち行ったり、人の荷物や足元をクンクンしたり、車内のど真ん中でへそ天になったり^_^;;) 電車に乗る時はヒヤヒヤしていましたが、この頃は大分冷静に乗れるようになり、まわりの乗客にも概ね温かく見守って頂いております。その後は、郊外線のRERに乗って帰ったワン🐶お昼過ぎで、空いていたので、ゆーったりと🙂途中で車窓からゴルちゃんも見かけたよ♩このこも口輪してないしね😉レトリバー系の犬には規制が甘いのかもね。こんな感じで、週に2-3度は、パリの電車を利用しているミラです^-^いつもご訪問ありがとうございます!、にほんブログ村

      26
      4
      テーマ:
  • 01 Nov
    • 最近のM&M

      ブログをよく書きかけてはいるのだけれど...なかなか書き終えて「公開ボタン」を押すまでに至らず、結局時節が合わなくなって、下書きのままお蔵入り、の繰り返しで💦いろいろ話題を満載しようとすると、更新できなくなるので、簡潔に行くことにします!タイトル通り、最近のフタリの様子。なかなか仲良くカメラに収まる事はないのですが、目の前に良い匂いのするものがあればね “Me, me me .... ” the season arrives for cheese fondue 🥖🧀 Look carefully at Mira’s face after Milktea tried to grab it 😄 今シーズン初のチーズフォンデュ♬「ちょーだい、アタチに!!!」 ミラ(犬)のミルクティ(猫)が立ち上がった後の表情に注目😄 #labradors #lovingdog #doglover #catlover #chien #chat #chienetchat #fondueswiss #cheesefondue #dogandcat #dogandcatlove #bufftabby #bufftabbycat #dogstagram #catstagram #ラブラドール #ラブラドールレトリバー #いぬら部 #いぬとねこ #犬と猫 #クリームタビー #animallover A post shared by Mira, Milktea and Mirabelle (@mira_et_milktea) on Oct 28, 2017 at 12:19pm PDT手っ取り早く、インスタからの動画ですが、可愛いフタリを是非クリックして見てみて〜!今日もご訪問ありがとうございました!、にほんブログ村

      37
      2
      テーマ:
  • 14 Oct
    • 盲導犬虐待事件について思うこと

      三日前、Instagramで、何を思ったか、たまたま’盲導犬’のタグ検索をしたところ、駅のプラットフォームで、自分の盲導犬を、蹴って歩かせるユーザーの後ろ姿を撮った動画が投稿されており、それは瞬く間にリポストが繰り返され、12日の朝(ヨーロッパ時間)起きて、再びチェックときには、おびただしい数のリポスト(と抗議、怒り)となっていた。-昼頃(日本時間では夕刻)には、日本盲導犬協会からの声明が出され、協会連合(11団体)所属の犬ではないが、所在は確認され、当該協会(アイメイト協会)がユーザーの特定に至ったとのニュース。そして、今朝(日本時間13日夕刻)には、該当の盲導犬をユーザーから引き上げ、保護したとのニュース。SNSの効力のすごさを感じるとともに、いろいろ感じることのあった、三日間。・なんとなくの感触として、犬が保護された時点で、一般世論的にこの事件は解決したかのよう。が、個人的意見としては、この犬がこの後どういう扱いを受けるのか、アトム、ジョニーの事件のことのようにうやむやにならず、安らかに、穏やかに生きていけるまで見届けたい。(ラブラドールを持つ飼い主としては、自分の犬のことのように思えて尋常でいられようか)・多くの人が感じているように、虐待されたその犬は、動画から明らかに、ユーザーに対する恐怖、自分のおかれた境遇への悲しみを感じることができる。(しっぽをだらーんと下げて、トボトボ歩く後ろ姿がなんとも悲愴的 ”ボクはなんでいつもいつも蹴られるんだろう...”←当該犬にわかるすべがあるとでもいうのか。主人に常に従順に、懸命に守って生きいるのに)・今回の件は、たまたま明るみに出たわけで、実情は、もっとひどいケースも中にはあると思われる。・一方、ユーザーの中には自分の目となって、いつもそばに寄り添ってくれる最愛のパートナーとして、大事に扱うユーザーは、おそらく大多数であることも事実。ただし、犬を’道具’として扱っているか、’いきもの、仲間、あるいは家族’として扱っているかは個人差があるとは思うし、それが、どれが正しいというものではないけれど...・ただ、やはり、こういう虐待がある以上、そして、根本的なところに、犬の感情、欲、本能を押し殺させて、従順に従うことをよいことに、人間に従うようにつくりあげること自体が、虐待であるという考えに至る次第。(盲導犬が美談として語られていたころには、こういう背景を考えもせず、パピーウォーカーや、キャリアチェンジ/引退犬の引き取りとりをしたいなど考えた時期もあったが、今は一切思わない)・盲導犬事業は、やはりなんだかんだ言って、利権の絡んだ潤沢事業(政府からの助成金が一頭に4千万←おそらく生涯単位、とか、さらに募金活動による収益、などにもかかわらず、犬の飼育はボランティア=お金がかからない、による)であるから、一向に廃止の移行はたどらない(と思われる)。・盲導犬協会の動向をみていると(ラブラドールの子犬みたさからではあるけれど💦)、次から次へと子犬が生まれて、←一度に5-10頭は生まれる、本当にこれらの子犬たちすべてが、ちゃんと育って、晴れて盲導犬になるなり、キャリアチェンジ/PR/繁殖犬になるなりし、そして引退犬はボランティアのもと、または生まれた施設で老後を、と、「正当な」道を辿っているのかすらもやや疑問になりかねない...)飼育環境は申し分なくとも、結局のところパピーミル同然(=たくさん産ませたら儲かる)ではないか...今日は普段に似合わず、まじめに、そして辛辣になってしまいましたが、そんなわけで...私は、今となっては、盲導犬制度には反対です。これもすでにいろいろ言われていることですが、いまや自動運転車だって出てきている時代なのだから、盲導犬にとって替われるものへの移行なんて、現代の技術をもってすれば、可能なはずなのです。既述のとおり、中には盲導犬を大事に扱うユーザーの方々もいらっしゃるので、徐々に移行の途を辿っていけばよいと思います。(ただ、その間にも、虐待がひそかにどこかで継続しているかもしれないと思うと、心が張り裂けそう)盲導犬の団体さんそれぞれには、ビジネス転換をはかるべく、この点において、対応、対策を急務としていただきたいと、切に願います。(というわけで、決してあなた方をつぶしたいわけではないのです)以上、犬に関する、タイムリーな話題について、物申させていただきました。個人の意見として尊重していただければ幸いです。最新情報とこれまでの経過をリポートされているので、リブログしています。↓今日もご訪問ありがとうございました!、にほんブログ村

