抜けるような青空が広がっているブリスベン。

こんな日にはお出かけをしたくなるものですが、今日は1日引きこもりです。

というのも、車がありません。

朝一番で点検の予約を入れていたため、旦那が息子を学校へ送りに行った後、そのまま車をメカニックへ持って行ってくれました。

午後も息子のお迎えは旦那が引き受けてくれることに。

そのままメカニックに寄り、車を引き取って帰ってくるそうです。

学校からメカニックまで徒歩で向かうと言っていたのですが・・・一体どれくらいの時間がかかるの!?(汗)

のんびりとおしゃべりしながら、お散歩気分で歩くのかな。

私は何もしなくていいと伝えられているので、言われた通りに何もしません。(笑)

今日1日、ひとりの時間を満喫させていただきます。

 

 

 

クローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバー

 

 

 

先日ブログでご紹介させていただいたThankyou.の泡ソープですが、現在もバスルームで大活躍をしてくれています。

モコモコの泡が気持ちいいようで、気づくと大量の泡で手を洗っていた息子・・・青ざめました。(汗)

セール品だとはいえ、そんなたくさん使われてしまっては、今後家計に響いてきます。

「手を洗う時にはワンプッシュのみ!!」と念を押しておいたので、以来消費量は減りましたけれどね。

危ない危ない。

油断も隙もありません。

 

 

 

そんな泡ソープに合わせ、もうひとつ手に入れてきたものがあります。

 

 

 

 

 

 

レモンライムの香りが優しいハンドサニタイザーです。

こちらも「セールになっていたから」と理由で。(笑)

ふたつでいくら・・・とかだったかな。

というわけで、ふたつ手に入れてきました。

 

 

 

基本的に私は「バイ菌と共存し、自分自身の免疫力を高めましょう」という考えの持ち主なので、普段はハンドサニタイザーを使用していません。

あまりにも神経質になって殺菌や除菌を行いすぎると、菌に対しての抵抗力を身体が失ってしまうからです。

息子に対しても同じ。

帰宅時や外で遊んだ後には手を洗わせますが、常に除菌作用のあるハンドワイプで拭いたり、殺菌効果の強いハンドソープを使うこともありません。

 

 

 

ただ、1年のうち数ヶ月だけは別。

今がちょうどその時なんですよね。

この時期は風邪だけでなく、妙なウィルスがウヨウヨしだします。

胃腸炎なども流行り始めますし、人が多く集まる場所に出かける際には気をつけなければいけません。

特に8月には「EKKAフルー(Flu)」なんていう言葉が生まれるほど、EKKAが開催される前後に体調を崩される方が続出するんです。

あまりにも強力な菌は、家の中に持ち込みたくない。

これが正直な気持ち。

というわけで、冬の期間限定でハンドサニタイザーをバッグに入れて持ち歩いています。

ちょうどスーパーでThankyou.のハンドサニタイザーがセールになっているのを見かけましたし、以前から気になっていた商品だったので、今年はこちらにお世話になることに決めました。

 

 

 

 

 

 

このふたつのボトルに書かれたトラックIDナンバーによると、これらの売上金の一部は、バングラディシュのある地区にて、水道水などの衛生管理や水質改善のための活動に使われるそうです。

こうしてトラックIDをチェックするたびに感じるのですが、世界ではまだまだ綺麗な水へのアクセスがままならない地域がたくさんあるんですよね。

水道をひねれば、飲み水が出てくる。

これが当たり前でないことを、改めて感じさせられます。

小さなボトルの購入が、こうした国に少しでも貢献できるということは、本当に嬉しいものですね。

 

 

 

これからますます寒さが厳しくなり、ウィルスがパワフルさを増してきます。

御守り代わりの小さなハンドサニタイザー。

家族の健康を守るお手伝いをしてくれるよう祈りたいです。

ただ、ひとつだけ心配なことが・・・・・

以前手のひらに出ていたアトピーの湿疹が、ハンドサニタイザーの使用で再発してしまう可能性が無きにしも非ず。

保湿にも十分気を付けながら、様子を見つつ使っていこうかなと思っています。

 

 

 

まずは基本の手洗い&うがい。

そしてハンドサニタイザーなどの助っ人にヘルプをしていただきながら、この冬を元気に乗り切ることができるよう頑張ります。

 

 

 

AD

コメント(2)