2007-01-18 21:40:00

アレクセイ・ヤウレンスキー

テーマ:ブログ

ワシリー・カンディンスキー、ガブリエル・ミュンター、パウル・クレー、フランツ・マルクと、「青騎士」の年鑑編集のメンバーの記事を読んで、あまり関心がなかったドイツの画家を、ちょっとだけ、ほんのちょっとだけ、興味を持ちました。(笑) リオネル・ファイニンガー(ライオネル・ファイニンガー)、ハインリヒ・カンペンドンク、アウグスト・マッケ、アレクセイ・ヤウレンスキーなどという名前も、そういう人がいたんだなーというカンジ。


関連 記事 
パウル・クレー / パウル・クレー 天使  
フランツ・マルク / フランツ・マルク バーミリオン
カンディンスキー と ミュンター / アレクセイ・ヤウレンスキー
ワシリー・カンディンスキー(Wassily Kandinsky)


それで、アレクセイ・ヤウレンスキー(1864-1941)について調べてみた!



(Alexej von Jawlensky)

左:ランドスケープ バリエーション(風景) 
右:ランドスケープ ヴァイナハテン(風景)1915年

このランドスケープのバリエーションは、連作があるらしい。

日本で有名なのは、「舞踏家アレクサンダー・ザッハロッフの肖像 」(レンバッハハウス美術館)のようです。「救世主の顔」(1921年)、「神秘的な少女の顔」(メルツバッハー・コレクション)、「 」シリーズなど、「頭や顔」を中心にした作品が、多くあります。



アレクセイ・ヤウレンスキー

アブストラクト コップ(頭部) 1922年 

このカンジも、アブストラクトとか、コンポジションとかシンフォニーとか、カンディンスキーやホイッスラーのような、タイトルをつけて、たくさんあります。ポスター から見てください。このカンジは、1920年から1930年に多いようです。



Mystischer

右:キルヒホフ夫人の肖像(1922年)
左:ミスティック(神秘) コップ(頭)-少女



晩年はメディテーション(瞑想)の連作をが多いですね。頭部の作品が多い画家なんだなぁと。


Meditation 」1937年


Indiana University Art Museum

「Still Life with Red Cloth」1909年
(「赤いクロスのスティルライフ」 とでも。)
「The Old Man (Yellow Beard)」 1912年 (「老人 黄色い顎鬚 」とでも。)
「Large Meditation」1937年 (「大いなる思索」 とでも。・・・Meditationは連作されているようです。)


Sammlung im Obersteg

「Kind, um」 1909年

「An der Ostsee」 1911年

「Selbstbildnis,」1911年


Von der Heydt-Museum

Bildnis Resi 」 1906年
Mädchen mit Pfingstrosen 」 1909年

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

lohas-dayさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。