      34
      2
      テーマ:
  • 14 Sep
    • 遅い夏休み3 

      夏休みはとっくに終わっていますが、ちょこちょこ載せていると、一向に終わらないので、最後まとめて^^;)カンタル県は、火山地帯で、温泉があるのは4月に行った旅行で紹介しましたが、熱くはなくてもSource=源泉が結構いろいろあり、こんな感じで、自由に汲めます。ここのお水は、鉄くささが半端なく、ほんのちょっぴり炭酸が入っていて、そのまま飲むには少々難でした。しかも、おなかもゆるくなったような💦8日ほど過ごしたキャンプ場は、8月末ともなると、ガラガラで、一家族帰っては、また一家族、と常に4組が滞在している(キャパシティは50組分)状況。キャラバンの中で外を見てたたずむミルクティ♡ミラは毎日川で水浴び♪この原っぱあるきをした日も暑くて暑くて💦平然としているかに見えるみどりたちが、うらめしかったな...本当は自然のつくる美をカメラに収めたっただけですが^^;この日の目的地は、このシャトー=お城。といっても、まぁ大きなお家?画像をみるだけで、暑い💦 水がぶがぶ飲みながら、ひたすら歩いたことを思い出す...いっぱい歩いた日は、ごはん食べたらこっくりこっくりと^0^寝始めです^^;まだまだ画像があるので、まとめ第二弾続きます...今日もご訪問ありがとうございました!にほんブログ村

      43
      2
      テーマ:
  • 04 Sep
    • 遅い夏休み2 ~ラブラドールと一緒にハイキング

      カンタル(正確にはオーヴェルニュ地方カンタル県)での夏休み第二弾🙂滞在中は1日出歩いたら、翌日はのんびり、と特に前もった予定も作らず、気の向くままに過ごしました。前々日のハイキングが山歩きではなく、車の通る道を渡りながら、ひたすら平地を歩くコースで、しかも30度の炎天下だったので、この日は山へ。村の繁華街(でもないけれど)の裏手を登って行きました。この季節の野草はこんな感じ。きのこはいろんなところに生えていましたが、種類はこれのみ。 暑さに弱いミラは、ハーハー言いっぱなしでしたが、スタミナはあり、4時間くらいのコースでしたが、頑張って歩いたよ^_^Grotte=洞窟が目的地のコースだったのですが、コースの8分めくらいにやっと現れたのが、これ ま、まあ洞窟だけどね💦かつてある家族が避難場所として使ったそう。でも何か目標があるというだけで、暑くて辛い中でも最後まで歩いてみようと思うんですよね😌昔日本でやっていた登山の場合、サミット(目標)へ着いてからの折り返しがきつかったりしますが。 下界へ戻って、最後は井戸水?(上の取手を回すと水が出てくる)が汲めるところでガブガブ水で潤して^_^ミラ片耳が開いてる火山地帯で、ボトルで売られている水も結構多い地域なので、水道水だろうが井戸水だろうが、どこで飲んでもミネラリーなおいしいお水です。もう2ー3度気温が低ければ、少しは楽だったろうけれど💦おつかれ、みんな!今日もご訪問ありがとうございました!にほんブログ村

