LOHASのブログ

気になるもの色々


テーマ:
暑いですね。
もう連日の暑さで倒れそうです。

営業でまわっていると暑さで気分が悪くなります。
お客さんでおばあちゃんが暑い日中や夜に毛布をかけて寝ていると言います。

以前にお年寄りは暑さを感じにくいと聞いたことがあったので、室温計をよくみて温度が高かったらたとえ体が寒いと感じていても、体は悲鳴をあげているので冷やして辛かったらすぐに救急車を呼んだり対策をしてくださいと言ってきました。

また、水分と塩分を取る必要があります。


太陽



お年寄り(高齢者)が暑さを感じないのはなぜ?

高齢者は暑さ、寒さに対する感覚が鈍くなり、身体の反応も弱くなっています。
暑くても汗をかきにくく、汗の量も少なくなります。

・体温調整能力の低下。
高齢者になるにつれ、汗をかきにくくなり、体温を下げることができなくなるため、体内に熱がこもりがちになる。

・気温に対して鈍感になる。
皮膚の温度感受性が鈍くなることで、暑さを自覚しにくくなり、衣服の調節や冷房利用などによる体温調節が遅れがちになる。

・体内の水分量が少ない。
高齢者の体内水分量は若年者に比べて少ない上、のどの渇きを強く感じないため、水分不足になりがちになる。


熱中症の症状

重症度を3段階で表すと。

1段階(軽度)
症状 めまい・立ちくらみ・こむら返り・大量の汗。
対処 涼しい場所へ移動・安静・水分補給。
受診 症状が改善すれば受診の必要なし。

2段階
症状 頭痛・吐き気・体がだるい・体に力が入らない・集中力や判断力の低下。
対処 涼しい場所へ移動・体を冷やす・安静・十分な水分と塩分の補給。
受診 症状が改善すれば受診の必要なし・口から飲めない場合や症状の改善が見られない場合は受診が必要。

3段階(重症)
症状 意識障害(呼びかけに対して反応がおかしい・会話がおかしいなど)・けいれん・運動障害(普段通りに歩けないなど)
対処 涼しい場所へ移動・安静・体が熱ければ保冷剤などで冷やす。
受診 ためらうことなく救急車(119)を要請。


おばあちゃん、おじいちゃんは、暑さを感じにくいだけで、身体は熱中症の症状がでている可能性もあります。
高齢者は、エアコン(クーラー)を嫌ったり、水をあまり飲まなかったりしますので、周りが気をつけてあげる必要があります。

よく高齢者の方は、涼しい暑くないといいますが、とても危険です。

部屋の室温や湿度をチェックして、体感に頼らず、温度計や湿度計で部屋の温度と湿度をこまめに確認し、風通しをよくしたり、場合によってはエアコン(クーラー)や身体を濡らして体温を下げたりする必要がありますね。

電気代がもったいないなどで、エアコンや扇風機をつけないですが、熱いと思ったらすぐ使ってください。
また、窓の外には、グリーンカーテンやすだれを垂らして、部屋の中が熱くならないようにする工夫もしてください。

また、保冷剤などで首・脇の下・足の付け根などを冷やすのも効果的です。

高齢者のみでなく、子供も道路の熱の影響を受けやすいなど、室内でも低いところが熱い場合もありますので気をつけて熱中症にならないよう対策しましょう。

水分に栄養価の高い食事も取ることも大切です。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

LOHASさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。