      39
      テーマ:
  • 29 Aug
    • 遅い夏休み1

      ご無沙汰しております。フランスの中央部南寄り、チーズの名前にもなっている、カンタル地方にて、一週間ちょっと、キャンプをして過ごし、ネットの世界からしばらく遠ざかって(自分を遠ざけて)みました😅 (全くなかったわけではないのですが、これを機会に読書でもしてみようかと😋)そして、一昨日より、リヨンの義両親の留守宅にて、またしばらく違ったお休みを過ごします。カンタルでは、ゆる〜くのんびり、主に山や野や、沢などを歩いて、みどりの見過ぎじゃないかくらい、緑に囲まれて過ごしました^_^でも、フランス一寒いと言われるこの地が、まさかの猛暑😨フランス南部一帯が熱波に襲われて、ヴァカンスが始まってから毎日30度越えの、厳しい残暑です💦地元のマルシェ。この時期の旬は、みため青梅のような、レーヌクロード(英:グリーンゲージ)、そして、ミラベル(左下画像の黄色い小粒)、プラム類、それからぶどう🍇も出始めました。今回はミルクティも一緒にやってきたよ〜😊車での移動がやや難ですが、目的地に着いてしまえば、自分の居場所を見つけて、我々の場所を基点に自由に動きまわっていました🙂ここカンタルは、ミラにとってはパラダイス♩きれいな川が山から流れていて、水を見つけてはこのはしゃぎようよ😉でもやっぱりミラは臆病もので😄、遠くまでは行けないの😅巨体の犬仲間とか、果敢に攻めるくせに、水は、近場でバシャバシャやって、10秒でおわり!夏休みの事、ゆっくり綴っていきます。今日もご訪問ありがとうございました!にほんブログ村>

      29
      2
      テーマ:
  • 13 Aug
    • パリでヘルシー志向のお店 〜1区

      花食の都パリでは、昨今健康志向の表れか、ただトレンドなのかわかりませんが💦、’Bioビオ(オーガニック)’、’グルテンフリー’、’ヴェジタリアン’、’ヴィーガン’などをうたうお店が増えてきています。都合上、シャトレ・レアール近辺での活動が多い最近の我が家、必然的にこの界隈で食べる機会も多いこのごろに見つけた一店も、上記のすべてをうりにしているピザのお店。Pizzbio  ←リンクはGoogleマップのお店の情報へとびます。こちらは、生地は普通(グルテンフリーではない)で、ヴェジタリアン。上にのっている三角の薄切りのものは、ヴェジタリアンハムです。このピザに関してはハム以外がビオ素材でした。(然り、ビオではないものにはメニューでその旨記してある)こちらは、グルテンフリー生地(お米が原料とのこと)で、ヴィーガン。アルコールフリーのお飲み物は、アイスルイボスティー。ピザはいずれも食べてみましたが、ビオという点を考慮すれば、5点中4点つけてもよいかな...。 (もちろん石窯焼きの外かりっ、中もっちりなピザに比べると劣りますが)このコンセプトでお店を開くなら、この場所ではない方が良い気がしますが💦、その分混んでもないので、この界隈でおなかがすいたら、飛びこみでも入れるお店として、ひとつリストに追加^-^今日のおまけ撮影に気づいて、じーっとカメラ目線のミルクティ^-^目力半端ない今日もご訪問ありがとうございました!にほんブログ村

      24
      テーマ:
  • 09 Aug
    • パリ街角スナップ –グランブールヴァール界隈

      地下鉄Grands boulevardsの駅そばを南北に走るパサージュ。南から、パサージュデパノラマ、道をはさんで、パサージュジョフロワ、パサージュヴェルドーとかなり長い距離のアーケード街。  レトロな感じがタイムスリップしたかのよう♩ パサージュ近くの老舗の菓子店。パリ観光に組込みたい老舗の超有名ビストロ、CHARTIERもこの近くにあります。今日もご訪問ありがとうございました!にほんブログ村

      27
      2
      テーマ:
  • 01 Aug
    • パリでおいしい夜 〜16区

      自分のお誕生日がいつもヴァカンス真っ最中で、行きたいお店があっても、お休みの場合が多いので、フランス生活の開始記念日とあわせて、7月の終わりにレストランへ行く事にしています。今回は、これまたまわりでおいしいとよく聞く、日本人シェフの一つ星のお店。Archeste          おまかせコース9品だったかな(一部画像撮り逃しあり)、と、追加オーダーで、お料理に合わせたワイン三品、モンチーは、ワインを飲めない腹いせにエクストラでトリュフを一品につけてもらっていました(^ ^) ← 味見したら、すごい美味しかった💦去年開店して、早々に星がつくだけはあって、洗練された、期待を裏切らない味に舌鼓を打つ。なんと犬入店OKでしたので、テーブルの下でおとなしく、ねだっておりましたお肉が食べられない体質になりつつあるので、こっそり手伝ってくれたのは言うまでもありません (言われなければ何肉かわからないほど、全く臭みのない、ラムラックでした)今日もご訪問ありがとうございました!にほんブログ村>

      20
      4
      テーマ:
  • 24 Jul
    • 大収穫第二弾

      先月、6月にはさくらんぼが腐るほどなった我が家。さくらんぼ収穫の様子①さくらんぼ収穫の様子②今月も新たに収穫が♪今度は、いつも窓からながめているこちら。こうやってみると、なんだか右半分葉っぱが黄色くて、もしかして病気?それともすでに黄葉がはじまっている?さて、肝心の果実ですが...ブルーンがなりました♪5月当初は、細長いアーモンドのような身がついていて、何の実かわからず、ガーデナーさんに聞いて、プルーンということは判明していましたが、日を追うごとに、どんどん大きくなって、これはまだ青かったころ。第一弾は、手っ取り早く、作りおきのカスタードクリームがあったので、市販のパイ生地の上にのせて、焼いたもの。この時はなりはじめで、少し酸味が強かったので、生で食べるより加熱した方がよいと思ったのですが、二日後からおすそ分けをはじめて、生で充分甘くておいしいとの皆の反応だったので、食べてみると、甘くなっていた!どんどん落下してくるので、それを拾うだけだけれど、消費はおいつかず、少しでも傷があったり、ぶよっとしているものは容赦なく、廃棄に...(蜂やら蟻やらが食べてくれてるし^^;)。で、木の箱に入れていると、重みで下の方がすぐに腐っていくので、今回はテーブルにとりあえず並べる作戦^^;このままおいていても腐らせる可能性大だし、来年以降のこともあるし、ここで思い切って、ドライものをつくるための、ディハイドレータを買ってしまおうかと...。2-3日考えた挙句、アマゾンへ行ってクリック!買ったけれど、到着は29日以降とのことで、間に合うのかどうか...。プルーンってこんなに大粒とはしりませんでした。重さはひとつ35~45g!モンチーが拾いながら、「まるで、イースターのエッグハンティングのよう♪」と言っていましたが、まさに、形も大きさもたまご!^-^保存を考えるとやはり、大部分はジャムでしょうか...。このこも私が拾い始めると、思い出したかのように、漁りはじめますだめと言っても聴くこではないし(私の言う事はきかない)、食べるけれど、すぐ飽きるので、放任中。バーベキューの入れ物に入っているのは、はちきれたり、傷ついたりして捨てる分。テーブルの上のも廃棄処分になる可能性大…。これでも採れた分は、もったいないからって、かなりの量をもらって頂いているのですが💦すでにジャムも四キロ分作りました…。今日もご訪問ありがとうございました!にほんブログ村

      30
      2
      テーマ:
  • 22 Jul
    • 夏の森 210717

      いつもの森の最近の様子。色づいてきました♪来週おそらくピーク。次回はかご抱えて、でかける予定^0^黒くなったのは、摘んでみた。でもちょっと早くて、甘みが足りない感じ。夏の野花の代表、あざみ。こんな大きなあざみははじめてみた!不明...。あ、これは仲間はずれ^0^ 植物じゃないし^^野生でもないし^0^野生のききょうかな、と勝手に判断...。すすきですね。開いてなくて、こっちの方がきれい。(勝手な好み)湖には、鴨。おすわり態勢は、何かが迫ってくる合図。伏せの態勢で、警戒心を解く。こういうところは、自然に学べていて、犬に友好的なラブラドールの素質かな、と...。特に相手が小さいと、かならず←自分が大きいのを分かっていて、彼女なりの思いやりと理解している。そして、やってきたのは、またハスキーでした。この森では、ハスキー連れが実に多い。フランスでは、目が青いから人気なのだとか(モンチー曰く)...。本当かなぁ。家に帰ったら、かならずソファーでお昼寝。zzzあ、こっちも^-^今日もご訪問ありがとうございました!にほんブログ村

      24
      テーマ:
  • 18 Jul
    • 月曜日は菜食 ”ミートフリーマンデー” 170717

      まだまだ世間一般の知れ渡るところではないようですが、毎週月曜日に肉食をしない、という動きが、世界各国で少しずつ広まってきています。発端がどこなのかは、私自身深く調べていないのですが、マッカトニー一家(ポールは言わずと知れたビートルズの、そして、娘ステラ・マッカトニーは動物保護を推進するファッションデザイナー)が、「ミートフリーマンデー」と称して、月曜日をお肉を食べない日にしようと提唱していたり、日本では、ベジーマンデーとして、月曜日を菜食の日にしようという動きがあるようです。ミートフリーマンデーについて→ ☆ベジーマンデーについて→ ☆「菜食」だと、おそらく動物の「肉」だけでなく、乳製品や卵などの「動物由来の」食品も食べないことだと思いますが、「ミートフリー」については、解釈的には、「肉」を食べないということ、かな...というわけで、かくいう我が家も、この運動を取り入れるようになって、かれこれ3か月くらいになります。私自身は、畜食産業に対する現実(動物がどれだけ人間の餌食とされているか、そして、それによってどれだけ環境が破壊されているか)、中国・韓国の犬猫食の酷い実態などを知るようになってからは、徐々に畜食をしないようになってきています。牛肉を食べるのは、月1~2度、キッズの好きなボロネーズソースを作るときくらいでしょうか。月曜日以外の日も、牛肉以外もほとんど口にしなくなってきました。実のところ、肉厚なステーキ画像を目にすると、最近はうっ💦とくるくらい。当初は、子供たちのいる週は、例外としていましたが、そのうちそれも廃止、今では毎週月曜日は、動物由来のものは一切食べない日になりました。(キッズからは大ブーイング)完璧な菜食になるかどうか、と問われると、まったくのエゴですが、今のところはまだ。特に、お菓子を作っていると、卵、バターなしでって、かなり幅がせまくなります。さて、「菜食マンデー」。これって、ヴィーガンではない人間が、週一で取り入れてみると、結構キツいのですよ。朝、パンを食べようとして...私はフルーツと、バゲット(原料は小麦粉、水、塩)を、最近は毎日朝食として食べているのですが、これはよいとして、バゲットに塗るバター、うっかりしていると塗ってしまいそうになるのですが、月曜日は植物性の”バター風”スプレッドや、ピーナッツバターを塗るようにしています^^;そして、月曜日の定番になりつつある、ファラフェル(写真の丸いコロッケのようなもの)。かかっている白いソースも、もちろん100%植物性です。日本はすでに火曜日を迎えていることだし、また詳しくは、来週!ちょうど去年の今頃、はじめて海を見たミラ♬♬♬今とほとんど変わりないような...^0^ (でも体重は、たしかこのころ若干20キロ)親ばかながら、愛おしいです♡そして...時を同じくして、一年前、我が家にきたばかりの、ミルクティ。子猫の名残りのある、生後約3か月。野良猫だったので、ガリガリでした。こんな可愛いこが誰にも拾われず、彷徨っていたなんて、本当に奇跡!あどけなさはなくなったものの、こちらも愛らしさは変わらず。「ミルちゃんっ♪」 と呼ぶと、「ニャァ」って、か細い声で、必ず応えてくれるのが、可愛くって可愛くって^-^今日もご訪問ありがとうございました!にほんブログ村

      27
      2
      テーマ:
  • 16 Jul
    • パリでおいしいランチ -6区

      パリのランチシリーズ、今回は、左岸へ。右岸に比べて、空気が穏やかな雰囲気のある左岸ですが、6区あたりは穏やかさの中にも、エレガントさとややスノッブな感じが漂う、ロンドンでいえばサウス・ケンジントン~チェルシーあたりとよく似た地区。そんな場所の小さな一角にこのレストランはあります。Clover ↑クリックすると、Googleマップへとびます。セレブ・シェフ、ジャン・フランソワ・ピエージュのセカンド店。ここもこの通り、席数が少ないので、予約は取りづらいのですが、直前に3→4名に変更になって、大丈夫かな...と心配だったのですが、なんとか対応してもらえました♪お昼のムニュ(=定食)は、35ユーロ、または45ユーロ。35ユーロ、3コースの方をいただきました。前菜: プティ・ポワ(えんどう豆)のヴェルーテ(クリーミーなスープ) 燻製ハドックとパン・ペルデュとラディッシュ添えメイン:子牛のロースト、アーティチョークとそら豆。デザート: ヴァシュラン(メレンゲとアイスクリームを主体としたお菓子)パイナップル添えどれも繊細で、品のある味付けでした。食後のコーヒーにはミニヤルディーズがついてきませんでした💦昔はクッキーが出てきていたらしいけれど、やめたらしい...しかもアミューズもなしでした。これだけ完成度の高いものを出してくれるなら、プラス10ユーロくらいの価格は仕方ない、でみなさん納得なのだと思います。我も然り。また行きたいアドレスリストに追加!セールで新しいカラーを買ってもらったの💕キャス・キッドソンで見つけました♩大型犬用ではなさそうだけれど、案外首回りが小さいので、難なく入ったこれなら絶対女子に見えるワン今日もご訪問ありがとうございました!にほんブログ村

      29
      2
      テーマ:
  • 13 Jul
    • 森をお散歩 110717

      ここ最近は、モンチーが電車で仕事へ出かけることが多いため、車が家にある日は、15分の距離の、いつもの森へ、週2回くらいはミラを連れて出かけています♪ミラと出かけようとすると、必ずどこかからふっと姿を現すミルクティ^-^ (なんだかいまだに子猫のよう♡)近所へのお散歩のときは、必ずついてきますが、途中でミャオミャオ泣いて、それ以上ついてこなくなります。その距離は日によって違い、結構遠くまでついてくることもあり、そこでさよならしても、必ず家に戻ってくるんですよ!(ミラに比べて←比べるな、かなり頭脳明晰女)最初は戻れなくなると困ると思って、距離が長くなると(徒歩6-7分くらいの距離)、抱えて家まで帰していたものですが、そのうち慣れて、自力で来れるところまでは自力で帰れると理解し、今日にいたっていますが、特に問題なくやってきています^^;我が家が、一方通行のほとんど住人しか通らない道にあるというのが、ミルクティには車にひかれる心配もなく、好都合です♪さて。場所は、森へと...。この森、秋には栗が採り放題になるのですが、なんと、夏にはこれが採れることが判明し、最近は行くたびに、熟れ具合を確認中^0^完全に熟すまで、はっきりしませんが、おそらく、ブラックベリー(仏:ミュール)。先月末までは、白またはピンクの花が咲いていましたが、猛暑で花が落ち、一気に実がなり始めました。アップにすると...色づきはじめています♪うーん、楽しみ♬あと二週間くらいかな...いつも、こういうちゃんとした道のあるところだけにしておこうと思うのですが...ついつい、こんな脇道に入って、ジャングルっぽくなってくると、ちょっと不安になってくるのですが💦 (見事なシバ林です)スリル(遭難のおそれ?←この森は遊歩道がくまなく通っているので絶対ない^^;)を味わいながら、10分も歩けば、再びまっとうな道へ戻ります^-^こーんな大きな木をながめて...もっと冒険しようと思ったら、ミラが、”ママ、また迷うから、あたしはそっちは行かない!”と、ビビリの片りんを見せて、安全な道へと促され、やむなく元の道へ...^^;途中、こんな変なナメクジ?が道のど真ん中で、モジモジしていました。色が木の枝っぽくて、黒い穴のような模様で、いかにも木にみせかけるようなカモフラージュ仕様な体をして...ちょっと枝でつついてみたら、瞬く間に、縮んでまるくなりましたそして、目印の湖まで下りてくると...本来なら、水をめがけてまっしぐらのミラですが、水より仲間が気になったらしく...50メートル先に視線がくぎ付け^^ミラの優先度: 犬>水>人間 といったところでしょうか^^; うーんもしかしたら食べ物が一番だったりして^0^どれも好きなことに間違いはないのですけれど^^;そして釘付けの視線の先は、ハスキーの子犬ちゃん(7か月)x2でした♪7か月でミラと同じくらいだから、やっぱりおおきい。同じワンちゃんに遭遇することはまずないですが、この湖畔付近では、必ずワンプロしてご満悦のミラです^0^この後は、やっぱり水浴び^^;をし、森探検終了!楽しかった~♬♬今日もご訪問ありがとうございました!にほんブログ村

      25
      2
      テーマ:
  • 12 Jul
    • バレエ@オペラ座(ガルニエ宮)

      パリ、オペラ座といえば、現在二ヵ所あるのですが、ひとつがオペラ・ガルニエ、もうひとつがオペラ・バスティーユ。オペラ・バスティーユは、建築歴も浅く、現代的な芸術鑑賞ホールであるのに対し、オペラ・ガルニエが、いわゆる一般的に ”オペラ座”として知られている方です。いつものごとく、あまり良い画像が撮れておらず、外観はこれ一枚なのですが💦オペラ・ガルニエです。地下鉄のOpéra駅を出てすぐのところにそびえ立っています^-^ロンドン在住のころは、コベントガーデンのロイヤルオペラハウスへ、足繁くオペラやバレエを観に行っていたものですが、パリへ移ってからは、相方モンチーが、古典芸術にあまり興味を持たないため、行きたい思いは募っていたものの、遠のいていました。というわけで、在住もうすぐ3年にして、はじめての、オペラ・ガルニエ。結構長い間、オンラインでチケットを探していたのですが、めぼしい演目はほとんど売り切れ、みんなどうやってチケット買ってるんだろう、と疑問に思っていたところ、いわゆるボックスオフィスへ行けば、当日でも買えるという耳よりな情報を入手し、当初は当日券ねらいで行こうと思っていたのですが、たまたまお隣りのアップルさんに用事ができたので(購入一年にも満たないのに携帯チャージャーが壊れた💦)、帰りに覗いてみたところ、数日後のチケットが、あっさり買えた!観劇そのものももちろんですが、とにかくみたかったのが、この、シャガールの天井画。これって、意外に歴史が短く、設置されたのは1964年だそう。シャガール自体が古典ではないから、当たり前といえば当たり前か...これだけでも満足ですが、演目は、「シルフィード」。人気演目は、席数の多いバスティーユの方で行われることが多いようですが、このシルフィードは、初演会場であるということか(1832年の話^-^)、ここオペラ・ガルニエが会場です。バレエは好きですが、批評をするほど詳しくないので、割愛しますが^^;この日の主役は、シルフィード:Ludmila Pagliero(しなやか動きが妖精役にぴったり)、ジェイムス:Josua Hoffalt(大柄でダイナミックな演技)でした。今回チケット入手はそこまで難しくないことが分かったので、他のダンサーたちの公演を今後の楽しみに♪オペラ・ガルニエのバレエ、興奮冷め止まぬリポート、終了!今日もご訪問ありがとうございました!にほんブログ村

      22
      テーマ:
  • 03 Jul
    • パリでおいしい夜 -10区

      今のところパリで一番お気に入りのお店はここ!Abri(↑クリックするとGoogleマップで確認できます)レストラン記事はかなり後追いになっているので、素材の季節感が少しずれていること、ご了承ください...ここも日本人シェフ、スタッフもほぼ全員日本人のお店。ランチには結構きたことがありますが、夜はこの日がはじめてでした。ここは、基本、昼(4コース)も夜(6コース)も、おまかせコース一本で、直球勝負!ただしこの日、我々は、モンチーのアルコール、グルテン抜きのダイエットはひき続き続行中につき、まわりのテーブルとは出てくるものが違いました。前菜1: Mullet Noir (ミュレはヒメジ、この場合黒ヒメジ)と梨 お刺身サラダワインは最近は私のみ、グラスで白、赤と飲んでいます^^;専属のソムリエさんはいないようですが、ここはワインも自然派中心で、かなりイケてます♪この日は、記憶が正しければ、白にソミュール、赤は...失念💦前菜2: いか、いか墨のリゾット、ケールスープ: にんじんのヴェルーテ サフランとオレンジ風味魚: メルラン (日本ではメルルーサ?)肉: 牛バヴェットだったかな...バヴェットはおなかの部分。」デザートは梨のロティ、アイスクリームのフレーバーは失念💦たぶんローズマリー。ここが、かつての記事の10区ランチの予約を蹴って、キャンセル待ちで食事時間の1時間前くらいに空きができたと連絡があり、行ったところです。ここは、席数が少ない人気店のため、夜は何か月先まで待たないと予約が取れません。ただ、今回のように、直前にキャンセルが出る可能性もあるにはあるようです。予約は万全の態勢でね!最近みつけた公園で、小枝を咥えてはしゃぐミラ^-^減量が効いて、ナイスバディになってきたでしょ^0^パパともども、ダイエット頑張ってるですよ!日干し中のおとなりさんのねこちゃん^0^今日もご訪問ありがとうございました!にほんブログ村

      18
      2
      テーマ:
  • 29 Jun
    • パリの三つ星初挑戦!

      タイトル通り、ひょんなことから、突然ミシュラン三つ星のレストランへランチに行くことに!エッフェル塔を川越しに眺めながら、着いたのは、パリ16区の静かな通り。パスカル・バルボー氏のAstrance 。三つ星の中でも行ってみたいと思っていたところに思いがけず、チャンスが舞い込んで来ました♩予約を取ったのに、仕事が入ったためその席を譲って下さった方によると、お店で食べた日に、次の予約をするというのが鉄則らしく、そうでもしなければ、予約は難しいとの事。さてお料理はいかほどに…。アミューズ。詳細はすでに記憶にあらず💦ただ、とにかく素材が斬新で、且つ調和が素晴らしい。シューのラヴィオリとメモしているけれど、キャベツではないような💦中には蟹、下に青リンゴとハーブのサラダ、アスパラと何か…。お魚は、鯖。上にそばの実、付け合せはオゼイユ、ソースはタマリンド。少しスパイシーにアジアンなニュアンスをつけて。お肉は鴨。プティポワと黄にんじん、チェリーとアーモンドのクネル、フォアグラトースト、ジュニパーの何か…。これはクラシックな一皿。お口直しはピーマン、生姜、レモングラスのソルベ。そして、美しく仕上がっていた、デザートのラズベリーとルバーブのタルトを撮り忘れエルダーフラワー(仏:スロー)アカシアと、ジャスミンのムース、と、花の彩りと香りがふわっと香って、季節感たっぷりでした♩最後にミニヤルディーズ。フルーツが出て来るのは意外…。ワインはグラスで白と赤を頂きましたが、白とアミューズ、前菜との相性がとにかく素晴らしかったのに、銘柄をチェックしなかったのは悔やまれる💦三つ星でややオーバープライス感は拭えませんが、パリに住んでいるからこそある、貴重な経験となりました。今日もご訪問ありがとうございました!にほんブログ村

      27
      4
      テーマ:
  • 28 Jun
    • さくらんぼその後

      以前の記事で紹介した、我が家のさくらんぼ🍒6月初旬のころの様子です。この日は、朝方雨がシャーっと降って、しずくが滴って、とても美しかった♡肩掛けかばんを持って、摘んでいるとそのうち重くなるので、こうやって箱に入れながら。この辺はベストな時期の果実。赤い宝石ミラはそのまま食べてしまうので、種を取ったものをやっていましたが、木から落ちたもの、床に落ちたもの、すかさずせっせと片づけてくれて^^;気管に入ってしまったのかしら^^ブヘーッってやっていました^^;私が摘んでいる間は、木の下で、落ちたのをすかさず食べようと、ウロウロ、ウロウロ...^^;「ママ、あんまり高いところへ行かないで!」こう見えて、ビビリなんですよ~、ミラってこっちは、果物を食べる興味があるわけもなく、仏像とともにオブジェ化カメラを前に静止が得意なの^^このこは、食べ物には、非常にこだわりがあるようで、ヨーグルトひとつとっても、メーカーが違うものを出してやると、一切口をつけなかったり、冷蔵庫に少し長くおきすぎたかなぁと思いつつやると、やはり口をつけなかったり...でもそれをミラにやると、ウハウハ言って、食べるんだよなぁ💦多くの収穫物は、コンポートにしました。煮沸消毒した瓶に入れて、長期保存の準備...ドライチェリーも作ろうと思って、最初は’サンドライ’(要は日干し^^)にしようと思ったけれど、小蝿がやってくるやってくる💦で、ほどなく中止。専用のネットが必要ですね...ということで、やむなくオーブンドライに。1キロの果実で、できたのは、瓶にひとつ。ドライフルーツがなぜ高いか身をもって分かった時。この専用銅ポットをまた活用しようと、ジャムを試みたけれど、調理を止めるタイミングがつかめず、ジャムを越して、キャンディードチェリーに💦これはこれで、モンチーには大好評^^それから、お酒にもつけてみたく、選んだのは、ウオッカ。お砂糖を入れたもの、なしのもの、両方つくってみました。もうかれこれ2-3週間経つので、空けて味見してもよいかも...♪こんな感じで、まあいろいろ保存食品が完成。まだまだ摘めたのに、一番旬のときに目を傷めて寝込んだのが悔やまれる...来年は万全の態勢で臨むつもりです^^こんな感じで、さくらんぼ狩りは、楽しく終わりました!今日もご訪問ありがとうございました!にほんブログ村

      26
      4
      テーマ:
  • 22 Jun
    • パリでおいしいランチ -11区

      パリ地方、暑い~~~💦昨日、日が暮れ始めた22時の時点で気温37℃。朝も簡単に下がるはずはなく、7時で24℃、そして、日中は最高34℃の予想。日が下がる時間が日本に比べると遅いので、一番暑いのが17時とかで💦厳しい猛暑です...さて、パリのランチ続編第二弾。まだ続々つづきます!すでに5月の話ですが...Botanique restaurant(Googleマップのリンクを貼っておきました)今パリには驚くほどたくさんの日本人シェフのお店があり、ここもそうです。ここのメニューは、基本的に昼夜同じのようで、お昼に関しては、セットコースで2コース20ユーロ、または3コース25ユーロで、夜のみの印がつけてないものの中から好きに選べるというシステム。(ただし、追加料金のあるもの多し)さて、かいつまんで、いろいろと...前菜: ビュロ(つぶ貝)のサラダ。貝のサラダと聞いてピンときませんでしたが、殻を取ったものがサラダと和えてありました。自分で剥く必要がなく、かつおいしい!これも他のメンバーの前菜: 鯛のコロメスキ(コロッケのようなもの)。メイン: 鱈(蒸し)、タイガープロウン(海老)のブイヨンこれもメイン: 豚バラ肉季節野菜添え鶏のフリカッセ、きのこクリームと黄ワインソースこれもメインで、テットドヴォー、いわゆる子牛の頭。デザートは、チョコレートタルトにしました。ここもまた、お値打ち、クオリティの高いのランチを出してくれる、パリのいちおし♪今日もご訪問ありがとうございました!お昼寝中のミラ😴😴😴にほんブログ村

      24
      テーマ:
ここへいらっしゃるみなさまへ

いつもこのブログへお越しいただきありがとうございます。
ブログへの感想、お問い合わせ、仕事のご依頼等、メールにてお気軽にご連絡お待ちしています!

メールはこちらへ:
kitchen.momijiアットgmail.com  
(迷惑メール防止のため、アットは@に替えてください)


また、このブログに掲載されている記事および画像について、著作権はすべて筆者に帰属します。よって無断にコピー、転載することはお控え頂けますようご周知の上お楽しみください。




ランキングに参加しています。クリックしていただけると励みになります!



にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村
広島ブログ



AD

プロフィール

Mirabelle

性別:
女性
お住まいの地域:
海外
自己紹介:
フランス、パリにて、料理・製菓総合サービスを行っております。 主には、個人のお宅にてお料理を提供す...

続きを見る >

読者になる

カレンダー

1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
>>

ブックマーク

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。